0: 2016年12月20日 23:49

ジオンは一年戦争で開戦劈頭コロニー落としを敢行したけどあれって後のことを考えたら拙速すぎたんじゃないか?
戦争という事で倫理的な問題は置いといて純粋に戦略的にジオンにとっての最適解を考察したい。
考察の叩き台として案を提示すると開戦当時ジオンの戦術的優位は圧倒的だったのは本編を見ても明らかだし宣戦布告と同時に連邦宇宙軍の掃討に全力を挙げる。(コロニー落としを考えずに全てのリソースを投入すれば本編よりずっと少ない被害で主力を叩き潰せるはず)
邪魔が入らなくなったところで強制疎開などで空にしたコロニーにこれ見よがしに描くパルスエンジンを取り付け、「即時降伏せよ、さもなくばこれを地球に落とす。必要ならば何度でもだ」と言ってやればかなりの確率で降伏に応じたのではないだろうか。

ae753e15778545c813167764b566fc3d



1. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 22:51

アフターウォーはそんな感じだったな
そしたら連邦がサテライトキャノンでコロニー破壊したから恐慌で強行した

まぁ連邦のコロニー占拠した時点で住人皆殺しにしてるから連邦のコロニー破壊を後押しすることになったんだろうけど



2. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 22:51

コロニー落としは確かジャブローに落とす予定だったようだし、予定通りジャブローに落ちたら短期で自治権確保できたのかな?


3. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 22:53

最初の一発目をどっかわざと海とか被害の少ない場所に落として「次は人工密集地に落とす」って脅して交渉のテーブルに引きずり出すって手段があるけど・・・まあコロニー落としてスペースノイドの反発食らいすぎで他のサイドから協力を得られなかった点を考えれば>>1の言う通り下策だったな


5. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 22:59

地球で暮らす人達からすれば、脅威じゃない?
シドニーを吹き飛ばして湾になったぐらいだし



7. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:02

各コロニー群の反発、大規模軍事行動しんどい、戦後地球関係利権の皮算用なんかがあってやりたくなかったんじゃない?


8. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:02

そのもとになる「ジオンは戦術的に圧倒的」が間違ってるってことだろうね
戦力差は連邦に圧倒的優位で、あちらに準備万端で本腰入れて宇宙を掃討されたらジリ貧は目に見えてる
だから初手で地上に大損害を与えて混乱させ、それに乗じて地上侵攻
むしろコロニー落としやったからこそあそこまで頑張れた、ということかと
まあ詰め(というか落としどころ)誤っておじゃんになったけど



9. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:03

脅しを実行できるという意思表示&連邦の国力低下
下策を強行してまでも休戦協定を引き出さなければならないくらいの国力差があった
ある意味後のコロニー世論がどうなろうとそんなの関係ないくらいに速攻で決めなければならなかった



11. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:06

一年戦争初期の流れは設定面からして今じゃスルーされてるような最初期の設定混じっててゴチャゴチャ衝突が半端ないからなぁ
それ抜きにしても表に出てない世界情勢の部分が多すぎて何とも言えなさそう



12. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:07

国力の少ないジオンからすれば、地球に損害を与える唯一の方法じゃないの?


13. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:07

長期戦を戦えるだけの国力はジオンには無かったし必殺の一撃を確実に決められなかった時点でジリ貧は見えてたよな


14. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:09

国力的に言えば短期決戦でケリつけなきゃジオンに勝機はなさそうだし、連邦艦隊を殲滅すればそれを交渉材料に使えそうだが、問題はコロニー落とししない分の労力でどの程度連邦艦隊をやれるかってとこかな。
痛み分けで終わったら交渉材料としては弱いしな。



16. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:11

そりゃあ、そもそものギレン目的として、人類の間引きってのがあるからね。
総人口を半分にしても尚戦争を継続したのは、人類を9割減らして統治をしやすくするという、ギレンの目論見があったから。
故に、ギレンの戦略としてコロニー落しは、むしろ必須とさえ言えるだろうね。

