0: 2016年05月01日 17:41

自分は「Gのレコンギスタ」からベルリの育ての親であるウィルミット・ゼナムさんを推す。
彼女は血の繋がらないベルリを本当の息子として愛しており、心配している所も一番好きです。


ウィルミット・ゼナム



ネタ投稿感謝です : http://gundamlog.com/archives/cat_1190888.html





2 : 2016-05-08 15:39:24

以下「母さんです」禁止


3 : 2016-05-08 15:40:50

ルイスのお母さんは00の日常パートを明るくしてくれた功労者だと思う。個人的には00で一番好きなキャラだった。あんな最期になってしまったのは残念だけど…
しかし、割と出番あったのに、結局名前は無いままだったな…



12 : 2016-05-08 15:50:54

>>3
「聖者の帰還」の時には、ルイス母、ルイス、沙慈がアザディスタンの中継を
見ていたけれど、現場との温度差は微笑ましさとある種のリアル(平和な国では、
紛争なんて所詮は対岸の火事)を感じさせられたよね。

それだからこそ、あの悲劇が際立つというのがねえ。



6 : 2016-05-08 15:48:37

クーデリアのお母さんは…どうだろう…一応、クーデリアの事心配してたし、世間知らずかもだけど、愛はあるよね。鉄血二期で出番あるのか何気に気になる人かな。

d719a502



8 : 2016-05-08 15:49:35

ララァは


13 : 2016-05-08 15:52:12

>>8
?「大佐、邪魔です」



10 : 2016-05-08 15:50:07

姫天頑駄無やろ

新世大将軍の奥さんで飛駆鳥と號斗丸の母親やぞ



18 : 2016-05-08 16:01:19

リン子さんも良いお母さんっぷりだよな
家事全般も勿論のこと、店と家を両方切り盛りし、息子やその友達を暖かく迎え入れたり支えてあげたりと包容力と愛情に満ちた女性だと思う

なにより美人でナイスバディな人妻、堪らん

38037b35



35 : 2016-05-08 16:22:35

>>18
よくよく考えてみると水着のサービス担当がお母さんというのも中々スゴいよなw
しかも違和感とか全然ない



19 : 2016-05-08 16:02:05

ミネルバの溢れる母性愛
タリア・グラディス艦長

最終回では息子がいるにも関わらず母親としてより女であることを優先した所はいただけないけど、それ以外は良い人なんだよな



22 : 2016-05-08 16:06:06

なんて子だろうそんな(ry


26 : 2016-05-08 16:14:32

>>22
あれ、子供が一人前になって独立した一人の人間になること認められない依存性母性の表現なんだな



23 : 2016-05-08 16:08:37

キラの母親は影薄いけど血はつながっていないけど息子を信じて送り出したんだっけ(うろ覚え)、運命でも孤児院(?)一緒に運営してたみたいだし、何気に親子中いいよね。


28 : 2016-05-08 16:17:35

フリットにMS鍛冶という力と共に復讐という呪いを掛けてしまったマリナ。
妻として、母としてアスノ家を支え続けた英雄の妻エミリー。
アセムとゼハートの運命に翻弄され、息子に対しては常に笑顔を絶やさずに帰らぬアセムを待ち続けたロマリー

アスノ家の母親は波乱万丈だなあ。



29 : 2016-05-08 16:17:56

なんでミライ・ノアさんは話題にならないのか

contents_image_2



32 : 2016-05-08 16:19:33

大抵主人公の母親はまともかダメダメか既に死んでるしかないのに生きていても評価できない程の空気なキラの育ての母親は珍しいと思う


33 : 2016-05-08 16:20:45

キエルとソシエの母親が月から来たディアナ・カウンターのMSを見たショックでおかしくなっちゃったのは痛ましかったな


36 : 2016-05-08 16:26:15

メタな話、主人公の少年の母親が近くにいるとストーリーの展開上、どうしても主人公を孤立させたり単独で活躍させるのが難しくなるから、早めに殺したり距離を取らせたりせざるを得ないのかなって


42 : 2016-05-08 17:02:46

アウルが母さんと呼んでた女性研究者かな。
ステラからロドニアの研究所がザフトに見つかった話を聞いて、ラボには母さんが!と取り乱したアウルが今までの様子とは違い過ぎて驚いた。
ブロックワードを口にしてしまったときに幼少期のアウルに優しく接する女性研究者の姿が回想されてたけど、アズラエルに反発してたスウェンの教官みたいにただの実験台としては見れなかった人だったのかな(表面だけ優しくしていたというのも考えられるがあまり思いたくない)。

