WS000024
http://2ch.sc/より
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1406266576/
1: JOJO6251 2014/07/25(金)14:36:16 ID:7L5rPdjZ1

※この世界観は涼宮ハルヒシリーズ×ガンダムビルドファイターズ+αのクロスオーバーです。

――――――――プロローグ

ふぅ……一体全体どうしてこんなことになっちまったんだろうな。
俺はただふと思い立って、学校帰りにぷらっと遠出をして、呑気にウィンドウショッピングをしていただけのはずなのだ。

そう、俺の純然たる趣味……そう『ガンプラ作り』のインスピレーション、つまりは啓示を受けようとわざわざ隣町まで繰り出して展示されている作品や新作を見に行き、気分が乗れば『ガンプラ』を購入しようと思い、トイ・ショップを巡っていたのだ。
だがそのもくろみは打ち砕かれた。まったく、思い立ったが吉日と昔の人は言ったがどうもありゃ疑わしいね……、その思い付きのせいで今こんな厄介ごとに巻き込まれた……いや巻き込まれている、だな。
なんてったってこの厄介ごとは現在進行形なのだから。


2: 名無しさん@おーぷん 2014/07/25(金)14:36:38

期待


3: 名無しさん@おーぷん 2014/07/25(金)14:37:49

キョン君がんばれーwww


4: JOJO6251 2014/07/25(金)14:40:07 ID:7L5rPdjZ1

「何やってるのキョン!あんたもちょっとはなんか言ってやんなさいよ!」

今この俺に反論を促した黄色いカチューシャで黒髪セミロングの女子高生……、涼宮ハルヒが発した不用意な一言がきっかけで今の事態に陥ってしまったのである。

「ちょっと、自分が言い負かされそうになったからって彼氏に助け求めるの?それって情けなくな~い?」

「なっ……、べ、別にこんなの彼氏じゃないわよっ!!」

怒髪天を突く、という勢いで顔を真っ赤にしてピンクの帽子をかぶった黒髪ロングの美人なお姉さんに食って掛かるハルヒ。
向こうも向こうで引けないものがあるのか、二割増しでハルヒに食って掛かっていく……。
事の経緯はこうだ。


5: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)14:41:23 ID:7L5rPdjZ1

鳥の付け方間違えてたw

俺がトイ・ショップを巡りながら次にどんなガンプラを作ろうか、どんな作品に仕上げようかと、
少ない所持金と相談しながら嬉しい悲鳴を脳内で上げつつ店に入って行き、すかさずガンプラのコーナーへと足を運んだ。
そこにはビルダーたちが精魂込めて作ってあった数々の作品が展示してあり、俺の心を魅了するには十分な出来栄えのものだった。

ビームライフルの砲身を前方に繰り出し、主人公機らしく堂々とポージングをとっている『フォースインパルスガンダム』
まるで翼のようにバインダーを広げ雄大に構える『ガンダムAGE-2』
そしてピンクを基調とした女性的なカラーリングとフォルムに仕立て上げられた『ガーベラ・テトラ』

どれもこれも素晴らしい仕上がりで、思わず見惚れてしまっていたのだ……、背後にハルヒがいることも気づかずに……。


7: 名無しさん@おーぷん 2014/07/25(金)14:42:54

キョンの趣味がガンプラってオカシクない?
まあ、今さらか


8: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)14:43:55 ID:7L5rPdjZ1

>>7
まぁ、ご都合主義ということで


9: 名無しさん@おーぷん 2014/07/25(金)14:44:06

同じ角川だしまあSSだしいいんでない


11: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)14:46:55 ID:7L5rPdjZ1

「ちょっと、キョン!あんたこんなところで何してんの!」
「のわっ!?」

背後からいきなり声をかけられてしまった俺は、つい素っ頓狂な声を店中に響かせてしまうことになった。

「な、なによ、そんなに驚くことないじゃない……。」

「あのなぁハルヒ、何かに夢中になってる人間に声をかければ驚きもするさ……。というかハルヒ、お前がなんでこんなところに?」

「あ、あたしはあれよ、たまたま買い物帰りにアンタ見つけたから、気になってあとをつけたのよ。
アタシの見てないところでSOS団の品格を落とすようなことしてないか監視するのも団長の務めなんだから!」

「ヘイヘイ、そーですか……。」


12: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)14:48:36 ID:7L5rPdjZ1

「んで、アンタなにを見てたわけこんなおもちゃ売り場で?まさかとは思うけどえっちぃ格好した女の子の人形とかだったら承知しないわよ!」
「どこをどう見たらそういう結論になる!俺が見てたのはこれだ、これ!ガンプラだ!」

そう言い終るか終らないかのタイミングで俺の指は先ほどまで見惚れていた作品を指さす。

「ふ~ん……。」

目をすぼめ、まったく興味のない、というオーラが見えているかのような反応だった。
どうせそんなことだろうと思っていたさ、まったく予想通りというやつだ。
まぁいい、理解なんてしてほしいとも思わない、俺はただこの場をうまく切り抜けて早いとこガンプラを購入し、幸せな気分で家路につきたかった。


