0:2017年08月19日 01:14

ミノフスキークラフトによる航空機並の飛行が可能と画期的ながら、軍縮の時代と言うこともありクスィーとペーネロペーのみしかいない第五世代MS。しかし連邦軍はともかくAE社が早々に開発を打ち切ったのは何故なのだろうか。金と技術にどん欲な彼らのことだから秘密裏に色々設計位はしてそうなんだが。

maxresdefault



2. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:33

デカすぎ、金の食いすぎ、需要なさすぎというのに尽きるかと


4. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:35

MSが大型化したから軍事費嵩むんでMS小型にしようぜって流れじゃなかったっけ?


6. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:40

戦力的にも強い奴少数よりもそこそこ強い奴沢山の方が取れる戦法の幅は広い


7. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:43

機能てんこ盛りの高級機を作ってみたが
結局ここまでてんこ盛りにする必要なかったね
時勢も鑑みてもっと安上がりで扱いやすいのでいいよね
ってことじゃないの



8. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:43

いつも通りコストの問題はあるだろうな


10. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:44

エゥーゴやマフティみたいな目立った反連邦勢力がいなくなったからだろう

そいつらが騒乱を引き起こせればAEお得意の死の商人的な活動も可能だけど、
芽がないから連邦上層との癒着を強めて既存のジェガンタイプだけ高値で売り続けた



11. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:47

極論を言ってしまうとビームの威力が一緒なら本体が小さい方がいいよね

2017-10-04_09_45_55



16. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:53

ジェガンで十分だったからアナハイムは ジェガンを売りまくった
強力な反連邦勢力がまた出てきたら満を持してミノフスキー・クラフト機を売るつもりだった
でもしばらく大きな紛争がなく小型MSの時代になって大型ミノフスキー・クラフト機を売る機会を逃してしまった
こんな感じなのでは



17. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:53

第五世代が少ないのはひとえに閃ハサ以外に同時代の作品が無いから
今後トワイライトアクシズみたいな感じで
U.C.0100年代のマフティー動乱の前後の年表に詰め込む新作出すなら
「アナハイムが秘密裏に作ってました」でどうせ増えるよ(遠い目)



18. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:54

作っても買い手がいないし、MS開発事業自体が廃れていったのかも。


21. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 16:59

実質、軍縮方向にある連邦しか買ってくれる取引先いないわけだし
費用対効果に運用コストが見合わんものを発注しなかった
と見るのが妥当か?

飛行能力あるといっても、進化の方向性がZZ時代の恐竜化に近いもんな



22. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 17:01

軍縮時代だからこそ少数精鋭で高機動な第五世代は意外と便利…と思うけど
ジェガンをちょっと投入するだけで十分なくらい反連邦テロが弱体化したから
機体数削減を伴う第五世代への更新すら最初の更新費用が予算の無駄と思われて
少しヘビガンを買うだけで後はジェガンの退役延期で延々とお茶を濁してたんだろう
可変機が閃ハサとF91で姿を消しているのはジェガン+SFSで十分だから退役したんだろうし



24. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 17:08

態々高級機作って売る様な時勢じゃなかった
しかもOM紛争の時点でサナリィが活入れの為小型、高性能MSを作って
一部の軍人等が反対してたが大きな流れはそちらに向いていた訳だし



25. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 17:10

もはや連邦軍に抵抗しようとする組織も無くなり、
高性能高コストのミノフスキークラフト搭載した大型MSなんて需要が無くなったからだろう
クスィーがアナハイム製だと、思い切りバレていたし
機体も損傷しつつもハサと共に鹵獲されているから、
アナハイムが詰め腹切らせる形で開発施設閉鎖したり、責任者暗殺したりして
技術が消失した可能性もあるけど



28. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 17:11

マフティー云々以降大きな争乱もないままF90とか出てきて、
そのまま15m級がメジャーになっちゃったから出る幕無くなったってのが妥当なトコじゃね?



31. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 17:24

色々理由がありそう。例えば
1、最大の取引先の連邦が軍縮傾向にあって、こんな高コスト機の大量発注を望んでなかった。そもそもこんな機体を乗りこなすパイロットが足りなかった。
2、反連邦組織の勢力が弱体化してそんなに金を持ってる訳でも無いので採算が合わない。
3、ヘビーガンのような小型ジェガンを作って小型機はこの程度の物の理由付けて第五世代を売ろうとしても、サナリィのF90が主力コンペで勝ってしまったためそれどころではなくなった。
4、一応オールズモビルなんていうジオン残党が出てきたけど出て来るのが遅く、こっちは小型機開発にシフトしてしまったのと、既にオールズモビルのバックにブッホ・コンツェルンがいるため、彼らと不要なショバ争いになるのが面倒になった。

149b3d5e-s



32. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 17:26

アナハイム「次の反連邦勢力が出現したらそいつらに第5世代機を売ったろう。
ジェガンで対抗できなけりゃ連邦も第5世代機を採用するしかねえよな。」
サナリィ「連邦さん、コスパに優れた高性能小型MSを作ったんすよ。
これからは小型MSの時代っすよ。」



33. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 17:27

費用対効果に見合ってなかったんだろうな、一騎当千のフラッグシップ的なMSから軍縮の時代を迎え第二期MS時代を経て第二世代MSと同じくらいの大きさのマンマシーンが主流になったところを見るとある程度の大きさがあったほうが戦略の幅が多いのかもね


35. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 17:37

第4世代MSがあまり普及しなかったのと同様に、やはりコストと運用性などがネックで普及しなかったんだろうな。
それだけの高性能機を作る技術があっても結局顧客が求めなかったから打ち止めになるわな。



40. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 17:49

F90という小型機で次期主力コンペで勝ったサナリィ、及びそのサナリィを当て馬にしてアナハイムを本気にさせて小型量産機を開発、量産させようと目論んだ連邦のお偉いさんが原因なんじゃね?
そのため小型機開発が主流となり、第5世代を売る機会が無くなって打ち止めになった。



42. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 17:54

連邦軍高官へのマージン供与を行う為にはごく少数生産の高性能機ではなく
ジェガンタイプの配備数を維持する方がいいんだよなあ

MSは軍で警備や訓練や治安維持活動すれば整備や消耗品の補充が必要になる
数が多いほどAEは部品確保や設備維持の名目で連邦軍から予算をぶん取れる



46. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 18:01

既にMS小型化の要請が始まってた時期だしな
大型化が進み過ぎて量産機の配備とはいかなかったんだろう
MSの飛行機能自体はより実用に即した形で小型MS群に引き継がれたんだから無意味な存在でもない



47. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 18:02

MS+SFSより整備とコストで嫌がられたんじゃね。
それでなくとも動乱の火種って基本は宇宙に多いし。
小型化の理由に、MS大型化して設備も大型対応に入れ替えて総コストが頭痛の種っていう風らしいからなぁ、ジェガンより大きそうな機体を量産したら陸上基地の整備ハンガーとかですら作り直さないと行けなくなって…



50. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 18:06

そもそもミノフスキークラフトでの超音速飛行なんて大気圏内くらいでしか使い道がないし最早地球上に大して敵がいない状況でこんな性能なんて必要があるのか?


57. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 18:27

結局、UCでは珍しい安定期に軍縮が起こって高性能機はコストの問題で不要になり
再びの騒乱期には第二期MSに主流が移ってミノクラ系の技術も普及してきたので
第五世代は出る幕がなくなったってことか



61. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 18:53

急行するために飛ぶならSFSでいいし
戦闘機動するなら戦闘機ないし可変機で十分ってことなんだろうな
飛ばすために犠牲にしたものが多過ぎたんだろ



63. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 18:56

ぶっちゃけ地球で戦うような事態が無かった、というのが最大の要因な気がする
地球連邦政府は水中用MSですらアクアジムを使い続けたくらいだからもっとコストがかかる大型MSの需要は少なかったと予想
それでも1年戦争のように地球が戦いの舞台になるのならそういったMSも必要とされたんんだろうけどもはやそういったことが起きなかったのだろう
その後MSが小型化したらミノフスキークラフト無しでも飛行出来るようになって更に需要が無くなったと
もっともVガンの時代だとV1もザンスカールのMSもミノフスキークラフトの親戚のような技術を使っているけど



69. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 19:11

軍縮の時代でもあって、確かそもそもペーネロペーとΞガンダムも軍の要請で作られた機体ではなかったはず。
確かアナハイムのガンダム開発20周年記念の技術披露用の機体らしいわ。



70. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 19:11

アナハイムは安普請の機体をガンダムの値段で売る、みたいな極道商売続けてるうちに開発能力失ってしまった
みたいなところがあるからなあ



73. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 19:24

UCまでもそうなんだけど、とにかく高性能機は結果的に継戦時間が短い。

初代ガンダムのWバズーカもそうだけど能力が高い=一騎当千ではなくて、例えば敵の将校をピンポイントで叩いて指揮系統を乱すというなら分かるが、その為には最低でも相手の一個師団分の戦力の中に身を投じねばならずスラスターの燃料だって無限じゃないしな。

