0: 2016年08月30日 20:03

覚悟の為、最後の武器、機密保持の為とか色々理由はあるけど、機密保持の割にはゼクス達に完全修復されてる。
「トールギスとウイングガンダムが同じ技師の作品だから修理が上手く行った」って言われるけどどうなんだろう?
機密保持の自爆だからコックピットや主動力機を破壊するんでしょ?主動力機を暴走させるのが効率良さそうだし。
修復出来るもんなの?
人一人殺せない自爆装置(でも死ぬほど痛いぞbyヒイロ)


96467fba



1. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 14:16

一度デュオに潰されたせいで機能不全だったんじゃね?


2. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 14:18

元通りに修復したように見えるけれど、実際は中身別物になってるんじゃないの?


5. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 14:30

外装はそれまでの戦闘記録や映像から取得したものを参考に複製復元
内装は駄目になったものをトールギスの予備部品なりで埋めて、機体制御のシステムもトールギスのものをベースに複製調整なりしたんじゃないかね
全く同じ物を使用できない以上は100%完全修復なんて出来る筈がない



6. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 14:30

ヒイロの機体使いが荒すぎて、自爆装置が不調をきたしてたんだよ


8. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 14:37

自爆装置があった訳じゃなくて、動力を暴走させただけとかなら、まあなんやかんや無事なパーツ多そう。特にあの世界は何かと頑丈だし


11. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 14:47

ウイングって本体がバスターライフルみたいなものだし
変形と高機動が実現できれば良かった可能性はあるね



12. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 14:48

カトルが自爆しようとサンドロックの自爆ボタン押したら
ハッチが開いて脱出時間が出来た(そうなるようプログラミングされてた)こと踏まえると
ウイングの自爆装置も「ヒイロがぎりぎり助かる」「当分完全に使えなくなり、それでいて
部品や設備があれば復旧できる」様にドクターJが設計してたんじゃないかな?

WS000021



14. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 14:52

主要部品にガンダニュウムを使ったせいで普通の自爆装置では上手く破壊できない強度になってしまったんだろうな
トールギスあたりの強度ならきちんと破壊できたんだろうが・・・



16. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 14:57

てか、あの世界のMSはトールギスありきだから、
少なくても動かせるトールギスがあるのなら多少のダウングレードはあっても修復自体はそこまでではないんじゃない?



19. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 15:01

まぁ実際「修理しきれない」みたいなセリフがあったような気がするから元より性能は落ちてるかもね


22. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 15:04

後々トレーズがエピオンを建造していたし、ゼロの設計図が部分的に知られていたから修理できたのかも
可変や内部機構はゼロやトールギスをベースに再現して、修理ノウハウはトールギスで培っていたから形に出来た...とかいう話だったりして



23. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 15:04

常人超えてるあの世界のメインキャラをして死ぬほど痛いんだから一応相応には本気で壊す程度の破壊力はあるはずだろう
多分肝心なところとかは修復しきれてなかったりするとかでは



25. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 15:07

ガンダム自体が各パイロットがほぼ単独で行動するにあたってそれなりに流用整備とかはしやすいように出来てたからこそ…みたいな理屈とか


29. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 15:08

あれって確か、壊れた部分はトールギスの予備を移植したんだろ
トールギスが未だに保存されていて、しかもそれが敵の手に渡っているって予想していなかっただろうし
修復はトールギスが存在しないと不可能だったから、機密保持としての機能は果たしているだろ

そもそもヒイロを普通の人間基準に考えるなよ。あんなの普通なら死ぬ、ヒイロだから生き延びたんだよ



31. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 15:14

爆発した機体がふつうに原形留めてんだよなあ


32. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 15:15

あれ?この辺普通になんか作中で言ってなかったか?
確か自爆といっても跡形もなく吹っ飛んだわけじゃなく
主要な部分だけが爆破されただけで
周辺の構造から逆算するとトールギスとほぼ同じだろうと
推測できたんで修理できたとかなんとか



34. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 15:23

つーか敵の攻撃を散々喰らってもびくともしない機体が内部からとはいえ自爆で粉々になったらおかしいからな
機体が頑丈過ぎて機密保持に必要な最低限の箇所を破壊するので精一杯だったんだろ



44. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 15:56

コロニー脅した後の修復だから、ジジイ以外の技術者や設計図手に入ればなんとかなったり


53. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 16:41

※44
ジジイたち捕まえたのはもうちょっと後のこと
まあそのジジイの知恵なしで完成品とはいえトールギスを参考にウイング復元しちゃう当たりOZの技術者も相当レベル高いんだが

あとガンダニュウム自体が頑丈過ぎて完全消滅とかムリだから
フレームだけじゃなく動力炉とかジェネレーター、推進器とか諸々の残骸がある程度原型留めてたのかも

ちなみに小説だとコクピットだけは復元どころじゃないレベルで完全に壊れてたのでトールギスベースで造り直したとのこと
ダミーウイングは「どうせ完璧に爆破しなきゃだからある程度似せて要求通り完全破壊したる」って本物以上に派手に容赦なく爆破された模様



45. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 16:00

そもそもガンダム自体がOZ系MSの始祖たるトールギスと開発者が一緒だし補給も考えて規格も合わせてたりするのだろう


46. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 16:08

機体の自爆実験してなかったんだろう。あれだけの機体を1回完成させてからまた自爆させるってコストかかるし中々出来ない。シミュレーションは出来るだろうけどシステムのチェック項目に自爆は無さそう


47. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 16:25

バスターライフルを使う右腕は復元出来ないって云われてたやんけ
トールギスの左手を移植してそれっぽくしてるだけで完全復元はされてないやろ

オリジナルWと自爆以降では性能的にはデチューンされてると見て良いんじゃないか



51. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 16:37

自爆は再使用不可能にするためにやるものだからなぁ
もともと動力系、制御系にあと駆動系を破壊するためのものだったのかもしれない
トールギスがOZ側になかったら修復できなかったしなぁ

hqdefault



56. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 16:45

ドクターからの通信を受けるためのデータとか通信のための暗号コードとか
今までの作戦の行動記録とかこれからの予定とか
運用上必要なデータ周りを破壊するためじゃないか?
もちろん機体そのものの技術的な機密保持も本当はあるのだろうが
その割にはちゃっかり復元されちゃったしな

本来のオペレーションメテオは、地球にコロニーを落としてメッタメタのギッタンギッタンに
した上でガンダムを降ろして完全制圧する、だったのだから
機体そのものの技術的な部分を完全焼却することは二の次にされたのかもしれない
地球の完全制圧一歩手前まで行ったならば本来自爆なんて必要ないし
万が一機体が敵の手に渡っても作戦行動内容が得られないだけで
修復してる間もなく、稼働中の他の機体で王手掛けられる、はずだったとか



71. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 18:11

※56
俺もそう思った。

あと交換された部品はともかく最初っから残ってる部品なんかは
製造ナンバーの類いから部品の入手ルートがバレる可能性あるから
最悪、そこで足がついたりするし。
極力、部品はぶっ壊しとく必要はあるのでは?



59. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 16:52

内部情報やシステム関係だけ壊したんでしょ?

トーラスやビルゴを作れるだけの技術力があるならウイングに使われてる技術なんてそこまで貴重でもないし



73. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 18:36

そもそも自爆する前からデスサイズのパーツパクってニコイチに近い状態だったのに更にトールギスのパーツ混ぜたらもはや皮だけ似せた別物じゃね?
武装や羽根ぐらいしかオリジナルは残ってなさそう



75. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 18:46

※73
羽は自爆で一部除いて消し飛んでる



77. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 18:48

それで中盤から中身はパチモンって……


78. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 18:50

自爆してもほぼ原型とどめてた時点でお察しじゃん?


81. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 19:53

でも使い捨て上等なウイングの扱われ方嫌いじゃない


83. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 20:30

ブラックボックス的な電子回路があれば復元可能なのではないか
装甲なんかは一部があれば材質はわかるだろうし



85. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 21:05

※83
材質わかってんじゃん。既存の技術だし
OSも原型機があるし



86. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 21:38

確か修復してもらって機体チェックしてたときに
自爆装置がないってごねたんだよな



89. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 22:42

内部機構の破壊に重きを置いてるショボい爆発だったからヒイロ無事だったってどっかで聞いたことある


91. GUNDAMがお送りします : 2017年01月15日 23:19

トールギスをベースに、戦闘記録からスペックを想像してなおしたんじゃない?
実際にトールギスのパーツをつかっているわけだし。



92. GUNDAMがお送りします : 2017年01月16日 00:14

これもうトールギスでいいんじゃね?


94. GUNDAMがお送りします : 2017年01月16日 02:57

自爆したウイングを回収した時に言われてたが主要部分だけ綺麗に破壊されている
だからフレームなどは残り割と人型を留めてた

本来なら修理できなかったけどガンダムの構造に近いトールギスを参考に直した
でも重いバスターライフルを軽々と使う右腕だけは修理しきれずトールギスのパーツをコンバート

それによりヒイロとの決闘時のトールギスは右腕内部が代替えパーツなので動きが鈍く
ヒイロにいらぬ気を使うとイラつかれてた



95. GUNDAMがお送りします : 2017年01月16日 06:48

子供の頃見たっきりだから記憶の中でしかないけど、あちこちバラバラ取れて崩れ落ちただけで、木っ端微塵というほど崩壊したわけじゃなかったよな?



101. GUNDAMがお送りします : 2017年01月19日 01:23

頑丈すぎて肝心な箇所以外は自爆しても残ってた。トールギスもありOZの技術力の高さもあり復元。ヒイロはガンダム以上に頑丈だった模様。




こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/