17: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)14:55:07 ID:7L5rPdjZ1

「いい、キョン?」

ふぅ、と軽い溜息をつき、ハルヒは次の言葉を紡いだ。

「あたしたちはね、今の不景気の荒波に備えるために、無防備でこの社会に出ないよう青春という時間をかけて学び舎で身を粉にして学んでいるわけ。
それを何?こんな機械だかなんなんだかわからないようなおもちゃを組み立てて何が楽しいの?」

これは機械じゃない、モビルスーツだ、と反論したところで火に油を注ぐだけだ、やめておこう。
そんなことを逡巡しているうちにもハルヒは次の言葉の矢を放つ。


18: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)15:00:28 ID:7L5rPdjZ1

「こんなものに時間をかける意義がわからないわ!確かに雑誌とかにプラモデル作った奴載ってるのを見たことあるわよ?
でもキョン、アンタはそこまでの才能はないでしょ?時間の無駄よ!せいぜいどこかのおもちゃ屋に飾られるのが関の山じゃないの?
それに飾られたからって人に感動を与えられるとは限らないのよ?見てみなさいよ、このショッキングピンクのプラモデル!
カラーリングも下品だし、ディテールもなんかセンスないでしょ?こうやって馬鹿にされてもいいの?」

馬鹿にしているのはお前のほうだろうが……そろそろ人目も気になってきたので、まずはこっちが折れてからハルヒを撒いて、
またここに戻ってくる算段を付けているまさにその時だった、角の方からピンク色の帽子を付けた黒髪ロングで年上のお姉さんが睨みながらこちらに向かってズカズカ歩いてきたのは……。

「誰のガンプラが下品でセンスがないって?」


19: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)15:09:54 ID:7L5rPdjZ1

―――――俺は思わず顔を覆ってしまった、あまりにタイミングの悪さにである。
今日に限って運悪くハルヒに見つかり、そしてハルヒがのたまった時に限ってそのガンプラの作品作った人が来るなんて……この運の悪さを呪いたくなるね……。
しかもハルヒも売り言葉に買い言葉というやつでどんどん口論はヒートアップしていき、今このトイ・ショップはある意味女二人の戦場と化したのである。

「何回でも言ってやるわよ!下品だって言ってるのよ、デコレーションやディテールが下品だって!」
「なんですって、アンタにこのセンスがわからないっていうの!?どっちがセンスないんだか!!」

やれやれ、そろそろ周りの人の目も気になってきたし一刻も早くこの場から去りたいのだが、ハルヒを放っておいたら翌日何を言われるかわからんし、何をしでかすやら……。
というわけで俺は意を決して声を絞り出すことにした。


20: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)15:19:19 ID:7L5rPdjZ1

「あ、あの~」

出てきた言葉は我ながら素っ頓狂なものに思う。
それでも二人には聞こえていたみたいで、二人そろって「邪魔するな」という視線をおまけしてこちらに振り向いてくれた。

「いや、あのですね?そんなにヒートアップしては皆の注目集めちゃうし、お店にも迷惑なのでは……。」

しどろもどろにしか言えなかったが、何とか思いが伝わったのか二人は矛を収めてくれた。
しかし問題はこれからである。確かに落ち着いてはくれた、がしかし、二人の間に出来たこのやり場のない怒りをどうするべきかである。
どうするべきかというのはわかっているが、果たしてこの団長様は素直に謝ってくれるのだろうか……と悩んでいると、向こうが口を開いた


