960-854-51111
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364137544/
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:05:44.43 ID:JPBhGm020

アスカ「スタジオカラー放送」

アスカ「ガフ子の部屋ー」
レイ「ガフ子の部屋…」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:09:46.33 ID:agGDTFay0

アスカ「はじまったわよー。私よ」

レイ「綾波レイです」

アスカ「週末の夜にこの私とエコヒイキが届ける、素敵番組よ」

レイ「…」

アスカ「あーっと、先週は…なんだっけ」

レイ「花咲くいろは」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:15:50.42 ID:agGDTFay0

アスカ「あーそれよなんだっけ。ヤンキーゴーホームとかなんとか」

レイ「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」

アスカ「なんでもいいわよ。…から、えー…名前忘れたわ」

レイ「松前緒花、鶴来民子」

アスカ「それよバカフラワーとナナタイサン」

レイ「お二人にゲストに来ていただきました」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:16:18.81 ID:QxV0aMKW0

一瞬混乱したわ


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:21:10.02 ID:agGDTFay0

アスカ「あの女、次会ったら殺すわ」

レイ「…?」

アスカ「前髪7:3女よ、思い出しただけでイライラするわ」

レイ「貴女が挑発するから」

アスカ「目上に対する態度がなってないのよ!現場の管理はどうなってんのよ」

レイ(貴方も同じよ)

アスカ「先週の話はもういいわよ。で今週はなんだっけ」

レイ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:25:27.59 ID:agGDTFay0

アスカ「あーそれよ、ガンダムなんちゃらってんでしょ?」

レイ「もうすぐ放送開始の機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスターから」

レイ「シン・アスカさん、レイ・ザ・バレルさんがいらっしゃいます」

アスカ「…」

レイ「何?」

アスカ「…いや、いいわよ」

アスカ「それじゃ、スタジオカラー放送ガフ子の部屋。最後まで」

アスカ&レイ「よろしく」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:30:48.36 ID:agGDTFay0

=この番組は第三新東京市の提供でお送りします=

アスカ「あらためまして、私よ」

レイ「綾波レイです」

アスカ「週末の夜に偉大なる私が送る、アニメ情報番組。ガフ子の部屋」

レイ「私もいるわ」

アスカ「さっさとゲスト呼ぶわよ」

レイ「このお二人です」


シン「ど、どうも。機動戦士ガンダムSEED DESTINY 主人公もシン・アスカです」

レイ「レイ・ザ・バレルです」


アスカ「…」

レイ「…」

シン「…あ、あの」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:36:03.60 ID:agGDTFay0

アスカ「…名前なんなの」

シン「え、あ、シン・アスカです」

アスカ「そうじゃないわよ!」

シン「えっえ」

レイ「…」

レイ「…」

アスカ「みなさいよ馬鹿!分けわかんなくなるじゃない!」

シン「えー…」

アスカ「だいたいそのアスカもどうなのよ」

シン「それを俺に言われても…」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:39:21.64 ID:agGDTFay0

レイ♂「…」

アスカ「レイって名前のやつは何処にいても同じですかしてるのね。ムカつくわ」

レイ♀「ゲストに失礼よ」

レイ♂「構いませんので進めていただけますか?」

アスカ「 む か つ く わ 」

シン(帰りたい…)


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:41:36.97 ID:rpBR08qr0

おい間違ってんぞ
元主人公だろ


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:44:30.84 ID:agGDTFay0

アスカ「もういいわよ、えー…で、いいからさっさと説明なりなんなりしなさいよ」

レイ♀「お願いします」

シン「えーっとSEEDは21世紀のファーストガンダムでこの度HD…」

アスカ「あんた主人公なの?」

シン「え」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:49:11.07 ID:agGDTFay0

アスカ「これキービジュアル?OPのカット?なんでアンタ端にいるのよ」

シン「…」

レイ♀「このSEEDシリーズは多軸の主人公によるストーリーが持ち味よ」

シン「そう!そうなんですよ!」

レイ♀「1作目SEEDは2人の主人公、そして続編のDESTINYでは3人の主人公がいるの」

シン「はい!」

レイ♀「…と、建前上はなっているわ」

シン「え」

アスカ「でもアンタ真ん中じゃないのね」

シン「…」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 00:54:54.65 ID:agGDTFay0

