0: 2016年10月19日 00:42

定番かもしれないけどシャアがキシリアにバズーカをぶち込むところ。
「私からの手向け」というセリフも、かつて自分が謀殺したガルマへの友情が多少あったことが感じ取れ感慨深い。


hqdefault



1. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 08:21

真っ先に浮かんだのは00二期のルイスがレグナントでネーナのスローネを撃墜したシーンだけど、無常感だけでカタルシスはまったくなかったなぁ。


2. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 08:22

グルーデックかな
故郷と妻と娘のを同時に失って、サラリーマンから軍人になり。最終的に全ての元凶を打ち倒してから服役して、最後はその息子に討たれる。ある彼は意味フリット編の裏主人公だし、フリットもこうなったかも知れない存在として見ることができて面白く、虚しかった



4. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 08:36

OO一期のグラハムかな
ただの変態扱いされるけど、
部下思いの上官はカッコいい



5. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 08:39

Zガンダム2話のカミーユ→「そこのMP!一方的に殴られる痛さと怖さを教えてやろうか!(MP一人に向けてガンダムMk-Ⅱのバルカン斉射)ははははははざまぁないぜ!」


思春期らしい性格が表れてる



7. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 08:52

フリーダム撃墜かな
放心気味で乾いた笑いのシンが印象深い

WS000006



10. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 08:57

ガトーだろ
「ソロモンよ私は帰ってきた!」万感の思いを込めて放たれる核バズーカ



12. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 09:01

イセリナ、ハモンとファーストの復讐劇はどれも好き
彼女たちに惜しみなく協力する上官想いの部下連中を含めて敵ながら実に魅力がある



13. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 09:04

アキヒロがイオク様を潰すシーンかな


14. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 09:05

復讐者と言えばフリットだが、フリットの60年にわたる妄執は昇華されて復讐者から救世主になったな。


16. GUNDAMがお送りします :  2017年07月10日 09:10

もはや復讐合戦のようになってたカミーユとジェリド


17. GUNDAMがお送りします :  2017年07月10日 09:12

ザクレロの出撃はトクワンの仇討ちなんだよな


20. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 09:16

Ex-SガンダムvsガンダムMK-VはルーツのFAZZ隊への敵討ちだったな
見事MK-Vを討ち果たしFAZZ隊隊長のクリプトからもカタキを取ってくれてありがとうと言われてる



22. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 09:24

トールを殺されたキラVSニコルを殺されたアスラン


25. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 09:42

アンドリュー・グラハムだな。ファイナルリーグで憎きアルゴとタッグを組むけど異常事態からアルゴを守った己の復讐心に打ち勝つ姿は強かった。あのバトルの本当の勝者は彼なのかもしれない

WS000007



27. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 09:58

鉄血最終回でノブリスが射殺されるシーン

間接的にオルガの死の原因となったヤツだから復讐ではあるんだけど、今まで影で暗躍してきて自分だけ安全な後方にいるもんだから、多分しぶとく生き残るんだろうなぁ思ってた


でも因果応報といえる死に方ではあるがな



29. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 10:05

ドレックがバイオ脳の影のカリストに決死の一撃を当てたときかな。
とどめを刺したのはミノルだけど、先輩たちを殺した相手に一矢報いることができたと思う。

本物の影のカリストがエウロペを殺せず絶望しながら死んでいったこともドレックが原因なので、本物、コピーと2度の敗北を経験させたドレックは影のカリストにとって最悪の相手だったとも言える。



30. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 10:06

Xのコロニーレーザー破壊

パーラにとっては壊滅させられたサテリコンの弔い合戦
たった二人で革命軍をひっかき回して、ティファを救出し、コロニーレーザーも破壊するという
これ以上無い屈辱を与えた

全てが終わってから流れるパーラの涙が印象的だった。



31. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 10:17

ユニコーンのエピソード4全般だな

あれこそ戦争の副産物である終わらぬ恨みの集大成的な流れで始まりの1年戦争からほぼ最近のまでのジオンの亡霊達による復讐劇だったし



34. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 10:37

寿命が短いクローンとしての不完全な自分を生み出した張本人であるアル・ダ・フラガだけにとどまらず、人類全体を死にゆく自分の道連れにしようとしたクルーゼの復讐が一番スケールがでかい。


35. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 10:46

STARGAZERのシャムスが思い浮かんだな。結局その復讐心で機体のエネルギー残量を完全無視したのが仇となったわけだが…


38. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 11:11

クレッセントシップで父親(生身)を轢き殺さんと襲撃するクリム・ニック
「ぇえ……」ってリアルで声が出た



39. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 11:25

クロスボーンガンダムのドゥガチとか。
嫁さん優しかったけど、そんな若い嫁さんくれた地球腹立つ。めっちゃ滅ぼすわ!
みたいな、屈辱由来の復讐劇。誰かを殺されてからとかじゃなく、プライド傷ついたからと言う理由での復讐はこの人とフロスト兄弟くらいか。



41. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 11:27

ルイスがネーナを討ち取るシーン
『パパとママを殺した、あの時のガンダム!』という恨み節と、『家族の仇!? 私にだって居るわよ!! 自分ばっかりいい子ぶって!!』という返し言葉は印象深い
ルイスがネーナを討った後に両親に褒めてよと言うシーンと、後から振り返ってネーナに対してざまぁみろと冷たく言い放つことからもあの復讐は彼女にとってとても大きいものだったのがよくわかる
何よりもあの辺りのルイスが一番怖い

38bcf0c6



42. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 11:36

一方的に想いを寄せていたクエスを殺されたハサウェイの理不尽フレンドリファイヤ


46. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 12:00

人によって賛否分かれるがアンドレイの父殺しかな。単純に任務を遂行したと言いつつも「復讐の虚しさ」を演出したシーンだと解釈してる。


48. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 12:15

ダブルオーの沙慈とかもサーシェスに復讐したかっただろうけど終始巻き込まれまくってたのに自分がやったことに対する逃げも誰かの所業にしかけたけど考えて自分で行動して動いてたのは復讐に捕らわれたルイスと対比できて良かったな。


51. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 12:18

ディアッカにナイフで襲いかかるミリアリア(未遂)


52. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 12:31

センチネルのリョウ・ルーツ。
「てめぇらにはやらせねぇぞ!約束だからな!
 マニングスの敵は討たせてもらうぜ!!」
なんだかんだいいながらもある意味自分を一番認めてくれた
鬼教官の死に激高する姿がなんかグッと来た。



56. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 12:47

Gガンのアンドリュー・グラハム。
アルゴを妻の仇(ある意味ではそうだが)として付け狙うが
事実を聞かされても信じることができず、再度戦うためにガンダムファイトを勝ち抜き
決勝戦に進出した。最終的に誤解が解けアルゴと和解する。

あの時のグラハムとアルゴの共に背負う物がある姿が悲しかった。



58. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 12:51

サビーネvsキンケドゥ
壊れた挙げ句、勝手に因縁つけてただけとか言ってはいけない



61. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 13:18

オリジン二周目に読んだときハモンとタチ中尉の最後で泣いたなぁ
ラル達が若かったころのハモンの幸せそうな様子やタチの二人に対する純粋な憧憬の行きつく先としてはあまりにも悲しすぎる結末



62. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 13:43

ダブルオーの、ロックオンが刹那の過去を知って、家族の敵を討たせろ、恨みを晴らさせろからのシーン大好き。
お前はエクシアで何をやる→戦争の根絶。俺がガンダムだ→お前はとんでもないガンダムバカだな→ありがとう最高の褒め言葉だ。
そりゃ復讐しようとしていたロックオンも、ティエリアも笑うわ。



67. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 15:02

イセリナ
結果は返り討ちだがアムロに刻んだトラウマはなかなかのものだろう





70. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 16:30

「クランク二尉、このままではあなたの涙は止まらない」
のなんだコイツやべぇ感は異常
アインにとっちゃ復讐だったんだよな



72. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 17:21

ライルがサーシェスを追い詰める→銃を下ろす→サーシェスが銃を手にしたからCBとして倒す

この時にライルは本当にロックオンになったんだと思う



80. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 19:36

あまり話題にならないがモンドの乗るガンダムMk-Ⅱによるラサラの仇討ちバトル
モンドというキャラを語る上で見逃せないエピソードなのだが
相手がズゴックに乗った小太りのおっさんなのがなんともシュールで



74. GUNDAMがお送りします : 2017年07月10日 17:54

ギニアスサハリンは自分や世間、親から何から全てに対しての憎しみを募らせて結局どこにもぶつけられずに恩讐の塊となってかの地で爆散したある意味最もみじめな復讐者だと思う。
アプサラスのあの形はまさに彼を象徴した「醜い憎しみの卵」のような姿だったと感じている。



こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/