21: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)15:21:24 ID:7L5rPdjZ1

「まぁいいわ……どうせセンスもなくて碌すっぽ物のわからない子供相手なんだもの、いちいちムキになる方がどうかしてるわね。」

「なっ……!?」

「彼氏も可哀そうね……こんな子と付き合ったばっかりに息抜きに趣味もできず、つまんない価値観を押し付けられて……。」

「い、いや、別のそんな関係じゃ……ほんとすいません、いろいろ言っちゃって。」

「もういいわよ、これ以上エキサイトすると店に迷惑だし……ね?」

そう艶っぽく言うと女性は俺達を残して、出口の方へ行ってしまった。残されたのは、少し顔の赤くなった俺と怒りで顔面が紅潮したハルヒだけである。

「ぐぬぬぬ……」


22: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)15:25:27 ID:7L5rPdjZ1

やれやれ、次はこのお嬢様をどうにかしてなだめなければいけない。
それにこんな騒ぎを起こしたのだ、一刻も早くこの店を出なければならない。

「もういいだろうハルヒ、俺達も行くぞ。こんな騒ぎを起こした手前、この店には居づらい……」
「ねぇ」

俺の言葉を遮るようにハルヒが言葉を紡ぐ。

「あのガンプラどう思うの?」

そうハルヒが指を指した先には、口喧嘩の発端となるあのガーベラ・テトラがあった。

「どうって……まぁ、普通に上手だと思うぞ、丁寧に塗れているし、デカール等デコレーションも主張しすぎてない。」

「そう……」

少し声のトーンを落としながらハルヒはガーベラ・テトラをじろじろと見回した。


24: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)15:29:24 ID:7L5rPdjZ1

「うん……、決めたわ!アタシガンプラを作る!」
「えっ」

「アタシもガンプラをここに飾れるようになって……、あいつを見返すの……!!」

たかが数分の口喧嘩でハルヒの意見は180度変わってしまったようだ、なんというか……やれやれとしか言えない展開になってきた。あのハルヒがガンプラとはね。
どうせすぐに飽きそうなものだが……。

「そうね、ただ見返すだけじゃつまらないわ……!キョン!アタシ達もガンプラバトルをするわよ!!」
「ガンプラバトルだと!?」

「そうよ、あの女をバトルでぎったんぎったんにしなきゃ気が済まないわ!それにSOS団の活動の一環として、ガンプラバトルで世界を盛り上げるのよ!」

「せ、世界ったってもう大会予選の締め切りは終わってるんだぞ!?どうするっていうんだ?」
「それはあんたが何とかしなさい!!」

ジーザス、なんてこった……。
かくして団長様の鶴の一声で、俺達SOS団はガンプラ道へと足を踏み入れることになったのである……。



――――――――プロローグ、了


27: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)15:59:29 ID:7L5rPdjZ1

――――――――第一章



なんとも妙な展開になってしまって、俺としては少々複雑な思いだ。
俺個人として趣味の仲間……同好の士が増えるのは非常に喜ばしい。
だがその相手があの涼宮ハルヒだ、勢いで始めたはいいが「やっぱり面白くない!飽きた!」なんて言って匙を投げられるのは非常に面白くない。
ここはひとつ、やる気の程を確かめてやるとするか……。

「あー……コホン、ガンプラを始めるというのは本気か、ハルヒ?」

「なによ、本気に決まってるじゃない!信用できないっていうの?」


28: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)16:05:14 ID:7L5rPdjZ1

悪いがその通りだ。
大抵一時の感情で始めようと思った趣味なんて、長続きしないに決まってるのだ。
それにハルヒには北高の全部の部活に入部して、「面白くない」という理由で辞めたという前科がある。
そんな人間の言うことなど信用することが度台無理というものだが、それを本人に伝えたところでさらに頑なになるだけだ。
まずは現実的な問題に直面させてやることにする。

「じゃあハルヒ、まずは移動するぞ」

「なによ、ここじゃダメなの?」

別にここでも構わないことは構わないんだが、先ほどのエレクトリカルな舌戦でここは少々居心地が悪い。
それにこういう電気店の一角に設けられたトイ・ショップより、本格的な模型店に連れて行った方がいいだろう……。


29: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)16:11:33 ID:7L5rPdjZ1

「あぁ、どうせ行くならもうちょっと専門的なところがいいだろう。すこし歩くがガンプラを始めるにはうってつけな場所がある」

「ふーん……まぁいいわ、案内してちょうだい!」

「へいへい」

とハルヒに返事をするが早いか、出口へと向かう。
途中、レジにいた店員に何か奇妙なものを見るような眼で見られたが気にしないことにする。


さて、まだハルヒのやる気に幾許かの不安があるものの、目的の模型店――――『イオリ模型店』に案内した。
ハルヒめ、まずはここで経済的な方面からやる気を試してやる。


30: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)16:13:09 ID:7L5rPdjZ1

「さ、着いたぞハルヒ。ここが目的の場所だ」

「ふーん……、まぁまぁ小ぎれいでいい感じの店じゃない、アンタにしてはよくやったわ!」

「そりゃどーも」

全く何様のつもりだ、と心の中で悪態をつきつつ店の中に入る。

「いらっしゃいませー」

店の中に入ると、少年の声が店内に響く。
このイオリ模型店の息子で、今現在店番をしているイオリ・セイという少年のものだ。
このイオリ・セイという少年は、年に見合わずそれはもう見事なガンプラを制作して店内に飾っているくらいのモデラーだ。
ガンプラバトルでは作品の出来栄えが性能の差になるので、イオリ君ほどのガンプラになるとほぼ無双出来る……ハズなのだが、なぜか勝ち星に恵まれなかった。
……が、それもちょっと前までの話で、今ではコンビを組むようになり、イオリ君が制作に、パートナーが操縦に専念する形で勝ち星を挙げ、今ではガンプラバトルの日本国内予選を勝ち抜いている。

え、俺は予選に出なかったのかって?
まぁ、俺もバトルに興味がないわけではないが……、そこまでガンプラ製作に自信がないのとガンプラに傷をつけるのに抵抗があってな、いまいちやる気が起きないのだ。


