ネタ投稿感謝です : http://blog.livedoor.jp/redcomet2ch/archives/cat_1190888.html
0:名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします :2014年04月09日 19:00

宇宙世紀後期のアナハイムってどうして落ちぶれてるの?

MS開発において50年近くトップシェアでノウハウもあっただだろうに、どうして急に参入してきたサナリィやブッホ・コンツェルンとかのMSに一方的に負けてるんだ?
その後開発したヘビーガンもジェガンを小型化しただけの機体だし、MSA-0120やシルエットガンダムですらそのヘビーガンがベースらしいとか何やってんだよ。
しかもVの時代ではほぼ空気になってる。
unnamed

モビルスーツ全集7 Z計画&アナハイム・エレクトロニクス社製モビルスーツBOOK (双葉社MOOK)


1.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 12:05

融合炉の小型化ができなかったから・・・


4.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 12:12

ヘビーガンをイマイチな性能で作ってMSの小型化はまだ早いよ、だからコスト高めの大型MS買ってね。ってしようとしたらサナリィが小型高性能化成功してお株全部奪われたからだったような。


5.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 12:14

なんか今のソニーみたいだな


7.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 12:19

ネオガンダムで持ち直すかと思いきや…


8. 名無しさん 2014年05月26日 12:20

驕る平家は久しからず。
250年続いた徳川幕府も滅びたし、栄華を誇った大英帝国も今や空気、大国アメリカも急成長した中国に脅かされつつある。

アメリカの自動車メーカーのビッグ3だったGM、フォード、クライスラーも後追いメーカーに過ぎなかったトヨタに抜かれたしな。


11.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 12:30

実際は連邦主力機のジャベリンの供給をやってるし、家電事業だって続けてるだろうし手堅い一流企業あたりに落ち着いてそう。
MS事業の縮小はサナリィの躍進よりも連邦の軍縮のあおりを受けてるっぽいよな。


12.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 12:31

連邦の小型化の方針無視して、遅れを取った時にはサナリィが台頭になっちまったからね。
上手く裏で手を回せたジオンもいなくなって、殿様商売だったのが箱の一件でどんどん立場悪くなった感じ。

あとはアナハイムのMSが一般兵を半ばマインドコントロールしてパイロット技術上げたり、NT資質の高い人間だけのためのシステムばっかりだったのに対して、一般兵にも扱える技術向上のためのサイコミュ(バイオコンピューター)システムを開発しなかったのも敗因かと。
F91がν、ユニコーンとまるで方針が真逆のMSだったからそこがミソかと。


15.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 12:33

新型の小型融合炉の開発に失敗し、小型MSの高性能化にも失敗
なりふり構わず裏取引や非合法の技術盗用を行って、ようやく建造したネオガンダムはその当時のハイエンドMS程度の性能
かたやサナリィはマイクロハニカム構造の装甲や既存のサイコミュとバイオコンピューターの併用、MCA等の新技術を盛り込み、リミッターをかけないといけないほどの限界性能を達成

どっかしら「イケる」と驕って新技術の開発を怠った結果なんだろうね


23.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 12:47

ラプラスの箱開放からの連邦軍との癒着の弱体化+MS小型化競争に乗り遅れ
・・・・じゃないのかな?


28.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 12:53

そりゃあ、すべての品物をほぼ独占販売できるまで発展したら、後は落ちていくしかないな。
長く繁栄したければ、ライバルの存在は必要不可欠だよ。

F91の時に技術革新があったんだろうが、その技術についていくどころか対向技術すら示せなかった事から、完全に驕りや慢心があったんだろう。

まあ、いろんな方面に商業展開している企業は(最早財閥と言って良いが)、意外にしぶとい。
本来なら、一部門のシェアを奪われたくらいでは、びくともしない。
おそらく、アナハイムも落ちぶれたのではなく、ただガンダムの世界において目立たなくなっただけなんだろう。


