0:2017年07月20日 21:52

本編中で出番が少なく、味方組織のリーダーという立場や「あのクワトロ(シャア)も信頼しているから」という理由から無意識的に善人に思われている節があるが、本当にそうだろうか?

aug06



1. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 22:48

ギレンの野望のエゥーゴ発生ムービーで最後ニヤっとするシーン見るとイメージ変わるね


3. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 22:52

温和な一面もあるけど、本質的には活動家ですよね
主人公サイドにいるからいい人に見えるだけで、ティターンズ嫌いをこじらせたあまりに本業(連邦軍准将・連邦議会議員)をブッチして武力闘争に明け暮れる残念な人



4. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 22:52

革命家や思想家が善人という視点はついぞ持ったことはないが人間的には善人っぽそうやったね。


5. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 22:54

人格破綻者のシャアが涙を流したぐらいだから人望はあったと思う


7. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:02

組織の維持や活動のために悪どいことをやらなきゃならない時だってあるわけだしそういった事を飲み込むことができるって事は善ではないだろうけど
むしろそれができないのにトップにいても正直困るし



8. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:05

別にことさら善人として描かれてもいない気がするけど。

単に主人公の属する組織の偉い人で人柄は良さそうってレベルだよ。



9. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:06

ジャミトフ派閥に乗れなかった程度には非主流派で、
バスクの人質作戦を破廉恥だと非難する程度には人格者だが、
投降してきたカミーユをアムロの再来だと思う程度にはNTに幻想を抱いている甘ちゃん
連邦議会に議席持っている政治家だったのなら、やはり政治の世界で世直しを図るべきなのに
ティターンズの横暴さに耐え兼ねてエゥーゴなんていう武装組織を作ってしまうのは
本質的にはシャアに似ている部分があるのだろう



11. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:06

エマ中尉が持参した書簡を読んで「破廉恥」と怒りを露わにする。
ティターンズらしいと嘲笑するよりも早く激昂する人物ならば、少なくともバスクの様な外道では無さそう。
尤も、カミーユの様な立場の少年をパイロットに徴用する胡散臭さもあるので、清廉潔白な人物でも無いと思う。

2017-08-10_04_39_19



12. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:07

小説読む限り裏のない、上辺どおりの人物のよう。
とはいえ、エウーゴの立ち上げ自体は「陰謀」といわれてたし、
もともと善人というよりは革命家とか過激思想家というべきか。



13. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:07

将来のビジョンが分からなかった人。
個人的にはとにかくティターンズが嫌い。だから行動しました!としか感じられなかった。
そのため、ジャミトフ閣下やハマーン、シロッコと比べるとどうしても格下に思えてしまう。
悪人ではないんだろうけど。



18. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:20

※13
反ティターンズ以外だと
「地球と宇宙の格差・差別を無くすため政治家を全員宇宙に上げよう」
が本人およびエゥーゴの掲げてるマニフェスト
実はジャミトフも最終的にアースノイド強制移住or絶滅が目標だからそこは同じだけど
ブレックスは宇宙市民のため、ジャミトフは地球環境のためと対極的



19. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:20

※13
ブレックスって元々ティターンズは排除すべきだと思っていたが
30バンチ事件で完全に敵対する行動に出るんだよな

やっぱ善人なんじゃね?

0083のシーマ様だって毒ガスの件は「知らなかったんだよ!」と泣き叫んじゃうような蛮行であるわけだし



14. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:12

まあ非合法上等な活動家ではあったけど
部下や同志の信頼は厚かったし、非道な行為には憤っていたからな
性根は善良な人ということで間違いはないんじゃないか



16. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:16

善人か?って言うよりは「そもそもあのオッさん何者だったの?」という印象。
劇中、一年戦争の頃の場面が描かれてたり、ファーストに出てたキャラだったりしたらもうちょいどんな人か掴みやすかったと思うんだが。



21. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:28

ガンダム世界の各指導者の中ではまだ掘り下げがされて無い感が有る人だ


26. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:31

つまるところラスタルみたいな感じかな?とりあえず作中非道な事はおそらくしてないが理想の為には色々な事に平気で手を染める印象


28. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:33

ティターンズがコロニーに毒ガス使ったり暴走している!何とかしなくては!
ここまでは誰が見てもいい人。でも、自分も連邦議会の一員なのに政治方面で何とかしようとしたのではなく、武力で叩き潰そうとしたのは人によって評価別れそう



29. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:33

軍の予算を横領してエウーゴに投資して、
グリーンオアシス襲撃のどさくさで、
予算委員会も軍法会議もすっぽかした模様。



30. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:33

ガンダム世界では善人な方じゃね


35. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:49

まあ、ジャミトフの目的自体が、地球圏で戦争を起こすことそのものなので、
ジャミトフの思惑通りに手の上で踊らされていたともいえる。

でも、地球から人をなくして地球の環境を再生させようという
根源的な思想は一緒なんだよなあ。



36. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:49

理想主義者同士だったからシャアもブレックスと行動を共にしていたんだと思う。


37. GUNDAMがお送りします : 2017年07月27日 23:58

正義感が強く理想を追い求めカリスマもあり、行動力もある

善人かどうかはともかく、連邦のやる気のなさにぶちギレたジュドー達シャングリラチルドレンからしたら理想のトップかもね

jpg small



38. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 00:13

連邦主流派に武力で反抗する時点でクーデターではある。
まあ主流派がアレな訳だが…
最終的に議会を味方につけたけど順番が違うし善人には当たらないわな。



40. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 00:24

最終的な目標はわからんかったがティターンズの横暴を止めるために手段を潔癖性に走らないあたりはリアリストではあるかな。

完全な善人ではなかったから組織をつくって行動に移せたんだろうな。
やってることは最終的に武力行使する以上賛同した誰かが死ぬのを黙認しなきゃならんからね。



42. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 00:27

少なくともスペースノイドにとっては善人である、あるいは善人であると思わせることが出来る程度には役者である。支持者の信任を得られる言動を演じられるならば、本来の性根など些細な問題でしかない。
銀英伝のラングみたいに個人レベルでは善良でも政治的には大逆の罪人なんてケースもあるし、政治に関わる人間が個人として善良であるか否かにこだわるのは無意味なことだよ



47. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 00:42

善悪なんて立場で変わるものだから絶対的正義なんてものは無いしね
作中の描写だけだと悪人ではないだろうくらいの評価しかできない



50. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 00:49

善悪の判断は置いといて、組織の長としては有能な人物だよな。
私設軍隊をティターンズに対抗できるまで育て上げた手腕は評価できる。人身掌握術に長けた人物だったんじゃないか。シャアとは同士みたいな関係だったし。

ジャミトフは部下の増長を見て見ぬふりをし、飼い犬に手を噛まれてしまうのだから対極的だ。



54. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 01:14

何をもって善とするかわからないが支持者がいる事から指導者として人望があったという事だろう
少なくてもティターンズ側の抑圧者からしたら目の上のタンコブ、甘い汁を啜るのを邪魔する排除すべき「悪」だろうね

Cw9tCeKUUAAbnPa



58. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 01:31

アースノイドからの弾圧を受け植民地化されるスペースノイドを自らもアースノイドの身で有りながらスペースノイドの独立を支持、エゥーゴを立ち上げ代表と成り、奴隷開放を支援したのだから良い人だろう。


60. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 01:48

人柄でいえばまあ善人ではあるなって感じ
間違っても聖人ではないが、善人ではある



62. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 01:54

誰を比較対象に挙げるかによるとは思うけども、まあ比較的善性の人ではある
木を見て森を見ずというか、状況的にもしゃーなしとはいえバスクからジャミトフを見てるので
ジャミトフの本意がどんな物だったのかは理解してはいなかったんだろうなとも
一年戦争以前か最中にでもジャミトフと知己を得ていれば同士になりえたかもしれん






67. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 04:16

作中ではっきり描かれてるわけじゃないが、エゥーゴ設立の理由の一つに
ジャミトフへの嫉妬ってのがあるんじゃないかってのが垣間見えてんだよね
組織のトップとしては明らかにジャミトフにこだわりすぎてる



68. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 04:23

※67
こだわるも何もデラーズフリート事件でジャミトフが連邦軍の大半掌握しちゃってるしエゥーゴ発足のきっかけであるティターンズのトップなんだからブレックスからすれば一番に警戒するし最優先排除対象だろ



75. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 09:47

概ね善人としてのクリーンなイメージで受け取られ
政治家や軍人として必要ならば白黒とらわれず清濁併せ持ちやるべき事をやる
組織の指導者としては有能な人だったのは確かだろうね
劇中では表向き善性かつ良識ある大人として描かれていたけど実際はどうだったか不明だよね
暗殺されたから一定の評価に収まっているのは間違いない

