0: 2016年09月05日 11:11

ガンダムXにて登場のRMSN-002 フェブラルについて語ろう。

名称の由来はジオング(MSN-02)→2月(フェブラリー)→フェブラル。ビット兵器を内蔵し、射出時には下半身を花のように展開する。ランスローのかつての乗機。


BhtpgNeCYAEW06M

フェブラル

旧革命軍が第7次宇宙戦争末期に投入したNT専用MA(形式番号は"MS"とされている)。機体名称は2月(February)のもじり。

作中では第1話冒頭など、回想シーンのみで物語本編には登場していない。コロニー落とし作戦に際しランスロー・ダーウェルが搭乗した。コロニー落とし作戦が強行され、地球に多数のコロニーが落着する最中、ジャミル・ニートのガンダムXと両軍のエース同士として激戦を繰り広げる。最終的には相打ちとなり、ビームライフルの直撃を受ける間際にガンダムXの頭部を破壊して戦闘不能にし、本体を撃墜されながらも頭部コクピットを分離させて脱出している。

下半身は紡錘状のスカートの様な形状で脚部は無く、頭部に分離可能なコクピットを持ち、手部は各々5連装ビーム砲になっている。一部資料では後述のジオングをモチーフとしている事から有線ビーム砲であるとしている資料も有るが劇中では有線である事を示す描写(分離射出運用等)はしていない。

ビット兵器「ペス・ポラドォール」を漫画『機動新世紀ガンダムX外伝 ニュータイプ戦士ジャミル・ニート』「スーパーロボット大戦シリーズ」等で創作しており手部のビーム砲口からビームサーベルを発生させるという設定が『SDガンダム GGENERATION F』では加えられているがこれらは未だ派生作品の二次設定の域を出るものではない。

型式番号なども含め機体のモチーフは『機動戦士ガンダム』に登場するジオング。ガンダムXとの最後の戦いはガンダム対ジオングのオマージュとなっている。

Febral
型式番号 RMSN-002
所属 宇宙革命軍
武装 5連装ビーム砲×2
ビット×12
搭乗者 ランスロー・ダーウェル








2 : 2016-09-10 00:25:57

性能はどのくらいなんだろうな?
ベルティゴよりは強そうだが。



4 : 2016-09-10 00:28:19

ニュータイプ能力全盛期のジャミルが駆るガンダムXと相打ちだから、何気に作中最強クラスなのかも。

WS000206



51 : 2016-09-10 23:17:54

>>4
あの時のジャミルはコロニー落としを阻止できなかったせいで動揺しまくってたからメンタル的には最底辺だったんだぞ



5 : 2016-09-10 00:30:31

ボンボンでやってた漫画版で見たときやたらカッコよかったような記憶、思い出補正もあるだろうけどね


7 : 2016-09-10 00:32:37

原作よりゲームでの出番が多い機体の代表
ジオングのオマージュなんだろうがビット持ってるんだよなあ



9 : 2016-09-10 00:37:43

wikiにもあるけどビットを使うのもぶっちゃけときた先生のオリジナルでもあるので
実際どうだかさっぱり分からない。手からビーム、頭が取れても手からビームできる、
設定画でどうも花の様に脚部が開く、戦果は最強時代のGXと相討ち。
いくらでも盛れる。いや、盛ってほしい

WS000207



12 : 2016-09-10 00:51:12

ジオングモチーフの機体で、本編1話のホント始めだけの登場で、ボンボンでの漫画でのみ
活躍を描かれて…とマイナーさと実際どんななのってのが魅力なのかもしれない。
本編でジャミルとランスローがとんでもない戦闘力を発揮していて、じゃあ彼らの全盛期
ってこんなじゃない?っていうのが余計に魅力を湧かせてる。



13 : 2016-09-10 00:51:12

意外とスパロボに出てるんだよなぁ
条件次第でジュドーが拾ってきたり



14 : 2016-09-10 00:52:40

Xに出てきたジオングもどきだよって言えば思い出してもらえる可能性はあるよ

ランスローのパイロット能力もそうだけど機体性能も高かったんだろうね
後にクラウダなんて作る宇宙革命軍だから装甲も優れているだろうし、NT用のシステムもパトゥーリアあたりを見てると相当なもんだったんじゃないかと
ただまぁいかんせん描かれてるシーンが少なすぎて憶測でしか語れないよね



15 : 2016-09-10 00:56:36

設定画だと大きさが伝わりづらい印象
あとペス・ポラドォールはかなりシンプル構造に見えたからビットMSのGビットと同数で相討ちなのは何気にすごいんじゃなかろうか
革命軍側のソフトウェアが優れているのか、ランスローの腕なのか



