0:2017年10月17日 23:00

ガランシェール隊のナンバー2としてガランシェールの操舵を任され、時にはMSも操る三児の父、ギルボア・サントを語りましょう

マリーダさんを我が家で面倒見たり、マリーダさん奪還作戦に誰よりも乗り気だったり
バナージとの戦闘では危ないから下がっていろと忠告したり、


57339cfb



1 : 2017-12-20 16:03:30

バナージが撃ったのはまさかのギルボアさん、落ち込むバナージ、地球に落ちていく



2 : 2017-12-20 16:06:24

ガランシェール隊の中では唯一の家庭持ちだけど、死んじゃったのは残念だった

あの家族これからどうなるのかと少し気になる



3 : 2017-12-20 16:11:22

良いおっさんは死ぬ これガンダムの絶対ルール

keijforiej


4 : 2017-12-20 16:31:39

ベテランのガランシェール隊に所属し、3人の子持ちでおまけにチョーさんボイス
でも騙されちゃいけない…ギルボアさんはまだ30歳だ



5 : 2017-12-20 16:33:33

OVAしか見てないんだけど、あの状況でなんでフル・フロンタルかばってバナージに家族を頼むのかわかりませんでした



9 : 2017-12-20 16:53:35

>>5
あそこ勘違いする人多いけど
バナージじゃなくて息子のティクバに託してる
親が子へ想いを託すのはユニコーンのテーマの一つだよね
バナージはいろんな人に託され過ぎだが



10 : 2017-12-20 16:56:48

>>5
なんであれ、ガランシェールをかばうのから改変したんだろうな。



6 : 2017-12-20 16:46:33

家族を持っていたからこそあの行動が出来たんだろうね

DPpqNp2VwAARRZV


7 : 2017-12-20 16:47:30

結構なおっさんに見えて実はまだ30歳だったりする



8 : 2017-12-20 16:49:23

息子のティクバや同じく捕虜として捕まったフラストの話だと、連邦の捕虜収容所時代は酷い扱いを受けたみたいだけど、
あまり連邦、アースノイド憎しという感じがしないのはフラスト同様に連邦がジオンを恨むのは当然と理解してるからなのかな。
息子に捕虜収容所時代の話を聞かせているのは兵士にさせたくないからとかだと思う。

代わりに操縦士を務めるようになったフラストがギルボアならもっと上手くやれたと思っていることなどから、ガランシェール隊での存在は大きい人物だったことが察せられる。



11 : 2017-12-20 16:58:03

アニメ版のフル・フロンタル庇うのは違和感ある
あいつガランシェールの面々に嫌われてなかったっけ

小説版の母艦庇って死ぬ方がずっと説得力あるんだけどな、これもアニメ化に際してのバナージ聖人化の影響受けてる





15 : 2017-12-20 17:39:12

一介の軍人としての立場的にああせざるを得なかったのかなと思うと世知辛いのじや…



16 : 2017-12-20 17:47:25

親父でも、お父さんでも、パパでもなくて、「とーちゃん」って感じ



17 : 2017-12-20 17:49:13

第三次スパロボZでは無条件で生存してたな。
でも生存してるだけでその後あんまし関わって来なかったな。
いい人なんだろうけどシナリオの都合上、居たら居たで扱いにくくなる人なんだろうな。
目立たせる訳でもないし、かといって大きな役割を持たせるでもない。
本当に終始『いい人』で終わってしまう。それがギルボアさんなんだろう。



18 : 2017-12-20 17:50:06

やさしいおっちゃんだった。
バナージがガランシェールとネェルアーガマ
繋ぐときダグザさんと一緒にバナージに力を貸してくれたよね(泣)

o0640048012034632528


19 : 2017-12-20 18:01:35

ギルボア「自分よりオッサンにオッサン言われる気持ちがわかるか?」



20 : 2017-12-20 18:04:20

でも武力蜂起を企むジオン残党
これですべてが台無し

Aさんはテ、ロを企んでるけど、それ以外の時間では優しく人情味溢れてて情にあつく、仲間のためなら危険も厭わない
Aさんがそんないい人でも普通の人はAさんに近づこうとは思わない



32 : 2017-12-20 22:04:57

>>20
それか一つの一面しか見ちゃいけない評価をしてはいけないという思い込み
こういう考えが戦争が無くならない原因なんだよな…
ガンダムはそういう狭い見方を否定してきたんだろうに



