0: 2017年12月25日 14:08

アルソック
ゾックの発展型、拠点警備が得意

ライザップ
ライジング・ザク・パワードの略(RI・ZA・P)、超マッシヴ

2018-01-05_01_52_05



1. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 08:20

N.E.C
ニュータイプ・エネミー・コントロール
ニュータイプの敵パイロットを脳波で操る技術

index



2. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 08:27

リック・フレアー

大口径ビームキャノンを搭載した後方支援機フレアーの宇宙用改修機。
キャノンの発射音が「wooooo!」といってるように聞こえるとか聞こえないとか



4. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 08:36

ゴディバ

ザンスカール製のMS
ダークブラウウンの装甲が特徴
帝国の女性に人気が高い



6. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:04

白鵬

テイワズ製のMS
鈍器状の武器を用いて攻撃する



7. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:05

シジマール
拠点防衛用モビルスーツ
手足の長い特異なシルエットを持つ

2018-01-25_23_22_28



8. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:12

ソフラン
ヴェイガンがガフラン、ドラドの製造が開始する前にEXA-DBのデータの一部とヴェイガンギアのデータから試作したMS(外見的には装甲を外したフレームのみのガフランに近い)。



9. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:22

ルナシー
ルナツー周辺宙域の俗称



11. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:26

ブルーインパルス
インパルスガンダムの飛行機能を強化改造した
曲芸飛行用の機体



12. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:35

アデランス
ティターンズの試作可変MS



13. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:35

グーグル
グーンをベースに早期警戒用に改修した機体
搭載されている衛星リンクシステムによってアラスカのジョシュア基地を発見した



14. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:36

ルー・テーズ
近接格闘特化型モビルスーツ
射撃装備の類いは一切なく、耐弾性を考慮したなめらかな頭部が特徴
かなり設計の古い機種ではあるものの、その設計思想は現在に至るまで受け継がれている



16. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:46

ランサーエボリューション
ウィンダムの後継機としてとある企業が開発したもの
名のエボリューションは開発者の趣味であり
正式採用の際にはランサーとされる予定



17. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:47

バス
ボールに人間輸送機能を増設した機体。すぐ落ちる。



18. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:48

オーザック
ハイザックの改修機で、後にザクIIIになる母体となった



21. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 09:55

パトリック・ロジェ
フランスの有名なメカニックが作成した高性能ワンオフ機。元は一般的な量産機だが、素材にこだわった分の性能は日本のフラッグシップ機を凌駕する。さらに美しさを兼ね備えたパーフェクトな機体。ただし寒冷地仕様なのが難点で、夏は運用できない。



23. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:13

モンスターボール

その名の通りRB-79ボールの派生機で、一年戦争集結後に徹底的な改修が施され大幅な性能向上を果たし、まさしく「モンスター」となったことからこう呼ばれる。
従来機との識別の為、機体上半分が赤く塗装されている個体が大半を占めるが、様々な現地改修機体が存在するらしくバリエーションが無駄に豊富。



24. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:14

コップ
ジオン軍初の一人乗りホバーバイク、より強力なエンジンを搭載したワッパの登場により徐々に姿を消していったがエンジンをワッパの物に換えた物が細々と生産されている。しかしワッパがホバーバイクの代名詞となっておりコップを本来の商品名で呼ぶ人間はほとんどいない。



26. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:16

ヨーグレット

ドレットノートガンダムの量産検討機であり、周囲にまで影響を及ぼす強力なNジャマーキャンセラーを搭載したMSの運用実験の為に数機が建造された。
試作品の為、あえてカラーリングは純白で統一されている。
隊長機のみ黄色のカラーリングが使用され、その見た目から『ハイレモン』と呼ばれている。



29. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:30

プラズマクラスター

色々とシャープな設計。



31. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:35

シーマン

疑似人格AI搭載試験型MA。
自らの運用状況を自己判断し必要に応じて陸戦型に可変するなどの新機軸システムを盛り込んだため、水陸両用機としての運用試験が為された。AIとオペレーター(通信要員)との会話も可能だが、その発言は非常に腹が立つと不評であったらしい。

smn-sto-02-01



32. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:37

ヴァーゲン

ティターンズの毒ガス散布用MS
外装を変えたいくつかのバリエーションが存在する



35. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:40

ギンガム・チェック

ギンガナム専用マヒローの別称。トロイダル状防楯内臓メガ粒子砲を両肩に一基ずつ搭載しており、火力・防御力の向上、機体バランスを高めた専用機になっている。



38. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:42

マンダム
RX78-2開発前に提出された別プラン
特筆すべき点は装甲表面のきめ細かさ
専用塗料と組み合わせることで摩擦係数を激減させ、敵の砲弾を滑らせるという避弾経始を先鋭化させたコンセプトであった
しかし装甲材と専用塗料ともに高コスト、実用的な効力を維持するためのメンテナンスも高コスト、また装甲以外の機動兵器としての仕様は凡庸で実戦に耐えない等々の問題点が早々に浮き彫りになり闇に葬られた
「化粧の手間がかかる兵器が役に立つか」とはある高官の弁



39. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:46

バルミューダ
火力の高さが売りのOT用MS
対抗機としてデロンギが存在する



41. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:48

ブルゾン
初期ザフト製の水陸両用MS
裾が詰まり背中に膨らみを持たせたようなシルエットをしている



43. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:53

ナットー

ハン=アサーゴ地上軍の局地戦用MS
OSに癖があり一部の搭乗者や整備兵からは忌避されるが、ひとたび慣れれば従来機よりも安定する操作性と高い耐久性により、粘り強く戦列を維持した



45. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:56

ティファール
ジャンクから組み立てティファ用に調整した機体
機体名がそのまんまなので恥ずかしがって乗らなかった。よくレバーの取っ手がとれる欠点がある



48. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 10:59

ザブトゥン
ジオン軍MSキャリア。隠密性を高めるため、MSを正座させて地表をホバー移動するユニット。
二つ折りにすることで簡易的なトーチカになり、特にMSを地面に寝転がらせての狙撃姿勢の維持に最適。

オフトゥン
ジオン軍MSキャリア。ザブトゥンのコンセプトをさらに進め、最初からMSを寝かせたまま運用する。
構造上MSを挟み込む形の運用により装甲も強化されるため、MSが出てこない戦場もあったという。

ヒトゥダメニス・ルクッション
ザブトゥンとオフトゥンの両方の利点を併せ持たせるために試作された。MSの姿勢に合わせ、柔軟な変形が可能。



49. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 11:02

カットソー

アメリア軍がデータ解析のために拾い集めたカットシーを損傷箇所を補って修復した捕獲改修MS。右腕と頭部センサーはジャハナムのものをそのまま流用しているが、ユニバーサル規格のおかげでほぼ支障なく運用することが出来た。



52. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 11:12

ファブリーズ

資源採掘の為に運ばれてきた小惑星を改造した小惑星基地

mv-jokin



55. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 11:17

デストラーデ
西部艦隊ライオンズ級一番艦ホワイトレオ所属の拠点侵攻用決戦モビルスーツ



57. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 11:19

ギッシャ
ガッシャのMA並みの装甲、加速性能に目をつけたある開発者が
最前線への物資・兵員輸送機として再設計した機体

しかし、試作機の段階で加速性能に不備が生じ、非常にゆっくりとしたスピードしか
出せなくなることが発覚し、計画は頓挫してしまった

ちなみに、さる高級官僚が試作機を何故か気に入り、
居住性と華美な装飾を付け加えた本機を自身の移動手段にしたという説が存在する



59. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 11:23

ツイッター

連邦のMS、パイロットはかなり多い

ツイッターは人の精神に大きく作用するEXZMシステムに近い機能が搭載されており、パイロットによっては超攻撃的な性能を見せる

ツイッター同士に作用するリツイートシステムや、イイネシステムにより性能が向上する



61. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 11:29

※59
インスタグラム
ツイッターと同時運用されることも珍しくないMS
高い機動性を持ち敵対勢力からは「蝿」の蔑称を受ける
またフォトジェニック砲を有する直感的な操作も人気であるが、しばしば狙いが逸れて炎上する



65. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 11:49

バット
ボールと対になるモビルポッド
細長い

2018-01-25_23_24_40



72. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 12:07

シチズン

時計産業からMS産業に参入したメーカーが開発した、民間向けの自家用MS
シチズン=市民の名前のとおり、大衆向けに安価に生産されたモデルで、広く普及している



75. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 12:11

スポーツGM
UC.0100年代にモビルスーツを使用した競技スポーツが流行したが、その際に、もっとも多く使われたのが連邦軍払い下げのGMであった。この競技用GMはスポーツGMと呼ばれ、装甲などが撤去された為、軍用型に比べて軽量化が行われていた



77. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 12:14

レッド・ロブスター

ヴァル・ヴァロの発展強化型。尾部にロングフレキシブルスラスターを取り付け、折りたたんでその向きを前方に向けると最高速度で後退しながらの攻撃力を維持する事が可能だった。



81. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 12:21

メタボ

メタスの強化型試作MS。重装甲化により運動性が劣悪。また、ミノフスキー粒子の代わりにコレステロール粒子を利用したが循環パイプに詰まりやすく破損が相次ぎ廃案に。



84. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 12:26

ヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメ

ガンダムフレームグシオンの複数の強化オプション群。
装備の程度によって、マシ、マシマシ、チョモランマと併せて使用する。



85. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 12:27

ジャスコ

別名プロトタイプジャハナム。ジャハナムの本格製造を行う前に試作品として3機が製造された。
当初はアメリア軍量産MSの名称はジャハナムではなく、本機のペットネーム『ジャスコ』となる予定だった。
最終的にアメリア軍量産MSの名称はジャハナムとなり、古いMS乗りや整備士がジャハナムの事を稀に『ジャスコ』と呼ぶ程度にしかこのMSの存在は浸透しなかった。



93. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 12:49

ジン・ライム
ザフトのMSパイロット、シロサキ少佐が乗っていたジンの通称
パーソナルカラーであるライムグリーンに塗装された機体に乗った彼は「緑の稲妻」とも呼ばれていた



94. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 13:00

メガドライブ
かつて主流だったMS用の動力源
多彩なオプションパーツで出力を増強させるなどで
だましだまし使う者もいた



97. GUNDAMがお送りします : 2018年01月12日 13:11

シマムラ

オーブがムラサメの発展機として開発した可変MS
高い性能と生産性を両立する優秀な機体であり、早期に量産された
その可愛らしいカジュアルな外見から、女性パイロットに高い人気を誇る
ザフトの量産機ユニクロはライバル的存在