0:2017年05月13日 17:12

ティターンズの敗退の原因の一つ、グリプス2による大打撃

シロッコによると射線上に近づかぬようにと各艦各隊に連絡してあったようだけれどもなぜああなってしまったのでしょうか

WS000068



1. GUNDAMがお送りします : 2017年05月15日 23:08

その前にシロッコが真面目にコロニーレーザー破壊していれば・・・

0b7378da



2. GUNDAMがお送りします : 2017年05月15日 23:15

まあシロッコのせい


3. GUNDAMがお送りします : 2017年05月15日 23:16

まあシロッコがアレだったとしか言いようがない。


4. GUNDAMがお送りします : 2017年05月15日 23:17

意外とバスク派が多くてシロッコの指示系統を無視して各艦自己判断の戦闘が多かったとかかナ?
ダカール以降のティターンズ兵って嫌気がさして連邦軍に異動したり、エゥーゴ寝返りとか多発しなかったのかしら。



7. GUNDAMがお送りします : 2017年05月15日 23:30

シロッコが誘導灯を点滅させたままグリプス2内に入っていったから
もちろんシロッコがそこに来るように仕向けたのはクワトロだけど
煽られて艦隊誘導してる事忘れたのかコロニーレーザーの射線上に艦隊を誘導するのはね…



8. GUNDAMがお送りします : 2017年05月15日 23:32

艦隊を射線上から離そうと誘導していたシロッコが、それを妨害してきたシャアを迎え撃ったはいいけどハマーンと一緒になってシャアを追いかけているうちに自分からグリプス向かって行って中でドンパチやってるんだもんなー。


10. GUNDAMがお送りします : 2017年05月15日 23:32

何て言うか・・・

①シロッコがグリプス2の奪還、もしくは破壊に失敗した
②シロッコがティターンズの指揮系統を完全に掌握できていなかったため、味方の損害を回避できなかった

大体この二点で説明できる気がする



12. GUNDAMがお送りします : 2017年05月15日 23:35

指揮官が、戦線に出てきちゃダメの典型的パターンだよね。そのうえ、シロッコは、ティターンズで人望ないでしょ。


15. GUNDAMがお送りします : 2017年05月15日 23:38

せっかく中で戦闘してたのなら破壊すればいいのに欲をかいて(後で奪還して使おう的な)中途半端にしか破壊してないから結局発射されてるし、、、劇場でシャアを罵ってる場合じゃないよねw


16. GUNDAMがお送りします : 2017年05月15日 23:41

シロッコが誘導したまま、グリプスん中に入ったからだっけ。
普通ならあれだけ大きな射線(むしろ銃口)に隊長機が入ったからっていかないだろうけどな。モビルドールでもあるまいし。

それ以前に中立だった連邦の大部分がエゥーゴに寄ってしまったから、ティターンズはもう勝ち目なかったってのもあるかも。



20. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 00:05

政治勢力的な意味とMSパイロット的な意味のラスボスを分けておかないと「お前MSで戦ってる場合じゃないだろ」となる悲しいケース


22. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 00:06

メイルシュトローム作戦は第二段階のコロニレーザー発射はともかく、命名の由来である第一段階の渦を巻くように侵攻ってのが本来は軍事的には愚策なんだよなあ。
ホントよく成功したな。



23. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 00:06

ジャミトフ派にとっては混乱の最中に決戦に巻き込まれて仕方なくシロッコに従ってたから自分達で判断出来ずに射線に入ってしまったのではなかろうか


24. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 00:14

まあ先導役が危険宙域に向かった挙句いきなりどっかに消えたら現場は混乱するわなw
時間にして一時間足らずなんだろうけどその間艦隊は身動き取れなかったんじゃないかな。



27. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 00:20

メイルシュトローム作戦はゼダンの門攻略とグリプスⅡ奪取作戦な訳だが
これが成功した理由はアクシズの協力によるものだろ


WS000001



33. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 00:51

そんなにグリプスⅡの話がしたいのかよw
そもそもティターンズの上級将校にはシロッコに従う理由が欠片ほどもないでしょ
大尉だよアイツ



49. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 01:55

一応ティターンズとアクシズって短い期間だけど同盟関係にあったからね
その繋がりでアクシズにハイザックが渡ったり逆にティターンズの敗残兵が拾われたりしてる
メイルシュトローム作戦ってGジェネとかでも良くハブられる気がする
名前だけで知ってて最後の戦闘とごっちゃになる人が居るのも仕方ないんじゃないかな



51. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 02:43

いつ撃たれるかわからないまま
射線軸から逃げ回ってれば各個撃破される
どうしても集結して艦隊での突撃しなきゃ敗走するだけ
ある意味ティターンズは援軍のない籠城戦みたいなものだった
数で押されグリプスⅡにたどり着いたティターンズの戦力はシロッコだけだった
ガディ艦長辺りが埒があかないから艦隊集結して突撃しようとして…



52. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 03:40

レーザー砲内部に行ったんだから破壊されたと思って集まって突撃しようと待機してたのかもしれない


54. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 05:52

どこかのサイトでシロッコが「自分の識別信号を目印に艦隊を編成しろ」って言ったのが原因て考察してた
目印の人がコロニーレーザーの中に入ってしまったから射線上に艦隊が集結してしまい薙ぎ払われた
ジャミトフとバスクという組織のトップを謀殺して混乱させたりとシロッコのやったことって大体裏目に出ている



56. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 08:01

TV版じゃ大尉だからね
なんで大尉がトップになってるんだよって不満多いのが普通だろう
大佐にした劇場版の方が説得力亡くしたかも



57. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 08:10

階級のせいで指揮系統が混乱してたとか特に描写に匂わせるようなものもないし
第一大佐でも総帥になれる世界だしそんなんどうでもいいまである



58. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 10:07

AOZシリーズだと主にティターンズ内の派閥が分裂の原因だったね。
元々バスク率いる主流の強硬派とペデルセンの反主流派(階級は共に大佐)があって、さらにバスク派だけど実質的にジャミトフ閥のニシザワ中佐がいる。
で、バスク派はシロッコにほぼ従っていないっていう描写になってる。



59. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 10:08

ティターンズ艦隊がシロッコの指示通り動かずにやられたのはバスク派が多いとかじゃなくて、いきなり頭角を表したシロッコが信頼されてなかったってのが大きいんじゃないか。
とはいえ、しっかり陣頭指揮をとってれば大丈夫だったと思うけど…シャアにかまけてたのが最大の原因かな。





62. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 12:53

軍隊で指揮すべき上位者が戦死した場合は階級が次席のもの、複数人存在する場合は先任者を
と決まっている
そこにシロッコがいきなり指揮取り出しても無理
それにシロッコの言い分はハマーンにジャミトフを暗殺されたから仇を討てというもの
仮に従った人間がいたとしてもアクシズ艦隊と戦うよね



63. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 13:34

そりゃ、指揮の要訣を無視したら負けるだろ
「指揮下部隊を確実に掌握」できてないし、「明確な企図の下」「適時適切な指示を与え」ることも出来てない
故に「指揮下部隊をして任務に邁進させる」ことは不可能
前線に出て指揮に重要な「良好な統御」も「実行の監督」もしてない
唯一できてるのは「部下の自主裁量の余地を与える」ことぐらいじゃん、それにしても実質は「放任」だろ?
そりゃ、負けるのは当たり前だよ



66. GUNDAMがお送りします : 2017年05月16日 14:46

作戦発動直前のグリプス2はアクシズがティターンズから奪って日も浅いし、エゥーゴ艦隊が兵力分散したことにとっさの連係対応ができなかったのでは?

もと公国軍、現アクシズ(ネオ・ジオン)兵なら、一年戦争中ならサイド3の密閉型コロニー、戦後は小惑星アクシズと、宇宙空間に浮かぶ拠点の防衛を想定した行動に熟知しててもおかしくはないはず
にも関わらず、エゥーゴ艦隊の包囲網を各個処理しきれなかったのは、指揮系統に乱れでもあったのか、将兵の損耗が激しくて動きが鈍かったのか・・・
あるいは、随時発射される可能性のあるコロニーレーザー砲口に警戒しながらの防衛戦闘は、勝手が違ったのかもしれませんね





こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/