21 : 2017-12-20 18:23:20

フルフロンタルをかばって死んだと判断してる※に驚き
俺は単に通りすがったら射線上に入っちゃいましたと受け取った



31 : 2017-12-20 21:57:41

>>21
それはガランシェールの盾になるっていう原作があるからだろ
それにギルボアさん程の乗り手が状況判断も出来ずに不注意で射線に出るかね?
不注意にしてもフロンタル庇うにしてもいずれにせよ悪改変だとは思うが



22 : 2017-12-20 18:27:34

チョーさんの名演技



23 : 2017-12-20 18:38:20

バナージの「ギルボアさん」てセリフ何度かあったと思うんだけど、「~・サント」だから歯切れ悪いなーと一人で勝手に思ってたわ
「ギルボア・サントさん!」はサン成分が多くてなんか嫌(笑



24 : 2017-12-20 19:45:23

食卓でジオンの批判をするバナージに反論することなく、沈痛な面持ちで黙って聞いてたのがすごく記憶に残ってる。そしてそんなバナージに対して終始親切に接してくれてたのも

語彙力が低くて適切な言葉が出てこないけど、いい人なんだなと思う



25 : 2017-12-20 19:45:36

メインの操舵手でMSの操縦もこなすギルボア(30)、ブリッジ専門で副操舵手のフラスト(27)。
こう書くとギルボアに比べてフラストが未熟にも思えるが、3歳の年齢差というのも結構大きいんだろうな。フラストに操舵手を任せてパイロットに専心しても良かった気がするが、まだフラストの教育途中だったんだろうか



26 : 2017-12-20 19:48:06

フロンタルをかばったってより運悪く射線に飛び込んじゃったっていう風に見えたな
だってギルボア機が出てくるまでもなくシナンジュは射線避けてたし



27 : 2017-12-20 19:59:27

晩御飯のシーンすげえ旨そう
パラオの住人の中じゃ稼ぎ手だったのかな
マリーダさんと嫁さんの給金も入ってるかもしれんが
非武装で物分かり良さそうな学生とはいえ(マリーダさんに監視任せてるせいもある?)、捕虜のバナージを家に招いて同じもの食わせてやるのは優しい人だからだろう



28 : 2017-12-20 20:41:01

30代ってマジか、40から50代位って思ってた

61bb054f4c0b0bc31d13a5cdd99d2168


29 : 2017-12-20 20:42:28

フルフロンタルとシュナンジを倒させない為のギルボアバリアーに見えた、あの頃はもの凄くイラついてたな、ダブルオーとダブルで吠えてきたしうるさかった



30 : 2017-12-20 20:56:30

ギルボアさんが操舵手とMSパイロットを兼任していたのは人手不足が理由だろうけど、ジオン軍人らしいとも言えるのかな

MSに搭乗しながらフラストに操舵のアドバイスをする場面は格好良かった!



33 : 2017-12-20 22:42:49

ギルボアの最期について考察してみた

1、フロンタルを庇った
個人的な好悪の念はさておきフロンタルがネオ・ジオンの重要人物であることは間違いなく、蜂起が成功すれば残された家族に良い生活をさせてやれるから、命懸けで守る理由にはなりうる。といってもゼロではないという程度か

2、うっかり斜線に割り込んだ
他に敵機が存在していて追い立てられたならともかく、ユニコーンとシナンジュの動向にさえ注意していればいい状況で、うっかり割り込んでしまったというのはあまりにも不注意過ぎる。新兵じゃあるまいし。フロンタルが逃げ惑ううちに故意にか偶然かギルボア機を盾にするような動きをして、逃げきれず巻き込まれたならまだあり得るか

3、バナージを説得するつもりだった
バナージは明らかに正気を失っていたので、落ち着かせるつもりで割り込んだとしたら。しかしそれならユニコーンに抱きついた方が安全で確実なはず。重力に引かれかけていてので、コントロールが効かず割り込むことしか出来なかったか

個人的には3かなぁ、と



35 : 2017-12-21 00:45:31

>>33
俺はまさに3だと思ってた
デストロイモードのユニコーンにギラズールで取り付くのは機動性能的に無理なので
やむなく間に割って入ったら運悪くマグナム発射したタイミングだったと






36 : 2017-12-21 00:46:27

どことなく、クラウンのオマージュを思わせる最期だったな
ひどい言い方になるが、あのシーンをより劇的にする為に存在したキャラなのかもしれない

主人公を家に招いてご馳走するのは、一種の死亡フラグ
嫌いではないが、ある種のお約束を感じずにはいられないんだよねぇ



40 : 2017-12-21 11:17:02

マリーダが食事中にギルボアの娘を逆さに持つとこが地味に好きなシーン