7ad9bed5

ネタ投稿感謝です : http://gundamlog.com/archives/cat_1190888.html
0: 2016年06月28日 08:38

張五飛「貴様はそうして人を見下すことしかできない男だ。
      所詮エゴでしか戦っていない。
      貴様のために何人の人間が死んだと思っているんだ!?」

トレーズ「聞きたいかね?昨日までの時点では99822人だ。」


トレーズの代表的なセリフである、自分が起こした戦乱の為に命を落とした人々の人数を答えるシーン

この人数は兵士だけの数か?果たして戦乱の時代であるガンダムW世界においては少ないのか多いのか。リアルタイムで聞いたときの感想などなど
そんなトレーズの名言について話し合おう。











1. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 17:42

このあとに続く後で名前を教えてくれって続くのもトレーズらしいと思った。数字だけじゃなくて人間として個人としてみているのがエレガント


2. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 17:49

直前の五飛の台詞に対する強烈なマジレスであり、トレーズの人柄の表れる名言
わざわざその日の死者数もレディに尋ねるってことは一日一日数え上げてんだろうなあれ



5. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 17:55

天才すぎる才能の無駄遣いであり、強烈な美学(エゴ)の発露でもある。
死亡者数だけでなく名前や簡単なプロフィールまで覚えるとか普通無理。
トレーズ様の美学から考えれば巻き込まれた人間も含めた全死亡者数だろうなあ。



6. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 17:55

小説だとあのあと全員の名前言うよね閣下


9. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:02

他のシリーズにおけるどれだけ犠牲が出たかを軽く扱う奴との対極な反応だな
大抵のシリーズのトップは犠牲者は一くくりで仕方ないや気にも留めないがトレーズはこの逆に自分の起こした事による死者を記憶して行動してるから最後の最後までブレないエレガント差をだしたんだし



12. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:12

五飛のセリフはある意味テンプレというか、ありきたりなんだけど、それに対し(文字通りの)正確な答えを出すとは斬新というか・・・それ言われちゃ誰も反論できんからなぁ
そして閣下が本当に他者の死を偲び、戦争を憎み、誰よりも平和を望んでいることが分かる
格好だけじゃない本当にエレガントな人だからこその答え

あと個人的にブントの名前があったのに釈然としなかったが小説でちゃんと回答を出してたね



13. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:13

トレーズに忠誠を誓う兵士が後を絶たないのも頷けるエレガント台詞


14. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:18

罪の重さはわかってて、犠牲者も忘れないってのと同時に完遂するまで止まるつもりはないって強烈な意思表示
二面性を表してて好き



15. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:19

トレーズらしいエレガントな応えだが、五飛としては「そういう主旨の質問じゃねぇよ」もしくは「いっぱい死んだだろって言ってんだよ。質問じゃねぇよ」って思っても仕方ない気がする
エレガントさで完全に押し切られたけど



16. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:20

宇宙に進出した人類にしちゃ随分と死者がすくねぇなぁと思った
あと死者の名前を覚えるってそうとう時間かかるよなぁ、そんな暇な時間あるなら他のことやるべきでは?とも思った



26. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:40

※16
少なくともトレーズのせいで亡くなった人物を暗記してるんだろ
ホワイトファングやOZの関わらない奴は調べれないのもあるだろうし



17. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:23

コロニー落としとかしてない世界ならこんなものじゃないかな>死者数


19. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:23

ノヴェンタ元帥も入っていたからトレーズの行ったり企てたりと関わった作戦全ての死者だと思う


21. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:30

兵士以外の数も含めてるなら多いのか少ないのか
Wの戦乱の規模が分かりづらいから今一はっきりと言えないが、個人的には思ったより少ないんじゃないかと感じたな



22. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:30

どうでもいい暗記に使ったリソースを他に回せば被害をもっと抑えられた所とかありそう


23. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:34

ACは途中からMDが主流になるしなんとなく他のガンダムシリーズより死者少なめなイメージある


27. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:40

これトレーズ本人はすごーく真面目なんだけど五飛からしたらものすごいイラっとくる言葉だよねww
良いか悪いかはともかく、「死人の数など知るかー!ワハハハハ!」って返してくれたほうが五飛的には(変な言い方だけど)気楽に倒せただろうな

五飛はものすごくでっかい男を相手取っちゃったんだなあと感じるセリフです



29. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:41

この後に続く「後で名前を教えてくれ」ってセリフはこれから死ぬつもりのやつが言うセリフじゃないよな?
ごひは勝ち逃げと言っていたけど実際はガチで負けたって説の裏付けだよな。



30. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:44

閣下の閣下たる由縁というか何というか
後付けか当初からの裏設定か知らんがFTDで明かされたいきさつを踏まえると、きっかけとなった出来事から脳のどっかが壊れたからこその行いではないかと思う
やり場のない悔恨と哀惜の、閣下なりの向き合いかたと覚悟なのかねぇ



31. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:46

両軍がモビルドールのみ揃えて会戦する戦争方法にしたら犠牲者0で戦争できるのにとか思ったな
美学の方を優先してたんじゃないのか



32. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:46

ガンダムWって戦場の大半が軍事基地とかだから民間への被害って少なめで
市街地戦って確かノベンタ娘救出辺りとヒイロリーオー活躍辺りとサンクキングダム戦、トロワW0搭乗戦位だった筈



35. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:52

ただただカッコいい。
wにおける名セリフ



36. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:54

(そんな精神的に負担になる事させてるからレディの人格割れたんじゃないかあの鬼畜エレガント…って話は禁句なんやろか…?)


37. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:57

閣下の閣下たる所以
・犠牲を出さなきゃ人は学ばない
・でも犠牲者を蔑ろにはしたくない
・だから一人一人数えて決して忘れないようにしよう

ズレてるだろうけど、トレーズなりに真剣に心髄に考えた末の「答え」がアレだった、と



38. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:58

複雑すぎる信念の表れだよね
自身を悪と断じながらも行動し続けるなんて常人には不可能



39. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 18:59

小説版だとその後わざとやられたわけではないらしいが技量差考えるとやはりわざと負けたの方がしっくりくるようだ。五飛を友人扱いしているところはやはりエレガントすぎて理解できないところかもね
五飛がトレーズに執着するきっかけの生身の一騎打ちがトレーズの価値観や考え方にマッチしたんだろう
やはり小説に他のパイロットにない五飛の大局的な戦術眼の記述もある
数を覚えているというのはある意味一つ一つの戦闘に身を任せるところがあるようにも思える
普通は生き残るために一つ一つに全力を注いで戦うんだがそれとは違うわけだな
余裕に見えるが捨身



40. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 19:02

気になるのはどうやってその人数を弾き出したかだな
MIA判定もいただろうし、いくらガンダムパイロットの素性やノインの3サイズをぴぽぱぽぴゅーんで調べ上げた上に、デマまで流して混乱させた閣下とは言え、OZのみならずホワイトファングの戦死者まで調べ上げれるとは…



41. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 19:09

割と最近まで平和の為に戦って亡くなった人間を見下していたのはトレーズではなく五飛の方だったってのを端的に現したシーンだと勘違いしてた


42. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 19:16

※41
個人的には割とマジでその側面もあると思う
少なくとも「犠牲者を『いっぱい』とひとくくりにして相手を否定するのに使った五飛に対して、犠牲者を個人として尊重しつつ自分を責めていたトレーズ」って見方はできるだろうね



43. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 19:17

死者の数が思ったよりも少ないのはMDの台頭が大きいんだろうな


44. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 19:20

数を聞いているわけではないから
回答としてはかなりズレているがインパクトは大



46. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 19:22

ただの数字にされようが、個人の名前として覚えていられようと、死んだ人間にとっては何の意味もないんですけどね
アニメじゃなければただの偽善者か酔っぱらいのどっちか



47. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 19:22

この台詞は
「皆…忘れられぬ人々だ…」までが名台詞
当時トレーズのやってる事がさっぱり
分からなかった子供だったが
この会話の衝撃でぶっとんだ
カッコよすぎたな



50. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 19:37

FTを見るに自然と覚えてたんでなく、記憶に刻みつけようと努力してたっぽいのがまた
アニメディアのパロ漫画で、戦死者名が書かれた英単語を覚えるアレをぱらぱらしてた図が忘れられん



54. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 20:02

立派なんだろうけど、人間に出来る領域ぶっちぎってる
正直イカレてるとも思うし



69. GUNDAMがお送りします : 2016年06月30日 22:05

都市部に爆撃とかすればすぐ10万くらい越えちゃうからな
トレーズもガンダム達も無意味な民間への攻撃をするタイプじゃなかったってことだろうな
すぐコロニー落としたり毒ガス撒く奴らは見習え



85. GUNDAMがお送りします : 2016年07月01日 00:34

トレーズ閣下のMD反対って要は「礼節を忘れた戦争は殺戮しか生まない」ってトレーズのセリフに行き着くでしょ。人の命をかけるからこその戦争であり、決闘を重んじるのも無駄な犠牲を減らすためであろう。犠牲者の数や名前を魂に刻み込むのは、己の行為を悪だと確信した上で悪を行うトレーズらしいと思った

人類全てに目を向ける姿はほんと指導者ヒイロ・ユイの血縁だなと感じた



86. GUNDAMがお送りします : 2016年07月01日 00:36

今になってこれを考えると、
おそらくこういうのが王者の正しい気質なんだろうなぁ
自らの行いと命令で死んだ者に対する責任の取り方なんだろうと思う
でも同時にここまで正確にカウントできるってどんな調査能力なんだよとも思う
バンパイアロードの赤バラさんだって乱戦になったら人間の死者数え損ねてるんだぞ?