アスカ「デスティニーガンダム…これがアンタの機体?」

シン「あ、はい!かっこいいでしょう?シリーズでも人気があって…!」

アスカ「なんで色がくすんでるの?」

シン「え」

アスカ「ガンダムって白じゃないの?」

シン「…」

レイ♀「今は昔と違って1作品に2桁以上のガンダムが登場する。様々な機体があるのよ」

アスカ「真ん中の奴は白いわね」

シン「…」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:01:42.55 ID:agGDTFay0

レイ♂「お言葉ですが」

アスカ「何よ」

レイ♂「彼はガンダムの歴史上数少ないダークヒーロー」

シン「!」

レイ♂「過酷な運命に縛られながらも抗い戦い続ける姿は視聴者の心を打ち人気もあります」

レイ♂「かつての主人公二人と敵対し奮闘する姿にこのデスティニーはふさわしいデザインなんです」

シン「レイ…」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:07:42.93 ID:agGDTFay0

アスカ「なんでもいいわ。はいコーナー」

シン「え」

レイ♀「教えてアスカ先生~」

アスカ「視聴者から送られたゲストに対する質問を「私」が答えるわ!」

シン「え」

アスカ「はい来なさい」

レイ「PN坂本の旦那さん、からいただきました」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:14:31.90 ID:agGDTFay0

レイ♀「僕はシンさんが大好きですが、学校でそのことを友達に言うと馬鹿にされます」

レイ♀「どうしたらいいですか」

シン「…」

アスカ「あーこれはねーあるよねーそーゆーのねー」

レイ♀「昔からあるわ、こういうことは」

アスカ「私たちのときはもっとひどかったわ。戦争よ戦争」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:18:43.52 ID:agGDTFay0

レイ♀「先生、お答えを」

アスカ「ファンやめたらいいわよ」

シン「…」

アスカ「それかぁ、この真ん中の?」

レイ♂「キラ・ヤマト」

アスカ「んー、コイツのファンのフリしとけばいいじゃない」

レイ♀「ひねりのない回答ね」

アスカ「ちっ」

シン「…」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:19:52.08 ID:Mpi2daA80

シン・アスカというとウルトマンダイナをイメージしちゃいます


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:27:11.12 ID:agGDTFay0

レイ♂「随分な番組ですね」

レイ♀「彼女の傍若無人さが持ち味なの」

シン「ひどい…」

アスカ「はーい教えてアスカ先生でした」

シン「え、これで終わりかよ!!」

アスカ「何よ文句あんの!?」

シン「ゲストに来たのにこき下ろされてるだけだよ!!なんだよこれ!」

アスカ「はぁ!?あんた馬鹿!?これは私の番組なのよ!ゲストなんておまけよ!」

シン「はあー!?どんだけいい加減で身勝手なんだよアンタ達は!?」

レイ♀「達…」

アスカ「はあああ!?生意気なのよガキの分際で!!ガキ・アスカ!」

シン「年下はそっちだろ!!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:33:31.94 ID:agGDTFay0

アスカ「残念でしたー!!芸暦も年齢も私のほうが上なのよガキ・アスカ君♪」

シン「ちぃい!!」

レイ♂「敵しか作らないぞ、この番組」

アスカ「いいわよ!ならもうひとつ答えてやるわよ!ありがたく聞きなさいよ!」

シン「いらねーよ!貶されて終わりだろ!」

アスカ「あっそ、じゃ終了」

シン「えっ…」

アスカ「はいCMの後は[僕&私だってチルドレン]のコーナー!」

シン「…」

レイ♂「…」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:34:57.49 ID:eAVLMlxj0

不憫や…


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:43:05.89 ID:agGDTFay0

カヲル「僕だって~♪」
マリ「私だって~♪」

カヲル&マリ「チルドレーン♪」

カヲル「皆さん今晩は。渚カオルです」

マリ「みんなのマリさんでーす♪」

カヲル「向こうすごいことになってるね」

マリ「ZAFTのワンコくんかわいそ…姫は容赦ないからにゃ」

カヲル「ZAFTとか向こうでは世界観の紹介や説明なんてまったくしていなかったね」

マリ「こっちは中睦まじくやりたいですね~、というわけでZAFTのミネルヴァ所属のこの方達がゲストに来てくれました♪」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:46:08.20 ID:N7SXaiWe0