29.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 12:53

サナリィは研究機関だから大規模なMS製造設備は持ってない
なのでVの時代でも生産はアナハイムが担当してる

例えるなら昔は作詞作曲も全てアナハイムだったのが、作詞作曲サナリィ/歌アナハイムになったみたいな


47.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 13:29

当時のF91の資料(オフィシャルエディション、MS大図鑑PART5)を見てみると

1.アナハイムの独占体制を軍高官たちが危惧していた→連邦主導の兵器群開発にしたい
2.アナハイム自体がMSの小型化には消極的だった

でもジャベリンが徐々にではあるものの配備が始まっているし、アナハイムと関係が深い政治家や一部の軍高官の配慮でOEM生産も行っているし、決して落ちぶれた訳ではないと思うよ
公式ではないもののネオガンダムというフラッグシップ機の開発にも成功しているし、V2の開発研究もアナハイムがスポンサーだったと言う文言をどこかで見た気がする


49.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 13:31

いやいや、サナリィはれっきとした地球連邦政府の半公営企業で前身が軍事研究機関だったんだからMS開発はしていなくても情報やノウハウはあるだろう
ブッホ・コンツェルンもサナリィの支援を受けていた設定があるしな
そしてA・Eは民間企業だから、リスクが大きそうなところに関わるのは消極的だったんじゃないか?
↑で言われてるとおり、F91やVのあたりは地球連邦も凋落しかけてる雰囲気だし、開発は的を絞って一応続けるくらいにして、あとはOEM生産に徹したほうが儲かると判断したのかも
まあスプーンから宇宙戦艦まで作ってんだから、A・E本体にはなんの影響も無かったかと


52.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 13:37

軍用MSの売り方が転換期になったのもあるだろう
グリプス戦役からラプラス紛争まで、ネオ・ジオンを巻き込んだ一連のMS開発は、高性能新型機(ガンダムタイプ)をバンバン作って、激戦区にて性能アピールしたところで廉価版を販売
ひと通り技術力見せつけたところで、生産性の高い汎用機(ジェガン)で一気にシェアを掴んだ

表立った戦争がなくなったことで、前線に送り出したMSの新品・新型への置換が起こりにくくなり、出荷済みMSの保守点検契約で稼ぐ方向にスライドした
収益は手堅くなったが、突拍子もない新型を作る機会も見かける機会も減ったことで、前ほど働いてないように見える≒勢いがなくなった、と見られたってところ


55.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 13:45

単純に戦争が無くなったからだろ

その上、UCでNT研究を自前でやってる上にNT-Dに紛れ込ませてぶち込んでも
全く問題のないシステムを極秘に載せられる技術力を誇るビスト財団も力を失ったし
『箱』の庇護も無くなってるんだから

利権・収賄どんとこいな独占的軍需企業であっても
利権維持は出来ても、それ以上の部分はなかなか難しいんでしょ
むしろ全地球圏で利権維持出来てるのは化け物って言っていいほどだし

戦争もとんとないのに多くを求めすぎだって


62.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 14:01

武器部門の場合は戦争状況によって盛衰が激しい。
AEや連邦がいくら煽ったとしても、一旦戦闘が始まれば戦局をコントロールしきれるとは限らない。
連邦は国家だし戦闘がなければ軍縮せざるを得ず、ジオン系残党にはあまり金がないし無茶な供給は連邦が許さない。
そう言う意味では時代の波を越せなかっただけで、普通っちゃ普通だと思う。


68.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 14:26

挙げてる人いるけど軍縮がかなり響いたんだろうな。
特にそれまで戦争と事件の間が数年程度しか間が空いていないのに、
ジオン解体からコスモバビロニア台頭まで約30年もある訳だから、この期間の縮小規模はそれまでとは
比にならない程だったんじゃないかな。
それまでMSバブルだったのが一気にはじけた感じ?需要が減ったんで供給も減らしたってとこでしょ。
更に追い打ちでサナリィ等の進出もあった訳だから、要は市場の独占ができなくなっただけだと思う。
ただそれ以外の市場に関してはアナハイムの独占は続いてるだろうけどね。


72. 名無し 2014年05月26日 14:54

そもそもアナハイムがMS市場をほぼ独占出来てた時期って意外と短いんだよね。
Zタイプに代表される高性能機では評価は高いが最も利益になる連邦軍主力量産機の座を奪えたのはジェガンが採用されていた軍縮期だけ。戦艦市場では更に苦戦してる。


