0: 2016年06月22日 14:54

本編後の平和になった世界だと軍縮が行われると思うけど軍隊・MS・技術等々で具体的にどんな事を進めるのだろうか?

107ce8f6-s








1. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 16:51

実際軍縮の結果がVの連邦じゃない?
逆シャア時代の戦艦を改造して運用したり、ザンスカールと比べると相当劣る機体ばかりが配備されてたし



4. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:00

宇宙世紀→本編終了後も平和なんてない
G→ガンダムファイトは続くよ
W→やっぱ平和とか無理でしたわ

種とか00もダメだよね?



5. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:06

軍縮の結果がGレコの色々制限や禁忌がある世界なんじゃないか


6. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:07

まあ手順としては、兵士の解雇→旧式MSの民間払い下げ→軍艦のシーリングって流れが基本かな。
兵士の解雇はランニングコスト削減&復興作業の人員確保のためにはマスト最優先でしょう。
軍艦は基本枯れた技術で発展性ないし(宇宙世紀だとVガンの時代ですらサラミスが現役)軍備を再建する場合のコストも高いだろうからなるべく保存したいだろうし。
問題になるのはサイコミュ付きとかの機密満載のMS群をどう扱うか。軍艦と一緒にシーリングかな。宇宙や月に置いとけばネバダ砂漠より劣化少ないだろうし。



7. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:07

00は軍縮のタイミングがマジで悪かったというかなんというか
そして劇場版のあの内容に上手く合わせたなと思う

WS000010



9. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:09

AGEや鉄血は軍縮後からのスタートやな
争いの規模が小さい、もしくはほぼないので特定の環境に特化した専門機が必要とされず、用途が広く維持費が安く済む万能機ばかりが出てくる



10. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:11

ある意味大規模な軍縮がAGEの銀の盃条約だろうか
何せ「MS等の全ての兵器及びその設計図を廃棄し、二度とその再製造をしない」という内容なのでマッドーナ工房みたいなごく一部を除けば軍需産業自体がほぼ解体されたらしいからな。ここまでやるとそれによる雇用や経済の影響も大打撃だったんじゃなかろうか



11. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:16

軍縮の最大の成果がガンダムファイトとGガン世界なんだよな

d9f5789a



17. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:31

鉄血は自治防衛で軍備拡大に向かってるけど、それでもギャラルホルンて存在したままになってるんだけど軍備費を二重に使うことになって無駄になってないんだろうか?
多分世界中からの税金でギャラルホルンは成り立ってるんだろうし



19. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:36

宇宙世紀は政府は軍縮に気を使っている印象があるな
紛争が起きても金を使おうとしないし
種と運命の間はあれはちょっとした休戦状態みたい感じだから軍縮は難しいと思うんだよな



21. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:46

種→種運命でも一応は軍縮してるんだよな
MS、MAなどの保有数を制限、ミラコロなどのチート寄りな技術や核のような危険物の使用禁止など...表面上は



22. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:48

軍縮という名の隠れ蓑になってるだけで
内情はMFの技術が軍用機に転用されたり見えないところで軍用機の生産は進んでやられてるし…



23. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:53

ユニウス条約とかも軍縮だけど、「MSの保有数の制限」に対して、これ3機の戦闘機なんで。テヘペロとかやりだすもんなw

edcf6c8b



24. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 17:53

グラナダ条約ってヴェルサイユ条約に比べてかなり寛容だよね。ジオン第二共和国に対する賠償責任は認めなかったり、ジオンの領土が削減されたわけではないし


26. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 18:00

ガイア・ギアでモビルスーツが単独長距離飛行できるようになった結果、
世界中どこへでも超火力&高性能モビルスーツを単独で派遣できるようになり
(運用方法が様変わりしたのでMSの名称がマンマシーンに代わる)
連邦軍の規模が小さくて済むようになったかわりに
マハのような小所帯が少し力を持つと連邦政府を牛耳れてしまうようなケースも発生



29. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 18:10

種→種死でもザフト・連邦の直接軍縮交渉が締結されたけど
MSの上限配備数もガバガバだったし、世界単位での軍縮をやらないと意味が無いなと



31. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 18:13

ガデラーザとか見ると00の軍縮は軍備縮小というより軍備圧縮という方が正しい気がする


32. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 18:17

宇宙世紀で軍縮って言ったら、UC100~UC123頃の連邦かな。
仮想敵があまりいないから、既存のジェガンを改修したり、ジェガンの小型版みたいなヘビーガン作ったりと、サナリィがアナハイムにとっての対抗馬になる前は新型開発とかは消極的って感じだね。



60. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 19:52

下手に軍縮してしまうとギムギンガナムみたいな
輩が現れた時ヤバいよな。
矢張ある程度の攻撃能力は有った方が良いのかな?

