0:2017年11月06日 21:06

宇宙世紀0079年
ジオン公国は地球連邦政府に宣戦を布告しサイド1、サイド2、サイド4を壊滅させコロニー落としを成功させた一週間戦争と言われる一連の戦い

MSの有用性が認められた事や、凄まじい死者を出した事、スペースノイドとアースノイドの対立が明確になったなどさまざまな影響を与えたこの戦争について語ろう

img_c74f334e69c22867932bb238f5077e2b147464



1. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:10

「スペースノイドとアースノイドの対立」って言うけど一週間戦争でジオンがやり過ぎた結果、「ジオン公国対人類世界」になっちゃった印象が強い


3. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:19

公式書籍における犠牲者の内訳
総人口の半分(およそ55億)、うちスペースノイドが40億~50億
死因は開戦時におけるジオンの各コロニー毒ガス攻撃および核攻撃、地球へのコロニー落とし
こんなのでよく生き残りスペースノイドはジオン残党やネオ・ジオンなんぞを支持したね



4. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:22

※3
それがマジで不思議
ジオン残党にしてもなんにしても「スペースコロニーの独立!」を旗印にしてるのにスペースコロニーの人間殺しまくっとるやん!
ってなる



5. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:23

ザビ家はジオン国民以外は敵って最初から決めてるよね


9. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:31

後に第二次ブリティッシュ作戦をやる余力があるのなら、その力を初回のときに注いで
複数同時にコロニー落としをやるべきだった



13. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:37

※9
急いでコロニーを地球に落とさないと下手すればコロニーの加工中に連邦軍の攻撃を受けるから無理だと思うよ。
実際ルウムでの宇宙攻撃軍の大損害の原因はコロニー加工中の工兵及びその護衛戦力の消耗だし(ドズルがコロニー落としをあきらめてからの反撃で連邦艦隊は大打撃を受けた、なおオリジンでは別設定)



10. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:32

ジオンに反対するコロニーから潰されていったのだっけ


11. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:33

なんでこんな大規模な作戦を事前に察知出来なかったのか MSの大量開発くらい判っただろうに


15. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:41

※11
MSの大量生産は察知してたけど、戦力評価が宇宙戦闘機扱いだった。
巨艦巨砲主義の連邦にとって大事なのは遠距離砲撃できる砲門数の評価であって、宇宙戦闘機なんて近寄らせなければどうとでもなる代物。

実際はミノ粉散布下だとMS1機のキルレシオが巡洋艦1隻とほぼ等しくて大損害を被った。



17. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:49

連邦が慢心しなければ勝てていた戦いだよな


18. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 16:51

統一政府樹立で国家間紛争の概念なくなったので既存の戦争条約をすべて廃止したせいで歯止めがなくなったのも被害が極大化した原因


24. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 17:13

改めて考えるとジオン、というかザビ家はとんでもない事したのよな
一度は離反したランバラルや生け贄にされたシーマ様のことを考えたらそのまま勝たなきゃいけなかった



26. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 17:26

コロニー墜としで大損害を受けた戦力を再整備して戦略を練り直さないといけないのに なんで、地上に降下して戦線を拡大したのかね コロニー墜としの影響で連邦政府 連邦軍がマヒして簡単に地上を制圧出来ると考えたのかね にしても、ジャブローに戦力を集中すべきだと思うけど


27. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 17:26

ギレンの選民思想が支持されるというのは、ある意味、国民がそれだけ愚民という訳でもある。
言ってしまえば、アースノイドに忌避される程、スペースノイドは思想や教養の面で劣っていたのだろう。
この場合、政治は単純な二元論で語られる事が多く、アースノイド中心の連邦を否定するジオンは、そのままスペースノイドの味方と見てしまう程、彼等には確かに教養が不足していたのだろうな。

選民思想や民族浄化なんて物は、格差があるからこそ起きる思想であり、その格差がそのまま人間の優劣を半ば決めてしまう。
結局、人類が賢ければ戦争なんかしない。
逆に言えば、愚かさには理由が無いからこそ、戦争は無くならないし、下手すれば滅亡の一歩手前まで行ってしまうのだ。



30. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 17:31

地球連邦や当時の人類も人口が増えすぎて口減らしが必要だと 直接は言わなくとも理解していたのかね
だから、直接被害の出なかったサイドのコロニーの人達は割と対岸の火事だったとか



34. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 17:39

一年戦争後のスペースノイドがジオンの名を旗頭に選んだ理由として、一週間戦争で反ジオンのコロニーが潰された影響で生き残ったほとんどのスペースノイドが親ジオンというのがあると思う。

コロニー再建計画で新規移住してきたメンバーは疎開していた元サイド3の人間が大半を占めていた可能性もある。(あくまで新規移住組のみの話で元からいた住民は反ジオンだと思うが)



38. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 18:01

一週間戦争で壊滅したのはサイド1・2・4だけで、サイド5ルウムは開戦直後には攻撃されていなくてルウム戦役までの2週間という猶予期間?が与えられてたわけだけど
圧倒的なジオン軍にサイドを3つも簡単に潰されたのを見たルウムの政治家・市民は、俺達も皆殺しにされてしまう!講和しよう!とか思わなかったのかな
というか、ジオンは月とリーア同様に、ルウムも脅迫や交渉で中立or味方に付けられる余地があったと思うんだよなあ



41. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 18:06

※38
あくまでオリジン設定だけど、ジオンはルウムを懐柔しようとしてたんだけどティアンム艦隊が駐留したことにより世論(というより首脳陣)が連邦側に傾いてしまったことになってるな。

正史時空でも似たような判断したか、ジオンの戦果をあくまで奇襲によるものと軽視したんじゃないかな。



42. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 18:06

にしてもジオン・ティターンズによって2度も悲惨な目にあい
挙句にザンスカールが勃興したサイド2って一体…



44. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 18:15

意外に外伝の舞台になることが少ない戦い
描かれたのはブルーやらミッシングリンクやら虹霓やら
まあマルコシアス隊とマツナガはコロニー落としの報いを受けるハメにあったが・・・



59. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 20:30

ジオン側からすれば連邦に比べて国力が圧倒的に劣ってるから、連邦の宇宙拠点になりそうなコロニーを徹底的に破壊しつつ、ジャブローにコロニー落としをして自分達に有利な条約結んで早期決着をつけるのが目的だしな。
で、自分達に従わないスペースノイド(サイド6除く)は独立戦争に加担しない裏切り者という事で始末する言い分を言うんだろうが、そんな手前勝手な発想で民間人ごと虐殺しまくってる件に擁護する気はないなあ・・・
ジオン側としてはスペースノイドVSアースノイドっていう構図にしたかったかもしれんが、状況としてどちらかと言えばジオン公国VS人類って感じかね?



61. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 20:56

地球人口の半分が死んでるのに戦争続けてくるとは思わないよな。常識的に考えて


64. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 21:11

同じスペースノイドを大勢殺されたのに、その後のスペースノイドがジオン系勢力を全然恨んでないのはおかしいという風潮があるが、考えると当たり前の話なんだよな
そもそも密閉空間を核と毒ガスで攻撃されて生還出来るのはシローのように運が良かった少数だけで、「家族や恋人をジオンに殺されたが自分は生き残れた遺族」はほとんどいない
一年戦争後に出てくるスペースノイド一般人キャラの大半は、一週間戦争当時はサイド3・サイド6・月都市にいてジオンの攻撃を免れた人々
自分の身の回りの大切な人が死んでない対岸の火事なわけで、ジオンの悪行をいくら説かれようとどこか他人事になってしまって、強い反ジオン主義には染まらないと思う



65. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 21:16

あくまで本編あってこそなんで本編でジオンがスペースノイドの支持を得てるならそれに至る物語や展開なんじゃない
細かい設定は後で本編に矛盾ないよう再設定するとかすれば



67. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 22:15

それに1年戦争で結局ジオン公国とその戦争主導したザビ家メンバーは居なくなってる=脅威ではなく歴史になったわけでそれでだいたいは溜飲下がったんじゃないの?
あと結局その後連邦はスペースノイドへの圧力強めたわけでしょ?
と、なれば今もういないジオン公国より現在進行形で圧力加えてくる連邦憎いになるんでは



69. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 22:58

元々、増えすぎた人口ってのが問題だったのかもね
あまりに多ければ、全てをザビ家で統治と言う訳にもいかず、多くを地方自治に任せねばならんし、それでは連邦とさして変わらない事になる上、今度はジオンに反旗を翻す者が出かねない
ザビ家が全てをコントロール可能なレベルまで人口減らしをするのは、開戦前から予定されてたのではないかと思える
その片鱗がギレンの選民思想に見える気がする



70. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 23:39

参加したジオン軍にも大量殺戮に罪悪感を感じ、後悔して「同じスペースノイドの市民を殺すのは二度としたくない」と思っていた軍人が多かった
だから残党化した後は「同胞に矛先を向けないで連邦やアースノイドとだけ戦う組織」にクリーン化した…という説はどうだろうか
実際、戦後のジオン残党系勢力はデラーズフリートからシャアネオジオンに至るまで、スペースノイドの一般市民を非道な理由で殺戮してはいないでしょ?
過去に大罪を犯していたとしても、反省して正義の為に戦っているならそれに共感や支持をするスペースノイドの一般市民が出てもおかしくない
やってることはまごう事なきテロだが、少なくともスペースノイドの一般市民を攻撃対象にしてはいない



71. GUNDAMがお送りします : 2017年12月23日 23:55

一年戦争ではジオンは選民思想と連邦の支配からの独立を唱ったけど
ハマーンはザビ家の復興と自治の要求
シャアは地球を人類の環境悪化から守る為に 全人類を宇宙に上げる事が目的だっけ
ジオンの人々や残党は結局何のために闘っているのか疑問に思わないのかな



74. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 01:31

連邦の通常兵器がどれだけミノ粉散布下でザクに通用したか気になる
コロニー落としに必要な長時間作業していた部隊のザクⅡは
冷却材タンク積んで重くなってたせいもあり沢山撃墜されたらしいが
作業部隊以外の身軽に戦闘していた部隊のザクはザクⅠもザクⅡC型も
まぐれ当たり以外は対空砲や戦闘機に全然落とされないで無双してたのかな?
作業していたザクⅡが撃墜されまくったせいでベテランを多数失ったそうだが
新兵をザクⅠで作業・ベテランをザクⅡで戦闘という配置じゃ駄目だったのだろうか……



76. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 01:50

ジオンは何故コロニーのスペースノイドの大虐殺を行ったのですか
開戦直後に連邦艦隊と戦闘だけを行えば良い物の何故地球連邦側に立ったと言うだけで大多数のコロニーを無差別虐殺した理由が分かりません サイド1,2,4の各コロニーを攻撃する手間をかけるより 連邦との戦闘に戦力を投入すべきだと思うのですが。
それから、この時の戦功で大佐と言う破格の昇進を行ったシャアの功績とはどの様な意味を持つ物だったのでしょうか



80. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 07:51

※76
大佐になったのはキシリアに拾われてからだな
ファースト開始時点、つまり一週間戦争の後では少佐

昇進の理由だけど、戦艦と言うのは敵の指揮官が座乗している指揮の中枢だったり、
それ自体が大きな戦力だったりで、物凄く重要な価値ある獲物な訳だ
そいつを一人で何隻も沈めてるんだから評価されないわけがない
またジオンの上層部としては功績を上げればちゃんと評価するということをアピールすることにより、
現場のやる気を引き出すという目論見もあったろう



81. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 08:57

※76
基本的にジオンに攻撃されたサイドはすべて連邦よりで、そこには連邦の駐留艦隊やサイド防衛軍が存在した。
連邦のコロニー駐留艦隊は連邦軍内だと二線級の扱いだけど、それですらジオン軍全艦隊に匹敵する規模を持つ。
またコロニーはすべて軍港として利用できるので、ほうっておくとそこを足掛かりにされて多方面から攻撃されると数が著しく劣るジオンは即座に敗北してしまう。
これらの理由から、各コロニーを奇襲で速やかにつぶす必要があった。



86. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 12:52

※76
制宙権確保のために宇宙の連邦軍拠点はすべて確保して本国の安全を確保することが緒戦のジオンの戦略目標だったのでは?その後に連邦宇宙軍の本拠地であるルナツーの艦隊とルウムで戦ってようやくジオンは宇宙をほぼ制圧できたわけだし。

ただこの無差別虐殺って本当に意味不明なのよね。徹底抗戦したコロニーの一つや二つ皆殺しくらいならまあわからんでもないんだけどサイド丸ごと虐殺ってなんでそんなことしたの?って思う。
コロニー落とし用に無傷で手に入れたかったコロニーをガスで全滅させた(これでも十分暴挙ではあるが)のを連邦が大げさに反ジオンプロパガンダで「ジオンの虐殺!!」ってキャンペーンでもしたんじゃないかって想像したりする。あるいは民間のマスコミが煽りまくったとかね。

このときシャアが昇進したのは少佐だ。緒戦でジオンも戦意向上に英雄がほしいだろうから手ごろな戦果を挙げて見た目もいいシャアを祭り上げたんじゃないか?



88. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 14:32

※86
各サイドの全コロニーが全部連邦軍の拠点みたいなものだからな。(正確には転用可能って話だが)
宇宙に広く浅く展開するにはジオンの軍容は薄すぎる。
だからこそ邪魔なコロニー潰して代わりにソロモンとア・バオア・クー移設して拠点数制限して何とか制宙権を確保と。



87. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 14:14

ミノフスキー粒子散布下、ビーム攪乱膜展開下で艦隊戦は可能なのだろうか
一週間戦争での艦隊戦はどの様な戦術で行うのだろう
丁字戦法とか使えるのだろうか 長距離での打ち合いになるのか、肉薄して戦闘するのか
凄く興味がある



94. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 19:07

っていうかシーマが寝返るって分かってて最悪コロニー奪取まではフリでやるって分かってるはずなのに
うちの国民もといコロニー公社の人間殺すのを黙認したバスクが酷い(場合によってはジャミトフも)
ってなるだけだよな…

まあバスクって自軍巻き添えでソーラーレイ撃ってた人だから
もとより自国民も自軍も邪魔なら死んでOKの人ではあるんだが



99. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 21:49

一年戦争後はずっと低劣度紛争が続いたけど
結局一年戦争が連邦にとって最初で最後の
全面戦争だったの?



100. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 22:32

緒戦でジオンは兵力の6割が戦死 連邦は8割が戦死 と言うけど作戦行動が取れなくなく部隊の4割が戦死で全滅と定義されているから 相当凄惨な戦闘だったのだろうな どんな状況の戦闘だったのだろう

本来なら撤退すべき損害を受けて なお双方絶対に引けない作戦だから無謀で無残な戦闘だったのだろうけど ミノフスキー粒子散布下では防衛側が不利となったからジオン軍の兵力の被害が拡大したのだろうか
それともMSの推進剤が尽きても徹底抗戦しようとして被害が嵩んだのだろうか



101. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 22:41

コロニー墜とし様に拠点になりそうなコロニーを必要数無傷で手に入れる為に毒ガス攻撃を行うとしても
緒戦の戦果のプロパガンダと毒ガスによる恫喝を行えば 各サイドから相当数の志願兵を集められたのでは無いかな 最悪徴用しても良いし
ジオン軍にはミノフスキー粒子散布下の戦闘での圧倒的有利による戦果とコロニー墜としによる損害は事前に計算出来たと思うのだけど



106. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 23:34

※101
そんな経緯で編成した兵を信用できるわけないし、各サイドを占領統治するだけの余力もジオンにはない。
自国の人口の数倍の住民かかえた占領地の統治なんて地獄だぞ。

地球侵攻作戦だって資源が宇宙で十分に手に入るんだったら行わなかっただろうしな。



102. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 22:44

ガンダムに大気圏突入能力が付与されたのは コロニー墜としで無謀な大気圏突入を行ってまで戦闘しようとした戦死者が思いの外多かった為かね


103. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 22:52

ミノフスキー粒子下の戦闘でわざわざ視認しやすいカラーにしたMSで戦果を上げたシャアって凄いね わざと目立つ様にしてザビ家に近づこうとしたのだろうか


105. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 23:11

※103
追記
赤い彗星といわれる位だから相当目立ったと言う事だよね






104. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 23:07

良く判らないのだけど 核バズーカはどの作戦で使用されたの


107. GUNDAMがお送りします : 2017年12月24日 23:41

※104
ルウムまでの全戦闘。
MSにおいて一撃で艦船を轟沈可能な武装は格バズだけだった。
ここでよく誤解されるのが、格バズ=試作二号機やターンエーの使った戦略級のものと思われがちだけど、ザクC型のはもっと小型で威力も低い対艦核弾頭。(戦略級のを使おうとすると試作二号機並みの体格防御が必要になる)
連邦も核ミサイルは普通に戦艦に搭載してたはずだけど、遠距離攻撃が封じられてたせいで使用できなかったっぽい。