17 : 2016-09-10 01:01:24

ボンボン読者の方が多分馴染みのある機体、ビット使ってGビット一機づつ確実に落とす活躍は強かった
あれ番外編ながら結構ページあってボリュームのある活躍だけど本編は秒レベルの出番だし武器もジオングと同じ手ビームくらいしか明かされてないから本編だけじゃ別に覚えてなくても問題はないんだよな…ランスローがシャアのポジションだったって説明の為にある機体だし
しかし独特なカメラデザインに革命軍機特有のお髭?にジオングと違ったバンチラを許さないスカートに漫画のビットデザインにジオングをインスパイアした渋い色合いと見た目は好きだ
ランスローと言えばクラウダだけどゲームだとどっち乗せるか悩むレベル



18 : 2016-09-10 01:04:23

ランスローがNT能力を失わなかったらフェブラルの後継機に乗っていたのかな


22 : 2016-09-10 01:10:17

ジャミルの乗ってたGXってGビット付きだしな
あれと相打ちできるって相当強力なきたいあ



25 : 2016-09-10 01:12:40

こやつ設定画だとGXと比べて三回りくらいデカいんだよな
EVOLみたいな作品で拾ってほしい機体





27 : 2016-09-10 01:27:32

石垣さんのインタビューによると、フェブラルの元々あの前向きの設定画しかないそうだね(アニメに後ろ姿は出てこない)。
後で後ろ姿設定画とか出たのかな?
見たことある人いますか?
因みに当時のホビージャパンだかのガンダムXの別冊の作例のフェブラルの後ろ姿は、プラモ作った人の想像で作ったそうですよ。



28 : 2016-09-10 01:34:39

Gビット強すぎる・・・どうやって倒そう・・・

ビット兵器で相殺だ!

実に分かりやすい展開。児童マンガかくあるべし



32 : 2016-09-10 02:43:57

スパロボRのフェブラルは飛べる&スーパー並の耐久にリアル系トップクラスの運動性。更にビットの攻撃力高い+良燃費で超強かったなぁ


34 : 2016-09-10 04:24:25

第1話に出てから中盤(終盤?)で語られるまで名称不明だった。
名称が判明するまでは「ジオングもどき」「ジオングX」などと呼ばれていた。
※ソースは月刊ホビージャパンでフルスクラッチ作った人の作例記事の説明文から



36 : 2016-09-10 06:13:08

武装が漫画版オリジナルって言うけどニュータイプ戦士ジャミル・ニートって
正史扱いじゃなかったんだな
てっきりGユニットみたく公式外伝扱いかと思ってた



43 : 2016-09-10 13:18:32

地味すぎてファンにも中々思い出してもらえないのに、どういうわけかスパロボRでは隠しユニットだったよな
ランスローを乗っけてジャミルと一緒に使っていたよ



45 : 2016-09-10 16:09:14

マキブに参戦すれば知名度はねあがりなんだけどなあ



46 : 2016-09-10 18:21:30

ラスボスでも通用できるデザイン

WS118550



49 : 2016-09-10 22:19:13

GジェネFのビームサーベルモーションがとんでもないことになってたなフェブラル

1 右手5指からビームを放出して収束大型ブレードを展開
2 敵機にダッシュで接近してみぞおちをズドンと串刺し
3 右手ブレードで敵機を串刺しにしたま左手を蛇腹状に伸ばす
4 左手5指収束大型ブレードを展開して上下に斬る斬る斬る斬るめった斬り 
5 トドメに串刺しにした右手5指からゼロ距離でビーム砲乱射

なお以後にGジェネではサーベル自体抹消されている…



50 : 2016-09-10 22:50:30

W世界のハイドラと並ぶX世界のジオング枠
アプローチ方向の違いが面白い



54 : 2016-09-11 20:25:04

スパロボZで使えると思ってランスローエースにしたけど
結局Zだけでなく続編でも出なかったという…
過去にはACE3でも期待してしまった



55 : 2016-09-12 17:37:11

ハイレベルのNTとなると機体の弱点をピンポイントで射抜くだろうから
ビットとビットMSの性能差も対してないんだと思う
対オールドタイプだったらビットMSの方が明らかに戦力増強になるだろうけど
そういう意味じゃ戦力に劣る革命軍の方が開発すべき兵器だったな、Gビット
まあNTの数は革命軍の方が多かったんだろうけど。ベルティゴ5機も用意するぐらいだし



56 : 2016-09-12 20:37:17

世の中にはこいつを立体化する猛者が何人もいて驚愕する


57 : 2016-09-13 23:15:24

「ビット兵器射出!!ペス・ポラドォール!!」

シンプルだけどなかなかカッコイイシーンだった





こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/