0: 2016年11月21日 01:31

一期では中破グレイズを修理してアキヒロがパイロットになり活躍したように、鉄華団では倒した機体をレストアして使用することは可能だった。
しかし実際では複数のギャランホルンのグレイズを破壊し、機体を回収する時間があったにも関わらずにそのまま放置という事も多く、折角ビスケットやタカキと言った阿頼耶識により、MSにのれる潜在的なパイロットも多数存在していたアドバンテージを生かせずに結果エドモントン戦などで犠牲者が続出した。その理由などについて考察しよう

GUNDAM-Orfens21-134






2. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 07:55

整備班の負担がでかすぎるとか
2機は規模も大きくなってたけど、1期のときはMSはろくに整備できない状態だったしテイワズに頼りっきりって訳にもいかなかったんじゃないかな
だから最小限の少数精鋭のMSと自分たちで運用整備が楽なMWにしてたとか。
自身で運用しなかっただけで回収できたときにはこっそり回収して売ってるんじゃないのかね。
そもそもグシオンも売ろうとしてたくらいだし。



4. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 07:58

1期のとき足りなかったのはパイロットではなく整備運用するための体制
いくらパイロットできるやつが大量にいようと運用なんざできるわけがない
それにマンロディ使うにしろグレイズリッター使うにしろ修理や改修が必須なのであの時そんなことしてる余裕はなかった



5. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 08:02

むしろエドモントン戦でMS戦が重要になるということ自体、イレギュラーなことだったんじゃないかな?
グレイズアインのように天下のギャラルホルン様が市街地に堂々とMSを持ち込んでくるなんて、予想できないし・・・結果的にMS増やしておくべきだったという結論にはなるかもしれないけど

決戦前の情報として、市街地にエイハブリアクターは持ち込めないとされていたし、小回りの効くモビルワーカーの頭数を増やしていくのを優先したとも考えられる
MS一機整備するコストと時間考えると、やっぱりモビルワーカーのが良かった気がする。劇中の描写からけっこう整備班も切羽詰まっていたようだし

バルバトス第6形態のことも考えると、ある程度鹵獲はしていたんだろうけど、整備して使う余力はなかったと推測
おそらくエドモントン戦後に鹵獲したMSを売り飛ばして、今後の財源に充てたんじゃないかね?グレイズフレームだから信頼性も高く、かなりの高値で売れただろうし

結果としてマンロディのが安くて整備性も良く、アストンみたいなヒューマンデブリ出身に馴染んだから残されたんだと思うよ
あとさすがに戦後とはいえ、ギャラルホルンの鹵獲した機体を使うのは、政治的にもマズかったんじゃないか?



6. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 08:06

この時点で既に出尽くしてると言っていいけど
組織がまだ小さいから多数の機体の維持ができない
維持に必要な資金も鹵獲品を売った金で賄ってたくらいだし
メカニックも足りない



8. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 08:09

マンパワー以外にもイサリビの搭載運用力の限界もあるだろうね。
だからこそ二期でホタルビを購入してるわけだし。

ホタルビ



10. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 08:15

阿頼耶識なし、訓練殆どなしで実戦に出せるの昭弘くらいだったんだろ
阿頼耶識積んでるロディは宇宙戦仕様で地球に持ち込まなかったし、整備の問題もある
最終決戦地のエドモントンではMSよりMWの数の方が重要だったし



13. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 08:18

一機直してまた使えるようにするだけでも相当な金かかるんやろ。
維持費もかかるやろうし全然成り上がれていない一期の鉄華団には
余分にMS持っていても負担になるだけやったとか



14. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 08:18

宇宙にいたころは資金難で優先的に売却。地上に降りてからは鹵獲出来ても修理する時間も人も輸送手段も足りないからじゃないの?


16. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 08:29

資金難、鹵獲している暇がなかった、人材不足、お嬢様護衛しながら移動しなきゃならんから必要数以外のMSはデッドウェイトになるから、MS回収に時間を取らせ時間稼ぎ、回収してテイワズに売却した等結構考えられる理由は多いな


17. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 08:33

1期は明らかな人手・設備・資金不足だろうなぁ
いくらタービンズの支援やマクギリスの暗躍があったとはいえ
ギャラルホルン相手によくあそこまで渡り合えたもんだよ



20. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 08:51

そもそも生死を賭けた戦いの中でホイホイ捕獲しようと考えられるほどお気楽な話な訳がない
戦っている時は相手の機体を再起不能にすることが一番考えなきゃいけない事だし
捕獲前提の戦闘ならそれなりの策やら罠やらが必要になってくるだろう
グレイズ改にしたって壊れた機体をニコイチしてなんとか使える様にしたんであって最初から捕獲を目的にはしてないと思う



21. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 08:59

あの状況下で鹵獲できた方だと思うけど…


24. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 09:13

グレイズ改にしろ、マンロディにしろ元々は売り物だよな。

グレイズ改の出撃シーンでも「売り物を使うのかよ?」みたいな話してたし元々は使う気はなかった。
マンロディなんかは最初っから売るつもり。

一期の鉄華団はまず金がないってのが大前提で自分達で使うと言うのは後回しでも仕方ない。
あと捕獲する余裕のあったのはブルワーズとの戦いまでで以降の戦いは常に終われる展開だったり時間との勝負だったりでMSを丸ごと捕獲する余裕はない。
まともな整備施設もなかったし。
それでも整備は必要だからバルバトスの損失した装甲の替わりとかどうしても必要な物だけ拾うのに留まったんだろう。



26. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 09:15

テイワズからの技術援助と施設拡充があったから2期の運用体制があるわけで、
地球行きの仕事中にそれらを整える余裕は無い
グレイズ改ですら元々売る予定だったの忘れてない?


