累計発行部数140万部を誇る太田垣康男氏の大ヒットコミックスを、『機動戦士ガンダムUC』を手がけたサンライズ第1スタジオが描くファン待望のガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム サンダーボルト』。その第1話冒頭3分映像が本日公開された。
ガンプラEXPOで先行上映され、多くのガンダムファンを魅了した映像の一部を、ぜひともチェックしてみよう。

GUNDAM.INFO
http://www.gundam.info/topic/14530

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」公式
http://gundam-tb.net/special/index.html

20151210234507-18526

ザクII
型式番号 MS-06。モビルスーツの代名詞とも呼ばれるザクII、いわゆる量産型ザクは、一年戦争末期のサンダーボルト宙域の攻防でも活躍したジオン公国軍の主力機である。
リビング・デッド師団に配備された機体は、デブリよけのシーリングを動力パイプと関節に施され、膝部装甲にもショックアブソーバーが設けられている。サンダーボルト宙域では、暗礁宙域に潜んで侵攻してくる敵機を各個狙撃していく防衛任務が主であるため、ザクIIの足底面には足場となるデブリ等に固定可能なクローが追加された。背面には高機動化を可能とする大型ランドセルを装備し、ランドセルに増設されたスラスター用のプロペラントタンクも設置された。武装は標準装備のシールド、ザク・マシンガン、ヒート・ホークの他に、改良されたタイプのザク・バズーカも用意されている。
ダリル・ローレンツ曹長が、連邦軍のイオ少尉と初めて邂逅した時に搭乗していたのもザクIIだった。


20151210234517-62544
リック・ドム
型式番号 MS-09R。一年戦争末期に活躍した高機動タイプの量産型モビルスーツ。MS-09 ドムを宇宙用に改良した機体で、ドムと同様に十字に拡げられた視野に3次元走査が可能なモノアイが特徴。 リビング・デッド師団に配備された機体は、暗礁宙域仕様として関節部にシーリング処理が施され、背面には高機動用スラスターを増設した大型ランドセルとプロペラントタンクが設置されている。ドライドフィッシュ搭載機は、主にビッグ・ガンによる狙撃任務に就くため、武装はヒート・ホークやMMP-50マシンガンで、フーバーやフィッシャーが搭乗した。


有料配信は、ストリーミングで楽しむ従来の「レンタル版」に加えて、ダウンロード後は視聴期限無しで楽しめる「セル版」も一部の配信サービスで展開。
価格は特典映像付きのセル版が500円(税抜)、レンタル版が250円(税抜)。

■配信内容

【レンタル版(TVOD)】
配信内容:第1話(約18分)
第1話価格:250円(税抜)

【セル版(EST)】
配信内容: 第1話(約18分)+
       特典映像「一年戦争に挑んだ者たち~Documentary of Thunderbolt~ #1」(約18分)
第1話価格:500円(税抜)


j配信先一覧など
http://www.gundam.info/topic/14529