31: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)16:22:44 ID:7L5rPdjZ1

「あっ、キョンさんこんにちわー。あれ、今日は一人じゃないんですか?」

「おう、こんにちわ。あぁ、ちょっとこれからガンプラを始めてみようってやつを連れてきた。まだどうなるかわからんがね」

「えぇ!?絶対始めるべきですよ!こんな面白いこと他にありませんって!!」

とハルヒを紹介しようとするや否や目を輝かせながら興奮するイオリ君。
気持ちはわかるが少し落ち着いてほしい、せっかくガンプラを初めて見ても「やっぱりつまんない!」なんて言って飽きてしまったら嫌だろう?
ぶっちゃけて言うとハルヒの機嫌はコロコロと、まさに女心は秋の空という格言通りに変わるのだ。
まぁ流石に本人を目の前にして言えるほどの度胸がないので、その言葉をぐっとこらえておれは次の言葉を紡いだ。


32: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)16:31:37 ID:7L5rPdjZ1

「いや、俺も同好の士が増えればうれしいのだが……、なにしろ、な」

と、俺は右手の親指と人差し指で○を作り、イオリ君とハルヒに見えるようにジェスチャーをした。

「あっ、そうですよね……」

イオリ君の表情が一瞬のうちに暗くなった。流石模型店の息子、察しが速くて助かる。まるであのニュータイプのようだ。
一方のハルヒはというと今だ脳内にキュピーンと電流が走っていないようで、きょとんとした顔で突っ立ってる。

「なによその指?もう、まどろっこしいからはっきり言いなさいよ、男らしくない」

余計なお世話だ、この察しの悪いオールドタイプめ!逆セクハラで訴えてやろうか!


33: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)16:42:42 ID:7L5rPdjZ1

「わかったわかった、正直に言うとこのガンプラ製作というのは金がかかるんだ、それも極めようとすればするほどな」

「えっ、ただ作るだけじゃないの?そんなにお金がかかるの?」

意外そうな顔をするハルヒ。
それはそうだろう、俺でさえ初期の頃はそう思ったものだ。まさか、本体より工具の方が高くつくなんて思わなかった、おかげで俺のお年玉が一発で吹っ飛んださ……。

「えぇ、始めるまでにお金がかかるんです、一回揃えると後はプラモ代だけで済むんですが……」

商売人といえど、流石に無茶なオススメはしないイオリ君。
さぁ、この調子で経済的損失をハルヒに言って聞かせてハルヒの暴走を止めてくれ!!


34: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)16:56:40 ID:7L5rPdjZ1

「たかがプラモデルの工具でしょ?
いいわよ、ちょっとくらいお金がかかっても。この私に見合うような最高級のものを持って来ること、いいわね!」

……この発言に、俺とイオリ君は絶句した。
そう、俺達の言わんとすることが何一つ理解していないどころか、逆に思い切り無茶な事を言い出したのである。

「きょ、キョンさん……」

と俺をとても不安げに見てくるイオリ君。
あぁ、大丈夫だ言わんとすることはわかる、ここはひとつハルヒの奴に痛い目を見せてこの世界の洗礼を浴びせてやってくれ。

「えーっと、じゃあまず見積もりをだしますね……」

そういうとイオリ君はPCを操作しながら器用に電卓を叩く。
数分の時が流れイオリ君は、「全ての物を最高級に」、というハルヒの指示通りに見積もりを立てて持ってきて来たのであった。


35: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)17:07:03 ID:7L5rPdjZ1

「え"っ、ちょ、ちょっと冗談でしょ!?な、何でプラモごときにこんなにお金がかかるのよ……」

む、今のセリフはちょっと聞き逃せんな。
仕方ない、経済的に攻めた後には理論的に攻めるとするか。

「いいかハルヒ。今、プラモごときと言ったがそれはおおいに間違ってると言っておこう」

「ど、どういうことよ……」


38: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)17:22:03 ID:7L5rPdjZ1

「今、このガンプラは世界的な人気を博している。そりゃ子供でも手を出せるくらいおもちゃと言ってしまえばそれまでだが、それだけにその裾野は広い。
そして子供のころに見たかっこいいガンプラと一緒にいたい、その想いでガンプラを作る大人だっている。それにハルヒだって世界大会くらい聞いたことあるだろう?
そこまでの大会に出る選手は当然その道具にだってこだわるさ、ガンプラの出来栄えがそのまま性能になるんだからな。ちょっと手間を厭うだけで、勝利の女神さまはそっぽ向くと言っても過言じゃあない。
つまり俺が言いたいのは、『プラモごとき』なんて心構えでガンプラ道に歩を進めると、先ほど言ったような世界を盛り上げるどころか痛い目を見て途中で飽きてしまうのがオチだ。
悪いことは言わん、さっきの口論のことなんてスパッと忘れて、無駄金を使う前に退散しよう」

