0:2017年10月13日 17:39

目くらましぐらいしか効果がないってわかってるはずなのに以降のドムシリーズ(ドムトローペン、ドワッジ、リックドムII、ペズンドワッジ)にも左胸にモールドついてるよな。ただのファッションで残してあるの?

2017-10-17_09_07_29



1. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:23

ジオニックフロントだと凄く便利よ?


2. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:25

RFでは完全にビーム砲になってて別枠の種死のトルーパーではチート化してたな


3. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:26

リック・ドムIIは拡散ビーム砲ついてるはず。


5. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:29

中身のフレーム同じだからその部分にハードポイントでも残ってんじゃね?

禁煙車にもライター用のソケットが残ってるようなものだろ



7. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:36

リックドムⅡのは出力が上がって武器として使えるらしいが、使ってる場面が無いな・・・
Ms_rickdomii_a


8. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:37

アグレッサーって漫画読んでみ?
アレの有効な使い方やってるから



10. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:38

PS3戦記では目くらまし攻撃でなくスタン攻撃になってた。


11. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:39

攻撃用の兵装としてはアレだけど目くらましには一定の効果はあったと認識されてたんじゃないの?


12. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:39

まあ目くらましでも近接戦ではないよりは役に立つから
バルカンでいいとか言われたら反論はできない



13. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:42

本気で不要ならドムの量産時点でオミットされているはずだから、近距離での目くらましが有視界戦闘だと有効と判断されたんだろ。
化学式のフラッシュだと一回こっきりだけどジェネレーター直結だから何回でも放てるし。



14. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:44

高速ホバー戦闘では目くらましが戦術として一定の有効度があったのかも
あとただの可視光線じゃなくて高熱粒子を周囲にまき散らしているから
耐ビームを全く考慮されていない装甲やソフトスキンには効果的だろう
特に対人用としては50mくらい離れていても殺傷できるんじゃないか?
リックドムやリックドムⅡの宇宙戦闘では突撃時の角度もあって使いづらいが…



17. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:52

ドム系最終生産型とされるドワッジ、ドワス、ペズンドワッジまでは残っているが、ドム系で得た戦訓も加味されているであろう後発のゲルググ、ギャン、ガルバルディαや
ドムの発展型であるドライセンでは完全に廃止されている(RFドムは外見にこだわる組織なので実用的な威力のメガ粒子砲として無理矢理復活させている)
やはりオミットしても実戦ではあまり困らない部位で、MS-09・MS-10系でいつまでも残り続けたのは、単に設計変更による量産の遅れを気にして変更しきれなかっただけじゃないかと



19. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 16:57

アニメだと結構威力ありそうなビーム撃ってるけどね


21. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 17:00

Gセンチュリーのドムの拡散ビームは必要性を感じない


23. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 17:03

リックドムIIで目眩しを超えてダメージを与えられる威力になってるのが全ての答えだろ
最初のドムを開発する時点でそのレベルの威力を目指したが技術力不足で出来なくて
「今は目眩まし程度にしか使えないが、いつか必ずMSを落とせる高出力のビームにしてやるぞ!」
と、将来を見据えて設置スペースを残しておいたんだよ
で、ビーム技術の進歩によってその夢がリックドムIIで実現したと
ついでに第四世代の胸ビームやサザビーの腹ビームもその直系だよ



25. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 17:07

当時はビーム兵器は威力が実用レベルじゃないけど目眩ましとかには使えるかもってつけたんだろ。

ドムシリーズに付け続けられたのは一定の有用な効果はあったんだろう。無意味か意味があるかは結局は使い方次第



28. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 17:19

宇宙/地上と一撃離脱が基本戦術のドム系列機が敵に接近する際(或いはされた際)の緊急防御手段として有効と判断されたのでは?
高速移動をするドムにとって軌道が単純且つ速度も落ちやすい接近戦時が一番リスクが高くなりやすいだろうし