アスランくるぞ


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:47:04.47 ID:agGDTFay0

ルナ「こんばんは。ミネルヴァ隊所属ZAFTレッド、ルナマリアホークであります!」

アスラン「こんばんは。陣営あやふやですが、今回はミネルヴァ、ザラ隊として着ましたアスラン・ザラです」

カヲル「…」

マリ「…」

ルナ「あ、あの…」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 01:56:31.45 ID:agGDTFay0

カヲル「実に面白いね」

マリ「活字媒体ってすばらしいねぇ」

カヲル「演じ分け…興味深いよ」

アスラン「今日はよろしくお願いします」


ルナ「お願いします」

マリ「よろしく~」


アスラン「…」

カヲル「君達、続けて喋らないでくれるかな」

マリ「…」

ルナ「…」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 02:04:22.87 ID:agGDTFay0

カヲル「さて、こちらでは向こうとは違い、本編とは離れてマルチなネタを扱っているんだけど」

アスラン「はい」

カヲル「とくにSEEDシリーズはグッズや主題歌などがとても好評らしいね」

アスラン「おかげさまで」


ルナ「あの…」

カヲル「なんだい?」

ルナ「ふ、そちらも二人で会話するのは…」

アスラン「ルナマリア…場数が違うよ」

カヲル「年季もね」

ルナ「…」

マリ(おめーもかわんねーだろ)


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 02:09:59.13 ID:agGDTFay0

アスラン「モビルスーツのプラモデルやドラマCDなんかも好評で」

カヲル「OPEDのシングルやそのアルバムもすごくて」

ルナ「あっそうです。私今度アルバム出すんです!」
マリ「あっそうそう。私今度アルバム出すんだよ~♪」

カヲル「…」

アスラン「…」

ルナ「…」

マリ「…」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 02:14:55.60 ID:agGDTFay0

マリ「ちっ…エ○要因が…」

ルナ「おい」


カヲル「…」

アスラン「…」


ルナ「お前今何つった…」

マリ「え~♪マリわかんな~い♪」

ルナ「…中身ババアか…急に唄いだしたりとか痛いんですけど」

マリ「おい」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 02:21:48.51 ID:agGDTFay0

ルナ「正直ひとり浮いてません?地味って言うか」

マリ「地味なのはてめえだろうがああ!!本編でなんかしたんかお前ぇ!!」

ルナ「ザク乗ってるわ!!ガンダム乗ってるわ!!アホでもわかる機体だろうが!!」

マリ「活躍したんか!!名前付き落としたんかああ!!ああ!?」

ルナ「巨大MS落としたわ!!基地潰したわ!!」

マリ「雑魚だろ!!!??『射撃苦手なのよね~』じゃねえよ!!」

ルナ「拳銃の話だっつーの!!赤服だぞ!!」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 02:29:53.25 ID:agGDTFay0

マリ「同人要因死ね!!」
ルナ「同人要因死ね!!」

アスラン「おちつけルナマリア!」

ルナ「はぁはぁ…」

カヲル「僕達もパーソナリティの仕事をしよう」

マリ「……ちっ」

アスラン「あっ!シングルといえば、そちらの「桜流し」いいですよね」

カヲル「ああ、ありがとう。新しい主題歌だからね…劇場版も3作目にもなると……あ」


アスラン「…」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 02:34:40.70 ID:agGDTFay0

マリ「ちっ…」

カヲル「……」

ルナ「」
アスラン「」


マリ「それ、プロデューサーやサンライズからNG出てたジャン…」

カヲル「いや、こっこちらの話しだよ。新劇場版の話だよ!」

ルナ「」

アスラン「いや、すまない…取り乱してしまって」

カヲル「いやこちらこそ申し訳ない」

アスラン「…あやまらないでくれ」

カヲル「…」

マリ「え~っと…なんの話だったっけ?」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 02:41:59.90 ID:agGDTFay0

カヲル「主題歌シングルの話だよ…」

マリ「あぁ…っと、ア…ルバムはもういいや…えっと…あ~SEEDはドラマCDとか?」

ルナ「…」

アスラン「あ、はい。スーツCDと言って本編ドラマに新録のBGMやキャラクターソングが……あ」

カヲル「…キャラクターソング」

ルナ「…」

マリ「…え、あんた唄ってんの…」

ルナ「唄ってないわよ…あんたは?」

マリ「…あんた等は」

カヲル「僕はそういうのはやってません」
アスラン「俺はそういうのはやってません」

マリ「…」
ルナ「…」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 02:53:24.42 ID:agGDTFay0