少しきつい言い方になってしまったが、途中で飽きてしまってガンプラや道具を放置してボロボロにしてしまうよりかははるかにマシだと思う。
ハルヒも思い当たる節があるのか、顔を下に向け心なしか落ち込んでいるように見える。
しかし俺だって、同じ趣味を持つ人間がいなくなるのは辛い。厳しいとは思うがこれもハルヒのためを思えばこそなのだ。

「ふむ、話は聞かせてもらったよ」

と、いつの間にいたのか、棚の後ろから腕を組みオールバック気味の髪型をした壮年男性が姿を現した。


39: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)17:46:50 ID:7L5rPdjZ1

「ラルさん!」
「大尉!」

イオリ君と一緒に発言し被せてしまい、聞き取り辛かった諸兄へ。
俺が大尉、イオリ君がラルさんと呼んだ壮年男性はこのイオリ模型店の常連で、なおかつこの世界でかなり広い顔を持つ知る人ぞ知るビルダーである。

「ふむ、どうやらそのお嬢さんはガンプラを始めたいようだね。
そしてキョンくんは優しいことに、彼女が思いつきで痛い目を見る前にそれを止めようとしてると言ったところか。」

「そ、そうなの……?」

えぇい、こっちを見るな、恥ずかしい。
それに俺はそんな優しい思いで言ったんじゃない、SOS団の一員として無駄な出費をしようとしている団長様の暴走を咎めただけだ。
しかも、きっかけがきっかけだし、喉元過ぎれば何とやら、で飽きそうなのが怖いんですよ!


40: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)18:15:22 ID:7L5rPdjZ1

「しかしキョンくん、もう少し彼女を信用してあげてもいいんじゃないかね?」
「えっ!?」

まるでこちらの心を見透かされたような問いに俺は素っ頓狂な声を上げてしまう。

「確かにあのような口論がきっかけで始めるともなると、幾許かの不安があるキョンくんの気持ちもわかる。
だが、彼女のガンプラで世界を盛り上げたいという気持ちやその他の気持ちも組んであげてもいいんじゃないかな?
彼女は張り切りすぎて少しばかりペースとテンションを上げ過ぎただけじゃないか。ただそれだけのことで君たちの言うガンプラ道を止めさせるほど、この道の門は狭くないと思うぞ?
それに飽きや何かでガンプラをやめてしまうことなんて、我々ビルダーに常について回ることじゃないか」

うげっ!あの口論から見られてたのか……!
う~ん……確かに大尉の言うことにも一理ある……。俺も心配性なのかなんなのか……。


41: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)18:27:20 ID:7L5rPdjZ1

「ハルヒ」
「な、何?」

ハルヒもさすがに反省したのかすこしは冷静な眼差しに見える、これなら大丈夫か……?

「誓ってくれ、嫌なことや面倒なことがあっても簡単には投げ出さないって」

「わ、わかったわよ!ここまで言われちゃそう簡単に投げ出すわけにはいかないし!
団長たる者、団員の気持ちを汲んであげるくらいしてあげても罰は当たらないんだから!」

フン!と擬音がつきそうなくらいそっぽを向くハルヒ。やれやれ、すっかりっ元の調子に戻ってやがる……。
でもまぁこう固く誓ったんだ、大丈夫だろう。それにさんざん言っての通り同じ趣味の仲間が増えるのはいいことだしな、俺ができる限り協力してやるとするか。


42: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)19:07:49 ID:7L5rPdjZ1

「うんうん、青春とはいいものだね。さ、キョンくん、彼女に道具を選んでやるといい」

「はい、ありがとうございます大尉!」

礼を言い終えると大尉はサッと自分のキット選びへと戻ってしまった。
ふむ、頼まれた手前、無下にするわけにもいかんな、さぁハルヒのガンプラや道具選びを手伝うとするか。

「それじゃ、いっちょ道具を選ぶか……と、その前に……」

「え、何よ、道具選ぶんじゃないの?」

「いや、そうなんだが……ハルヒ、お前、どこまで作るんだ?」

「え、ていうかどこまで作るかって言われても、わかんないんだけど……」


43: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)19:22:55 ID:7L5rPdjZ1

「あー、そうだったな……、説明しておかなきゃならん。
まぁ俺流で悪いが、基準としては『パチ組み』『簡易フィニッシュ(素組み)』『全塗装』の三つくらいに分けられると思う」

「ふんふん……」

「まず『パチ組み』というのは一番簡単な奴で、キットをニッパーで切り取ってデザインナイフでゲート処理をし、シールを張って説明書の手順通り組み上げるというやつだ。
必要なのはニッパーとデザインナイフやピンセット位だな」

