0: 2016年02月02日 09:11

1・無防備だよ
2・Iフィールドに覆われてるからビームは防げるけど実弾には弱いよ
3・Iフィールドに覆われてて、なおかつ重装甲だからビームにも実弾にも強いよ
4・見えにくいだけで発生器もビームシールドに覆われてるよ

どの意見も聞いたことがある
映像見てると3か4かなって思うけど太いビームを受け止めた時に発生器が爆発してMSが沈む場面もあったりするしよく分からない


f1deb672



ネタ投稿感謝です : http://gundamlog.com/archives/cat_1190888.html





1. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:28

個人的には4

発生器周りもシールドされてるけど
絵的にも発生器部分はそのままの色で見えているように
張り巡らせた発光部分よりシールドが薄いのでは、と思う



2. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:29

実体盾と一体化しているインジャが最適解ってことですね!


3. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:32

クロスボーンガンダムのビームシールドは側面からではなくて発生器の上部からビームが出てくる完全ガード
ただヴェスバーだけは勘弁な!



5. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:42

これ気になってたんだよなぁ
個人的にはあんまりビームシールド破壊されてるとこ見ないから3なんだけど
見た目だけで判断するなら1なんだよなぁ・・・



6. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:43

ハイペリオンの発生器部分は無防備だったな

ハイペリオン



8. 以下、MAD-NAGがお送りします 2016年02月23日 09:45

2のような感じがする。
多少iフィールドに覆われてるがビームを防げるような防御力はないと思う。
そのためクロスボーンガンダムはビーム同士ぶつけあいビームシールドを形成している。
あと戦艦の弾幕を受けて、ビームシールドが形成しきれずに撃墜されたシーンがあるね。



9. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:47

個人的に4、でも一点集中で破る手もなくはないってイメージがある


10. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:50

シーブックがピンポイントで狙って破壊してなかったっけ?


11. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:53

発生器部分も覆われてるならシールドは球状か発生器部分に張り付くような形じゃないとおかしいと思うから個人的には1かなぁ


12. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:56

2かなー
ただしシールド形成用に張ってあるだけでビームを完全に防げるほどではないと思ってる



14. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:56

元々は実体のシールドだったことを考えると例えフィールドに覆われてなくても強度はありそう
MS本体と同素材でも関節とかのつなぎ目がない分強度は上だろうし
そもそも真ん中に弱点のある盾なんか使えない



15. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:58

よく考えてみたら盾の中心で受けられない
使い辛いなw



16. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 09:59

3だろう
じゃないと理屈にあわない。発生器部分がビームシールド部分より弱いなら、発生器を覆うように上部からビームシールドを形成すれば良いだけ。
ビームをそのまま直進させずに、シールドなりサーベルなり特定の形にとどめられてる以上、あの世界では「光を曲げられない」わけないしな

仮にそうできない事情があるとしても、実体盾並みに発生器に装甲を与えるとか、最初からビームコーティングしておくとかフォローしておくだろうしなあ。量産機でなくともあの形状なんだからコストダウンの結果ではないだろうし



18. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 10:03

「4だけどシールド部分よりは若干弱い」くらいの感じだと思う


20. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 10:03

ワタリーギラはVのシールド発生器にビームサーベル当てて壊してたような

というか素材なんて世界ごとに違うからよく判らん


WS000379



21. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 10:03

デスティニーなんかはデストロイのごんぶとビーム受け止めてるから4じゃないかな
見た目は1にしか見えないけど



22. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 10:04

シルエットガンダムの欠陥ビームシールドなんかはどう見ても
実体盾部分はIフィールドに覆われてなさそうだけどね。
元々発生器部分は無防備だったのが、技術的発展によって
発生器部分もカバー出来るよう進化した可能性もある。



23. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 10:05

1だと思ってたわ よくて2
それどころかビームシールドに一発目の攻撃当たってめくれて二発目は本体に被弾ってのを
F91の絵コンテで見た記憶がある
大砲の弾は同じ所には落ちてこない理論と重量と省スペース化なんだろうね



24. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 10:07

2
というかある程度対策はしてあるけどピンポイントで狙われたら破壊されるよって感じじゃないかな
劇中そんなシーンが少ないのはピンポイントで狙えるほどの腕を持ってるのはエースパイロットぐらいだろうからかな



26. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 10:09

Vガンダムでウッソが発生器を突いて壊してるぞ
盾が小型化して扱い易くなった点で採用されてるかもね



27. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 10:25

時期と作品で違う
F91~Vの頃は発生機狙えば壊れると言う設定

種はビームの発生原理がUCとは違うから発生機にビーム張ることもできる



28. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 10:30

確か基部は無防備なんじゃなかったか(正確には普通のシールド)

で、それが問題化して基部にもIフィールドを装着したタイプが生産されたはず。

つまり1→3の流れ



35. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 11:08

確か初期のビームシールドは基部がむき出しだったけど改良されてIフィールドでの防御ができるようになったんじゃなかったっけ


36. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 11:09

2.5ぐらいかな
実弾に強いというほど強度はないけど少しはあたっても壊れない程度の強度があるってぐらい



41. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 11:20

当時のモデグラのインタビューで発生機狙えば壊れるって回答あったよ
種のアルテミスの傘はビームコーティングされたナイフで突破されてたな



42. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 11:20

1か2でしょ
少なくとも4はビームシールドの構造的にありえない



45. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 11:28

確かRXF91のプラモの説明書に、実体弾に対するためにビーム発生器に有る程度のでかさと防御力持たせたとかいう感じのが有ったはず。
昔過ぎて記憶が曖昧だけど。


RXF91



46. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 11:37

Vはビームシールドの発生部をピンポイントで狙って破壊するシーンは結構たくさんあるからな
これができないと特にタイヤMSを攻略できないので、ウッソなんかは頻繁にやってる
(タイヤMSは防御面でほぼ死角が無く、ビームシールドの発生部のみが唯一の弱点)
反対にVガンがゾロのサーベルを発生部に受けてビームシールドが壊わされたシーンも有る



56. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 12:02

1を支持。
Xのクラウダは全身重装甲だがブースター部を撃たれると脆い。だが戦闘中にブースター部を狙って撃てるのはエースくらい。っていう設定がある。同じようにビームシールドの基部を戦闘中に狙って撃てるパイロットはそうそういないだろう。



57. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 12:13

1
「基部に当たりませんよーに」と祈りながら使うのが正解
ちなみに、ビームローターをシールドにしてる人はさらに「すり抜けて来ませんよーに」と祈る必要がある



59. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 12:18

実は映画封切当時のモデルグラフィックスでサンライズの設定担当と編集部の質問コーナーがあるンゴねぇ

ビームシールドジェネレーター(あの亀の子たわし) はIフィールドを形成しているので、シールドジェネレーターへのビームは軌道が逸れてシールド部分に当たる
実体弾はそのままビームジェネレーターに当たるので、壊れたらアウト



60. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 12:19

1だけど、少なくともそれまでの物理シールドと同程度の強度を持たせることはできるだろう


61. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 12:27

宇宙世紀の場合は2か3
発生機部分はIフィールドで覆われているという設定が複数の資料に書かれているので1はあり得ない



72. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 13:05

機種によりけりって事になるんだろうけど

比較的、発生器が弱いって感じだろうか


1a436283



73. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 13:06

5・ビームシールドとしての効果はないが通常のシールド並みには重装甲


76. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 13:08

たぶん中心のアレは簡易な物でF91で簡単にばら撒けるほど予備に余裕がある装備
つまり実体シールドより安いし規格も同規格化が楽
一応なんかコーティングされてるんだと思うけど



80. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 13:20

そこそこの強度のものに出撃前に耐ビームコーティング剤をせっせと塗ってるイメージだったんだが・・・


82. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 13:33

本来、盾と言うのは真正面から受ける物ではなくて、少し傾けて弾道なり剣撃なり相手の攻撃を反らす物だから、ビームシールドも熟練のパイロットなら真正面で攻撃を受ける事は無いんじゃないかな?
仮に中心が防御力が低かったとしても、その弱点を安々と突かれる事自体がパイロットの技量の差だと思う。



83. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 13:36

でもなぁ、デンドロビウムは外付けだったし、ノイエジールのクローで破壊されたしなぁ…


86. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 14:01

耐久性高くないと自ら発生するビームで故障しそう
至近距離でビームに曝され続ける訳だから



87. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 14:15

お前ら、ダーツの真ん中に当てるのだって苦労するだろ?
動いてる的にピンポイントで当てるなんてほぼ無理ゲーだから
考える必要ねぇよ。
それでも当ててくるような相手ならそもそも勝てないからあきらめろってことで良いんじゃない



88. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 14:22

キンケドゥさんが多用しなかったりVの時代には廃れていたり
なにか問題点でもあったのかなクロボン方式
コストやら出力が嵩むとか



89. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 14:30

使われないというか機動力とマントがあるから使う必要がない
以後採用されない理由として考えられるのはサイズが嵩張るとか、クロスボーン由来のアイテムをサナリィが卸すわけに行かないとかじゃないか



91. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 14:37

発信機部分を狙われてビームシールドを破壊されるシーンはいくつもあるが
逆に発信機部分で攻撃を弾いたというシーンが皆無なのが答え



98. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 16:33

91、Vは完全に1。上にもあるとおり中心部を狙われて破壊されるシーンはあれど、中心部で守ったシーンは記憶にないしね。あと欠陥いうけど、そこ以外MSの攻撃ほぼ何でも防げるんならかなり優秀だよ


99. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 16:35

むしろ発生器部分までビームで覆うクロスボーンは時代にあってないよな。そんな便利な方式に出来るならV時代も採用されるはず。まったくデメリットらしいデメリットないんだし。


100. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 16:49

サイズ的に内蔵が難しいんじゃね、ブランドマーカー


112. GUNDAMがお送りします : 2016年02月23日 18:50

ビームシールドのひみつ
・原理はビームサーベルと同じ
・そのため一方向から展開を行いビームカッターとしても使用可能
・ビームサーベルでは錐状のI フィールドだったのを板状に形成する
・その内側を高エネルギーM粒子で満たす
・同出力での耐ビーム性能比はIフィールドバリアの3倍に達する
・そのため小出力での対ビーム防御に向く
・とはいえ要求される余剰出力は第一期MSでは不可能なレベルだった
・ビームはIフィールドで流し、実弾はビーム圧で焼き切る
・発生器上も充分なIフィールドで覆われており、ビームは逸らされる
・とはいえ「薄い」ため、サーベルなどの刺突攻撃や高出力攻撃、精密攻撃には破られることもある
・発生器そのものもかなりの強度があり、バルカン砲や炸裂弾の爆圧程度には無傷である
・ゾロアットやゾリディアのように基部を厚い装甲で覆い、ビームカッターとしての能力を強化している機種もある



機動戦士ガンダムUC (11) (カドカワコミックス・エース)
福井 晴敏
KADOKAWA/角川書店 (2016-03-23)
売り上げランキング: 512


こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/cat_1190888.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/