20150119144040-46470



66. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 20:22

戦争中に実用化した技術があり
MSの部品だって増産かけちゃったらそうそう簡単に減らすわけにはいかないだろうから、作業用のMSに転用したり
戦闘用の大推力スラスターとかは必要ないかもしれないけど、宇宙ならパイロットの負担を軽減するとか、効率よく動けるソフトとか、民間転用できるものはたくさんあるだろう
それを使う仕事も宇宙世紀には充分にあると逆襲のシャアで言ってた
戦後、MS関連メーカーの株がダダ下がりするだろうから、下がりきったところで買いたいね



67. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 20:32

EW後のWは軍縮扱いにしていいのかな。「地球圏ではガンダムを含むMSという兵器は二度と登場しなかった」って裏を返せば戦闘機や戦車はあったんだろうか。

FT? あれは火星だから。



72. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 21:46

150年代の連邦軍の装備は正直言って悲惨だよな
艦隊旗艦クラスが完成就役60年前後のカイラム級、構成艦は同じく60年クラスのクラップ級、70年クラスのアレキサンドリア級、80年を超えてるサラミス級と何れも近代化改修を施されているとはいえ設計が古すぎる
主力MSは120年前後配備開始のジェムズガンにジャベリンときた
ジェイブスとかいう新型がようやく配備って話もあったみたいだけど、そんなレベル
これも軍縮の結果……なんだろうなあ



73. GUNDAMがお送りします : 2016年10月28日 22:17

あの時代は連邦が機能してないからな
軍縮っていうか単純に衰退したってだけのふんいき



82. GUNDAMがお送りします : 2016年10月29日 08:17

V時代の連邦MSもオールズモビルのような例を見れば中身が全く同じとは限らないって想像くらいはできるんだがな
軍縮の結果というよりは既に宇宙戦国時代に突入して競い合ってるコロニーの制御を放棄してる感じ
なおやる気を取り戻すのは60年後な模様(敗北)



91. GUNDAMがお送りします : 2016年10月30日 16:10

00が軍縮軍縮とどうしても話題に挙がるけど
劇中で戦力が極端に少ないのは

・00世界はコロニー開発途上で連邦宇宙軍が小規模
・その宇宙軍は二期でアロウズと連邦に分かれて、アロウズはガンダムにどんどん戦力削がれた
・二期ラストでCBとカティの反アロウズ艦隊とアロウズ艦隊(総力戦)の潰し合いになった末にリボンズの戦艦CB砲でどっちもたくさん失われた
・軍縮で感染もMSも補充不可(新型大型戦艦を配備したりしてるがアロウズ戦艦も使いまわしてる)
・決戦場が宇宙で月の裏側なので、大部分を占める連邦地上軍が一切手出しできない

こういう事情もある



92. GUNDAMがお送りします : 2016年10月30日 16:16

軍縮が裏目に出たっていう以上に、人類同士で同士討ちした結果
優秀な人材も高性能な機体や船も多くが失われて
ピンチになってしまった

あの戦艦型CBだって二期でガンダムと戦わなければ大量のビーム砲台が丸々残ってた
(主砲やそのビーム砲台も全部、リボンズが自衛用に追加してたなら話は違うが)



84. GUNDAMがお送りします : 2016年10月29日 11:15

宇宙世紀の軍縮は少なくとも2回行われているのは確認できる。
1回目は1年戦争直後~グリプス戦役までの間で、これは全力動員からの通常状態への復帰をメインとするある意味当然の軍縮。これにより予算が絞られた結果がパイロットへの給料遅配にまで発展している。MSは数より性能と言うことでジムからより高性能の機体を配備すべく爆発的な進化を遂げた。一方で0083だと艦隊戦力の再建が重視されてる様子も見られる。
2回目が第二次ネオジオンからクロスボーン戦役にかかる時代で、こっちはもはや地球圏に敵なしと判断した政治屋によるもの。MSがジェガンのまま新型機に更新されなかったり(アップデートはされてるけど)ティターンズに所属・協力して壊滅した艦隊の再建が見送られたりしている。(一応地球軌道艦隊旗艦としてゼネラルレビルが建造されたらしいけど後の作品に登場しないってことは結局進宙しなかったかすぐに廃艦になったか?)





こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/