「なるほど、まずは説明書通りに組み立てるところから始まるのね」


44: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)19:36:54 ID:7L5rPdjZ1

「そうだ、つぎは『簡易フィニッシュ(素組み)』だ。
これはちょいと面倒な奴でな、パチ組みに加え、合わせ目消し、やすり掛け、つや消しをする」

「う~、早速わかりづらいわね……」

「そうだな……ざっと説明するが、合わせ目消しというのは接着剤を使ってキットを組み上げるんだ。これは作るときに詳しい説明をする。
次のやすり掛けというのは読んで字のごとく、やすりでキットを研磨することを言う。
そして、つや消しというのはスプレーを吹きかけて艶を消すんだ」

「艶を?」

「あぁ、よく見るとプラスチックって独特の光り方をしてるだろ?」

「そうね、なんか安っぽい光り方よね、あれ」

「いい目をしている……、あの安っぽい光を消すのがつや消しスプレーだ、俺は半光沢を好んで使っている」

「これだけでも難しそうね……」


45: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)19:57:07 ID:7L5rPdjZ1

「あぁ、特にやすり掛けはすごい時間がかかる、これが原因でガンプラ飽きる人間が多い気がする。
そして最後に全塗装だな」

「う……あの思いっきりお金のかかるやつね……」

「アレは最高級とか言うからああなったんだ、もっと敷居が低いもんだぞ実際は」

「そうなの?」

「まず全塗装は大きく二つに分けられる、『エアブラシ』と『筆』だ。
簡単に言えば筆を使い手作業で全部塗るか、機械で一気に塗るかだ。
まぁ、エアブラシは早く済むが値段が高く、筆は安価だが乾燥や塗装に時間がかかる」


46: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)20:10:24 ID:7L5rPdjZ1

「う~ん、さらに難しそうだわ……。そういえばキョンはどこまでやってるの?」

「俺か?俺はこの前まで簡易フィニッシュだったがつい最近筆で塗装し始めた」

そう、ここまで偉そうな講釈を垂れていて悪いが、俺はつい最近ようやく全塗装し始めた若輩者なのである。
イオリ君や大尉に比べて腕の方はというと、察してほしい。それでもガンプラ愛は二人に負けないつもりだ!

「そう……、じゃあアタシも『筆』で『全塗装』する!団長が平団員に後れを取るわけにはいかないからね!」

おいおい、いいのかそんな理由で決めちまって……なんというか、この後に血判状でも書かせてやりたくなってきた。


47: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)20:20:54 ID:7L5rPdjZ1

「それじゃあ、道具コーナーに案内しますね。それと、全塗装するなら塗料どうしましょう?」

「塗料?」

ああ、そうだ、そうだった、塗料にもけっこう種類があるんだった……失念していたぜ。
うぅ、まいったな……俺は適当に決めちまったからどうやって説明したもんか……

「じゃあ僕が説明しますね。塗料には『ラッカー塗料』『水性アクリル塗料』『エナメル塗料』と大きく3つあるんです。」

俺の不安な表情を見て察してくれたのか、イオリ君が塗料についての説明を始めてくれた。

「どう違うの?」


48: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)20:30:43 ID:7L5rPdjZ1

「まずラッカーから説明します。
GSIクレオスより発売されている、『Mr.カラー』が一般的に模型制作に使用されているラッカー塗料になると思います。
特徴としては、乾燥が早くて塗膜が強く発色が良くて筆ムラも出にくいんです。それになんていったって価格が安い優れものです!」

「へぇー、いいじゃない!」

「でも……唯一最大の欠点として、思いっきりシンナー臭が凄いんです……。
僕もラッカー塗料使ったりするんですけれど、昔うっかり換気を怠ったまま長時間使ったせいで軽く中毒になって、
シャア専用ザクが四方八方から僕に向かってきて赤い彗星の脅威を身をも「はいストップ!やばい話はストップストップ!!」

「う……シンナー中毒は嫌ね……」

「それさえなければおすすめできる塗料なんですけどね……」

あの赤い彗星に四方八方から襲われたらたまったもんじゃないぜ全く、俺は白い悪魔じゃないんだよ。


49: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)21:04:09 ID:7L5rPdjZ1

「続いて、水性アクリル塗料ですね。GSIクレオスより発売されている『水性ホビーカラー』が有名ですね。
他にも『タミヤアクリル塗料』なんかもあります。
この塗料の特徴はなんて言ったって環境や人体に優しいことですね!
臭いもそこまで強くありません!筆だって水洗いできるんです!!絵の具のような使い心地ですね!」

「ふむふむ」

「しかしながら欠点もあるんです……。
乾燥時間がラッカーより遅く、筆ムラもできやすいし塗膜もそこまで強いわけじゃないんです……だから可動部の塗装にはお勧めできません。
メタリックの発色もイマイチですし……」

「そうそういい話は転がってないというわけか」

そういう俺は、ガンプラキットの説明書に使う色が書いてあるからという理由で水性アクリル塗料を使っていたりする。
どの色を使えばいいというのが載っているのは相当なアドバンテージだと思うし、ガンプラつくってるBANDAI様、『財団B』が使うことを奨励しているからな!


