アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」の作り手世界一を決めるコンテスト「ガンプラビルダーズワールドカップ(W杯)2017」(バンダイ主催)の世界大会決勝戦が17日、ガンダムベース東京(東京都江東区)で行われ、14歳以下が対象のジュニアコースで中学2年生の畑めいさんの作品「悪魔との契約 ~最期の代償~」が世界一に輝いた。畑さんは、11年のコンテスト開始から15年まで5年連続で日本代表に選ばれたが、16年は代表入りを逃していた。今年は最後のジュニアコースで、初めて世界王者となった。

 畑さんの作品「悪魔との契約 ~最期の代償~」は、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のガンダムバルバトスが、悪魔のような強さを手に入れた様子を表現した。畑さんは涙を流しながら「最後の最後に金色が獲れてよかったです。ありがとうございます」と喜んだ。

https://mantan-web.jp/article/20171217dog00m200003000c.html

2017-12-17_16_24_15