ジョン・バウアーがエゥーゴの人材を主体に構成されたロンドベルを支援していたのは
当時から活動家&政治家だったブレックスと交流があったからとか考えると面白い



77. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 09:53

少なくとも、悪人とは言えない人なのでは?
カミーユやファみたいな子供も徴用してるけど一応の選択肢も与えてたし、ギレンの野望だと親を亡くした子供にしてしまった罪悪感やジャブロー降下による地球の環境破壊の懸念もしていたし。
エゥーゴという武力による解決だって、過激な弾圧活動をするティターンズ相手なら仕方ないと思う。



78. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 10:24

善人でかつ優秀ではあるが、いろいろと残念というイメージ
思想家や政治家というより、活動家に近い人物として自らを規定しているフシがあって、アナハイムのメラニー会長に頭を抑えられている件については、シャアと違って特段抵抗を感じてなさそうに見える
所詮活動家だからとパトロンに頓着しないスタイルは、もしかしたらシャアが受け継いでいるのかも知れないと思った

活動家気質とよく言われるのは、エゥーゴの目標を反地球連邦運動という手段の自己目的化へと変質させた張本人みたいに言われているからだろうか
あとこんなこと考えていて、実はブレックス准将が押井守の「犬狼伝説」に出てくる巽志郎みたいな奴だったら、はた迷惑この上ないなぁと思ったり



81. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 11:25

善人っていうか良識派って感じか
いかにも主人公の属する組織のトップって記号化されててあんまり個性を感じないんだよな



86. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 12:43

善悪で言えば善人の方かもな
バスクの人質作戦とか物凄い嫌悪して「なんと破廉恥な!」って激怒してたぐらいだし
ただその分、過激派としては「手緩い」んじゃないの?



87. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 13:05

カミーユみたいな少年をためらいなく戦争に参加させ、とは言うが……
片腕と頼りにしているクワトロ(ブレックスはシャアだと知ってる)が連れてきて彼の太鼓判付きでもある、MKⅡ入手の立役者の1人にして伝説と化してるアムロ・レイの再来を思わせる少年を目の前にし、しかも本人に一応その気があるんだからそりゃ期待もしちゃうんじゃないのかなあ
別に強制して戦わせたって訳でもないし



89. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 13:24

※87
その件に関してはレビルやその他のほとんどの主人公勢力の上層部もそうなんだが、民間人の少年を現地徴用したことについて少しは苦悩なり悔恨の表情見せないのはプロの軍人としてどうかと思う。(敵軍勢力の上層部がましとかそういう話ではない)
バロオとワッケインの会話以外そういう表現がほぼ記憶にない。



93. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 14:29

Zガンダムの序盤から既に、感情を暴走させた子供を「アムロの再来としてプロパガンダに使えそう」という最悪の理由で戦場に駆り出すヤバい大人としての面が描かれてたように思う。
敵方のマウアーは戦場に出てきたカミーユに「子供!?」って躊躇してたのに。まともな大人のすることじゃない。

思想の正しさはどうあれ、大義の二文字で子供を道具扱いすることも厭わないのは善人とは言い難い。



97. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 16:14

善人というよりは義人と言った方が正しいかと


99. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 16:50

ジャミトフ閣下はTVでも劇場版でも、自らの思想を語るシーンは無かったからなあ
せいぜい、カイさんが彼の思想を推測していた程度
小説版だと地球の事考えた発言してはいるけど

ブレックスは小説版ですら、自身の思想を明確に語ったことすら無いのだけれど…



103. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 17:14

ブレックスの思想の問題はティターンズを打倒した後のビジョンが見えてこない事
アナハイムとの癒着はどうするのか、残ったエゥーゴの戦力はどうするのか
旧ジオンメンバーの戦後の処遇や自身が握った権力をどう振るっていくか等
映像作品での行動見ている限りでは、あまり分からない
せいぜいシャアに自身の後次いで貰いたいというのが解る位

エゥーゴという組織自体が、反ティターンズの寄り合い所帯だから当然か



104. GUNDAMがお送りします : 2017年07月28日 17:19

私人としての性根は善人に近いと思うな
公人としては理想主義者として現状を変える為に清濁併せた手段を取れる
理想と現実の折り合いを付けられる大人



こちらでブログ記事のテーマ(お題)を募集中です
http://gundamlog.com/archives/44472910.html

掲示板の方からもまとめて記事にしています、ぜひご活用ください

http://jbbs.shitaraba.net/anime/10330/