0:2017年09月30日 12:13

『センチネル』でガンダムMK-Vが急遽実戦投入されたことについて「存在する兵器を使わずにはいられないという軍人の危険な好奇心」と説明されている
さらに同作品では、エイノー提督が謀反の際に国のために戦って死ぬのだ、と考えたことを「軍人特有の下らないヒロイズム」と評されている

こういった軍人独特の考え方や行動が表れたシーンって他にどんなのがあるだろうか

Brian-aeno



1. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 08:43

ドズルがソロモンに居た自身の妻子を含む女子供を先に逃がしたのはいかにも徳の高い軍人将官の取る行動に見えたな
非戦闘員を速やかに退避させ、自身も最後まで残り続けた
ドズルは根っからの軍人だったんだろうなと思える行動だと思う

c0321178_630178


2. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 08:43

種デスでデストロイが大暴れしてる時、泣いてる子供をあやしていた軍人がビームの閃光を見た瞬間、子供を庇ったのは市民を守る軍人の鑑を見た気がしたな・・・


5. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 09:24

定番だけどブライトの「すまんが皆の命をくれ」のシーン。


7. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 09:31

0083の「ウラキ少尉、吶喊(とっかん)します!」かなぁ
自分の名前、階級、これから行う行動を軍事用語?で宣言



8. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 09:35

00劇場版で子熊が「私は市民を守る連邦軍の軍人だ!」と叫んで特攻するシーン好き

25c6a173


12. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 09:45

ダグザさんやなぁ
歯車かっこいい



18. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 10:07

主役は好き勝手やってもいいけどモブはもの言わぬ歯車であれ
…まあリアルではある



19. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 10:08

カーディアスお父さんは特殊部隊相手に首コキャかましたりしてて初めて観た時「すっげぇ!おっさん何者だよww」って思ってて後に調べてみたら過去に地球連邦軍にいて一時期は戦闘機のパイロットだったってわかって「なるほど、元軍人だからあんなに強かったのか」と納得したんだが、しばらくして「普通戦闘機のパイロットは特殊部隊相手に首コキャしねえよwww」ってセルフツッコミしたわ、お父さんなんであんなに強かったんだろ。




21. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 10:42

コーウェン中将やろ、戦後にガンダム開発計画を主導、特にGP02開発はかなーり軍人としての思想が入ってるよな


26. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 10:54

「再開、母よ」で、「俺たちがいなきゃとっくにジオンに占領されてたんだぞ」とか言いながら横暴働く連邦兵


27. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 10:57

「兵士は替えが効くが、頭がやられたら終わり」とか言って部下達を盾にトンズラここうとした小説版イーサンと、部下と一緒に最前線で命かけてたからその理屈に納得できないコジマ

まぁイーサンは、映像版でも大概だったが



29. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 11:15

これは軍人としては正しくない行動、と自覚してると建前を付けることとか?
ハリソン大尉は逃げる海賊軍を見逃すために部下にコンテナ(連邦の汚職の記録)の回収を指示したり、
作業用としてクァバーゼを用意したり、自分のF91を調子が悪い気がすると置いていったりしてる。



30. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 11:24

対照的だなーと思ったのは
クェス父「なぜ逃げん!?」(民間人)
艦長「味方がやられてるでしょう!」(軍人)
やな

2017-11-21_01_01_29


31. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 11:28

センチネルの作中では、マスコミをはじめとする世間の政治的バイアスのかかった人達から攻撃されたくないのか、軍人の良い面は描写が少ないんだよね。
世代間の軋轢と言うか、古い世代の押し付けに反発する若者の叫びみたいなものも描いてあったし。

でも、高橋昌也氏の軍人像・プロフェッショナルオフィサーへのリスペクトは他の作家の比べたらかなり強い。
それは別冊センチネルのインタビューで取り上げられた職業軍人の家系に宿る崇高な精神を肯定的に受け取っているところからも分かる。

センチネルでは唯一マニングスに軍人の高潔さを見ることが出来る。まぁ死ぬんだけど。
死んでから、マニングスの精神はヒースローやルーツに受け継がれている。



32. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 11:34

修正、いけないことをする部下には修正
なお、屈折した少年の部下の場合、修正し返される可能性があるので気を付けねばならない



33. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 11:42

ボッシュ大尉等はガンダム世界には珍しく「最新型への不信感」が出ていたと思う
今までと全然違うサイズのF90を見て好印象を持てなかったと言う
ジョブ・ジョン自身もそうだろうなと分かっていた様だし



35. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 12:42

戦争が終わったのに「まだ終わってない!我らの正義の剣で~」ってガトーの台詞は新しい時代に適応できない、戦争の熱気を忘れられない時代に取り残された敗残兵って感じがよく出てる

るろうに剣心でも似たような爆弾魔?がいるけど、こっちは民間人には一切被害は出してなかったり、あくまでかつての敵に目標を絞ってたけど



36. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 13:01

沈みゆく艦船に最期まで残る艦長はよく描写されるな
トダカ一佐とかある程度年齢重ねた人に多い
民間の船長さんなら、乗客が逃げ終えたら自分も逃げる
乗客よりも先に逃げる最低な船長だっているくらいだし



37. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 13:07

ナタルの一挙一動が軍人そのもの
本当にしたいことを抑えて悪役になってみせたり、上官には絶対に逆らわない姿勢とか
少し可哀想だけどあの人は与えられた役割を果たすだけ果たして消えていった軍人思想の強い人だったと思う

0caf08c0


38. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 13:13

少年兵に対し「貴様・・・その歳で死にたいのか!!」と怒鳴ったカスペン大佐。
軍人としての無念さや怒りが滲み出ている台詞だった・・・



40. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 13:27

コジマ「どうにか、勝ったようですな・・・。しかし、この戦いで
    多くの部下を失いました・・・。」
イーサン「陸軍が負け続きでは示しがつかんのだよ?」

ある意味どちらも正しい軍人の姿だ。



48. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 14:54

「ロンドベルにばかりいい思いはさせませんよ」
「地球がどうにかなるかならないかなんだ、やってみる価値ありますぜ」

アクシズ押し返すときのやつかな?



52. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 15:47

あるものはなんでも使えは軍人的思考じゃない
現場レベルは命に関わるので「信用の置けるもの」以外は敬遠される
どちらかというと政治的な意味合いのが濃い



53. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 15:49

親エゥーゴのサイド2に毒ガス攻撃を仕掛けたガディ・キンゼー
サイド2の市長はティターンズのMSが接近するや、防衛に来たアーガマ隊に断りもなく、ティターンズに交渉(事実上の降伏)を申し入れたのですが・・・

ガディ「これはティターンズの脅威を知らしめ他のコロニーを屈服させるための作戦だから、今更やめることはない。オペレーター! ミノフスキー粒子が濃いから、通信は届いていないぞ!」(うろ覚え)

軍人ともなると、組織のため・作戦の主旨のために「まいった」している相手の声を無視してでも殴り続けなきゃいけない時もあるんですよね
本放送時の子供心にはただ怖いだけでしたが、大人になって組織人の端くれになると、ガディの理屈も多少なりとわかってしまうのが辛い



54. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 15:57

サイクロプス隊の面々は上への不服もあっただろうけど、それでも与えられた任務を完遂しようと最善を尽くすところはいかにも職業軍人というか「プロ」といった感じだった

406dd469


56. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 16:27

マ・クベが救命カプセルを放っておこうとした時に
兵士は仲間が助けてくれると信じているから戦えるのです
と言ってる人がいたけど

勝つために無駄を省くのと
兵士の気持ちを考えるのは
どちらが正しいのかな



58. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 16:58

0080に出てきた人らかなぁ?
連邦、ジオン問わず。



60. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 18:01

初期シャアも、「戦いとは、いつも二手三手先を考えて行うものだ」とか「戦いは非情さ。それくらいの事は考えてある」とか、格好はあれだけど、言動は結構軍人してるんだよね

まぁ、そのせいか、丸くなったクワトロ時代でも「平和のインテリジェンスを感じない」とか言われたりするんだけどな



61. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 18:20

ホワイトベースに仕掛けた白兵戦でクランプが艦橋のガラスを爆破しようとしたけど
キッカを見付けて向こうへ行けって感じが必要な殺害だけを心掛けてるプロっぽい。



63. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 19:57

毒ガス作戦の時のガディの「人類の尊厳を賭けた戦いなのだ」という言葉
かつて現実に恐ろしい作戦を行った軍人達もこんな思いだったのだろうか



66. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 21:58

Gレコ多かったよな、そういう描写。
プライベートな描写と入り交じってたから混乱した人も多そうだけど



67. GUNDAMがお送りします : 2017年11月13日 22:04

オーブ軍人のババは好きだね。どんな無謀な命令でも下されれば従うのが軍人、トップが道を誤れば軍はこうなるって自分の命で示した。


70. GUNDAMがお送りします : 2017年11月14日 01:55

民間人に非道を働こうとした部下を射殺し、
涙を流しながら敵少年兵に「遊び盛りの子供がこんな事をしてはいけない」
と説教したワタリー・ギラ。

・・・あんた、軍人の鏡だよ。



73. GUNDAMがお送りします : 2017年11月14日 10:47

ナタルは人間味残しつつもしっかり軍人やってて好きだったな。逆にアースノイド主義で、艦隊ごと裏切ったエイノーは大嫌い。


76. GUNDAMがお送りします : 2017年11月14日 16:16

基本的に軍は悪ってスタンスの作品が多いから、軍人も悪って作品が多いね。

主人公は仮に軍人でも納得できない命令は無視し、結果として大手柄に繋がる展開が多いと思う。
命令違反でも手柄たてれば出世するって、関東軍かよ、みたいに思わなくもないな。






77. GUNDAMがお送りします : 2017年11月14日 21:22

00劇場版で軍部の一番上の人かな、あの人が連邦大統領にデカルトを犠牲にして60億の人類を救うと言った時
周りに若干非難されたけども「大尉も軍人だ」と言い切ったのが軍人らしいなと



82. GUNDAMがお送りします : 2017年11月17日 22:41

やってみる価値ありまっせ!
軍人特有のものを全て投げ出したのがまさにこれ
ただ、極限状態では何をしでかすかわからないという意味では、軍人特有というか戦争特有の行動になるのかもしれない