WS000005
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391234216/
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 14:56:56.24 ID:GeqUroGJ0

シャリア「ガンダムシリーズ4番目のニュータイプであるはずなのに……」

シャリア「なにかにつけガノタはジオンのNT=シャアとララァだ」


シャリア「この前だってそうだ……」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:02:37.31 ID:GeqUroGJ0

―――――――数日前――――――――
シャア「今夜ニュータイプ達にが集まる食事会があるのだが、どうだララァ。行くかね?」

ララァ「大佐がいくなら私も行きます」

シャア「そうか。アムロやカミーユたちも来るようだ」

シャリア「何やら面白そうな話をしていますな大佐」

シャア「これはシャリア=ブル大尉。何の用ですかな?」

シャリア「えっ……今夜、ニュータイプが集まる食事会があるのでしょう?」

シャア「そうだが……それが何か?」

シャリア「え?」

シャア「ん?}


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:04:02.99 ID:lAx6W6ok0

シャリア・ブルとマ・クベってフルネームでしか呼ばれないよな


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:06:18.30 ID:fao1Eju90

ブラウブロも存在感ないしな


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:06:36.70 ID:GeqUroGJ0

シャリア「いや、それならば私もぜひ参加させていただきたいのですが……」

ララァ「シャリア大尉が?今回の食事会はニュータイプだけが集まるのよ?」

シャア「申し訳ないが大尉、そういうことだ」

シャリア「………私もニュータイプなのですが……」

シャア「……?あ、ああそうだったな!これは申し訳ない!」

シャリア「冗談もほどほどにしてほしいものですな、はははは」

ララァ「……」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:11:16.90 ID:GeqUroGJ0

―――――パーティー会場――――――
アムロ「シャア!それにララァもよく来てくれた」

シャア「やぁアムロ、久々だな。ベルトーチカとは上手くいっているかな?」

ララァ「大佐、いけません」

アムロ「まあまあ上手くやっているよ、で、その……」

アムロ「後ろのその人は誰だ?」

シャリア「……」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:15:11.04 ID:GeqUroGJ0

シャア「ああ、紹介が遅れたな。木星帰りの男「シャリア=ブル」だ」

シャリア「以後、お見知りおきを」

アムロ「木星帰り……?シャア、シロッコと勘違いしていないか」

シャア「大尉もまた木星帰りであり、ニュータイプだ」

アムロ「(知らないな……)こ、これは失礼した、シャリア大尉」

シャリア「…お気になさらず」

ララァ「(ま、こんな反応になるのは当たり前よね)」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:16:59.02 ID:lAx6W6ok0
9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:22:14.35 ID:GeqUroGJ0

アムロ「ま、まあ取りあえず会場内へ入ろうシャアとララァと……シャリア大尉」

シャア「そ、そうだなアムロ。後ろがつかえているようだ」

シャリア「……………」

ララァ「来て後悔したと思ってるでしょ?大尉」

シャリア「そんなことはない、ただ動揺しているだけだ。ララァ・スン」

ララァ「ふふふ……」

―――――――――――――――――――


11:書いてて思ったが誰得だよこれ…:2014/02/01(土) 15:29:18.53 ID:GeqUroGJ0

カミーユ「あ!アムロさんにクワトロ大尉!ここ空いてますよ!」

シャア「カミーユじゃないか、どうやら元に戻ったと見える」

カミーユ「それもこれもファのおかげですよ、アムロさんもお久しぶりです」

アムロ「やぁカミーユ。お前の医師としての評判はこっちにも届いているよ」

カミーユ「やだなぁ、僕なんかまだまだですよ。で、そちらの人は?」


シャア「ああ紹介が遅れたな、こちらはララァ・スン、そしてこちらはシャ……」

シャア「……大尉?アムロ、シャリア大尉を知らないか?」

アムロ「あの人ならさっき、小さな子に連れていかれたぞ」

シャア「」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:37:16.57 ID:GeqUroGJ0

シャリア「ふう……」

シャリア「予想以上に子供が多いな……もしかして私が最年長なのでは?」

?「おじさん!」

シャリア「?なにか?」

プル「ジュドー知らない?」

シャリア「ジュドー……?すまない、私にはわからないな」

プル「ええ~?どこ行っちゃったんだろジュドー……ジュドー!」

シャリア「(大佐たちとはぐれてしまった……至急戻らなくては)」

シャリア「お嬢さん、すまないが私はもう戻r」プル「私と一緒にジュドー探して、お願い!」

シャリア「………いいだろう」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:43:19.45 ID:GeqUroGJ0

プル「ジュドー!どこ~?」

シャリア「(何をしてるんだ私は……)」

プル「おじさん!真面目に探してよもう!」

シャリア「あ、ああすまない。……ジュドー君はいないかね!」

プル「ジュドー!」

シャリア「ジュドー君!」
――――――――数十分後―――――――――

シャリア「いないな……」

プル「…………じゅどー……」

シャリア「少し疲れたな……お嬢さん、何か食べないかね?」

プル「うん……」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:51:04.42 ID:NIbsqJpC0