CCA以降の世界は言うなればジェガンによる面制圧の指揮能力の方が基本になるし(現実でもそう)、結局のところただの局地戦規模の小競り合いに死の商人側も積極的には身を入れないだろうし、こういう状況で例え反体制側がカスタム試作品を投入したとしても補給や武装の補充で難儀するのは目に見えてるし。



74. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 19:25

反連邦組織の中心であった純粋なジオン残党の激減により各組織間でジオンの後継者騒動が勃発。
そこで力を使ってしまい大規模な反連邦運動が取れなくなる。
連邦政府内で軍縮の流れが大きくなる。
高コストの可変機は素早く現場に赴き、その高性能さで初期消火の役割を担っていた。
しかしその騒動事態が起きないためお役御免。
その役割は量産機+SFSに取って代わられる。
ジェガンも大型であったため発展性が高く、内部改修も容易だったと予想され、そのまま第X次改修みたいに改修が重ねられていくだけで新規発注は下りなかった。
その間に反連邦運動もあったがこれらの装備で対応できてしまったために高コストガンダムタイプの生産や発注はしぶられた。
そんな間にサナリィが高性能小型MSの開発に着手。
アナハイムも裏織引きでデータを盗用して後追い。
結局一日の長のあったサナリィに軍配が下り、AEの落日が始まる。
そんな流れじゃないの?



85. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 20:59

第5世代とか大した戦争もないから取り敢えず作った実験機みたいなもんだろうな
ビームバリアもミノフスキーフライトもまあそれっぽい技術に受け継がれてそうだし成功だったんじゃないの

3ayApAp



87. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 21:17

ジェガンがあんだけ現役張ってたことからすれば「そこまでのものは必要なかった」それに尽きるよね


90. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 21:41

コロニー群の権利拡大で経済圏のメインが宇宙に移ったのがデカいな
経済活動がショボイ場所じゃ儲けも少なきゃ、揉め事も少ない、地球が田舎になり
逆に宇宙民が生活に困らなくなり、反連邦思想も裕福になるにつれ人は不要になった
連邦は真綿で絞殺されるように経済戦争で敗北したんだろう



91. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 21:48

小型化=小型ジェネレータの大出力化で10倍以上性能アップ!空も飛べるぞ!
戦艦に2倍搭載出来るから効率いいよね



96. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 23:20

そもそも、マフティー壊滅からオールズモビル登場までの約15年の間の期間に、MSを擁する反連邦勢力は存在したのだろうか?
「反連邦勢力へのMS供与によって紛争を生み連邦にMSを売り込む」というマッチポンプ商法が常のアナハイムが、それをしなかった
ということは、この時代のアナハイムはジェガンとヘビーガンの売上のみで満足していて、新しいマッチポンプを起こす必要が無かったんでは
アナハイムの内部も「どんどんマッチポンプ紛争を起こそう派」と「現状の売上だけでいいだろ派」が対立していて
マフティーへの協力は前者によるものであり、その敗北と同時に社内でも前者の派閥が負けた、というのはどうだろう?






97. GUNDAMがお送りします : 2017年09月20日 23:25

サイコガンダムのフォートレス形態よりペーネロペーでかいからな


101. GUNDAMがお送りします : 2017年09月21日 00:19

わざわざ高コストででかい第五世代MSよりもSFSで飛ばすほうがはるかに楽だったんだろうな


103. GUNDAMがお送りします : 2017年09月21日 00:43

地上で敵がいなければ 連邦の動きは鈍いだろう
第1世代から第2世代への移行も7年かかっている
それを考えれば閃ハサからF90への10年間技術革新に時間が掛かっても可笑しく無いのでは
まして、予算が回らなければ 開発は遅れる
量産機がジェガンから更新が無いのは 技術革新が遅れたから、と言う理由もかも

ミノフスキークラフトは高価すぎて量産には向かず 少数での運用も敵が居なければ あえて配備する理由も無い 時代のあだ花みたいな感じで 現実的な小型化に進んだのでは



104. GUNDAMがお送りします : 2017年09月21日 00:50

ジム系から ジェガンに機種変換して行き地球圏全体に配置するだけで、充分だったとか
ジェガンの配備も終わらないうちに新機種が出ても 脅威が無い限り機種替えはしないだろうし
それだったら、ジェガンの量産とアップデートに力を注いだ方が確実に利益がでる。
寡占状態の市場では有りがちな事では