0: 2016年07月08日 11:48

甦るガンダムは最終決戦まで大破しないガンダムとか振り向かず歩くのさはドモンの生きざまとかあんなに一緒だったはキラとアスランの過去とか本編の内容と比較して語ってみよう

WS000034



2. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:02

Realizeの歌詞、特に2番がようやくわかりあえたキラとアスランにあっててとてもいい


4. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:06

キラとシン?シンとレイ?キラとアスラン?ラクスとミーア?
誰と誰のことを表しているのか時折議論になるけど、案外どの組み合わせでもしっくり来る「君は僕に似ている」

maxresdefault


5. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:09

劇場版OOの歌詞はわりとそのまんまだった希ガス
後ろの映像も相まってエイリアンが攻めてきてる感じが凄かった



6. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:10

DAYBREAK'S BELLは00の全てを現してるような歌詞だった
個人的には
あなたに死んでも殺めて欲しくもない
無数の波を超え明日へ立ち向かうあなたを守りたまえ
澄み渡る未来が来たなら草花も兵器に宿るだろう
ってフレーズが好き



7. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:12

RE:I AMとStarRingChaildは凡人であるリディが(実際はニュータイプだけど)
後の時代になってから「それでも」未来に可能性を信じたような内容の歌詞に思える
現実にはなんの救いもなかったわけだけど



9. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:19

ガンダムXの後期OPのResolutionはティファの心境だとしたらすごくぴったりだと思っている。
『あなたがいるから歩きだせる明日へ』のフレーズとか『「同じ夢がある」』とかそんなフレーズは思いっきりガロードの側に立つティファの気持ちが入っている気がする。



10. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:21

0083
勝利者などいない 戦いに疲れ果て
0083からZZの第一次ネオジオン抗争までの流れを表している気がする。

X
Human touch
日本語版でも英語版でもティファの心情を表したないようになっている。



12. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:24

GBFとガンダムブレイカーのテーマソングを歌ったBACK-ONの曲全般。
主人公の視点、プレイヤーの視点、ストーリーの雰囲気。
全てをうまく内包した曲を作ってくれるすごいアーティストだと思う。
他のタイアップ曲でも高評価を得ているのもすごい。



13. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:28

イグナイテッドはまんまシンをイメージして歌ってるんだっけ?


14. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:29

やさしい瞳をした誰かに〜はやっぱりハマーンの心情だよね

2017-10-19_10_30_12


15. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:33

僕が僕であるために 失っちゃいけないモノはなに? 簡単にでない 答えは 辛くて苦しいよ
この歌詞がXラウンダーになれないアセムの苦悩を表現してるのほんと好き



17. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:40

メビウスの宇宙を越えて-BEYOND THE TIME-は、ララァ・スンへの歌だと思っている・・・


18. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:41

鉄血のRaise your flagはまんま鉄華団を表した歌だったな。


19. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:44

鉄血の主題歌は、鉄華団の心意気表してる曲だよね
RAGE OF DUSTの様に、誰かの願いを叶える様な流星になれれば良かったけど、
最終的には自分たちの居場所を守るので精一杯だったなぁ



20. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:46

戦い続け、戦い続け、「ここじゃない何処か」へ…
色々言われるfighterも中々鉄血本編にあった歌詞だったと思うんだ



21. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:46

AGEフリット編のED「君の中の英雄」
最終決戦時のPDM発射前の老フリットの心象の中で流れてたのが印象深い。


2017-10-19_10_31_35


22. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 09:48

Gジェネ魂の主題歌、もうひとつの未来
「矛盾に満ちた幾億もの光」はガンダムをよく表している言葉だと思う



27. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 10:24

Vガンダムのエンディング曲「WINNERS FOREVER~勝利者よ~ 」の2番
「大地を引き裂く狂気の爪」って、
ザンスカールが地球クリーン作戦でタイヤで人々ごと大地を轢き潰す様を表してるように思える。

