0: 2017年03月25日 14:50

ダムエーにて連載の決定した「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」を語ろう!
ドリームキャストで発売されたゲームを語るもよし
旧漫画版を語るもよし
サイドストーリーズでのリメイクを語るもよし
思う存分語っていこう


91c7761c


一年戦争末期、コロニー落としの被災地となったオーストラリアを舞台として、主人公マスター・ピース・レイヤー率いる地球連邦軍ホワイト・ディンゴ隊の活躍を描いた作品。

地球連邦軍の勝因の一つとされている主力量産MSジムであるが、アニメでは一方的にやられる場面ばかりが目立ち、「大量生産したにせよ、なぜジムで勝てたのか?」と一部の視聴者からは疑問さえ持たれるような状態であった。その他のガンダム作品でも同様に、やられ役としてジオン公国側及びガンダムの強さを引き立てる役回りばかりであり、ジムが活躍する場面はほとんどなく、その疑念は晴らされないままだった。

本作品ではそのジムが主役機に設定されている。ワンオフの高性能試作機RX-78と違い、敵機に対して圧倒的優位に立つほどの性能差は持たないため、1機で敵部隊を次々と撃破するということは出来ない。したがってブリーフィング後はよく考えて機体と武装を選択する必要がある。作戦開始後は音紋索敵能力を持つ簡易移動指揮ホバートラック・ブラッドハウンドによって情報を収集し、敵機の配置や作戦目標から戦略を練り、攻撃時は僚機と連係を取り常に多対一の形を作るなどの工夫をしないと勝利は難しい。反面、ジオン側は特に個々の兵士の技量に優れるものの、情報収集能力の低さや、チームプレーを軽視する傾向が強いためか機体間の連携があまり無く、先制攻撃を受けたり、個別撃破されることが多かった。これがそのまま連邦がジオンに反攻できた理由となっており、このゲームをプレイすることによりジムに対する疑念が晴れると同時に、ジムの性能・戦闘能力が再評価される契機を招くこととなった(このあたりの描写は特に小説版で描かれている)。

機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で… - Wikipedia



1. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 22:57

ゲームは金なくてサターン買えなくてなくなく断念してノベライズで読んだな。

コロ落ちはGM好きにはたまらない作品だな



2. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 22:57

量産型ガンキャノンが好きになったゲーム
2丁マシンガンいいよね



3. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:01

シナリオはゲームプレイしても連邦側からしか描かれないので、小説版が一番好きだな
困難な任務に就く際は、スタンリー大佐が「吉報を期待している」と言う点とか
月の階段作戦が何なのかとかは小説読んで初めて理解できたぞ



4. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:01

ノベライズ版のジオン軍の面々の生き生きした撤退準備がお気に入り。


7. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:05

装備は一流、腕は二流、人間は三流。

だっけ。



8. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:06

小説版のジョークのようなやりとりが好きだった
「ビギナーズラックに決まってるでしょ」とか



10. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:06

ホワイトディンゴ(犬)、レッドポッサム(フクロギツネ)、グリーンエキドナ(ハリモグラ)、イエロークオッカ(ワラビー)

オーストラリアの動物にちなんでいるとはいえ、とても可愛い部隊名ばかりwww

ホワイトディンゴ



13. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:12

ゲーム自体も勿論出来が良い。ブリーフィング時の盛り上がるBGMに
ハンガーでの整備兵のおやっさんと共に装備や機体選択(解説付き)
盛り上がる要素満点
そしてその後小説版を読むとシナリオが完全にカバー出来る。
どっちの出来も良い奇跡的な作品



14. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:13

ガウのエンジン狙撃任務に失敗すると味方のマンタが特攻して
ガウの爆撃阻止してくれたり、
退避するミデアのカーゴの護衛に失敗すると、量産型ガンキャノン支給されなかったり
トリントンの核貯蔵施設に小説版の様にBR撃ち込んだら
いきなり大爆発起こしてゲームオーバーになったりと非常に楽しいゲーム

ラストシーンのジャクリーンちゃんのラジオ放送がすごく印象的



15. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:16

ノベライズ版良いよね。
間接的に連邦を手助けするオーストラリアジオン軍のくだりが好きだった



16. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:17

ちょうど今日Gジェネジェネシスでコロ落ち編クリアした自分にタイムリーな話題。
宇宙世紀はアニメ化してる物しか知らなかったけど、コロ落ちはジオン内部の対立とか、序盤は明かされない秘密兵器(しかも生物兵器)とか、今までに無い展開で面白かった。あとオカマキャラも初めてかも。一番気に入ったキャラはヴィッシュ・ドナヒューかな。もう少し彼の活躍見たかった。




17. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:17

当時はまだガンダムが特別な機体だったな
ホワイトディンゴがジム系ばかりなのは納得したけど、ジオン視点のゲームが出たら敵がジムばかりになってしまうなあ、なんて要らん心配をしてた



19. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:22

サイドストーリーズで知ったけどヴィッシュドヒュナーはすごく記憶に残る人だったな

ザビ家の独裁を許した時にジオンの敗北は決まっていた
こんな感じのセリフがあったのを覚えてる



21. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:29

昔、マガジンZで漫画が連載されてたな
連邦、ジオンの視点を別の漫画家が描いてた
コロ落ちはどっちの視点でも譲れないものがあってガンダム作品の中で一番好きだ



25. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:35

DCで友達に借りるとき「最初のザク1機でまず死ぬ」と聞いて嘘だろと思ってたら本当に死にかけた。
最初は操作が難しく感じてたけど慣れてくると本当に楽しくて今でも大好きなゲームになったよ

ビーム兵器の強さとWB隊の強さを教えてくれる作品
同じようなコックピット視点と操作性で続編出てほしい!



26. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:38

原作ゲームや小説のエンディングを見ていたのでギレンの野望でレイヤーとドナヒューが一緒に落ちたコロニーを見てるシーンで感動した。




30. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:47

キャリフォルニアベース陥落のニュース映像が好き
捕虜が手を頭の後ろに回して行進するところなんかイラク戦争を意識してると思う



35. GUNDAMがお送りします : 2017年03月25日 23:55

グフ→遠距離はランチャーがうざい中距離はヒートロッドが痛い近距離は切り刻まれる
ドム→固くて早くてバズーカ打ってくる怖いやつ

グフとドムの怖さを再認識した



41. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 00:21

最終ステージで新型支給!って言葉に陸ガンか!やっと陸ガンなのか!って舞い上がってたら支給されるのはジムスナイパーカスタムⅡ
ガンダム使えねぇのかよ…とげんなりしながら最終ステージを始めたら見慣れたグレーに黒から純白に紫のヒロイックなスナⅡ
掌返し不可避でしたよ、ええ



44. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 00:26

シールドの代わりに左腕で防御行動するので、防ぎすぎると左腕損壊して
マシンガンが一丁になってしまう量産型ガンキャノンや
アッザムからのリーダーで頭部が破壊されると表示画像が砂嵐になる等
部位破壊描写が結構細かくてMSの兵器感が良く出ている作品

ゲームシステム上仕方が無いのだが、08のOPみたいな降下作戦やりたかったな
WD隊に輸送専門のミデアは無いし、ジムはパラシュートパック装備できないから無理だけど



45. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 00:29

ドリキャスで何回も何回も周回した大好きなゲームだわ
連邦側もジオン側もみんないいキャラばっかりだし
新しいGジェネではジムスナⅡWD仕様と量産型ガンキャノンWD仕様だけで小隊作って遊んでる



48. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 00:39

敵MSもかっこよかったなー
黒いゴッグとか
接近戦しかけるとヒートホークで応戦してくるザクキャノンとか



38. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 00:07

ポケ戦でのジムスナⅡの不遇っぷりを解消してくれた作品だと思う

ジムスナⅡ



51. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 00:57

ビームライフルが実は陸ガンライフルとも違う独自のものなんだよな
プレバンのWDスナⅡにもつかなかったので残念だ



53. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 01:18

頭いいキャラばかりだなぁと思った(小並)
ガンダムの外伝なのにガンダム出ないのも悪くない



55. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 01:26

いかに宇宙軍に比べて陸軍が装備面で不遇かってことだな。
機械化混成部隊は基本的に宇宙軍(コーウェン麾下)だし。
そこがいい。そうぽんぽん新型ばっか出てきてたまるかって感じだ。
ジオンの方もライノサラスとか新兵器っていうよりトンデモメカ枠だったしな。ブルーは許さん。



57. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 01:52

地味に摩耶大尉界隈の訳あり関係が気になる。アリソンとか、ユーリとか、ヴィッシュとか


59. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 02:05

小説ではビームライフルが欠陥機扱いだっけ?冷却に時間かかるからライノサラス戦でギリギリになる描写が好きだった。


65. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 02:50

量産ガンキャノンが他の機体よりも硬くて、ガンダムほどでは無くてもガンキャノンも強い機体だよなあ、って当時思ったな。

一つ疑問だったのは、あの時期の地球にゲルググ回す余裕はあったのかなー、って思った。



69. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 05:14

レオンのスパイ疑惑からの軽口の応酬、そしてレイヤーの「俺達はやはり、一つのチームだ…」のシーンは未だに好きだ


70. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 05:48

灰色のゴツいアッザムに名無しコアイージーが特攻して突破口を開くシーンの熱さよ


74. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 08:11

トリントン基地にて、マッチモニードの連中がドナヒュー搭乗のゲルググを自分らと同じキシリア配下の仲間と思ったシーン
そりゃあザクやグフが主力の地域で、自分らが乗るドムより新型のゲルググが来れば勘違いするわなw



80. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 10:25

終盤が1年戦争におけるジムの上位機(スナイパーⅡ)とジオン量産機の上位機種(ゲルググ)の対決という、高性能量産機好きの俺得な展開だったなぁ。


88. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 18:10

ゲーム、小説の出来が本当に良い、大好きな作品だ
他の一年戦争物とは毛色が違うだけに賛否も色々あったけど
一般MSパイロットとしてのめり込めるゲームだったなぁ

正直、ガンダム商売のハイエナに目を付けられて
改悪される事しか考えられないのが悲しい所だよ



90. GUNDAMがお送りします : 2017年03月26日 20:08

ニアーライトやマッチモニードのようなわかりやすい悪役も
ただ都合いい悪役で終わらせずそうなるに至った経緯を
しっかり設定し作中で説明する事で安っぽくならないようにしてる所は好感が持てる

Brx652SCAAAu9Xe



97. GUNDAMがお送りします : 2017年03月28日 18:46

ドムのホバーが超速かったのに本物のドムだ!と小躍りした思い出


98. GUNDAMがお送りします : 2017年03月28日 18:50

最後のミッション前の
「最後に一つ言っておく…生きて帰ってこい!」には鳥肌





こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/