他機種に装備されないのはコンセプトの違いと出力事情の差かと(他のビーム兵器の運用リソースを割きかねない)



31. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 17:26

リック・ドムⅡの近接攻撃用として使用できるまでになっているって
どの程度の威力なんかね、撃墜までは持っていけなさそうな感じではあるが



32. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 17:27

有視界戦闘が基本のMS戦で目眩ましとか、どう考えても有能
しかも、後継機で十分な威力になるとか、設計的にかなり優れている方だと思う



36. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 17:51

ドムが地上用なのと合わせて考えると
対人兵器として有用だったのでは?



37. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 17:52

あのアムロ&ガンダムにさえ目くらましの効果はあったからな。
一般兵がいきなり浴びたら、ひとたまりもあるまい。



44. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 18:39

目くらましとしては、モニターは常時オートで補正してるけど目くらまし目的の強烈な一瞬のフラッシュだと一時的にでも補正も追いつかなくなったりして有効なんじゃなかろうか
まあ、シリーズ全体であまり目くらまし自体が頻繁に出てこないから年々進化・更新されるMSに効くレベルのフラッシュは長く通用しないのかもね

Ⅱからビーム砲として使えるけど結局目くらましが通用しなくなかったか、有効でなかったか、効果が限定的だから素直にビーム砲にしたのかはわからない



48. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 18:54

有視界戦闘で目くらましって有効そうだがな
逆に何故ドム系にしか装備されてないんだろう



50. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 19:00

アバン戦記のムービーで先に抜刀したジムを胸のフラッシュ焚いて返り討ちにしてるから接近戦だと脅威でしょ。

2017-11-07_14_07_18


56. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 19:15

ゲルググで採用されなかったのは何故だ?運用コンセプトの違い?
ゲルググはドム系の役割だった一撃離脱戦もホバー戦闘もこなせる万能機なうえ
対MS接近戦も意識してるから、そのどれにも役に立つ目くらましや牽制が不要とは思えないのだが



67. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 19:43

リックドムⅡのビームランプはビームとして機能したけど ドワッジの場合はどうだったんだろう


69. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 20:23

多少有用でも、コックピット真横の正面装甲に、ジェネレータ直結のガラス窓が開いてるとか、怖くてしょうがないぞ俺。
俺がパイロットなら整備班に泣きついて、コンクリでも鉄板でもいいから塞いでくれって頼み込むぞ。



71. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 20:41

※69
どうせ大抵の攻撃が胴体に直撃すれば即死爆散レベルだから何も心配しなくていいぞ。



70. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 20:24

そもそもドムと何回も接近戦やって生き残れるエースならともかく、大体のパイロットは初見に近い状態でドムと近接中にいきなり目くらましが飛んでくるんだぞ。効果的どころか致命的だよ


74. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 21:05

ランバラルの乗ってきたザンジバルにも目くらまし付いてたよな
どんだけ目くらまし好きやねん公国軍



76. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 21:10

※74
あれは投光器の転用だから別に目潰し専門と言う訳じゃなかろ



82. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 21:49

要するに副産物なんだろ?
失敗だけど予想外な使い道が出来て外すに外せなくなった



87. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 22:12

「大は小を兼ねる」で目くらましに留まらずMSの装甲に有効打を与えられるなら当然そっちの方がいいわな
鹵獲や誘爆阻止のような相当特殊な目的でもない限り、目くらまし武装をまず撃ってから、なんて悠長な戦闘スタイルより第一撃から殺しに行った方がいいだろう
ゲルググ以降や連邦のMSで真似されずに一貫して不採用だったのも、目くらましなんてやってる暇あったら最初から落とせる火力のビームを撃てるから
ドムのビームはMS落とせるレベルのメガ粒子砲にしたかったけど出来なかった妥協の産物なんだから、「目くらましだから役に立つんだ・目くらましだから素晴らしいんだ」と説いてる人は褒める方向性が間違ってる



90. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 22:44

ビーム砲ってモンではないが、撹乱武器としてはかなり優秀、下手なフェイルセーフ用の武器より装備すべき。
逆に考えれば、あの程度のビーム放出でモニター潰せるんなら、後に出たMS撃破可能な拡散メガ粒子砲だと何も見えない状態で回避もままならないまま殺せるチート武器だったんじゃ



93. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 23:02

実は、最大出力で撃てばそれなりに射程も伸びて威力が出せるとか、そういう制限有りの兵器なのかも
立ち止まって全パワーを数秒溜めればワンチャン狙えるという静止射撃専用のチャージ兵器?

けどドムは、手持ち武器使用やAMBACで頻繁に手足をバタバタさせるのに電力使いまくってるし、そもそも戦場では敵に狙われまくるから、そうそう足を止めてもいられない
常時他にリソースを取られてのパワーダウン状態だから必要十分な出力が得られず、各作品での発射描写も出力次第でバラバラになってるとか、そんな感じでしょうか



97. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 23:12

ソロモン戦やアバオアクー戦でジムのカメラをダウンさせるのに有効だったとしても、一年戦争後に生産されたジム改やジムカスタムにそういった目くらましの対策が施されていないとは考えられないよね。


98. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 23:29

確かビームバズーカのエネルギーコネクターも
兼ねてたはずでは?



100. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 23:42

※98
ビームバズーカはジェネレータ内蔵型だが……違う型があるのか



101. GUNDAMがお送りします : 2017年10月26日 23:43

外付けのビーム砲の接続口の予定だったが、そのビーム砲の開発が間に合わずやむを得ずそこから直接ビームを発射するようにした、という話をどこかで


112. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 00:29

ドムの胸ビームは武装を構えていても使用できるだろう 
有効な射程も怪しいし
演出上の事とは言え 実際の所効果は判らないよねえ



115. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 00:48

ジェットストリームアタックで至近距離から拡散ビームの閃光を食らいガンダムのアムロは「しまった!」と言って怯んでいる
ドムは400キロくらいの速度で突っこんくるのだから 一瞬のひるみが普通は致命的 いくら光度を補正しても、至近で食らえば本能的に反応してしまうだろうから ガンダムのバルカンを耐える重装甲で高機動なドムには有効な武装だと理解されていたのでは






122. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 07:46

アレが無いといまいちドムに見えないから仕方ないね


123. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 09:28

MS-09の開発時期を鑑みるに、胸部拡散ビーム砲が対歩兵用装備であるという可能性も無くはないんだよね、一応。オデッサ戦以前、膠着した地上戦線を打開するための破城槌的運用が想定されていた訳だから、主な仮想敵は連邦の要塞、地上戦艦、戦車、航空機そして歩兵になる(MSはこの時期まだ問題になるほど数がないし)。
ただ、それにしたって大気その他の要因で減衰著しい地上においてどれほど有用だったかは疑問だし、あんな指向性の低い配置でうまく取り廻せたかどうかもこれまた疑問。
やっぱり将来に向けた携行ビーム兵器接続用のコンポーネントという説のほうが説得力があるような気がするんだけど、じゃあなんであんな狙われやすそうな場所にまるっと開けちゃったの?って更なる疑問が発生するわけで……
これもうわかんねぇな?



151. GUNDAMがお送りします : 2017年10月27日 20:39

あるいは本当に拡張用コンポーネントでしかなくて、「将来的には強力なビーム兵器をマウント可能です!」でゴリ押したんだけど、開発が難航してるうちに戦局が悪化、宇宙用への換装や統合整備計画の発動、MS-14の開発なんかでうやむやになっちゃったのかも。
その過程でMIP社と技術提携があったのかなぁとか、ジオニックとリソースの取り合いでまたひと悶着あったのかなぁとか、いろいろ妄想が捗るね。