正直ブラウ・ブロの回はガンダムをマグネットコーティングしに来たモスク・ハン博士の方が印象強い


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:51:41.66 ID:Vl8mmN960

ぶっちゃけ顔が思い出せない


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 15:55:27.13 ID:GeqUroGJ0

特大パフェ「ちーっすwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

プル「いただきまーす!…?おじさん、どうしたの?」

シャリア「い、いや……なんでもない。戴くとしよう」

・・・・・・ヒソヒソ・・・・・・ヒソ

セシリー「見てよシーブック、おじいちゃんと孫みたいね、微笑ましいわ」

シーブック「う~ん…でもさっきから「お嬢さん」だとか「おじさん」だとか聞こえるんだよなぁ」

シャリア「………」

シャリア「と、ところでお嬢さん、聞いてなかったがお名前は?」

プル「?私はエルピー・プルだよ!プルって呼んでね!」プルプルプルー

シャリア「そうか、良い名前だプル……私の名は「シャリア=ブル」。ニュータイプだ。シャリアでいい」

プル「シャリアもニュータイプなの?私もー!」

シャリア「!?」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:03:36.65 ID:GeqUroGJ0

シャリア「(こんな子供までニュータイプだとは……いや、このパーティにいるのは一部を除き全員そうだろうがな)」

プル「……………」

シャリア「……?どうしたのかねプル?急に黙りこくって」

プル「……うぅ~………ひぐっ…」ポロポロ

シャリア「!」

プル「ジュドー……どこなの……ジュドー…!」ポロポロ

シャリア「……きっと見つかるさ」

プル「……うん」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:14:55.73 ID:GeqUroGJ0

――――一方そのころ―――――
アムロ「まだ見つからないのか?」

シャア「ああ、まったく一体どこに……」

ララァ「大丈夫です大佐、シャリア大尉なら」

シャア「む……ララァがそういうならそうなのだろう」

アムロ「(こいつ変わってないな)」

シャア「ところでカミーユは?」

アムロ「ああ、とっくにシロッコやハマ―ンとともにどこかへ行ったよ」

シャア「…………そうか」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:21:36.30 ID:GeqUroGJ0

シャリア「ジュドー君はどこかね!」

プル「ジュドー!返事してよー!」

シャリア「ふう……老体でこれはきついな、昔はもっと動けたんだが」

プル「ごめんねシャリア……」

シャリア「いや、気にすることはないよ。早くジュドー君を見つけなくては」

プル「うん……!この感じ……」ピキーン

シャリア「どうしたのかね?」

プル「ジュドーが近くにいる…この感じ、ジュドーだ!」ダッ

シャリア「私には何も感じないが……こら!待ちなさい!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:27:58.66 ID:GeqUroGJ0

―――――――――――――――――――
ジュドー「……?この感じは…プル!?」

プル「ジュドー!」ダキッ

ジュドー「プル!いったい今までどこにいたんだよ!」

プル「ジュドーのバカ!バカ!」ポカポカ

ジュドー「いててて!何すんだよ!?」

シャリア「君が……ハアハア・・・・・ジュドー君かね…?」ゼエゼエ

ジュドー「え、そうだけど・・・・・おたく誰?」

プル「シャリア!ジュドーいたよ!」

ジュドー「シャリア?」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:33:00.64 ID:GeqUroGJ0

―説明中―
ジュドー「そんなことが・・・・・ありがとうシャリアさん」

シャリア「いや、例には及ばんよ。プル、見つかってよかったな」

プル「うん!」

シャリア「では私はそろそろ戻るよプル「シャリア!」

シャリア「……なにかね?」

プル「ありがとう!」ニコッ

シャリア「………ああ」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:37:04.99 ID:GeqUroGJ0

シャリア「ということがあったのだよシムス」

シムス「良い話ではないですか、いったい何が『シャリア「この前だってそうだ……」』なので ?」

シャリア「話はこれからだ……」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:42:56.80 ID:GeqUroGJ0

シャリア「(…しかし……私はどうしてもNTの中では異色ではあるが存在感が希薄のような…)」

シャリア「(どうしたものか……ん?)」

プル「「ジュドー!あそぼー!」

プル「プルプルプルー!」

ジュドー「こらこらプル、今日は遊びに来たんじゃないの!」

シャリア「楽しそうだな、何よりだ……はっ!」
    
      『プル「プルプルプルー!」』

シャリア「  こ   れ   だ   !」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:47:05.98 ID:lAx6W6ok0

おいやめろ


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:48:11.94 ID:GeqUroGJ0

シャア「大尉!」

シャリア「あ、大さ……!?」

シャア「?どうなさったなのかな、大尉?」

シャリア「(憶するな、言え……言うのだシャリア=ブル!)」

シャリア「…………ブ」

シャア「?ブ?」

シャリア「ブルブルブルゥ!!!!!」

おわれ


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:51:08.22 ID:GeqUroGJ0

はいこれで終わりです
こんな誰得駄文ssを最後まで見てくれた方ありがとう


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:49:42.03 ID:NIbsqJpC0

シャリア・ブルって何歳だっけ
見た目は結構年寄りだった気がする


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/01(土) 16:53:55.61 ID:GeqUroGJ0

>>41
まあ多分NTでは最年長じゃないかな
顔見る限り