バンダイは、バンダイナムコグループが取り組むITエンターテインメントサービスブランド「BN・Bot PROJECT」の第1弾製品として、「ガンシェルジュ ハロ」を発表。10月3日~6日に開催される「CEATEC JAPAN 2017」に参考出展する。なお、発売は2018年を予定している。

DLG2oeNUIAA8lci

AI(人工知能)を搭載した対話型コミュニケーションロボット。Wi-Fiを使用してネットワークに接続し、キャラクターの世界観に特化した楽しい会話を生み出すのが特徴で、ユーザーの発言を音声認識し、AIで意味と意図を分析。データベースから最適な会話をハロの声で返すことで、キャラクターや台詞、忘れられないシーンなど、作品にまつわるさまざまな会話を楽しめるという。

会話例として、ハロに「シャア専用ザクとかね。」と質問すると、ハロが「シャア専用ザク、ザクの3倍、速い、速い」と返答してくれる。また、ハロから「アムロ以外、ガンダム乗った、ダレ?」というようなクイズが出され、「おぼえてないなぁ…。」と答えると、ハロが正解を教えてくれる。

005
006

さらに、開発・協力企業として、会話AIの開発を日本IBM、ハロ本体の機構、回路設計および生産をVAIOが担当している。
機能面では、Bluetoothを搭載しており、外部スピーカーや目覚まし機能を使用することが可能。目と口にはLEDを内蔵し、色や点滅で状態や表情を演出。前後左右に揺れたり、話をしている人の方向に向きを変えたりなど、愛らしい動きを再現する。

このほか、バッテリーを内蔵。本体サイズは19(幅)×19(高さ)×19(奥行)cm。重量は未定。

価格は未定。

https://news.infoseek.co.jp/article/kakakucom_68027/