50: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)21:10:38 ID:7L5rPdjZ1

「最後はエナメル塗料ですね。これはほとんどタミヤから発売されています。
特徴は、塗料がよく伸びるため、筆ムラが出にくいんです!それに発色がいいため、塗装後には他の二つとは違う独特な発色感が出てきます。」

「これもよさそうなんだけど……欠点があるんでしょ?」

「そうですね、まぁどの塗料にも言えるんですが専用の薄め液が必要なんです。しかもエナメル塗料は筆や道具を専用のクリーナーで手入れする必要があります。
そしてエナメル塗料の欠点は、乾燥時間が一番遅く塗膜も弱いんです……。
完全に乾燥した後に触ったのに指紋が付いたり、塗装表面が色落ちしたり……。しかもプラスチックに浸透するから脆くなるんですよ!
下手に触るとせっかく作った作品が……なんて悲劇も起こりやすいんです」

「えぇ~、そ、それは困るわ……でも臭いのも嫌だし……。だとすると……」


52: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)21:21:36 ID:7L5rPdjZ1

ハルヒの目は水性アクリル塗料の棚に向けられた。
まぁ、そうだろうな……イオリ君の説明は少し誘導的な気もするが、この中でお手軽でとっつきやすいと言えば水性塗料だろうな。
なまじ高校生の懐状況を考えるとなぁ……それに臭すぎるシンナーの匂いはご近所にも迷惑だ、仕方あるまい。

「うん、筆の水性塗料にするわ!一番問題が少なそうだし!」


58: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)21:53:41 ID:7L5rPdjZ1

「決まったか、それじゃあまず使用する道具を確認するぞ。
まずタミヤの薄刃ニッパーだな」

pAjiYBS

「う、結構するわね……安いのじゃダメなの?」

さっき最高級の物もって来いって言ったどの口がほざくのだろう。
と、直接言うわけにはいかないので視線で軽く攻撃しつつ、ハルヒに説明しようと思う。

「まぁ下を見ればきりがないんだがここには置いていないな、なぜならばここが模型店であるからだ。
簡単に言ってしまえばプラモにはプラモ用に適したニッパーがあるんだ。100円均一のニッパーなんか使ってみろ、すぐ刃が駄目になる。
切れ味が悪くなるとパーツが持っていかれて……」
「わ、わかったわかったわよ!!」


60: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)22:09:36 ID:7L5rPdjZ1

「では次だな、デザインナイフだな」

LN4xNjk

「一口に言ってしまえば万能工具だな、いろいろな局面で発揮する。まず主に使うのがゲート処理、これはするときになったら詳しく教える。
あとは向きとかを間違ってハメてしまったパーツを開けるときに使ったり……まぁ様々な場面で活躍するんだ、持っていて損はない」

「じゃあこれも購入ね……」

「あ、これどうぞ」

「あ、ありがと……」

ナイスタイミングでハルヒに買い物かごを渡すイオリ君。
そうだよなぁ、今日ここでたくさん買うんだよなぁ……なんかむず痒いぜ。


62: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)22:25:41 ID:7L5rPdjZ1

「キョン、ぼーっとしてないで早く次の道具説明しなさいよ!」

ぐぐ……すっかり俺はハルヒの中で説明係になってやがる……

「へいへい、次は接着剤だな」

「やっぱりガンプラ用の接着剤があるのよね?」

「察しが良くて助かる、その通り普通に使うタイプと流し込みタイプがある。
まぁ二つとも購入すれば色々と捗るので買ってしまう。

jRKH37e
←普通の

wit8a6f
 ←流し込み用

ハルヒの顔が訝しげになっていたが仕方がない、今から接着剤の効能について一から説明したら日が暮れるぜ。
こういうもんは、実際使ってみて初めて用途が理解できるもんなんだよ。


63: 名無しさん@おーぷん 2014/07/25(金)22:35:59

あのさ、プラモの解説詳しくやるんだったら
モデラーとかビルダーって単語の解説も入れて欲しかった
モデラーはわかるんだがビルダーって言われても
ムキムキマッチョのボディビルダーしか思い浮かばないんだが


