WS000012
http://2ch.sc/より
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1410447354/
ジャミトフはアースノイド出身のエリートではあったが、地球を汚染し続ける地球連邦政府と地球連邦軍のエリートを憎悪しており、地球環境再生の一環として人類の大規模虐殺を実行したジオン公国のギレン・ザビに共感していた。地球環境破壊の原因をアースノイドを含む地球圏の人口増大にあると考え、少数のエリートによる地球圏の管理統制を目指したギレンの思想に影響を受けたジャミトフは、地球環境の保護・管理のために、地球連邦政府の独裁的支配や、アースノイドを含む人類の大半を粛清するための大規模戦争を目指すようになったという。

一年戦争から何も学ばず、地球再開発に名を借りた環境汚染と、地球における既得権の拡大にのみ執着する地球連邦政府の醜態を目の当たりにしていたジャミトフは、地球上の全人類を殺戮してでも地球の再生を実現しようと考えており、それを極秘裏・合法的に実現するためにティターンズを強化して権力の集中を推し進め、軍事国家的な統制政府を作り出そうとしていた。ジャミトフをアースノイド至上主義者だと考え、危険視しているエゥーゴの指導者ブレックス・フォーラは、ジャミトフがティターンズの権限を拡大して地球連邦軍の指揮権を掌握しようとしていることを理由に「第二のザビ家を目論む男」と揶揄していた。

劇中に描写はないが、ジャミトフがティターンズを設立した真の目的は、地球経済に打撃を与えて、地球上の選民を抹殺することにある。この思想は、地球の再生を目指した地球至上主義ゆえであったが、彼は特に極端なやり方を考えていた。汚染された地球環境再生のためにはアースノイドを含む人類の大量虐殺も想定されていたほか、表向きは、地球在住を認められていた地球連邦政府関係者や地球連邦政府議員も粛清対象であった。 パプテマス・シロッコはジャミトフの理想は、アースノイドを根絶やしにするために地球連邦軍をティターンズにし、戦争によって地球経済を徹底的に窮乏に追い込んでアースノイドを餓死させ、地球から人間を消しさることによって地球を自然に戻すことであり、ティターンズとエゥーゴは同じ目的のために戦争をしていると語っている。実際、ジャミトフは「頑冥な人々は、地球上で掃討し、無知無能な者は、コロニー開発に追いあげる。それが、地球上から人間を排除する方法なのだ。今となれば、地球に残りたがるエリート意識に凝り固まった選民は、危機に陥った地球に残して、飢えさせれば良いのだ。が、そんな手段を講じているうちに地球が疲弊しすぎるという危機感があるからこそ、軍を組織して地球経済に打撃を与え、ついでに地球上の選民を抹殺する」ことを予定していた。

ただし、ジャミトフの地球環境再生への執念は、スペースノイドの間で広まったエレズムとは違うものであり、スペースノイドへの反感から端を発したものであった。ジャミトフにとってスペースノイドは地球を食い荒らす寄生虫であり、ニュータイプは人類の存在を脅かすミュータントでしかなかった。これはジャミトフが地球連邦政府の傲慢と堕落ぶりを目の当たりにしたことによってもたらされた確信であった。ニュータイプに関してジャミトフは、人は只今の現れ方でもニュータイプのような感覚の共有は可能だと信じており、愛情という言葉の意味をはなれた解釈だけですませて、その解釈の中でのみ利用しているから愛情が小さくなるのであり、人の意思と感性の狭隘さを突破するだけで、人はニュータイプになり得るという信条を持っていた。

しかし、バスク・オムなどには、地球環境の汚染を憂慮したジャミトフの真意は伝わっておらず、反感を買うようなスペースノイドに対する過剰な弾圧を繰り返すばかりであった。とくに30バンチ事件やグラナダへのコロニー落としなど、バスク配下の部隊による残虐行為には、結果がティターンズを利するものでも、かなり苦々しく思っていたようである。グラナダへのコロニー落としに関しては、地球連邦政府総会対策として、地球連邦政府の反ジャミトフ派がいうことをきかない場合には行う考えであったが、グラナダをグリプス2のコロニーレーザーで攻撃して破壊するというバスクが提案した作戦に対してはグラナダを失うことになるとして消極的だったほか、バスクが己の力を過信して増長していることを感じていた。

『機動戦士Ζガンダム』の準備稿によれば、ジャミトフはティターンズが善戦して、戦争が始まってすぐにエゥーゴが壊滅する事態を恐れていたという。また、ジャミトフはスペースノイドを羨望しており、人は地球に縛られてはならないと考えていたが、自分は地上から足を浮かせるだけの勇気を持てなかったという。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジャミトフ・ハイマン

1:GUNDAMがお送りします:2014/09/11(木) 23:55:54.45 ID:VoKLw0ev0

Ζ見てる時はただの極悪人にしか見えなかったけど
この人はこの人なりに地球圏の未来のこと考えてたんだな
やり方は過激すぎるけど


2:GUNDAMがお送りします:2014/09/11(木) 23:57:38.47 ID:4SVvsRWLi

そんなこといったらバスクもそう


3:GUNDAMがお送りします:2014/09/11(木) 23:58:23.29 ID:W8bnq1fe0

でもあっけなく死んだよな


4:GUNDAMがお送りします:2014/09/11(木) 23:59:28.03 ID:wpNjMI9B0

そんなこと言ったらCCAのシャアも彼なりに人のこと考えてたぞ


5:GUNDAMがお送りします:2014/09/12(金) 00:00:16.17 ID:6ukD+XwR0

個人的にはシャアはブレックス准将ではなく
ジャミトフに先に出会っていれば
宇宙世紀の未来も大きく変わっていたのかも

機動戦士Ζガンダム Define (8) (カドカワコミックス・エース)


6:GUNDAMがお送りします:2014/09/12(金) 00:01:50.10 ID:QoPfSZPvi

>>5
飲み屋で殴り合ってそう


7:GUNDAMがお送りします:2014/09/12(金) 00:05:14.09 ID:rV2m86e30

シロッコがよくわからん