逆に、連邦が戦えたのも、この戦略があったから。
ギレンがここまで地球連邦を追い詰めるつもりが無ければ、連邦は早々と降伏してたんじゃないかな。



18. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:12

ジョニー・ライデンの帰還読んでみそ。地球連邦によってコロニーに閉じ込められたスペースノイドが、その監獄であるコロニーを地球に突き返す。恨みの象徴でもあるコロニーを落とすことに意味がある。とのことです


20. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:16

※18
その為にコロニーの住民を毒ガスで非戦闘員、子供含めて皆殺しだからな
ご立派なお題目も、所業がこれでは台無しだ


bf7b6b07



24. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:25

大質量のコロニーを元の位置から移動させるだけでもかなりエネルギーを使うし
それを警告のためにすぐ落とせる位置で止めるとなるとさらにエネルギーを使うことに
移動もさせてないのに脅しをかけても相手に対策の時間を与えるだけだし
国力の少ないジオンに余裕はない以上さっさと落とした方がいいって考えになるのは自然なことかと



25. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:28

ジオンは連邦に対して国力が圧倒的に劣るから、コロニーをジャブローに落とすことで戦争を長引かせず早期降伏を狙うつもりだった筈
実際はオーストラリアに落ちてしまったわけだけど



26. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:29

連邦艦隊を殲滅しても、連邦の宇宙拠点を制圧しても、肝心の地球が無事なら連邦側が交渉に応じるかは疑問だな。
だから連邦が嫌でも交渉につかせる為のコロニー落としって事になるから、必要だったのかな。



27. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:31

戦術的に優位にたったて言えるのはブリティッシュ作戦の後、ルウム戦役で連邦艦隊を壊滅させてレビルを一度捕まえてからじゃないか?。連邦を一度目のコロニー落としで本気にさせてから第二次ブリティッシュをすると思わせ艦隊をサイド5宙域におびき寄せてMSに奇襲させるってことには役立った

img_7_m



28. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:34

月から延々マスドライバーによる爆撃を繰り返す方が良かったと思う。


29. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:35

コロニー落としは兎も角、サイド3及びサイド3に友好的なサイド6以外の
コロニー群をBC兵器で全滅させる事は
連邦軍に拠点として利用されない為にも必須であったとは思う

仮にジャブローにコロニー落ちて、連邦軍や連邦議会の首脳部が全滅していたら
ジオンはどうする気だったのやら…



32. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:41

コロニー落としの最大の失敗は、同胞であるスペースノイドを毒ガスで皆殺しにしてまで強行したところかな。それで自分たちの味方を減らして悪玉にされたんだから本当に無意味な行為だった。しかもそこまでやってジャブローも落とせないんだから元も子もない。正直モビルスーツ作ったりする前にもっとスペースノイド同士で団結してアースノイドに対して不平等を訴えていった方が地味かもしれないが効果的だったかもしれない。


35. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:49

もともとジオンと連邦は国力に天地の開きがあるからな。
まーそら大打撃を与えるにゃ要るだろうよ、胸くそだが。



36. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:50

その方法だと時間が掛かるってのがネックだな。
時間が掛かると今度は連邦がNBC兵器をジオン本国に使う危険性が上がる。
それなら短期決戦で反撃される前に徹底的に打撃を与えて、交渉の場につかせた方がって考えたんじゃない。



39. GUNDAMがお送りします : 2017年01月14日 23:56

ジオン国民的には、実行部隊の若き日のシーマ様の部隊以外は
我がジオン公国に与しないスペースノイドの風上にも置けない不届きな連中に
正義の鉄槌を下してやったとか思ってるだろう

他サイドの連中からすればたまったものではないが



41. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 00:03

アクシズみたいに小惑星を落としたらどうだろう?
表向きは「資源用小惑星の落下事故」という事にして。



43. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 00:09

元合った場所から加速し続けつつ落とせば、運動エネルギー稼いで威力上げられそう、軌道に留めるとなると燃料も使うだろうし
直接人を殺さなければいいなら、移動が劇中よりつらいけど、南極にコロニー落として津波による災害と海面上昇による居住地と耕作地の喪失でも狙うとか?



44. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 00:10

作戦通りジャブローに落とせていればそれで連邦軍は機能不全に陥って圧勝確定だった。
そうでなくても宇宙から地上に対し圧倒的脅威を与えられるって意味で早期講和を目論むジオンにとって有効な作戦だったと言えるかと。



48. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 00:19

コロニーを落とさずの脅しは無理だろ
現実の現状どっかの国が脅しかけてるが毎度の事過ぎて脅迫として機能してないし
そもそもジャブローに落として早期勝利の為に行った非道の作戦だしな、他のコロニーからしたらいつ自分らのコロニーを同じ様に利用しようとするか分かったもんじゃないんだし



52. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 00:37

G3でやられてコロニー落としに使われたのは、スペースノイドでありながら親連邦で、搾取の片棒担いでおこぼれに与ってた連中だからね、仕方ないね。
人道云々の見地からしたら問題だが、放置しといたら連邦の前線基地に変化する可能性が大きかった訳だし、誰だって背中から撃たれたくないわな。
ジャブロー破壊は失敗したけど、シドニー消滅、北米の穀倉地帯壊滅、大津波が地球を何周かして連邦の海洋戦力壊滅と、連邦側に多大なダメージを与えたのは間違いない。
ただ、落着コースに乗せるまでのコロニー護衛なんつー厄介な任務で、折角のザクの機動性を活かせずに命を落とした兵士も多かったし、その中に今後ニュータイプとして覚醒する可能性を秘めてた連中も居たのは勿体なかったかと。
だもんで、やるんなら1・2基防がれてもいいや位の勢いで、多数のコロニーを一度に落とすべきだったんじゃね?(地球が壊れない程度に手心加える必要はあるけど
そもそも捕虜にしたレビルを逃さなきゃジオン有利で休戦に持ち込めてたんだろうし、コロニー落とし自体は悪手ではないと思う。



53. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 00:40

ジオン有利の条約を受け入れなければコロニーを地球に落とすぞ!と言っても連邦は本当に落とすわけがないと思う
だから、コロニー落としてその上で有利な条件で条約を結ぼうとしたがレビル将軍の逃走によりその条約が結べなかった
と、自分はそう解釈しているので、神の視点から見れば失敗にしか見えないけど。ジオン側から見ればこの手しかない!という後のない作戦だったと思う



55. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 00:49

戦術的に優位に立ってようが資源の差を考えるとジオンは短期決戦をやるしかないと思うけどな。

手っ取り早く地球に打撃を与えるのにコロニー落としが最適だったと言う話でしょ。
そうそう何回も大規模な攻撃が成功するとは思えないし単発で最大限の威力を持った攻撃と言うと他にないと思うが。



60. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 01:03

ルウムで艦隊戦やったあと宇宙攻撃軍は最後まで艦隊の完全な再建が出来ず、またルナツーを落とし切ることができなかった。
この事実をもっても戦術的に圧倒的だったとは言い切れない。



62. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 01:13

ジオンにそもそも長期戦できる国力がないからなぁ
既存の兵力では圧倒的に負けているからこそ、MSという奇策に打って出たわけだし
資源もない、人口も少ないとなればそれこそまさに一撃必殺で相手の士気を壊滅させるしかない
となればコロニーの大質量をジャブローに叩き込むのは理に適っているわけで
やり方はともかくとして、コロニー落としは連邦に比べはるかに小さなジオンにとって最高の一手だったと思う
ジャブローに落ちさえすれば、それで連邦に脅しをかけて早期講和に持ち込めれば、だけど



71. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 02:16

一つ指摘するべきなのは、実際にジャブローを攻略するまでジオンサイドでは、ジャブローの規模を把握出来ていなかった事
そしてそのジャブローの速攻陥落がジオンサイドの初期ドクトリンである以上、コロニーが小惑星で代用されることは有ってもマスドライバーの使用は有り得ないと思う



72. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 02:28

地球に落とさずルナツーにぶつけりゃ宇宙艦隊大打撃で効率良いのにと思ったが
コロニー落としは南極条約前だから核使い放題でルナツー当てる前にぶっ潰れるか

やっぱ地球に落とした方が効率良いな



74. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 02:47

ジオンの勝利条件が地球を焼け野原にすることならコロニーや隕石をしこたま落とせば完遂できるけど
この時代はまだ宇宙は多くの物資を地球に依存してるから焼け野原したら戦争仕掛ける意味ない。

地球の生産能力はそれなりに元気でかつ軍隊を沈黙させさらに連邦政府を震え上がらせるという
綱渡りのような勝利条件を満たすのに手っ取り早いと判断したのがコロニー落としなんでしょう。



78. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 07:26

ジオンと、ジオン(ギレン)で目的が違ったからね
ギレンは地球なんていらずコロニーだけで既にやっていけるシステムがあるから焼け野原にしていいと思っていたし、選民思考からもっと数が減ってもよいと考えてもいた
コロニーの住民は地球に帰りたい人も多く致し、何もかも作らなければならない環境より自然のほうがいい
そういう部分をギレンは扇動して戦争に参加させてたからコロニーをあれ以上バカスカ落とすわけにはいかなかった


zaziis



79. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 07:48

ミノフスキー粒子散布下におけるモビルスーツ戦の優位も、本当に有効か実際にやってみるまでわからなかった。
あと、連邦軍は粒子散布下であっても落下するコロニーを迎撃できるレベルの地対宙兵力を保持していたわけで、コロニーを落とさないとその兵器が対ジオンに投入される恐れもあった。
ジオンは地球上での戦闘に不馴れでもあったので、宇宙からコロニーを落として早期に戦争を終わらせる予定だったと思われる。



80. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 08:15

政治的な見解をするなら、そもそも開戦したこと自体が悪手なんじゃないかな。なまじ戦艦相手に優位に立ち回れるMSなんて開発したせいで勝てると思っちゃったところはあると思う

どうしてもという場合も、各コロニーや月とかと、しっかり協調して宙域を完全にジオンサイドのものにしてからのが良かったんじゃないかな



83. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 09:32

※80
しかしコロニー落としが目的通りでなかったにしろ講話ギリギリまで漕ぎ着けてたし、経過に焦点を当てれば開戦当初は順調で当時は悪手だったとは言い切れない
リスクが大き過ぎて博打気味ではあるがもしコロニー落としがジャブローに到達、もしくはレビルの演説がなければジオンの勝利になってた



86. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 10:11

ギレンの思想的には必要だろう
「折角減った人口です」とか言ってたし
あいつ独裁者だから、犠牲を少なく~とか、交渉で出来るだけ優位に~なんて考えそうにないし



93. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 12:31

コロニー落としは戦争の兵器じゃなくてただの殺戮兵器だし失敗だろ
連邦中枢が滅んだらどうやっても収拾付けられなかっただろうし
ザビ家はもともと戦争目的じゃなくて滅ぼすつもりだったとしか思えん



94. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 12:37

※93 ザビ家の総意ではないがギレン自身は優秀な人民であるスペースノイドのさらに優秀な人間以外は減らしていきたかったようだし


90. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 12:09

戦力差をひっくり返して連邦を降伏させる為としてはものすごく有効な作戦だった。
その後、レビルに逃げられジオンに余裕がないと知られた為に結果として敗北。
結論としては、コロニー落とす所までは必須といってもいいほど効果的。その後のミスでその効果も大きく半減したので、間違いだったのはその後の対応





こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/