0: 2017年08月13日 12:55

具体的にどの部分に何個ぐらい付いてるのだろう?

2017-09-01_12_39_48



1. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 08:46

体幹に近くてグルグル動かない場所、というわけで顔以外に肩(左右)、腰(左右)、背中(後方)、腹部(前方)、股間(真下) あたりではないかと。

なんでもいいけど全天周囲モニタってカラー以外は赤外線も見れる現実のF-35搭載EODAS+HMDに負けてるよね、あっちは座席や自分の身体に阻まれないし



2. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 08:50

全身のモールドにびっしり…とか思ったけどそうなるとユニコーンとかバンシィはスペースがないか


3. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 08:54

ステイメンなんか見ればイメージしやすいんじゃね?
a55bacd3


5. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:03

カメラじゃなくてスキャンしてるんじゃないかと思う
足の方とか格闘戦したら壊れるやろ



7. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:07

よく動かす+メインカメラがある場所基点なら、頭部に水平方向360度+上方向を見渡せるくらいは付いてると思われ。その他の方向や細かい点は、機体各所に


8. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:08

仮に四肢についてるとして、腕や足のどちらか欠損したらその部分はモニターに映らないのか
でも常に動かしてる四肢にカメラを付けても、映像が変わりすぎてよく分からないから
やっぱり胴体の周辺にカメラを集約してるのかな、コックピットからの視点ならその方が良いし



13. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:21

ASTRAYの色枠シリーズは指先にもカメラとセンサーがあったりする。
特殊部隊が突入時に棒の付いたミラーを出す感じで指先だけ遮蔽物から出して様子をうかがうシーンも描写されている。
基本的にガンダムタイプは頭部に額のカメラ、デュアルアイ、後頭部カメラの3個。
シリーズによっては胴体部にセンサー兼カメラがあることは確定。
ギャプランの不具合の話から股関節付近に下部を移すカメラがある模様。
HMDタイプのコンソールは顔が見えないし、メット型モニターにすると顔が見えないからキャラわけがしづらいしで演出をしにくいというのが大きいんじゃないかな。



15. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:30

勘違いしてる奴いそうだけど全天周モニターでも後方とかの画像をコクピット前部に映す事できるからな
後方確認にパイロットが実際に振り向く必要なんてない
あとモニターに表示されるのは実映像じゃなく全身のカメラやセンサーからの情報を統合処理したCG
だからダミーバルーンとかも欺瞞されると本物のMSに見える



17. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:40

カメラなんて現代でもタバコに仕込んだりできるくらい小型のがあるんだから機体のあちこちに無数にあるだろう
ミノフスキー粒子下で高画質な映像を撮ろうとすると高性能な大型カメラが必要になるので戦闘用に使う主機はデカイが
サブカメラはちっこいのが関節や装甲の隙間とかに点在してるんじゃね



18. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:49

これってどこに乗ってるイメージで映してるんだろ?
胴体だったら腕とかの映り込みとかどうしてるのか。まぁ数減らしで魚眼レンズで撮ってコンピュータ処理して色々消してるんだろえけど。
頭部だったら胴体に乗ってる場合防御のイメージがズレるだろうし。
全天周って映しすぎな気はするんだよなぁ。
かえって操作感覚狂いそうなんだけど。



22. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:57

※18
宇宙世紀は自分のいる位置が中心となるように設定されている。
そういう意味では頭コクピットと胸コクピットでは操作感覚が微妙に異なるかもしれない。
あと視界を遮る四肢の動きはコンピューター処理で消されるor半透明に表示されるらしい。
前しか映らないが、この方式はPS2版ガンダム戦記のコクピットビューをやれば体験できる。
距離感に慣れないと格闘戦時に間合いをミスるし、足元が見えないから細かい起伏があるところだと歩きにくい。
MSパイロットの大変さが理解できるモードだと思う。



19. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:50

手足についている奴は激しく動かしてもコンピューターが補正すれば
いいんじゃね?欠損すれば胴体についている奴が代わりに撮るし。
という事は前後左右上下に各3個は必要か...



21. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:54

カメラなんて小さいものなんだから、頭部だけでなく全身の関節部等に何十、何百と取り付けて、その映像を統合して画像補正をかけてコクピット内に表示させるようにすれば、機体の大半が破損しても表示させ続けられる。


24. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 10:03

全周型はある程度コンピューターが自動対応して
パイロットはコンピューターに指令しているだけだと思えば。
いわば軍艦の艦長みたいに。だったら全周型はありでしょう。
ビームサーベルの鍔迫り合いなんてコンピューターがいくつかの型から
選択して自動的に行いパイロットはそれにアレンジするだけ。
そうじゃなきゃ人型なんて複雑な機体をリアルタイムで操縦なんてできん。



26. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 10:11

※24
F91のワンシーンでライフルを取るのに大まかに近付けたら後はオートに切り替えて取るってのがあったな
サイコミュや脳波コントロール式以外はマニュアルとオートを的確に切り替えながら操縦してるんだろう
マニュアルもオートも関係なくダイレクトに操作できるサイコミュや脳波式はそりゃ強いわけだな



27. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 10:13

※24
宇宙世紀とSEEDの連合側ナチュラル用OSはその方法よ。
他作品に関してはその描写が明確にされていないから不明だけど近いことはしているはず。
宇宙世紀ではその動きを作っているのが教導隊で後のニューディサイズもここ出身。
ナチュラル用OSは各組織のエースや協力立場のコーディネイターの動きを解析してパターン化。
この方式はいろんなロボット物で使われている設定でスパロボOGにも取り入れられている(TC-OS)。
Gガンのようなモーションキャプチャータイプはあらかじめパイロットの操縦パターンで統計を取って次にどういう動作が起こるかをあらかじめ予測していると思われる。
そうしないと動作が間に合わないというか反応が遅い機体になっちゃうし。
ターンシリーズは脊髄反射レベルで電気信号をキャッチして機体の動きにフィードバックしていることが示唆されていたはず。



31. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 10:34

現代の車の四方カメラみたいな感じのが複数とか? 意外と少ないかもしれんな


35. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 10:43

カメラはあくまでセンサー的な働きで、モニターに映るのはその情報を元に作られたCG
全身のどこにあっても18mというスケールで頭部と胸部であっても実映像の貼り合わせは
かなり歪みがきつい
四肢や肩とかでも激しく稼働する部位もそこからの実映像なんて使いようがない

作品によっては実映像らしきものをウィンドウで表示させているような描写もあるがね



38. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 10:44

F91でセシリーを探すときに画面のあちこちを拡大表示する描写があったね

2017-11-07_22_01_15


40. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 10:46

リアルタイムで画像補正かけられるカメラが全身についてるって、ある意味で索敵向きですよね
高速で敵陣や敵艦周囲を突っ切るだけで、MSのコンピュータには膨大な外界情報が手に入るわけですから
後方から攻撃されることですら(おっと、あそこからも攻撃してくるんだ!?)という収集情報になりえます

基地施設のようなものは、別資料の地形データ(市販の地図や標高図)と組み合わせれば、だいたいどうなっているかぐらいは割り出せるでしょうし、気になるポイントだけメインカメラやカメラガンを向けて高精度で撮影すればヨシ
既存の偵察手段(偵察機、歩兵による斥候)が不要・・・とまではいかないでしょうが、大雑把な威力偵察ならMS1~2機で様子見~即帰還させたほうがお手軽になってたかもしれません



43. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 11:04

そもそも全天周モニターのセンサー源がEO(光学画像方式)だけじゃないはずなんだがなぁ・・・
それ以外に少なくともIR(orIIR)、レーダー、レーザースキャナー等のデータを統合化して光学情報に落とし込んで表示しているはず(なので、HMDに~と言う意見が有るが、そもそもその必要性が無い)
で、それらのセンサー群をユニット化&スマートスキン化して機体のあちこちに、恐らくは被弾率の低そうな装甲箇所に分散配置されているのではないかと(だからメインカメラ等しか目立つセンサーが描かれていない)



45. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 11:07

※43
HMDにしてコックピットを小型化したほうがよくないか?
全天モニターのコックピットは機体サイズに対してコックピットが大きすぎて胴体のほとんどがコックピットになってて、お前の融合炉はどこにあるんだよ、と言いたくなるMSが多すぎる
サザビーなんてそれを頭部に設置したせいで身長100mとかネタにされるレベルだし



53. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 13:24

※45
MSのサイズに比してコックピットがでかすぎる点は同意だが、そこは考え方の違いかな
と言うのも宇宙でのMSは兵器であると同時に個人用宇宙船であり、全天周モニター搭載機はイジェクションポッド搭載機でもある
つまり宇宙での緊急時の事を考えると、イジェクションポッドにある程度の大きさを確保しておいてサヴァイヴァビリティをより多く確保した方が良くね?と言う発想になっているのではないかと



56. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 14:44

※53
その考え方自体は変だとは思わんけどそれじゃMSが小さすぎるってことになるんだよなぁ
機体によっては機体の胴体の大きさをコックピットが超えてるってのもちらほら……
よく例に上がるサザビーとかコックピット内の描写からすると明らかにコックピットがサザビーの頭よりでかいし
νガンダムが掴んでるシーンもでかいけど、コックピット内の大きさからするとあれでも小さい



57. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 14:46

※53
コックピット以外のパーツ(融合炉とかモーターとかダクト系とか)はどんだけ小さいんだろうな……



54. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 13:34

場所は機体それぞれとして数はそんなに多くないと思うよ。

てかカメラだけじゃなくて、各種観測機器がついてる。

コクピットの中にはそれらの情報を元に構成されたGCが写ってる。

広大で地球にはない光が溢れてる宇宙で光学観測の占める分量は少ないと思う。
単純に写すだけなら超広角レンズを上下につければ済むしね。ミノ粉はシラヌ



55. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 14:39

F91でビルギットさんがバグに腕脚斬られるたびにモニター消えてるから脚や腕にもあるっぽい
F91もラフレシア戦で手・脚斬られてるだけだけどモニターが死んでる
(これはガタついてきてたのとリミッター解除による過負荷もある?)

格闘戦で殴られ蹴られでモニターにノイズ出るから少なくともボディの左右、足元の投影に脚や腰回りにもあるはず
動きまくる腕にもセンサーはあるけどそのまま映してるんじゃなくて、各所のカメラ映像をコンピューターで合成編集統合してるってことかな



58. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 15:58

ガンダム系とジム系は、大体額とその背面にカメラがあるのでは?
あとは足元見るのに股間の褌部分



59. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 16:14

全身にカメラ付いてたら被弾とかしたらその部分は見えなくなるんじゃない?


60. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 16:15

装甲を抜けるほどじゃない小ダメージでそこのカメラが壊れて全天モニターの表示が部分的に欠けるとかありそう


63. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 16:47

※60
νガンダムに殴られてサザビーがなってた



65. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 18:00

最近気にしてるのかミッシングリンクのマルコシアス隊のザクは
胴体各部は勿論肩のシールドにまで至る所に青いセンサーらしき物がついてた



67. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 18:59

死角になる部分はサブモニターで映していると思っていたが ギャプランの真下にシートのせいで死角があって シートをずらしたら大丈夫、と言うのは良く判らなかった

他にもF91で最期の場面 セシリーを探す為にピンポイントでサブモニターで探していたけど どんな操作なんだろう それぞれのサブモニターの画面を呼び出していたのだろうか



70. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 20:41

リアルタイムCG補正だから必ずしもカメラに頼って映像化してるわけでも無いんじゃね?
そもそも宇宙の色とか自体も内部で変更してる場合があるらしいし。

まぁ、そもそもVRヘッドとかの方が効率は良いよな。



71. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 21:23

全周の視界があったとしても生身の人間は360度くまなく注意を払うなんてできないからな。背後とかお尻の下の方とかにアラームが出てもすぐ反応できないだろうし。
それはやはり現代の戦闘機とかのHMDと同じで、通常の視界の範囲内に必要な情報がないと使いづらいと思う。

実体映像だけじゃない描写は08小隊のノリス様のグフで、可視映像(なのかCGなのか)+センサー映像を重ねてビル陰にいるガンタンクを発見するシーンがあるよね。



73. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 22:09

意外と全周ハッキリ映してる訳じゃないのかも知れん
人間の視野には限界あるからフォーカスされてる点以外はCGで作られたイメージなのかも






84. GUNDAMがお送りします : 2017年10月28日 11:37

多分装甲の隙間とかに付いてそう>小型カメラ

全周囲って事はまあ6面方向と仮定して、各方向に4~5個くらい付いてても変じゃないよね
1個欠けただけでその方向が見えなくなるとか間抜けだし

それはそれとして、頭部カメラとはサイズ差が随分あるだろうから精度は大幅に落ちるんだろうな
もしくは目のカメラは赤外線含めて他も測定できるマルチセンサー化してるか



86. GUNDAMがお送りします : 2017年10月28日 14:23

サバーニャは額とツインアイ、両肩両脚の装甲内と前面後面だから合計11個のカメラ
そのおかげで膨大な数の同時ロックオンをこなしてたね