テレビ朝日系全国ネットにて毎週日曜7:00から好評放送中の『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』では、9月11日(日)放送の最終話で、第3弾となる副音声放送の実施が決定した。

副音声放送第3弾は、これまで第1話から第3話で実施された第1弾、第13話から第15話で実施された第2弾がいずれも好評で、番組に寄せられたファンからの熱い復活要望に応えて実現するもの。

今回の放送では、満を持して主人公 バナージ・リンクス役の内山昂輝さんが初登場。MCにこれまで同様お笑い芸人のよゐこ・濱口 優さんを迎え、ストーリー担当の福井晴敏さん、小形尚弘プロデューサーを交えた、最終話ならではのトークが展開される。
9月11日(日)は、ぜひリアルタイムで観て、聴いて、最後の最後まで『ユニコーン RE:0096』を楽しもう。

【放送日】
2016年9月11日(日) 第22話(最終話)

【出演者】
濱口 優(よゐこ)(44歳 / 副音声放送MC役)
内山昂輝(26歳 / バナージ・リンクス役として出演)
福井晴敏(47歳 / 小説「機動戦士ガンダムUC」著者。本作ではストーリー担当)
小形尚弘(42歳 / 『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』サンライズ・プロデューサー)
※年齢は放送予定日時点

【内容】
実際に番組本編を観ながら、4人の出演者が自由な会話形式でトークを進めます。最終話にして、初登場の内山さんから飛び出す裏話や、ストーリー担当・福井さんが語る「宇宙世紀とは…」など、最後の最後まで聴き逃せません。

【トークテーマ】
「内山さんがバナージ役に選ばれたきっかけ」、「キャラクター名の由来…バナージは?」、「全話を振り返り、一番印象に残ったエピソード」など


http://www.gundam.info/topic/16271

20160817113856-56039