捕獲



27. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 09:17

鹵獲してから使えるように改修してる暇なんか無かったから
2期になるまでマンロディが出なかったんだろ

ましてやグレイズは高く売れるし
阿頼耶識未対応だし
使う意味が無かったんじゃ



31. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 09:36

パーツ取りぐらいはすればよかったかもしれないけど
ギャラルホルンに追われて駆け足で地球(地球についてからはエドモントン)に向かっていたわけで
そんな時間的余裕は無かったんじゃないか?



38. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 10:11

MS運用のノウハウが全くゼロの状態からのスタートだからしょうがないんじゃねえの?
第一に整備上の問題、上で散々言われてるけど整備一つとってもテイワズ参入までバルバトスとグレイズだけでも手こずってたのにこれ以上おやっさんの負担を増やしても仕方なかろう
第二に搭乗員の問題、パイロット育成にも時間が欲しい、阿頼耶識の補助があっても今までMWで戦ってた人間がいきなりMSにのって戦えってのは結構無茶な話、三日月や昭弘みたいにセンスのある人間だったらともかくしばらくは機種転換訓練を積んでおきたいな
第三に財政問題、鉄華団は新進気鋭の企業とは言えまだまだ貧乏、MSは当時は珍しいから売りに出して他の装備の補填に当てた
第四にこれらを踏まえた戦力の拡充、運用に時間もお金もかかるMSを急いで揃えるよりもCGS時代から運用実績のあるMWの拡充を優先させたんじゃない?



40. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 10:17

実際問題人員不足と金が無いからだろ
宇宙でた前後だとクーデリアの護衛の仕事があんな大火になるとは思ってなかっただろうし
火星本体での運営維持も金掛かるからな



42. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 10:22

人手不足・技術不足・表立っての後方支援無し(地球では所属を偽ってテイワズから3人がこれたぐらい)・
長期戦になると少数の鉄火団が不利 地球では孤立状態で最低限の状態 更に少ない人数を分断
(地球効果組と宇宙残留組)なので最小限の部品で改修しながらでしか戦えないからでしょ?
あと選挙まで時間が無いから強行しないといかんし余裕がない



45. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 10:36

1期の時点で数をそんなに増やしても指揮が行き届くかどうか
それに1期タカキはともかくビスケットは立ち位置的に組織のブレイン役だしそんなにホイホイと前線に出すわけにも行かない



51. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 10:57

運用できたのは5機で限界だったと思う
流星号用に地上戦使用のグレイズの足のスラスターや足首から下は使えたと思うけど。後はリッターの剣や地上戦使用の剣とかは使えたと思うけど。



57. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 11:16

有効に活用してたろ、売っぱらったり武器流用したり。


61. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 11:20

阿頼耶識のためのコックピットシートがなかったんじゃない?
グレイズ改は阿頼耶識つけてなかったことからグレイズを阿頼耶識で動かすにはMWかマンロディから転用するしか無かったように見れる



62. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 11:22

依頼はクーデリアの護衛で、そのためには戦力より資金のほうが必要だと判断したんでしょ。MSの維持費だけでも洒落にならないだろうから。それに不測の事態が発生したから戦力に回したってだけで、もともとグレイズ改やグシオンも最初は売り物だったわけだし。
地上での輸送手段がきびしい上に、エドモントン戦ではいくらMSがあっても市街には入れないしね。



64. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 11:34

鹵獲しても散々言われている通り、整備が間に合わないでしょう。
さらに鉄血で鹵獲した機体は基本的に殴り壊されてる感じなので、余計に整備に時間がかかると思われる。
現実での鹵獲だと飛行場を占拠して手に入れた航空機(撃墜したものではない)とか、はまって動けなくなった戦車とかわりかしきれいな状態のものの話をよく聞く。
鉄血みたいにめった打ちにしたものをニコイチサンコイチ。しかも護衛対象がいる上で移動しながらってのはかなり厳しいと思う。劇中のようにパーツの流用が限界ではないかと。



67. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 11:45

放送当時も「マンロディ使えよ、なにしてんだよ」って言われてたけど

それに対するツッコミは「改修に金かかんだろ」「マンロディは宇宙用じゃ」「推進剤高いってヤマギが言ってただろ」で終わった

ブルワーズからろ獲したマンロディも地上用のランドマンロディにするには二期まで時間かかってるし、ろ獲から改修までの時間と資材と場所と金の関係で、売った方が良かったのが一期で、会社を立て直してろ獲した機体を修理やら新機体を購入出来る余裕が出来たのが二期

img_41_m



70. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 12:00

組織の運用資金が無いから鹵獲しても維持できないし、整備班の頭数が足りてないのに保有台数を増やすと、バルバトスの整備もできなくなるから、売って金に換えたほうがいい。


85. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 13:28

回収、修復にも時間がかかるわけで
地球に降りてからエドモントン侵入までの期間は短い上にカルタに付きまとわれて落ち着く暇もなかったんだから使えなかったんでしょ

しかも輸送手段が戦艦も無しで列車だしあれ以上増えたら運び切れんわ



86. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 13:29

仮に鹵獲しても、戦力化には相当な時間とコスト、人員がいるだろ。
火星出発の段階で同行する人員は限られていたうえ、途中で経営難になった時期もある。
しかも地球に入ってからは急ぎの行程になったので、時間なんて割けることができない。
そう考えるとジャンク品でもいいから売り飛ばすしかなかったんだと思う。



96. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 15:19

まあ、ゲームじゃないんで『鹵獲した』ら『完全な状態のMS』が手に入るわけじゃないからねえ
グレイズはもとより、マンロディにしたって全部手元に残しても運用出来たのはせいぜい2~3機って所じゃないか、修理用のパーツ確保の問題もあるし
何よりマンロディのままじゃ地上に下ろして運用する訳にもいかないし改造する余裕も無いだろうし



98. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 16:58

鉄血は整備シーンがかなり丁寧に描かれてるんだから、事情はわかるだろ
加えて、作中終盤は物資も枯渇していたんだからな



99. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 17:05

逆に流星号はよく鹵獲から戦力化までもってけたな


100. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 17:10

流星号の運用に関してはテイワズが大きいだろうなあ
百錬の部品流してもらってるし



107. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 18:08

本編でグレイズを高値で売ってたし、金に困ってるって話は何回かあった。
本来ならグシオンすら売る予定だった。



108. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 18:21

既出だけど鉄華団だけでは、維持や整備が出来ない(追いつかない)、
歩兵師団などでも前線に出て戦闘するのは師団人員の3割程度らしい。



111. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 18:46

正直あの数のMSとMWの運用があの時点では手一杯だったと思う
資金も人員も設備もない状況で鹵獲機を修理運用するだけでどれだけの時間がとられるのかと
まともに運用できる体制になったのって2期からだしなぁ
それでさえ阿頼耶識前提だったり、訓練しなければならない状況だからあの時点でMSが増えてもハンガーの障害物になるか、整備が追い付かずに肥やしになるかくらいでとてもじゃないが地上降下以後の移動整備拠点不在の状況では運用できない
使い捨てるのも経営状況から言ってありえないし、結局あの数で手一杯だったってことだろう



112. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 18:50

MWですらまともに慣熟訓練できる状況じゃなかったのに、MS鹵獲しても何の役にも立たないんじゃないの。
1期の鉄華団の規模じゃ整備の手も回らないだろうし資金も全く足りないし時間も無い。



113. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 18:58

だいたい、本来は地上に降りたらそれで仕事オシマーイの予定だったしな。
ジジイを復権させるために、正規軍とケンカしろなんてもお想像するほうがおかしい。
そんな大事になるってわかってたまるか。



145. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 20:43

バルバドスとグレイズ改でヒーヒー言ってるレベルなのにそれ以上とかおやっさん過労死するぞ


169. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 21:19

そもそも設定ではイサリビのMS運用機数は3機なんだよな。
ハンマーヘッドも基本はイサリビと同型らしいし同数だとみて良いと思う。
だから6機運用(ガンダム×2、グレイズ×1、百錬×2、百里×1)が限界なんじゃないかな?



180. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 22:39

機体の購入・入手の代金はタダでも決してメンテナンスフリーな機体ではないしほとんどが手に入れてそのまま使えるような状態で入手出来てないからね

金もない、人員も多くない、メンテのノウハウもあまりない、そもそも増やし過ぎても置場所もないで正直1期の鉄華団はそこまで余裕のある状態じゃない

2期になると獅電を安く売ってもらえるようになったからわざわざ鹵獲する必用も薄いし



181. GUNDAMがお送りします : 2017年01月09日 23:22

売ってMSの装備の強化にお金を回していたんじゃね
グレイズ改を売る時の感じや厄災戦以降MS正規で作れない状況だし
売った方が良かったんだろうね



184. GUNDAMがお送りします : 2017年01月10日 01:19

一期では鉄華団がテイワズのバックアップがなければ宿無し状態に等しかったし、MSに関しても主力三人(三日月はかなり特殊)がアジー、ラフタとの教練を経てモノになっている状態だったよな。いくら阿頼耶識があるとはいえ主力以外にMS操作を指南している時間が一期であったとは思えないし、売却せず実戦投入しても仕事の成功率は上がらないのでは(死亡リスクはかなり減る)。
二期になってMSでスタメン張れるメンバーは増えてたしある程度の時間と教練は必要。





こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/