0:2017年09月27日 04:50

彼にはザビ家の血というバックボーンがあったが、最初からそれを知っていたハマーンなら、ミネバの正統性を危うくするグレミーを生かしておいた筈はない
アクシズには旧ジオン派の元老のような人達がいて彼らがグレミーの担ぎ上げに一役買っていたのであろうか


2017-10-06_19_31_27



1. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:11

まぁハマーンに反感持ってた旧ザビ派の連中とかがグレミー祭り上げた可能性はあるかもなあ。


2. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:19

実は連邦から都合のいい話聞かされてその気になっただけなんじゃないの?と思ったりするくらいこのタイミングかよってタイミングだしなぁ・・・


3. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:22

グレミーひとりで反乱なんて無理だろう
ハマーンの執政を快く思わない反ハマーン派の連中がグレミーの出生を知るグレミーのパトロンと結託した上での反乱



4. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:22

ギレンのクローンや隠し子疑惑という嘘か本当かわからない情報出てるしキシリアやドズル派よりのハマーンを疎ましく思ったギレン派が有る事無い事吹き込んでグレミーを調子に乗らせたんじゃない?


6. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:27

ZZ時でミネバが替え玉だと気付いた連中もグレミー派に加わったのだろうか?
アクシズ(ネオジオン)だけから分裂したならグレミーの戦力数は決して多いとは言えないだろうけど、隠れジオン派とかエゥーゴにいたジオン派とかティターンズ残党とか、地球降下時に旧公国軍を連れてきてた等の戦力の後付け盛りつけしほうだいなんだよネ。
青の部隊と関わった辺りからグレミーの雰囲気も変わってきたし旧公国軍にそそのかされた感もある。



7. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:27

シャア暗躍説はどうだろう
ミネバ誘拐の件もあるし

img_5


9. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:30

※7
シャアなら直接ハマーンに引導渡しに行くと思う



11. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:33

共和国の連中じゃねーの
モナハン・・・あっ!



12. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:33

初陣のときに親のことん言ってたから育ての親とか
あの辺は描写がないからなぁ



13. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:34

初登場時から自らの家名を重んじてるところはあったから、”その気”になったら何かしらやれる素地はあったんでしょう
実家にはトト家を利用する有象無象も近寄っていたんでしょうが、初期のお坊ちゃん気質からして、どうもそういうのとは無縁だったっぽい
両親ないしハマーンが意図的に遠ざけていたのか、お坊ちゃん故に欲のある大人らと距離をおいていたのか
ただ、地球圏に帰還してからいろんな目にあったことで、「強くなりたい、力をつけたい」という欲望に火が点いて、それまでアウトオブ眼中()だった取り巻き連中を一気に呼び込んだ、みたいな感じですかね



16. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:38

「グレミーの言い分だけでは反乱出来る程の人員集まらない」
→反ハマーン派が裏で動けばなんとかなるかも
「グレミーの言い分に証拠が一切提示されてない」
→お題目なんで真偽はどうでもいい

と、それっぽい理由付けてみたが何もあのタイミングで反乱起こさんでもよかったよな…
逆にアクシズの戦力をそぐ目的で反乱を誘発させた奴がいる、ってほうが説得力ありそう…



17. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:38

連邦→いくら物量差があるとはいえ内乱が無ければネオジオン打倒までに相当手こずった
アナハイム→ネオジオンは裏取引のシュツルムディアス以外MS・MAを全然買わず自主開発しているので面白くない

煽動の主犯ではないにせよ、連邦とアナハイムも陰謀に乗っかってるのは確実だろうな
グレミーが好んで主にグレミー派が使ったバウもアナハイムの技術供与疑惑があるし
グレミーが圧勝して連邦と長期戦になったら、両軍がアナハイム製を使う第二次ネオジオン紛争と同じ状況になったかも



21. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:43

※17
アナハイムはビスト財団が支配してるしビスト一族がグレミーに接触して「ハマーン排除に成功したら「ラプラスの箱」あげるよ。」とグレミーを煽ってハマーンの力を削ぐために絶対成功しない反乱を扇動した可能性あるな



19. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:41

砂漠を彷徨ってる間に
グレミー自身が、変なスイッチ入ったようには見える

CS4vg56VEAA-Zlw


22. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:43

ジオンの派閥対立がアクシズでも残ってたんだろうなぁ
ハマーンはドズル派?とグレミーのギレン派の対立は相当根深かったのだろうし、
ほぼ勝利目前の状況だからこそ派閥の主導権争いが内紛に発展したのだろう
そう考えるとデラーズを先行工作部隊として使い捨てたのもギレン派だったからなのか、
グリプスでベテランを使い潰したという話も彼らがギレン派だったとかなんだろうか?
ひょっとしたら地球圏にいたジオン残党はキシリア派が多かったりするのかな……



23. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:46

アナハイムが裏で一部暗躍した説は面白いな
エゥーゴの主力を失い宇宙での実働部隊がほぼ壊滅的なアナハイムのエゥーゴ担当部門とは別のセクションがグレミーに目を付けたというのはあり得る
アナハイムの死の商人としての嗅覚、情報網は結構侮れんしな
成功失敗は昔からアホほど繰り返してるから唾付けれるなら何でも付けていこうというのが社風なのかも



25. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 16:58

ハマーンによる公国化を嫌ったジオン共和国が内紛による両者疲弊狙いで
グレミー反乱のバックにいたという考察もあるな
なにより、妾の妹ふぜいがデカい顔をしやがってと古参の反感が一番大きかったと思うが



27. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 17:08

連邦の計略だと思ってる。
連邦の一部が連邦裏切ったフリをしてグレミーに付いて地球圏の支配をチラつかせた、と。
だからグレミーの決起のタイミングに兵力を集中させることでグレミー軍に合流するように見せかけて、同時にハマーン側にも情報を流せば内乱の完成。ぼやぼやしてると連邦来るからハマーン側は強引にでもグレミー潰さないといけないし、グレミー側は耐えれば増援来るから粘る理由になる。



28. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 17:10

ギレン派、ジオン共和国、連邦、アナハイム…
どれか黒幕でも面白い考察・妄想が出来るな

後付けになってしまうが、グレミーを主人公として、
反乱を唆したり支援したりといった黒幕の暗躍も描写した作品をここは一つ



31. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 17:16

連邦政府からネオジオンに譲渡されるという骨抜きされたとはいえ
自治権維持してた共和国派からしたら到底容認できない事態になってるし、
共和国側の工作じゃないかと思う



33. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 17:21

ラカンみたいに付いてきた現場で動ける奴らもいたからなぁ


35. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 17:33

シャアは誰に救出されたのかによるが、ハマーンやグレミーでは
ネオ・ジオンの看板としては力不足と感じた内部の派閥の犯行
正直、グレミーの反乱が成功しても暗殺されてその後シャアが
後釜になる未来しか見えない、神輿としてはシャアを超える者は
いないだろう



36. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 17:35

小説版だとプルを調整した博士だっけ。黒幕。

ただなぁ。所詮は名字の違う人間だし、反ハマーン的にはよくても正統ザビ派としてはなぁ。
それすら処刑する度量の小ささを見せたら離反ふえるだろうし、こんなもんなんじゃないの?



37. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 17:44

色々考えられるなあ
反乱暴発の理由のひとつは、あそこが反ハマーン派にとって最後のチャンスだったからなんだろうな、とも思う
あの後は、間違いなくハマーンによるネオジオン掌握が進んで磐石になるだろうしね
ハマーンに誤算があったとするなら、外的要因はともかく反ハマーン派が想像を絶する愚か者ばかりだったことかね
グレミーなんて明らかにハマーンに勝つ気だったし、勝った後も当然のように自分達が連邦に勝利者として振る舞えるつもりでいたようにしか見えなかったからなあ……



38. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 17:48

グレミーがザビ家の血筋という胡散臭くていきなりな話に信憑性を与えられるのは、育てたトト家がザビ家に相当近い存在だったからだと考えるのが自然。
作品には出てこないけどトト家がどんな家でどの派閥に属していたかはグレミーの思想や影響範囲をかなり制限していたはず。
ギレン派閥に担がれていたというのが一番納得できるなあ。



42. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 17:58

とりあえず、ラカンがグレミーについた条件が地球の支配権だったかな
正気を疑う話だが、本人たちは大真面目だったぽい



43. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 18:06

ハマーンが有能でカリスマ溢れるといっても20そこそこの小娘だからな
例えその下で地球圏を掌握できても面白くない大人たちは多かっただろう
北爪漫画でもアクシズ内の権力争いが描かれてたけど似たようなことを映像世界でもやってるんだろうな

e5599fde-bda9-4960-82c6-fe686d2a7243


44. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 18:09

アナハイム陰謀論だと両軍に採用してもらうより長期化させて連邦にいっぱい買ってもらった方が利益でそうな気もするが・・・。


45. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 18:10

エウーゴに参加した連中には元ジオンもそれなりに居たらしくそいつらはアクシズの帰還に合わせてそちらに合流したり様子見したりしいていたみたいな設定があったはずなんだが、そいつらの中に「余計なこと」を吹き込んだ奴がいたのかもな
そしてそいつらがエウーゴ時代につながりの濃かったアナハイムの意図で動いたりしてるっていうのも陰謀論としては面白い



49. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 18:38

元々グレミーの役割はシャアだったこと考えると、プルクローン達を率いるシャアか。
あの噂が更に強化されることに。



51. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 19:03

一応ネオジオンにもジャムルフィンの三連星などの隠れジオン派は居たわけだし、内部における旧ジオン公国軍(ギレン派)側の人間が担ぎ上げたんじゃないかと予想

ハマーンもアクシズの指導者になるのに強引な手段使ってたと思うし、周囲から敵を買っていたかもしれんからねぇ



53. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 19:03

グレミー反乱のポイントは、あのタイミングでの決起に勝算があったはず、ということだな。でなければ武力蜂起は悪手を通り越してただの自爆だし、当然それに乗る人も少ないだろう。なのにラカンが乗っかったということはグレミーにはハマーンに勝てるという明確な切り札があったって考えるのが自然。


54. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 19:08

シャアはないだろ
アクシズの残存勢力取り込んだ上で5年かけてもあの程度の勢力揃えるのが精一杯だったのに
そんな政治力があるとも思えん
ハマーン主導での地球圏支配が確定するのが我慢できなかったアクシズ重鎮達がグレミーを神輿に担ぎ上げたんだろう



57. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 19:13

だが実際にグレミーにあった秘策って、アクシズとモウサをコア3にぶつけるという本拠地特攻
流石のハマーンもこれには唖然



58. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 19:17

あの時点でネオジオンはダブリンへのコロニー落としに成功してるうえ、連坊からの取引でコロニーゲットしたりでエゥーゴよりも優勢に立っていたわけだから、それを快く思ってない連中がいるというのは妥当な考えやな


68. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 19:51

全てはジオン共和国の差し金かな
お前はスゲーやればできると祭り上げられたのかも
グレミー残党軍の名を聞かないから、ほとんどはハマーン軍と闘うためのジオン共和国派遣兵だったのではないかと。で、ハマーン軍に勝利したらグレミーニュータイプ部隊スペースウルフ隊を全滅させてたのでは



71. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 20:14

外伝だと旧公国系の老人達を暗殺する話があった(グレミーが直接手を下した訳では無いが)
またラカンには地球、ハマーンから寝返った士官達にはコロニーの一つをくれてやる
と大分でっかい飴玉で釣ってる所見ると、大義名分で寝返った連中だけじゃなさそうだし
割と単純にハマーンと言うザビ家と縁の薄い女の独裁を嫌って
叛乱を起こしたんじゃないだろうか



75. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 20:52

本物のミネバをシャアが保護した事を考えると シャアに協力する勢力も有ったのでは
ミネバを傀儡にするハマーンに疑問を持つ者達も少なく無いだろうし Zでハマーンの人形になったミネバにシャアが激高したように ミネバを案じる者達の暗躍も有ったとか



