0:名無しにかわりましてGUNDAMがお送りします : 2014年06月04日 19:52

シーブック時代
→F91に乗せられ、初陣で三機戦闘不能
ブラック・バンガードを相手に苦戦しながらも四機撃墜
化け物兵器ラフレシアに何とか勝利
その後もクロスボーンバンガードの部隊を相手に活躍、レジスタンスの若き英雄に
ビームシールドをサーベルにしたり、ビームサーベルの熱でバグを引きつけたりと突飛な発想が凄い

キンケドゥ時代
→ベラのためにパイロットになるイケメン
クロスボーンX1で接近戦を得意とする
ファンネルを落とせなかったり、デス・ゲイルズ相手にギリギリ生き残ったりしているが、十分に強い
昔と変わらず、ブランドマーカーとザンバーでヴェスバー防いだり、ビームシールドで大気圏突入したりと、奇抜なセンスに溢れている

パイロットとして優れているシーブック。F91時代はNTとしても優れているが真の強さはやっぱり「突飛な発想」だと思う。
そのシーブックについて語ろう。
(他作品を貶めるのは無し。可能な限り比較から荒れるのは避けて欲しい。)


0909654496+

GUNDAM FIX FIGURATION # 0021b ガンダムF91


2. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 11:49

突発的な発想というより、適応能力の高さがシーブックの強みだと思う
普通なら、慣れる前にやられてしまうような攻撃(バグやデス・ゲイルズ、エレファンテ等)にも
直ぐに適応して、戦いながら解決策を考えて思いつく、敵に順応するのが早いのが強みかと

そういう意味だと、訓練なしでF91を扱ったり、同じくスクリューウェップを初めて使って直ぐに手足同然に使いこなしたりと、戦闘以外での適応能力の高さも、シーブックの強みなのかもしれない


mp4_003248828


3. 以下、GUNDAMがお送りしま 2014年07月03日 11:55

最も精神の安定したガンダムパイロット 精神年齢も高い


4. 以下、GUNDAMがお送りしま 2014年07月03日 11:56

もともとF91はTVアニメとしての企画だったから、
映画では描写されてない戦闘が多々あって、
テスト機なうえ、サナリィスタッフも逃げ出してたので
パーツ不足などメンテが不十分な状態で出撃せざるを得ず
ガタが相当来てて、ラフレシア戦直前では
ヴェスバーの片方が取れてしまう始末。
そんな状態でも勝てたんだからさすがですわ。


13. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 12:08

キンケドゥの頃にはNT能力が完全に弱くなってるよなぁ
トビアに抜かれる始末


14. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 12:09

シーブックの健全な精神と、それによって人の悪意(鉄仮面やドゥガチ)を見抜くセンスも良いと思う。

個人的には、父親が良かったんじゃないか、と思ってる。
立派に育てたよなぁ・・・


19. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 12:21

コックピットをビームサーベルで貫かれて生還した最強のパイロット

WS000001


24. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 12:33

才能や運に恵まれる主人公に経験が加わったのがいい、個人的にはキンケドゥはCCAアムロにも劣らない強さだと思う


34. 名無し好き 2014年07月03日 12:54

初期値がすごく高いイメージ
その分あんまり伸びしろがないイメージでもある
最初からNTとしてもパイロットとしても平均以上だけど結局はエース止まりな感じ
ザビーネとずっと五分だったのがその証拠って感じかな


40. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 13:06

鋼鉄の七人作戦で参戦してたらどうなっていたかね。
少なくても何人か生き残れただろうし、F91に乗ってたかもしれんと思うと惜しいなっておもうよな。


43. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 13:18

キンケドゥVSハリソンのあえてビームシールドを見せることで意識させ、押されているのを装いF91にヴェスバーを使うように誘導し、奇策を用いて正面から突破する度胸とセンスがヤバい。
ハリソンも生真面目で少々騙されやすいものの実直でありながら柔軟、腕もたつと好対象だった。

WS000111


48. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 13:37

F91の時の必死さというか一生懸命なところが好きだったけど
クロボンからは大人の余裕が出てきて更に好きになったわ
だから強さに関しては余裕を持って状況を見て、その上で必死にどうこうしている、と感じるかな


67. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 17:08

実戦経験が10年前後ある主人公及びライバルパイロットってアムロとキンケドゥ、シャアとザビーネぐらいしかいないもんな。何でもそうだけど実戦で相手を倒せば倒すだけウデは上がる、と言われてるし彼らの実戦経験の豊富さは大きなアドバンテージだね。

ちなみにザビーネとキンケドゥはシミュレーションではザビーネ優勢だったけど、結局クロスボーンとレジスタンスの戦いをシーブックは生き抜いている。レジスタンスとの抗争時代に倒したくても倒せず、結局ブッホ帝国を瓦解させた相手だからこそシミュレーションでの優位を強調してた、とも言えるんじゃないかね。


82. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 20:02

机上の理屈を実現する能力は凄まじいな
MEPEとかバイコンでの宇宙難民捜索とか二重ビームシールドでのヴェスバー防御とか
ビームシールド突入とかウェッブがあればリーチで負けないとか

もっとも、他の連中は理屈でも説明できないことをやらかすのが多いが
w

mp4_006457742


91. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 21:29

忘れられがちだけど、F91を勝手に持ち出して、敵の本拠地に一人で乗り込むという際どい事をやっているんだよな。


96. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 22:53

宇宙世紀第二部の最初の主人公的存在なんだよな。
CCAまで(今ならUCまでだけど)が第一部で、F91からが第2部。
だからポジション的には(批判的意見もあるだろうが)アムロに位置してる気がする。
親がガンダム作ってたり、続編で脇役に身を引いてたり。


98. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 23:32

連邦の月の援軍を単独で壊滅させた最強のラフレシアを
ほぼ単独で倒したんだからシーブックの成長速度は化け物だろ
アムロと同等かどうか知らないが短期間での成長速度はずば抜けてる


95. 以下、GUNDAMがお送りします 2014年07月03日 22:48

すごい頼りになるけど、NT能力の一点ではトビアに譲るから
ちゃんと見せ場も渡してくれるという理想の先代先輩ポジションだと思う。