元々は仮面ライダーに使われるはずだった曲とも言われてるから、ただの偶然だろうけど、上手くVガンダムともマッチしてる。



28. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 10:25

儚くも永久のカナシは00の人間関係を良く表してると思う。サジルイス、熊子熊、ガンダムグラハムとか


29. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 10:32

BLAZINGはベルリがアイーダと出会ったことで始まる旅とそこで知ることになる世界の様を表してる感じかな。

見に行こう新しい世界→直接見て学ぼうとするベルリたち、
迷路みたいな時代→多勢力が入り乱れるR.C.という時代。



30. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 10:57

ガンダムXのDreamsはジャミルっぽくもあるし、作品を表してる気がする。

2017-10-19_10_34_03



31. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 11:03

「Dreams」と「Resolution」はまんまガロードとティファの心境に当てはまるけど実はジャミル視点でもしっくりくるんだよなぁ
「Dreams」の「忘れかけた夢が今動き出す、胸の隙間少しずつ埋めるよに」「凍りついた記憶が目覚める瞬間」で過去の戦争で心を閉ざした青年(ジャミル)が新たな世代の少年(ガロード)少女(ティファ)に出会い物語が動き始める
「Resolution」の「壊れやすい願いだけ、何故こんなにあるんだろう」「いつだって本当は探し続けていた」は戦後15年、贖罪のために彷徨ってきたジャミルは「真っ直ぐに見つめること怖がっていた」本当は自分の罪と向き合うことを恐れていた(ここでジャミルが顔を上げるとこは神演出だと思う)「あなたがいるから歩き出せる明日へ、どんな時も恐れないで」「同じ夢がある、その輝きの中へ、少しずつ近づいて行く、二度と迷わないで」新たな世代の子供達と出会い自分の罪と向き合った事で青年は心の傷を克服し未来への道を歩む事を『決意』する



33. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 11:24

定番だけど、AGEフリット編EDの君の中の英雄の未来の君を目覚めさせるって歌詞はフリットの葛藤を上手く表せてるよなぁ
それだけではなくAGEのキーワードを散りばめていてAGEを代表する曲だと思うよ



36. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 11:46

red decisionがゼハートの何としてもプロジェクトエデンを成し遂げなければならないって心情をよく表してると思う


37. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 12:03

時が未来に進むと誰が決めたんだ

まさに∀をストレートに表す歌詞だな



38. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 12:11

AGEはOPがその編の流れや雰囲気を、EDが主人公を表してて色々と符合するんだよな

「明日へ」の前半歌詞とか面白い
僕らが見上げた明日の太陽→空の雲凍って降り注いだ…は平和な日常に襲ってきたヴェイガン(UE)
心の隙間を狙って突き刺さる歌…はモロにユリン
止めていた時間が動き出して、希望の光に向かう道は間違いじゃないと自分で決めたんだ…はヴェイガン殲滅を目指すことにしたフリットの決意

からの
眼下の月(セカンドムーン)にミサイルを降らせようとするフリット
心の隙間を狙って突き刺さるキオの言葉
止めていた時間が動き出して…
と、しっかり三世代編フリットにも当てはまるようになってる



41. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 12:24

「少年の果て」はマクギリスの歌だと思って聴くと
凄くしっくり来るんだよなぁ



42. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 12:32

EndressWaltz特別篇の「LAST IMPRESSION」の「諦めない 傷ついた翼広げて」ってフレーズがまんまヒイロ達の心情というか生き様だった。


46. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 14:05

BFとBFTの主題歌はマッチしすぎ
最終回近くで流すには最適すぎた



48. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 14:17

つっか~め~プラァ~イドォ~!つか~め~サ~クセス!
まんまクリム君とマスクの理想だよな。



51. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 14:44

ニブンノイチは曲名も歌詞も正にその通りな曲だと思う

2017091416261069445


52. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 15:12

SEED DESTINYの楽曲には「運命に届け」や「偶然は運命になる」
といった運命を予感させる歌詞が含まれているにも関わらず
肝心の本編が運命を否定する内容だったりする…。



53. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 15:23

※52
本編は運命を否定してはいない。
遺伝子による職業斡旋(半ば強制)という選択肢のない社会を否定している。
むしろ出会いを運命と結びつけて考えると出会い(運命)で人は変わるという面を表している作品だと思う。



59. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 18:09

サイレントヴォイスはアクシズに引きこもってた時代から現在までのハマーン様の寂しさとか孤独を感じられて好き


60. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 18:33

believeは曲調は爽快感あるけど歌詞は割と控えめっていうか、
まあ題名が示す通り今は願うことしかできないっていうもどかしさがあるよな
本編的にもひたすら沈むばかりで一向に好転しない歯痒さが合ってたと思う
であの歯痒さやじれったさがあったからこそrealizeの爽快感に繋がるんだと思う



61. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 19:43

君の中の英雄はフリットの歌だよな
中でも特に「信じていた正義に今日も囚われる」って歌詞が、ヴェイガンを殲滅することに囚われてるフリットっぽいと思った



63. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 20:19

劇場版Zの主題歌はカミーユのファへの想いなのかね
星を継ぐ者のメタモルフォーゼで思いを自覚し
恋人たちのmind forestで宇宙に上がりながら思い出を再確認
星の鼓動は愛のLove Letterで2人で人生を歩いていく決意をしての「愛してる」
総集編映画としては、1作目以外は微妙だったけど
主題歌とファが報われる点に関しては劇場版Zも悪くは無いな



64. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 20:24

「こんな形の出会いしかなかったの?」
で始まり
「やっと出会えたんだね」
で終わる

00のストーリーと言うか刹那とマリナの関係を見事に表現している気がする



68. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 22:40

Z・時を超えて はNTへ目覚めるカミーユを示唆

水の星に愛を込めて は記憶を無くしたフォウのカミーユへの出会いを示唆した歌
「もう、泣かないで、いま、あなたを探している人が居る、お前に逢いたいよと」
星空のBelieve
ファの心情を歌った歌 出会いと葛藤 回復を歌っているね
「必ず会えると あの日から信じていた きっと呼び会う 心があれば」
「ああ 傷つけあう前に できることさがして Please」
「あきらめないで 悲しい時代(とき)こそ いつか見た青い空を きっとあなたと見上げる日まで」



69. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 22:46

Ash Like Snowは刹那視点で1期のストーリーをよく表してると思う。DAYBREAK'S BELLはマリナ視点と刹那視点両方って感じで1期2期を表してる気がする。


71. GUNDAMがお送りします : 2017年10月10日 23:40

ぶつかることで深く結びつく友情
傷ついたことは 無駄じゃなかったね

結構つらいドモンの人生の中でも戦いの中で芽生えた尊い友情といった
Gガンダムという作品を表現した良い歌詞だと思う

op02


72. GUNDAMがお送りします : 2017年10月11日 00:59

0083のMEN OF DESTINY
絶望の宇宙に吹き荒れる嵐の部分は、最後のコロニー落とし攻防戦まんまってイメージ。
本編では全く活躍しないステイメンの活躍と相まって燃える






76. GUNDAMがお送りします : 2017年10月11日 10:29

だけど 遠い向こうを知らなくちゃ いけない

ZZのED1だけど最終回ラストシーンのジュドーはまさにこの気持ちでジュピトリスに乗り込んだんだよね



77. GUNDAMがお送りします : 2017年10月11日 11:43

Gガンダムのエンディングの君の中の永遠って
凄い名曲なんだが、あの歌詞通りにドモンがもっとこうハキハキしてたらあんまりレインとも揉めなかったんじゃないかなって
でも最後のデビルガンダムとの戦いの時のドモンの心境はまさにアレだと思う
優しさだけじゃ愛は奪いきれないんですよ