TA_002


※一部抜粋

「あのMSは……とある女性が、大好きだった人のために作ったものなんです」
「え……?」
「運命に流されるまま、このアクシズの行く末をその手に委ねられてしまった、かわいそうな女性――。あの人は、ただ大好きだった人に乗ってもらおうと、そのためにあのMSを開発したんです」

 そう言って、アルレットは何かを思い出すように目を閉じる。

「ずっと、アクシズに……彼女の側に居てもらえるようにって」
「それは……」
「もっともその人は、一度もあれに乗らずここを去って行っちゃったんですけど」


機動戦士ガンダム Twilight AXIS 【第2回】はこちらから

矢立文庫公式サイト
http://www.yatate.net/g-ta/g-ta-2.html


c30a58dd
4e44c48f-s
7589f334-s