77. GUNDAMがお送りします : 2017年10月17日 21:58

いっそここで挙げられてるよう各勢力全てが陰謀暗躍の限りを尽くした結果があれだったという風に捉えるのも面白いかもしれん
ほとんどの勢力は存在したはずでありあの状況で何もしなかったとは考えにくい勢力ばかりなんだから全部が何かをしていたって考えるほうがむしろ自然だしな



80. GUNDAMがお送りします : 2017年10月18日 00:54

シャアを担ぎ上げたい派閥が、ハマーンのネオジオンの内部崩壊を狙って焚きつけたんだろう。


81. GUNDAMがお送りします : 2017年10月18日 00:58

ハマーンが嫌いな旧ジオン軍将校が入れ知恵したとしか思えない


84. GUNDAMがお送りします : 2017年10月18日 02:25

共和国的には右派にも左派にもサイド3を占領したハマーンを排除する動機があるな。親ザビ派の共和国軍部隊はともかく


87. GUNDAMがお送りします : 2017年10月18日 05:33

ハマーンがグレミーを警戒し始めたのって、地球降下の手前ぐらいだったよな。

グレミー初登場から地球降下までの間に、何らかの勢力がグレミーに接近して調略されたと考えるべきで、
反乱は勝算があったというより、ハマーンからの疑念に追い詰められて、堪えきれずに起こした方に近いと思える。

アナハイムはかつてのジオニックのように、ネオジオンが月を拠点にして、月工場でのネオジオンMS生産する事を嫌がったのでないのなら、
ネオジオンと連邦を戦わせれば、アナハイムには利害はないんだから、わざわざグレミーに分断工作をかける必要はないでしょ。
ネオジオンは各地に派遣した先遣隊に融和策をとらせてたんだし。

ダカール占拠でミネバに擦り寄ってきた大人達の中に、グレミーを調略する連邦側の者がいた可能性はあるが、
名分としてザビ家の血統争いを連邦が認めて、グレミーが反乱する事に優位な条件を出したとしても、果たしてグレミーはその連邦の調略に乗っかるかね?
連邦がザビグレミーを認める時点でグレミーは胡散臭いと信じないだろ。






88. GUNDAMがお送りします : 2017年10月18日 05:50

ハマーンがグレミーを引き立てたのはミネバのスペアとしてってことだけど、その価値をもともと把握していたのはアクシズ旧来の勢力やカーン家などのグラナダ勢力ではなく、トト家(「ママ」とか。養母?)などのジオン本国から流れてきた勢力だろう。軍の人事にならそれなりに介入しやすいだろうし、グレミーの急な出世まではハマーンと旧守派の利害が一致してたのかな表面上は
ジオンの幻陽だと公国貴族層(ZZ本編でいうネオジオン宣言に対する「旧ジオン派」の本丸か)が地球降下前に反ハマーン色を萌芽させてたな。グレミーの単独行動も含めそのあたりが転換点か
小説版を参考にするならニュータイプ部隊はグレミーが関わる前からマガニー博士ら「旧ジオン派」に進められてきたので、彼らのテコ入れがあったならグレミーが突然影響力を持ち始めたのも(脚本の都合はおいといて)理解できなくはない



89. GUNDAMがお送りします : 2017年10月18日 06:01

後のシャアネオジオンや袖付と違って地球圏外からやってきたアクシズ系ネオジオンはアナハイムを利用はしてもその思惑には乗りたがらなかったでしょう。
だから当初はアーガマ以外を動かさなかったエゥーゴが、艦隊をハマーン不在のアクシズに差し向けたりとアナハイム―ネオジオン間は不和になる。
結果的にエゥーゴ艦隊ではアクシズを攻めきれなかったので分断工作に出てもおかしくはない。

まあひとつの勢力が黒幕というよりは、色んな勢力の思惑がグレミーの決起を望み、少しは成長して自信をつけていたグレミーが迂闊にもそれを好機だと思ってしまったんだろうなあ。