WS000054



54 : 2016-05-08 17:35:30

ギャグだけどフルカラー四コマ劇場のはまーん。
いや母じゃないけどみねばの母役として大活躍。
野生のデビルガンダムを触ったらいけません(笑)



57 : 2016-05-08 17:45:08

マーベットさんかな「消える命咲く命」でウッソの悩みを聞く姿は姉と弟を越えて母と息子のようだった。
お腹の赤ん坊を手を当てて感じるシーンは命が簡単に散っていくVの中で燦然と輝く名場面だよな。



66 : 2016-05-08 18:34:08

ガンダムの母親は人間臭いだけで富野アニメの中ではマトモなほうだからなあ
富野以外の母親はマトモどころか子供に優しいアニメ的理想の母親だし



68 : 2016-05-08 18:45:27

ウイッツの母ちゃんは普通にいい母ちゃんだな

22a



70 : 2016-05-08 18:53:25

ジュドーの母さん結局登場しなかったよね。一応仕送りしてたっぽいけど


72 : 2016-05-08 19:02:40

フリットの母って一周回ってキオそっくりなんだよな
このシーンが意外と衝撃的だった



77 : 2016-05-08 19:27:24

描写が少ないと言えばロマリーもだが、キオをあのまるでホストみたいなお洒落なファッションセンスに育てた功績は大きい
というかアセムもお洒落だったし、アスノ家は誰も少年期フリットのエキセントリックなファッションセンスを受け継がなかったな・・・(そのフリットも年を取って落ち着いたけど)

o0505028812081852157



84 : 2016-05-08 20:04:04

Xの1話に出てきたモブのかーちゃんというかおばちゃん
徹甲弾持ってこいって子供に言うあのワンシーンでXの世界の現状が伝わる、さりげないけど印象的なやり取りだったわ



87 : 2016-05-08 20:10:15

三日月にガロードやヒイロ、ジュドーなど、
母親がどんな人物かわからないけど、その後の人生が親と言う感覚を上回ってしまうパターンは、
ちゃんと母親のいる主人公の作品を見ると色々と考えさせられる

ウッソ、カミーユやシーブックでさえ、母への何らかの感情が存在していたのだから



89 : 2016-05-08 21:28:29

単に仕事人間なだけだったヒルダは、カミーユが大人になったら許せただろうが、カマリアみたいなんは逆に、アムロが成長するほど「コイツろくに母親らしいこと何もしてこなかったくせに、何で母親ヅラするかな」みたいに思われたかもしれん



90 : 2016-05-08 21:32:07

『センチネル』ルーツの母親はALICEシステムの研究に没頭して家庭を顧みず、それが原因でルーツはグレた
ALICEシステムが「原因不明の爆発事故」で消されそうになった時、ルーツ母はALICEを我が子の如く庇うようにして亡くなっていた
しかしそのALICEシステムはルーツとの触れ合いで「母」のように成長し、ルーツを自らの存在と引き換えに救うことになった…まるでルーツの母がALICEを庇った時のように

…こう考えるとルーツとルーツの母、そしてALICEとの関係は非常に因果なものがある



91 : 2016-05-08 21:35:11

UCのバナージの母アンナ。アニメ本編にはたった一度名前が出ただけだけど、バナージの性格形成に多大な影響を与えたと思う。彼女の愛情深い子育てを知りたい。

UCのバナージの母



92 : 2016-05-08 21:37:19

女性が出ないことで有名なセンチネルだが、作中で明確に描写されている女性はリョウ・ルーツの母親と、エアーズ市で避難民になっている母子の2人だけなのに両方母親。ついでにALICEも最後には母性に目覚めるし、母親マニア(?)にはたまらん作品


93 : 2016-05-08 21:39:58

『ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス』でのハマーン様はミネバに対して過保護なカーチャンみたいになってて草生える


95 : 2016-05-08 22:03:24

WS000097

∀のテテスさんのお母さん。
何も知らずに娘を必死に探してるのが悲しいんだよなぁ



Into the Sky EP(初回生産限定盤)
SawanoHiroyuki[nZk]
SME (2016-06-29)
売り上げランキング: 143


こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/