0: 2017年02月26日 07:33

プロヴィデンスガンダムのデータをフィードバックして量産型キュべレイやヤクト・ドーガみたいな
量産機や試作機とかワンオフ機を開発した方がいい。
ザフトはセカンドステージシリーズの機体を作る暇があったら最優先にドラグーン・システム搭載の機体を作るべきだと思う。(ドラグーン・システム搭載のシルエットとかウィザードみたいに)


WS000249



1. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 14:54

まぁ簡易版であるビームブーメランで許してクレメンス


3. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 14:57

扱える人間が全然いない訳ですが
あと量子通信はバッテリー食うはず



4. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 14:58

レジェンドがうまくいったら量産の可能性もあったんじゃないかな

c514078c



6. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:01

ドラグーンって空間認識能力の高いパイロットしか使いこなせないって設定あったよな?
皆が高いわけではないし量産しても金がかかるだけだとか思う



9. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:03

米6
確かレジェンドとかのやつはかなりイージーでそれなりの腕があれば扱える代物になってるはず。



8. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:03

プロヴィの時点では作ったとこで使える人間がいないから無理だった
レジェンドなら量産可能だろうけど、その後が描かれてないから何とも言えん



13. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:09

>ドラグーン・システム搭載のシルエットとかウィザードみたいに

ドラグーン積んだウィザードはあるぞ
ただ、バッテリー機じゃ使えないからザク本体をハイパーデュートリオン仕様に改修しないと使えない
基本的に核積まないとドラグーンは使えないんだから、ユニウス条約で核を使えない以上、ドラグーン搭載機よりもセカンドステージの方が遥かに優先度は高い

そういやアカツキの動力は結局なんなんだろうか
バッテリー機ではドラグーン使えないはずだし、かといって核搭載機とは明言されてないし



17. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:16

※13
ブルーフレームDも動力は変わってないはずだし多分アカツキもバッテリーなんじゃないかと思う
オーブはパワーパック技術進んでる設定だからきっと最新型の超大容量モデルとかがあるんだ多分



16. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:15

インパルスのシルエットや上半身下半身換装もドラグーンでやれば母艦不要になるんじゃね?って
アストレイでコートニーさんが言ってたな



18. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:18

あんな大量のビームを放つ武器を搭載したらバッテリーが切れちゃう…
核エンジン搭載機なら大丈夫だけどそんなに数作れないし
結局のところ核エンジンのワンオフ機に搭載が関の山



20. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:21

通常のドラグーンは多対一の状況下では大して役にたたず、
スーパードラグーンでマルチロック対応になるがキラ専用装備で情報処理が煩雑
エルメスみたいな長距離射撃も無理だし、操縦とドラグーンの操作を同時に行う為
どうしても操作性は悪い
単騎での性能を高めるなら、高性能なNJC機にドラグーン付けたミーティアでも装備させて
その火器管制専門パイロットをミーティア側に乗せればまぁ何とかなるけど
そこまでする程の戦争なんて、種死終了後のCEではもう起きないだろ



23. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:25

MSの保有制限がかかってる種運命以降の世界だったら手数を補うって意味では有効だろうね、恐らくデスティニーが対MS、対エースを担当してレジェンドが対艦、対物量戦を担当するって戦法を想定してたんじゃないかな


26. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:29

ドラグーンを一般コーディに使わせるくらいなら 手動で無線動作させる機雷のようなもの(これなら条約違反にはならない)作るほうがマシだろ


28. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:34

第2世代ドラグーンは誰でも扱えますって言っても結局その機体に乗ってるのがキラやレイみたいな空間認識能力持ちだから恩恵が感じられない

777191c9



32. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:38

レジェンドの実機は完成しているんだから、コストに見合う戦果をあげられると判断されれば少数生産して適正のあるパイロットに与えるのもできるんじゃね
公式か知らんがディスティニーにも複数生産設定が出てきたみたいだし
あとは核動力禁止の条約が戦後どうなっているかかな



35. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:46

フラガ家のような空間認識能力の持ち主やキラみたいなチートが使えるシステムを
平均レベルのコーディネーターでも使えるようにするのは
それはそれで大変な開発期間が必要なんじゃないか



36. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:47

動力が核分裂が核融合の動力じゃない限りはエネルギー消費が高いから通常型には使いにくい。
それこそインコムやガンバレルみたいな有線式ならエネルギー問題は解決するかもしれんけど扱えるパイロットがどれだけいるかという問題は常に残る。

まだファンネルミサイルみたいなの作る方がましじゃないかな?一般兵ならセミアクティブ方式のミサイルみたいにするなりやりようはあると思う。



40. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:50

ドラグーンはセンサーから送られてくる周辺情報を無意識のうちに脳内で処理して端末に送り込んでいるらしい。
第2世代ドラグーンは人間の脳の秘められた潜在能力を引き出していて、パイロットは意識の集中が求められる模様。
第2世代ドラグーンはなんだがAGEのミューセルを思わせる説明だが、そんなもの使って大丈夫なのだろうか?(実際、プロヴィデンスザクのパイロットのリンナは意識の集中で汗だくになり、連続使用の負担の大きさを痛感している)



42. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:50

量産するならドラグーンじゃ無理
Sドラグーンならある程度扱えるようになる筈だけど
ロボ操縦とは別に兵への専門訓練環境整えたり
メンテやら調整が細かに必要そうだしで
ドラグーンに限らず、ファンネル・ビット系一般兵向けに量産するなら
武装ドローン量産した方が有用そう



48. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:58

使えるようにしたけど結局、エネルギー食うからセカンドシリーズみたいにデュートリオンでエネルギー回復させるか、核エンジンで自力で賄うかしないという問題があるんだよな。

仮にその辺をクリアしても自機周囲に展開して一方向に一斉射撃くらいでしかうまく扱えなさそう。



50. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 15:59

実際に有効なシステムだと思って量産しようとしてたんじゃなかった?
プロヴィデンスの第一世代ドラグーンシステムって特殊な空間認識能力がないといけない兵器。
その問題が解決しているのがレジェンドやストフリの第二世代ドラグーン。
で、その発展過程としてカオスの機動兵装ポッドを試作していたとかじゃなかったか。



51. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 16:01

ドラグーンでもファンネルでも一度に数機使うから大変なんじゃない
一機だけなら一般兵でも使えそう
一機だけでも使えたらかなりのアドバンテージになりそう



55. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 16:10

量産だったらカオスみたいなポッド型の方が良さそう。空間認識能力が無くてもある程度は使えるみたいだし、何より大気圏内で使える


56. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 16:12

コストの問題もあるのでは?


59. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 16:30

どう考えてもコストに見合わないよね
通常動力でドラグーン搭載してもバッテリー問題抱えるだけだし
だからといってドラグーン搭載数をごく少数まで減らしてしまうと
多方向からの同時攻撃といったドラグーンならではのメリットを損なう
たった1,2機のドラグーンを運用するために
わざわざ空間認識用のシステムを搭載させても正直宝の持ち腐れとしか思えない



68. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 16:56

UCみたいなミノ粉ないんだから
レジェンドが使ってたビームサーベルのファンネルを簡易化した使い捨て版を
Ξガンダムのファンネルミサイルにたいに弾幕発射すりゃよくね?



72. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 17:05

技術的な問題で作りたくても作れなかっただけだろ
光の翼と一緒でバッテリー機じゃ燃費悪すぎて実用的じゃないし誰でも使えるドラグーン自体サードステージから出てきたわけだし

b93e83d7



73. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 17:07

連合に比べて数に劣るザフトにとってシステム搭載機でそれを補うってのもありだけど、ドラグーンシステムは運用が複雑だから一般兵でも厳しかったんでしょう
あと採用した機体は大体核エンジン搭載機だったから、端末への急速な電力供給と長時間の運用はバッテリー機じゃ無理だったんじゃないかな?



74. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 17:12

まず連合は数は力&核は力だからドラグーンシステムの必要性が薄い。
これは宇宙世紀の連邦と発想は一緒。

では劣勢側であるザフト&オーブはどうかというと、少なくともザフトはカオス作成からSドラグーン機の量産を一部視野に入れていることが伺える。実行しなかったのは主にエネルギー問題(デュートリオン送電システム艦が最新鋭艦のミネルバのみで後続が存在しないため)
一方オーブは根本的にその技術が無い(アカツキで別系統として実装)



75. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 17:16

※74
そもそもオーブにとってドラグーンは必要のない装備だからな
島国で中立を貫くなら基本的には国土防衛以外で戦うことないんだし
むしろなんでアカツキにシラヌイ装備があるのか不思議なレベル



78. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 17:26

ドラグーン装備の量産msでてもカオスみたいに多機能系を2機搭載って感じになるだろうな


83. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 17:52

簡易版と言っても、ドラグーンを使用する場合は宙空戦闘+個々のビットを操作で、そんなマルチタスクに耐えられるパイロットがそういるとも思えない。となればオートプログラムが考えられるけど、
フラガ家やキラのような特殊な空間認識能力持ちが相手だと旨みも得られないし、所詮プログラムじゃ対策も取られやすい。
加えて1の言うようにザフトにドラグーン持ちの量産をさせるとしても、肝心の相手は地球がホーム。カオスのような大型ポッドでなければ使うことすらできない。
なら、そんな使える人間も場も限られる装備よりは、そのコスト分で機体を生産した方がいいという寸法だろう。



86. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 18:01

どう考えても対応機体の生産コストが安いとは思えない
それ以上に使える人間を必要な数が揃うまで選出、訓練するコスト、そして時間が割に合わないだろう



88. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 18:22

インパルスの合体システムもドラグーン由来だし、
カオスの機動ポッドもある。
新技術で実験しつつ汎用化させる段階だったんじゃないの。
やっと実用化できたのが終盤のレジェンド



90. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 18:26

空間認識能力はカオス、レジェンドで技術的に解決済みだけど、そもそも量子通信は相当の電力を消費する設定だからドラグーンをメインとした機体は核エンジン搭載でないと安定した運用が出来ない。


91. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 18:31

え?十分されてるだろと思ったけど確かにカオスの後継機(量産機)はいてもいいんじゃないかと思った
SEEDの続編があればまた新たなドラグーン持ちが登場するかも



93. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 18:37

一般パイロットにはジャスティスのファトゥムとの連携のほうが良さそう
でも安価な機体を大量投入のほうが現実的な気がする

ついでにドラグーン部隊を作ったところで噛ませになるし要らんだろ



98. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 18:44

適性パイロットが少ないのは目に見えてるからドラグーンのオールレンジ兵器以外の面を通常兵器に落とし込む方向で

プロヴィデンスのシャワー宜しくな面制圧ビーム
これを拡散メガ粒子砲みたいに機体に内蔵か外付けの大型キャノン砲みたいにするだけで牽制として有効だろう

レジェンドのビームスパイクはZ以降に流行ったビームライフル兼サーベルとして出せば持ち替え時間が短縮されて隙がなくなる

とか



99. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 18:45

ドラグーンて確か核動力前提の装備じゃなかったっけ
そう考えると運命序盤の条約がある状態では難しそう
有名無実化してからは大丈夫だろうけど
ただ、劇中の描写見てる限りだとレジェンドのドラグーンも一般人にも「使える」程度で「使いこなせる」わけではなさそうなんだよね
そう考えると量産しても役に立つかは微妙



113. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 22:50

SEED世界のMS事情に合わなかったからだと思う
1、連合ザフトどちらも量産機体はバックパック換装式or地形特化機
2、既存機にドラグーンを搭載するには機体の調整や改修が必要(プロヴィですら、PS装甲とはいえポン付けのせいでケーブルむき出し)
3、専用機であるレジェンドストフリでもプラットホームの大型化は避けられなかった
 これらの関係から、諸々の相性が悪いので普及しなかったのでは?
ガンバレルストライカーなんてのもあったけど、あれも結局『強いヤツを強い機体に乗せれば強い』だしね



115. GUNDAMがお送りします : 2017年03月04日 23:26

そんな恐ろしく使える人の少ないモノを開発するよりも

高性能でオーソドックスな量産機、新型のバックパック、射程の長いビームライフル、ビームに耐えられる装甲、ビームシールド

こういうのの開発に予算や人員は割かれるわな



134. GUNDAMがお送りします : 2017年03月07日 17:38

CE73年以降の世界は大気圏内外問わない機動力・第2世代以降のドラグーン技術・光波防御体技術・VPS装甲技術がある程度成熟したらパイロット依存のMSよりも多人数で動かせる大型のMAや戦艦が活躍する時代がくるって言われてるしな
作中では陽電子リフレクターが付いてるMAや戦艦がMSにボコボコ落とされてるけど、そのMSに対抗できる子機としてドラグーン技術が導入されて自動化されたらもう鉄血のMAみたいなもんになる



135. GUNDAMがお送りします : 2017年03月08日 11:32

現時点でもごく一部のエースを除けばMAの方が強いよ
種死最強の量産機は連合のユークリッドだという考察もあるし、実際機体性能だけならザクグフよりずっと強い



126. GUNDAMがお送りします : 2017年03月05日 10:30

やっぱりドラグーンシステム自体の特異性が強いんじゃないかな。

Destinyの時代はMS保有制限数があったわけで、限られた数で戦力を確保するため連合・ザフトともにストライカーシステム(類似のシルエットシステムやウィザードシステム)を導入し換装機能で一機のMSに多様性を与えていた。

それに対してドラグーンシステムって対極の位置にあったとかじゃないかな? プロヴィデンスだって元は格闘機だったところからの改良の際には胸部のケーブルがむき出しになったりしていて、後付けでも大変そうだったわけで。
端末の制御、そのための量子通信装置など運用するために必要なOSとか本体側に必要な装置(通信機器)があの当時の技術じゃ換装程度では賄えなかったからシルエットとかで量産化されず、カオス、レジェンド、ストフリと「最初から搭載することを前提にしたMS」だけに装備するしかなかった。

もちろん、他の皆さんが語るようにバッテリー容量とエネルギー効率の問題とか、そもそも基本的には宇宙でしか使えないドラグーンだから大量生産するほど汎用性を見い出せなかったとかも複合的に絡み合っているんだろうけれど





こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/