ルナ「あんた本編でなんか色々にゃにゃー唄ってんじゃない」

マリ「芝居と唄は別だから…」


カヲル「…」
アスラン「…」
マリ「…」
ルナ「…」


カヲル「……えっと、お知らせとか」

アスラン「……あ、バンダイチャンネルでHDリマスターやるんで…あと、BS11やMXとか…」

ルナ「…」

マリ「…」

アスラン「あ、あと前作のBOXも出てるんで…よろしくお願いします……」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 02:58:32.26 ID:agGDTFay0

アスラン「…そんな感じで」

カヲル「…はい、皆チェックよろしくね。それでは…」

アスラン「あ、DESTINYのBOXも順次発売しますんで」

カヲル「…っ」

アスラン「…」

ルナ「アルバム出します…」

マリ「もういいよ…」

ルナ「…」

カヲル「…それではこのへんで、ゲストは機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスターから…」


石田彰「石田彰と」

坂本真綾「坂本真綾でしたー」

石田彰「ありがとうございましたー」

坂本真綾「ありがとうございましたー」

坂本真綾「おじゃましましたー」

石田彰「ありがとうございました」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 03:04:12.50 ID:agGDTFay0

レイ♂「…」

レイ♀「…」

アスカ「なによこれ、誰が喋ってんだかわからなかったわよ…」

レイ♂「クローンだからな…」

アスカ「え?」

レイ♀「…」

レイ♂「…」

アスカ「…あれ、バカアスカは?」

レイ♂「お前だろ…」

アスカ「」

レイ♀「彼は?」

アスカ「ガキアスカよ!アイツ何処行ったのよ!!」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 03:11:14.75 ID:agGDTFay0

レイ♂「帰りました」

アスカ「はぁ!?本番中よ!何考えてんのよ!」

レイ♂「型に囚われないのが彼の持ち味なんで」

アスカ「私の知り合いにもいじけて脱走するのが大好きな奴がいるわ」

レイ♀「名前も似ているわ」

アスカ「そういえばそうね…」

レイ♀「時間がないわ。進めましょう」

アスカ「そうね…次はDESTINYにちなんでこのコーナー」

アスカ「君は僕に似ているー」

レイ「…」
レイ「…」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 03:15:07.32 ID:agGDTFay0

アスカ「DESTINY4期EDのタイトルは『君は僕に似ている』…」

レイ「…」
レイ「…」

アスカ「ゲストが思う僕、私に…似ていると思う……所………」

レイ「…」
レイ「…」

アスカ「共通点なんかを……」

アスカ(あかん)

アスカ(あかん)


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 03:22:37.41 ID:agGDTFay0

レイ「個性は強いほうだと思っています」

レイ「でも物静かで…とても、おちついていますね」

レイ「ありがとうございます」

レイ「ご趣味は?」

レイ「特に…ご趣味は」

レイ「特に…」

レイ「…あ、育ての父親の様な人がいます。血は繋がっていないんですが」

レイ「わかります。自分の命はその人の為なら命を架ける程の」

レイ「わかります」

レイ「その人と食事をするの好きです」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 03:28:58.10 ID:agGDTFay0

レイ「食事…いいですね」

レイ「地位の高い役職をしているので、そう機会は多くないんですが」

レイ「わかります」

レイ「二人だと笑顔が漏れてしまったり…」

レイ「わかります」

レイ「『少し』似ているところがあるようですね」

レイ「そうですね」


アスカ「ま、まぁよくある話よ!片親なんて珍しくもないし!」

レイ♂「そうですね」

レイ♀「ええ…」

アスカ「…」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 03:40:01.25 ID:agGDTFay0

レイ♂「…っ」
レイ♀「…っ」

アスカ(あかん)


アスカ「…ねぇ、こういうのはどう?」

レイ♂「?」

アスカ「あえて似ていない部分を見つけるのよ!」

レイ♀「…似ているところを探すコーナーでしょ?」

アスカ「あ、うん」

レイ♂「…とっておきがあります」

アスカ「!」

レイ♂「このままではお二人との共通点が『少し』しか見つけられずに終わるかもしれません」

レイ♀「そうね」

アスカ「…」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 03:44:04.77 ID:agGDTFay0

