0: 2017年04月28日 21:14

ミノ粉でレーダーが使えないにしても有視界距離で撃つだけなら光学センサーや赤外線センサーと連動で機械制御にしたほうが人間の視力と反応速度と照準能力で狙うよりもずっと正確だと思う
初代ガンダムの時点でMSは宇宙では人間の耐えられるGの限界近い加速度で動いてるし、基本性能や対G機構が発展して一年戦争時のMSよりさらに運動性がアップしているであろうシャアの反乱時のMSは人間の動体視力の限界を遥かに超える運動性があるはず
あるいは銃座の人間は全員高レベルのNTだったのだろうか?

WS000044



2 : 2017-05-09 22:04:06

光学センサー赤外線センサーにIFF連動できなかったんじゃね? 近づくもの皆撃ち殺すマッシーンじゃ帰ってもこれねーってばよ
後はアレは迎撃機銃じゃなくて対小型宇宙艇用の機銃だったとかか? 現実でもそういう目的で12.7や25mm乗っけてるし



3 : 2017-05-09 22:06:45

小説版と記憶が曖昧だがリモコンの故障と言ってたきがする



4 : 2017-05-09 22:08:17

オートとじゃダメだったからじゃないかな普通に
MSの独特の機動力に対してオートじゃ反応追いつかないから
直感的に操作できる人の方がよかったとか



5 : 2017-05-09 22:10:02

余談だけどアウドムラの対空機銃もベルトーチカが直接操作してたね



8 : 2017-05-09 22:14:43

ミノ粉は電波遮断だけじゃなくて精密電子回路も狂わせる効果がある設定だぞ
1stの無線機や電子機器が21世紀基準でクッソデカいのも
今ではそれが原因で精密回路が大型化を強いられたためと説明される

連邦の照準関連機器は、一年戦争開戦で既存のものがミノ粉で一挙にダメになってから
ミノ粉散布下で動くよう対策された電子機器の開発が進み
0093年当時は人間が直接狙うのを補佐する機器はなんとか復活して普及しているが
完全自動照準はまだまだ小型化出来ておらず、実用化出来ていないんじゃね?



15 : 2017-05-09 22:30:05

>>8
そういえば、Vガンでもミノ粉がカメラ映像にまで影響している描写があったな。



27 : 2017-05-09 22:59:06

>>8
MSは全部対ミノ粉処理ずみの電子装置を付けてるからカメラで敵を見れるしコンピューターで基本的な照準してもらってる描写もあるし、グリプス戦役以降は(現代のミサイルほどじゃないけど)ある程度の誘導能力があるミサイルが普通にMSに搭載されてるわけで
大量に次から次へと新型MSを開発する生産力があるなら戦艦の銃座を対ミノ粉に再設計しなおす余裕くらいありそうな気もするけどな



16 : 2017-05-09 22:30:28

あえて考えるなら、一部だけ人間にすることで、予測を混乱させて全体の命中率を上げるとか。

b902cfdf



22 : 2017-05-09 22:39:25

あそこまでハッキリと「リモコン出来ない」→「直接やればいいでしょ。私がやるわよ」って流れあるのになぜなのか…

そりゃあそこまで肉薄されてりゃラー・カイラムも被弾して故障するさね。演出としてはおかしくあるまい



23 : 2017-05-09 22:45:33

トピ主がCCAほんへよく見てないかエア視聴なのは判明したけど
それを突っ込んで批判するだけで話題が即終了するし
とりあえずここの※欄は少し話題を変えて「何故自動照準が無いのか?」にしない?
人件費の方が安いからなのか?技術的に無理なのか?



52 : 2017-05-10 02:27:26

>>23
なぜ自動照準がないのか?

んー普段は自動制御なんじゃね?
で戦闘で回線が切れ
中央の自動制御装置から切り離されてしまって
手動制御に至る…っと



24 : 2017-05-09 22:49:46

ホワイトベースの対空銃座も有人やなかったかな?