88. GUNDAMがお送りします : 2016年07月01日 00:56

戦争を無くすため戦争の愚かさを見せつけるために戦争をするという愚かしい矛盾、そこまでされなければ戦争の愚かしさに気付けない人類の愚かさ、しかしトレーズはその愚かさすら人類の愛おしさと受け入れていたからこその結末なんだろうと思う。
他シリーズのボスなら愚かさを軽蔑して支配を正当化するか、絶望して世界を壊すかのどちらかに転ぶところだけど、トレーズはそれらと太い一線を画している



89. GUNDAMがお送りします : 2016年07月01日 00:58

レディ曰く戦う人々を愛してたから、覚えるのなんてわけないんだよ


90. GUNDAMがお送りします : 2016年07月01日 01:44

あそこまでの天才(エレガント)の頭脳になると、もはや記憶力が半端ないからこそ
覚えられるし、逆に忘れられないのかもしれない



98. GUNDAMがお送りします : 2016年07月01日 10:52

サンクキングダム戦でもMDは市街地への攻撃はほぼせずに敵の機体だけ狙ってるし、オペレーションデイブレイクも軍事基地だけを短期間に武装解除させてる。
民間人なんて知るかヒャッハー!なジオンやヴェイガンなんかを見てて感覚狂うけど、軍人は犠牲になっても民間人の犠牲は確かに少ないよね。



107. GUNDAMがお送りします : 2016年07月01日 14:00

善悪は別にして
これがトレーズだ!ってセリフ



108. GUNDAMがお送りします : 2016年07月01日 14:19

トレーズを語るなら他にも「私は敗者になりたい」の演説も有名だが、その後に続く「戦うことを忘れ、着飾った銃では、例え敵の胸板を打ち抜いたとしても、私に感動を与えない」
とか
「モビルドールも兵士も扱うのは人間です。もう少し人間を評価し、人間を愛してもらいたいものです」
もあるね
どれもトレーズらしい言葉だと思う



123. GUNDAMがお送りします : 2016年07月01日 22:39

名前も覚えているんだよな。忘れられない病気なんだろーかと思った。


133. GUNDAMがお送りします : 2016年07月02日 21:25

確固たる鮮烈な信念と不気味さが両立してる台詞


134. GUNDAMがお送りします : 2016年07月02日 21:35

エレガント過ぎてちょっとね…


137. GUNDAMがお送りします : 2016年07月03日 07:17

“彼らに犠牲を出させるには無差別攻撃くらいしかない”と言うが
トレーズはもともと

トレーズ「戦い続けよう。そして勝てばいい」
レディ「では、地球圏制覇ということで、よろしいでしょうか」
トレーズ「十分だ。それでオズは嫌われる。世界の標的になれるということだ」
レディ「トレーズ様…」
トレーズ「嫌われ者は強くなくてはならない。オズにとってもよい励みになるな」

と、最初の頃にトレーズが言ってるように、あえて嫌われ者の悪の汚名を被ることでOZという組織が狙われて戦場に立ちたがらない者も含めて「戦争を望む物」の標的としてあり続けることで、無差別攻撃による「戦争を望まない者」を巻き込まないようにするというOZという組織の本来の目的があった

トレーズ「この世から戦いはなくならん。ならば常に強者が世界をおさめればいい。人々は強い者に支配されることに喜びすら感じる。世界は戦い続けることが自然なのだ」

とも言っていることからもそれが分かる
その後ガンダムパイロットたちの戦いを見て「私は敗者になりたい」演説に繋がるんじゃないか
そして、その思想を究極に再現した、全世界の兵器を地球から取り除いた世界国家軍とホワイトファングの最終決戦に繋がるんだろ



138. GUNDAMがお送りします : 2016年07月03日 21:03

そうやって心を傷めるトレーズの心情と、どれだけ心を痛めようと、目的のための犠牲を肯定するトレーズの(当然だが自覚している)自己矛盾をエレガント的に表し切ってるよな。

だからこそ、それを討ったのが五飛というのに意味があるんだろう。
五飛はTV版では強者(オズたち)に踏みにじられる弱者(民衆)のために戦い、
自身を悪としたEWでも、弱者(民衆)に否定される弱者(兵士)のために戦って、一度たりとも目的のための犠牲を肯定していない。

その五飛だからこそ、民衆(弱者)が自らの力で平和を肯定していこうとするEWの終わりに意味がある。



ROBOT魂 [SIDE MS] トールギス
バンダイ (2013-02-09)
売り上げランキング: 34,872


こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/