レイ♂「なにか重大な個性や生い立ちを挙げれば、些細な共通点でも引き立つかもしれません」

レイ♀「なるほど」

アスカ(何を言ってるのか意味がわからない…)

レイ♂「取って置きがあります」

レイ♀「私も」

アスカ「…」



レイ「 ク ロ ー ン で す 」

レイ「 ク ロ ー ン で す 」


アスカ「」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 03:48:23.99 ID:agGDTFay0

レイ♂「…」

レイ♀「…」

レイ♂「奇遇ですね…」

レイ♀「ええ…」

アスカ「…よよ、よくあるよくある!」

レイ♂「ええ。実は私、ただのクローンでありません」

アスカ「!?」

レイ♀「奇遇ね私もよ」



レイ「 私 は 二 人 目 で す 」

レイ「 私 は 三 人 目 だ か ら 」



アスカ(あかん)


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 03:53:42.62 ID:agGDTFay0

レイ「普段は物静かで」

レイ「何を考えているか読ませないけど」

レイ「作戦は完璧にこなし」

レイ「時には主人公を華麗にサポートし」

レイ「クールだが」

レイ「時には感情を爆発させてみたり」

レイ「爆発寸前の死に際に儚い涙を見せてみたり」


アスカ「すたっふうううううう!!!!」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 03:59:11.74 ID:agGDTFay0

レイ♂「『少し』…似ていますね」

レイ♀「ええ…『少し』」

アスカ「あばばば」

レイ♂「名前くらいですかね…」

レイ♀「…そうね」


アスカ「キミノースガターハーボクニーニーテーイールー」


レイ♂「シズカーニーナーイーテールヨニー」

レイ♀「ムネーニヒビークー」

……


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 04:02:29.60 ID:UwChNwmX0

レイって3人目だっけ?


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 04:03:04.18 ID:agGDTFay0

ルナ「ナニモーシーラーナーイホーウガー

マリ「シアワーセトユーケドー」

アスラン「ボクハーキーットーマーンゾクー」

カヲル「シナイハズダーカラー」

シン「ボクガーエラ-ンダーイーマヲーイーキータイー」

みんな「「「「ソレーダケー」」」」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 04:08:16.09 ID:agGDTFay0

アスカ「『君は僕に似ている』をお送りしながらお別れです…」

レイ♀「キミノーハーヤーサーハー」

アスカ「番組へのお便りはホームページから…」

レイ♂「ボクニーニーテーイールー」

アスカ「各コーナーへの投稿は各ページのリンクからお願いね…」

シン「ハドメーノーキーカーナークナルー」

アスカ「いたのねアンタ…」

シン「あ、うん…」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 04:14:23.31 ID:agGDTFay0

アスカ「最後にお知らせとか…しなさいよ一応」

レイレイ「「ソラガーコーワークーナーアテー」」

シン「アスラン言ってたじゃん、もういいよ」

レイレイ「「ボクハーイーツーマーデーガンバーレーバーイイノー」」

アスカ「あ、うん…」

レイレイ「「フタリーナーラーオーワーラセルー」」

アスカ「ゲストはS Dの人でした…」

シン「雑」


レイ「「コトーガデーキルー」」


アスカ「またねー」

シン「……」


アスカ「あ、番組の最後はオマケコーナー。今日の……」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 04:21:49.79 ID:agGDTFay0

「今日の…『コミュ障のニゲチャダメダー』」



シンジ「…」

キラ「…こんばんは」

シンジ「あ、…どうも」

キラ「…キラ・ヤマトです」

シンジ「あ、碇シンジです」

キラ「…」

シンジ「…ヤマトさん」

キラ「…そういえば、そんな風に呼ばれたことってないな…」

シンジ「…」

キラ「キラでいいよ」

シンジ「あ、じゃあ僕も…シンジで…///」

キラ「///」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 04:27:51.34 ID:agGDTFay0

知ってしまった自分。

悟ってしまった相手。

生み出した者の意思など関係なく、

あるのは逃れようのない『残酷』な『運命』の道筋か。


次回 「 子安とか 」

新たな放送へ飛べ!サービスサービス!



                            終劇


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 05:00:51.74 ID:gsZwglMx0

乙ー。。。


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/25(月) 05:04:36.61 ID:H4YVsjvE0

ネタがイマイチわかりづらい