77.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 15:11

Gセイバーの時代で使われている議会軍のMSはサナリィでもブッホでもザンスカールでもないアナハイム製MS系のデザインとサイズに戻っているので
Vガン以降にはもう勢力を盛り返しているんじゃないか


82.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 15:26

アナハイムが落ちぶれたのではなく連邦が落ちぶれた
連邦のMSシェアをいくら持っていても連邦そのものの影響力が低下してしまえば、
連邦にべったりなアナハイムの影響力は必然的に世界全体で下がる


93.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 16:42

民需でよろしくやってるんだろうね
現実だと兵器開発費の高騰と調達数の減少で軍需の儲けなんて雀の涙も無いからなぁ


98.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 18:39

落ちぶれたっつーか、Vの時期には人員、技術、設備らが流動的になって特定の製造メーカーっていう括りが意味をなさなくなったってのがある。だからアナハイムとかサナリィという開発組織の名前が表に出なくなった。


99.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 18:49

UC120年代以降AE製のフラッグシップ機が無い、というか無くはないけとマイナーなのが衰退したって言われる原因だよな。
F91やVガンの劇中では連邦の主力部隊は出てないし、今後ロンドベルみたいな治安維持部隊や特務隊、特殊部隊向けの高級機が登場しないかなーと期待してる。


102.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 19:28

確かVガンの考察で、シャアの反乱やジオン共和国の自治権放棄後、小規模な紛争はあったが大規模な戦乱が起こらなくなり、地球連邦軍も軍縮の流れへ。同時にMS運用の効率化のため、小型化や部品の共有化が進められた。アナハイムもその流れには逆らえず。また、市場独占は自社や同業者の共倒れを招く危険があるとして経営方針を転換、技術供与も進めた結果、最盛期ほどの力がなくなったとか。たがそのため様々な技術が拡散、CVやVガンの時代にはゲリラ的なMS運用が可能になっている


112.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 21:53

CVのMSの核融合炉とかアナハイムから買い付けた品だからな
蜂起に向けてAEだけでなくコロニー公社他にもCVが根回ししてたとはいえ、ちゃっかりしてるよ


118.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 22:58

GP計画→個々の技術は生き残った物もあるが
完成製品としてのMSが抹消されてしまう

Z計画→ZZまでは順調に開発出来たものの
準量産機やテスト機を大量に失う
更に機体性能を向上しようと開発されたEX-SとALICEシステムも
戦闘で失い、完全に技術が封印される

νガンダム→同時期に開発した高性能量産機ジェガンに成功し
技術供与のあったネオ・ジオンからのサイコフレームを搭載した
MS戦争当初からのエースNTの全ての経験が注ぎ込まれた機体も光の中に消えていった


119.名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします 2014年05月26日 23:15

ユニコーンシリーズ→
サイコフレームによって外界認識速度と機体への意思伝達速度が
大幅にショートカットされているNT専用機に搭乗するNTの反応速度すら凌駕する高速戦闘を
大型機・旧世代動力炉で実現→機体も封印、技術も封印、ジェガンへのフィードバックも出来ず
大型機・旧世代動力炉でありながら実現した非直結型小型ジェネレータ搭載IF盾(F91時代の
小型新世代動力炉ビームシールドですらほとんどが直結型、しかもCCA時代戦艦のビーム攻撃であっさりぶち抜かれる程度の防御力)
→大本の機体は封印、超小型省エネIFジェネレータ技術も消失
ビームマグナム(宇宙世紀唯一射出時の物理反動でMSを破壊してしまうという欠点はあるものの
本体のエネルギー供給を必要とせずに、射線範囲外であってもMSを破壊できてしまう威力を誇る)
→機体本体の封印と共に技術も消失
IAシステム(性質が違う面もあるが、しかも脳波コントロールできる!
しかも手足を使わずにコントロールできると言って嫁娘から見下されるほど鉄仮面ご自慢の
ネオサイコミュとこれと同様のシステムを開発できなかったが為に
サナリィのF91に致命的な遅れを取る事になったはずだったバイオコンピュータの特性を
両方兼ね備えたシステム)→機体封印と共に技術消失
サイコフレーム(ネオジオンNT研究所が気付かなかったサイコフィールド現象の再現性を確認)
→生産技術も封印、機体も封印、研究者も全員死亡

これで新技術開発しろって方が無理がある