26 : 2017-05-09 22:55:12

まあリモコンにしてもなんで人間が制御してるのって話ではあるな



30 : 2017-05-09 23:03:03

1stガンダム劇中でミノ粉の影響でデジカメにWBが映らないシーンがあっただろうが
光学センサーだって普通に影響うけるっつーの



33 : 2017-05-09 23:22:54

>>30
MSのカメラはちゃんと対ミノ粉処理されてるからミノ粉の中でも普通に映る
でないと機体各部のカメラから得られた映像をもとに全方位の映像を映し出す全天モニターなんてできない
MSよりも分厚い装甲に覆われてる戦艦の対空機銃がそれができないってのも変な話ではある



44 : 2017-05-10 00:08:35

>>30
MSや艦艇搭載型のカメラは対ミノ粉処理の上、リアルタイムで記録されたCGに補正がかけられていたはず。
MSのコクピットは言うなればパイロット視点のゲームみたいな状態になっている。
外伝だと敵機の起動音や爆発音をゲームの音声やファンシーな音に変えて恐怖を紛らわす少年兵もいたという描写がある。

劇中でリモートが壊れたから手動って言ってるしね。
最終手段として機銃座での操作を搭載しているのも、何かあった時のための保険でしょ。
リモートという表現から本来はもっと内部で操作しているんだと思う。
ヒトが操作する理由としてはプログラムに無いファジーさを狙っている部分もあるんじゃね?



31 : 2017-05-09 23:05:22

あれ?ラーカイラムに限った話だっけ
最近サンダーボルト見たけどムサイ?も人が撃ってたぞ



37 : 2017-05-09 23:33:21

>>31
あれは空母ドライドフィッシュちゃんやな
空母といいつつ実はパプアっていうよくわかんない子よ
アニメだとダリルの右手を切り落とすとこの演出が変わって出番が少なくなっちゃったけどあのカワイイ衛生兵さんが爆散したのはショックだったな・・・



38 : 2017-05-09 23:37:54

>>37
まあ連邦にもコロンブス級改装のアンティータム級補助空母がいるし・・・





36 : 2017-05-09 23:33:07

人間の非効率的なランダムさは予測しづらいのかも。
まぁ、予測位置じゃなく敵の軌道を追っかけてるだけの素人照準は論外だけど……。

WS000061

余談だが小説版EWで、モビルドールが“敵の目の前でビタッと止まる”とかのような戦闘中の非常識な行動に対応できてない描写がある。
自動制御で撃墜できるのは熱誘導ミサイルぐらいなんじゃないのかな?



43 : 2017-05-10 00:08:05

自動追尾系の制御回路って左右に振られたりとかすると切替処理、割り込み動作処理等々でめちゃくちゃ負荷がかかって簡単にオーバーヒート&焼けちゃう
まぁ宇宙世紀時代には解決している技術内容なのかもしれないけど高速で動くMSを常時自動で追いかけるのは辛いんじゃない



51 : 2017-05-10 02:17:00

遠隔コントロール出来なくなった的なセリフがあったろ?
戦闘中なんだから被弾すれば不具合くらい生じる
そんなときのための手動操作



55 : 2017-05-10 03:19:35

足の遅い艦船ならまだしも、MS相手なら人間の予測射撃のほうが遥かに有効だろ
例えがSHTゲームで申し訳ないが、常に自分を狙ってくる弾とか一番避けるのが簡単



57 : 2017-05-10 05:27:35

前作ZZでは極少人数で運用してたネェル・アーガマなんかいたから
その時点で普通に機械制御は普及してただろうね

まあ、何れにしてもこのトピはこれ以上広げられる話もなさそうだし終了だねw



59 : 2017-05-10 07:29:58

散々「熱源探知MSらしきもの接近中」やっているんだから、熱源探知は出来る。しかも、三つのうち一つは三倍のスピード、と数や速度もかなり正確。



62 : 2017-05-10 07:39:52

アーガマの対空機銃がゴットンのMSに直撃しまくってるのにノーダメだった記憶がある



66 : 2017-05-10 12:31:31

もう出てることだろうけど、戦闘の損傷で作動不良起こした銃座にチェーンたちが付いた、が結論だよね。



73 : 2017-05-10 19:47:32

コントロールセンターからリモコン出来ない。自動照準できないから手動が本編の書き方。

恐らく手動制御と自動制御が両方準備してある。強力なジャミングがされる事態と、損傷時の予備だろうね。

熱源感知できるならそれを狙えとやると、僚艦やら両機やら一定以上の熱源を無差別に破壊することになるのでやれないとかもありそう。

F91では、練習艦だから自動制御以外の射撃にも慣れろってことかも。それか小型MS用の照準プログラムがなくて遠近感がごまかされたとかね。真空中では遠くのものがボヤけないとかあるそうだし。



82 : 2017-05-11 13:56:47

ブライトさんが弾幕薄いぞって怒るとこが有名だけど
あの世界の対空てとにかく撃ちまくって弾幕張るWW2みたいなやり方なんね

0083以降は船に現代的なCIWSみたいなのついてるの普通になったけど
あれがMS撃ち落とす描写って種のくらいしか覚えてないな





こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/