64: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)22:54:49 ID:7L5rPdjZ1

>>63
すまんな、じゃあここで補足する

モデラー→プラモデル作ってる人全般を指す、現実でも使う

ビルダー→ガンプラビルドファイターズ内の造語、主にガンプラを作る人

ファイター→主にガンプラを操り闘う人


65: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)22:56:08 ID:7L5rPdjZ1

「そいでさっき言ってたつや消しだ、ハルヒどうする、お前も半光沢にするか?」

VClidgM
 ←ほかに光沢と光沢無しもある

「まぁ、アンタが使ってて問題ないんでしょう?いいわよそれで……」

はいよ、と軽い言葉をかけて買い物籠につや消しスプレーを入れる。
全くこれだけでも高校生に取っては大きな出費だぜ。


66: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)23:12:45 ID:7L5rPdjZ1


「じゃあ次は筆だが……、お、流石模型店面相筆が置いてあるな」

「めんそうふで?」

JraYLUK

「あぁ、これはコリンスキーと言ってな、天然のイタチから作っている高級な筆だ。
かくいう俺も人に買うよう勧められて買ったがもったいなくて一度も使ってない」

「何よそれ!」

「塗料の食いつきもいいらしいし、この高級感ハルヒにぴったりだと思うんだがな?
そのうち使えるようになればいい相棒になってくれるさ。」

「う~ん、そうね……先を見据えて買う、というのも必要なことよね……」

あっという間に出しかけた矛を収めてくれたハルヒ。なんというか意外にちょろいな。


67: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)23:28:54 ID:7L5rPdjZ1

eRHYIFt
foyjjlP
PCF7nGf

「まぁ、あとはナイロンで出来てるタミヤの筆セットでいいだろう……。おっとスミ入れ用のペン3種も忘れちゃいかん!
あとはあれだな薄め液とそれに使うスポイト、塗料皿、筆トリートメント用洗浄液……。
そして次が……ヤスリか……」
hWKznOK
nYzZqPF
「なんかいっぱいあるわねー、どれ買えばいいの?」


68: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)23:30:04 ID:7L5rPdjZ1

>>67
補足

筆トリートメント用洗浄剤
VHvPKtS


69: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)23:31:16 ID:7L5rPdjZ1

「そうですね、ガンプラだけならそうたくさん使わないです、せいぜい400番から1000番くらいで十分かと思います。
でもヤスリだけじゃあれなんで、こちらもお勧めします」

「お、タイラーか、便利なんだよなーこれ」

「タイラー?」

「言っておくが無責任艦長のことじゃないぞ?
簡単に言ってしまえば当て木のついたヤスリだ、広い場所を磨くときに効率よく磨けるようになる」

「(無責任艦長?)そもそも、ヤスリって何のために磨くの?やらなきゃクォリティ下がるっていうのはなんとなくわかるんだけど……」

うっ、どうしよう……俺も深く考えずに適当なサイト見て、やすり掛けってやっとくもんだろうと思ってたからわかんねーよ。
仕方がない、困ったときのイオリ君頼みだ……。と、助けてくれと言わんばかりの視線をイオリ君に送り、救助をお願いする。


70: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)23:31:48 ID:7L5rPdjZ1

「ヤスリっていうのは中継ぎみたいなもんなんですよ」

「中継ぎ?」

「そう、次の塗装のための下地を作って塗料の食いつきをよくするんです。さっき筆で全塗装するって言ってましたし、やすり掛けは必須だと思います。
その他にもパーツについてる薄い『バリ』を取ったり、キットの凸凹を平らにする『ヒケ処理』とこんな感じですね。
すこし忍耐力が必要かと思いますが、完成した喜びもひとしおですよ!」

「そう、じゃあ400番~1000番の紙やすりとそのタイラーってやつも買っておくわ」

「はい、ありがとうございます!」

イオリ君は元気よく感謝の念をハルヒにぶつけた。いやいや、なかなか商売人堅気な少年じゃないか……この子は化けるね、なんとなくだが!


71: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)23:33:38 ID:7L5rPdjZ1

「とまぁ、買うのは薄刃ニッパー、デザインナイフ、タミヤセメント、タミヤセメント流し込みタイプ、スミ入れ用ペン三種、紙やすり400番~1000番(400番~800番タイラー)、つや消しスプレー(半光沢)。
そんでもってマスキングテープ、面相筆、ナイロン筆、ブラシトリートメント液、水性薄め液と塗料か……ん?」

O7Libh8
←マスキングテープ(はみ出してもいいように部品の塗らないところに貼るテープ)

いざ、塗料を選ぶとなったところで頭上に『?』マークが一瞬浮かび、そして弾けて消える。

「そういやハルヒ、お前なんのガンプラ作るんだ……?
そうだよ、買うキット決めなきゃ塗料も買えないじゃないか!」


72: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)23:34:17 ID:7L5rPdjZ1

いかんいかん、何か講釈たれるのが心地よくなって、脳からドーパミン出ていたせいか肝心なことを忘れるところだった。
肝心のキットがなければ、先に買う道具たちも意味をなさなくなってしまう……うっかりしすぎだ、俺。

「そうねぇ……」

と言って買い物籠を持ちながら店内を物色し始めるハルヒ。正直言ってハルヒがどんなガンプラを選ぶのかワクワクしている。個人的にはガンプラ選びには性格が出ると思っているのである。
そして、店内を一回りするかしないかのところでハルヒが止まる。

「―――――これにするわ」

とハルヒのお眼鏡にかなった名誉あるガンプラはというと……


73: ◆p8.VCSmC9. 2014/07/25(金)23:36:21 ID:7L5rPdjZ1

―――――――一章、了

流石に眠いのでここで一度切ります。
明日二章全部投下して、7/30に三章投下を予定しています。