0:2017年12月23日 21:26

そりゃパイロット1人が動けばMSを動かすことはできるだろう。
だけど実際は整備担当だって1機体1人というわけではないし、オペレーターみたいな外部からのサポート役も必要なわけで、
軍事行動が取れるレベルで、MSを戦闘力の単位として数えられるレベルで必要な人数って1機につき何人ぐらい必要なんだ?

f29878e5



1. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 08:02

パイロット1人
オペレーター1人
整備士10人 最低人数これぐらいかな?



3. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 08:11

ただ動かすのと軍の部隊の中で運用するのは違うんじゃない
W勢のガンダムは基本的に一人での運用を前提にしているだろ
ゲゼも一人で動かせそう
∀は別格かな



4. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 08:17

整備士10人くらいいるんじゃないの?
同時に締めたり緩めたりする部分もあるだろうし。釣り上げ操作するオペも必要だろうし。コックピットで操作する整備士も必要だろうし。



5. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 08:19

機種によるだろうけど、ヴァルヴァロですらウラキとケリィの二人で動かせるようになったんだから、量産型のMSなら一人で済むんじゃね?


6. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 08:19

コロ落ちのホワイトディンゴ隊の場合はMS一機辺り10人の整備士が付くと説明されてたな確か


7. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 08:20

難しいところだね
大量生産された量産型である前提なら、運用数を増やせば相対的に運用に必要な人数を漸減させる事ができる筈
逆に少数だと人件費が余計にかかる印象
1機だと5人、3機だと10人、10機なら30人とかそんな感じで



8. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 08:25

W勢。MS自体が一部を除いて既製の重機や民生品の集合体でもあり
OZのMSと同じ規格の部品を使っている
倒したOZのMSから弾薬の他に推進剤や修理部品も調達
場合によってはリーオーの腕や頭を付けても動くユニバーサル規格



9. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 08:28

整備員の人数よりも、重量物を簡単に移動できる重機や工具
十分な補給・交換部品があれば、少人数でも何とかこなせる……はず



11. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 08:37

ケンプファーはサイクロプス隊だけで組み立てて稼働出来たし、ザクⅡ改もバーニィとアルの二人で修理してたから時間かかって良いなら人数はそんなにいらないと思う。(オペレーターなしの自己判断で戦う必要あり)


13. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 08:49

※11
組み立てが容易なのもウリの一つだったしケンプファーは



16. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:01

自動化が進んでるとはいえ精密機械の塊だしやっぱり2~30人は必要なんじゃないだろうか


17. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:05

トラックとかの整備してますが、例えばトラック1台整備で効率よく回すなら3人は必要、知り合いの重機整備も3人いればとか前言ってたので参考までに、1人でも出来ない事は無いが、時間的効率が悪すぎる
逆にモビルスーツはデカく手足等バラして整備可能と思うので、10人くらいで整備回した方が早そう、あくまで推測だが



18. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:16

運用に関わる人材の範囲をどこまで広げるかに拠る。
例えばインパルスやVガンダムなら、A/Bパーツを使い捨てし続ければ
パイロット×1とコアスプレンダーの整備員だけで事足りる・・・が
その場合、A/Bパーツを製造する工廠の人員は範囲外と言えるのか?と。

つまり一般的なMSでも前線での整備はユニット交換が主体である以上、
そのユニットを製造し、前線まで輸送する人材まで「運用に必要な人員」と数えれば
艦内で直接かかわる人員の「数十倍の後方要員」が必要となると思われる。



20. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:17

08でMS3体、指揮車1 オペ1で運用してたし、この場合整備は簡易的なものを皆でやってたと思う(作戦中は)
これを基準に考えると、ベテラン整備士一人つけて、他の隊員を助手として整備に当てれば最低限の作戦行動は可能なんじゃないかな?
編成としては、パイロット1 指揮1 オペ1 整備1
あまり実用的じゃないけど・・・



22. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:23

バルバトスルプスの補給の際、ピットクルーばりの人数で事にあたってたから戦闘中は最低人数増えそう


23. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:31

時間かければヒイロ達みたいに一人でもどうにかなるだろうけど、軍隊でパトロール任務などに通常運用する場合なら整備兵1チームで10人前後、ナビやらの通信索敵要員が1~3人、それに補給部隊が引っ付くから最低でも50人規模じゃないか。


30. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:45

※23
そういやヒイロはデスサイズからパーツ盗んだとは言え、ヒイロがたった1晩?でかなりぶっ壊れたWガンダム修復してたな
そう考えるとWガンダムはかなり整備性高いんだろうな…………可変機の癖して



24. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:32

オーバーホールは人手が要るだろうけど、とりあえず動かせるレベルなら機械の手を借りて一人でも何とか、ってところでは
カレルの手を借りてるとはいえ四機分のオーバーホール回すイアンのおやっさんとか、格闘で動きまくって駆動系の負担大なシェンロンを単独で維持してた五飛とか例外はいるけど



27. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:43

OOだとハロが優秀すぎるからな・・。最低1人でできるな


28. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:44

ハロが自動化されているとは言え、ガンダム4機とプトレマイオス、後半はGNアームズ2機追加をイアン一人で整備してたのはすごいよね。2ndではさすがに無理があったのか、奥さんと娘追加したけど。


31. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:46

現代の戦闘機でざっくり調べたら、整備に必要な手間は1飛行時間辺り30マンアワー(整備に1人で1時間かかると1マンアワー)位っぽい。1日1ミッションで2時間飛ぶとすれば60マンアワー、整備士10人なら6時間でメンテ完了する計算。これがWW2中のP-51だと8マンアワー、極論、自分で8時間整備すれば1時間飛べる計算に。2時間飛んだら整備に16時間で過労死しそう。まぁ、これがガンダム世界で何処まで通用するかは全く不明だけど・・・・・・


32. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:47

整備士の数は場所によって変わってきそうだな。
整備場のある戦艦や基地内だと1チーム10人前後着けれるだろうし、小隊だったら3〜5人、遭難した場合は1人で全てやるようだしな。



33. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:48

基本、おやっさん一人とカレルで整備出来てたってことはCBガンダムは整備性がとてもいいのかも?
カレル操縦してるハロも超優秀なんだろうけど



34. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:48

現場の整備がどこまでやる必要があるかって問題もあるな
中破くらいなら現場で直して次の戦闘にも出せ、って言うなら優秀な整備士が相当数いないと無理だろうけど
現場では応急処置や消耗部品の交換程度、それ以上の故障機は予備機と交換し後方の工場に送る、なら少人数で済む
普通の艦隊運用や大規模拠点なら後者で十分だろうけど、WBやアーガマみたいな独立運用艦や前線基地なら前者の体勢が必要になるだろう



38. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:57

パイロットも最低限のメンテナンスが行えて整備士によるメンテナンスずみ状態なら、
作戦行動中は軽微な損傷を受けてもパイロットだけ人でも何とかなる程度じゃないの、本来は。
ガンダムの世界だとジオン残党がMSを長期間運用していたり、ZZでゲルググを民間人が
稼動可能な状態を維持できているくらいだから、有る程度知識があれば整備士がいなくても
何とかなるように設計されているんじゃないかと。



39. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 09:57

直すというよりも交換するという感じだろうね。
腕の一部が壊れても腕自体を丸々交換。
後は消耗品の補充。

これならある程度人数を絞れる。



42. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 10:13

軍隊でMS一機を運用するのには予備部品や弾薬なんかの補給が必要だから、それらを調達する人、前線まで運ぶ人、その補給計画を立案する人が必要になる。それにパイロットや整備員に対する補給(彼らも飯を食う)も必要
その辺りまでカウントすると、前線までの距離にもよるけど、MS一機に対して100人じゃ足りないと思う



44. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 10:26

ソレスタルビーイングはハロがやってくるてるんだよな
自衛隊機だと機体整備、エンジン整備、電子整備、武器整備といった
感じで各パートごとに専門職がいるし、整備のフェーズごとにも人員が変わってくるはず。



47. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 10:50

陸戦型ガンダムはMGの解説だと野戦を想定してパイロット単独でも最低限度の整備は行えるよう設計されてるって書いてあったな


48. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 10:57

そういや、スパロボで見るような補給・修理用の機体って殆ど見ないな
出てもプチモビ止まりっぽいようなイメージだわ
野戦修理用とかに旧型MSの改造型工作機とかあっても良いのに



50. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 11:17

特殊なシステムが組み込んである機体を除き
かつ時間をかけれるなら1人でもできそう
ただ部隊にいる以上、いつ敵が来るかもわからない状況では
早急で確実な整備が必要になってくるから必然的に人員は必要
最低でも5人は欲しいな



55. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 12:02

軽いメンテとかは設備なしでもできるけど本格的にパーツ外したり付け替えたりは工場とか設備ないと無理だろうな

再放送やってるWの4話でもヒイロがデスサイズからパーツ抜き取って直したのもクレーンアームとかないと無理
解体されたデスサイズのシーン見ると腹の当たりから太いケーブルをアームか何かで引っ張り出してるように見えるし(酷い)



56. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 12:04

戦時と平時でわけて考える必要があるな
平時なら一回の出撃毎に整備するの丸一日にかけても大丈夫だけど
戦時なら一度帰還、整備補給して30分後に再出撃とか、それを同時に3機一小隊分面倒見たいといけないとかあるだろうし



60. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 12:14

ア・バオア・クー戦みたいな大規模作戦だと弾と推進材の補給だけして出撃になったりしそうだしな。連邦の場合、あのときは甲板とか艦底に固定が限界だからまともな修理や整備すらできなかったんじゃ

なんであれ状況による
00のカスフラ・オバフラみたいに独自チューンしてると教授やビリーとか一定以上のレベルの技師にしか調整できない場合もある



61. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 12:15

整備するにあたって必要になるのがクレーン等の重機なんだが
MSの場合それ自体が重機としても使えるというのが他の兵器にはないメリットだと思う
MSが2機以上あれば1機を整備するのにもう1機を重機として使うことで設備のない環境でも整備が行える



64. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 12:26

ピースミリオンに乗ってからはWのガンダム五機(とトーラス)は整備員に補給修理任せてたけどけっこうな人数が動員されてた記憶がある
ヘビアのミサイルの積み込みもアームか何かでやってたし

あのときはリーブラ追撃中で追い付いて本格的な戦いになったら決戦だったし、その前のビルゴ戦でヒイロ以外は疲弊しちゃってたのもあるけど
まあ、宇宙で補給修理できる拠点って足場できたから好き放題やれるぜって思う存分戦っちゃったとも言える



66. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 12:32

確かにW連中は基本単独で撤退等含めて支援・サポートなしと、ある程度セーブの必要もあったから、その辺をバックアップしてくれる存在があればより戦えるか

単独で襲ってMS等で歩いて返って、満足な修理設備も無しで各地を転々としなきゃならんのと、大型の移動拠点ありじゃまるで違うわなぁ



67. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 12:37

多分これだけ普及してるんだからMS自体の設計や整備側の設備・道具といった整備性全般も
現代の戦闘機とかと比べたら格段に向上してるだろうけど
18mの精密機械の塊の巨人を戦闘行動できるように仕上げろとか20人いても足りない気がする
ハロやバグが作れるんだからハンガーに小型の簡易メンテロボとか
個人用のアシストメカとかもっと描写されてもいいと思う



68. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 12:41

最低限って意味なら1人でも効率を考えなければいけるだろうかと。
現実的にはパイロットが交代要員含めて3人、オペレーターが2人、整備班が10人、これらを纏めるリーダーが1人の16人くらいは欲しいかな?
実際ならパイロットもオペレーターも整備班も機体専属ってことはないだろうからもうちょい複雑だと思うが



69. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 12:43

本当の本当に最低限であれば1機にひとりでいい。
小隊を遊撃行動させて、機体整備は現地でパイロットに応急措置程度にやらせればいい。使い捨て前提の運用をするなら本格的な整備や補給は必須ではないしな。
無論それが有効かどうかはまた別の話だが。



70. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 12:50

これは艦載MS数と乗務員の設定がわかれば大体割り出せるんじゃないの
どっかに無いか



71. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 13:20

フリーデンはクルー40人で、メカマンが10~20いる印象
操舵のシンゴが買い取り相手と会話もしてるから、貨物の搬送とか管理とかみんな兼任はしてるだろうけど
ガロードがやってたけどパイロットはMSで運搬作業とかやってるはず



72. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 13:31

ロンド・ベル(ラー・カイラム)の格納庫でもそれなりにメカマンがいたから船の規模が大きいほど人数はいるはず

リーブラとかほぼ戦闘はMD任せだから輸送船とかリーブラの操作員、MDとかの船の修理したりする作業員がほとんどじゃないかな。コロニー出身者ばかりだから機械作業はある程度できるだろうし、戦闘がMDに丸投げできるからリーブラはカーンズたちにとってかなり都合の良い代物だったんだろうな



77. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 14:22

戦闘機だとフレームや全体の整備、火器の整備、火器管制装置の整備、推進器の整備、動力炉の整備、電子機器の整備、油圧の整備、ランディングギアの整備、計器の整備、コクピット周りの整備、補給管理、部品の調達・調整で12前後の専門的な整備部門がついてる。一人では作業できない箇所もあるから1期整備するのに15人前後、それと監督者1人が整備スタッフの最低ラインのはず
いくらハイテク化が進んだ未来でも専門分野の統合までは行われないだろうから整備スタッフ16人、パイロット、管制官の18人がまともに運用するための最低ラインだと思う。OOみたいに点検や作業の自動化が進めば別だけど



78. GUNDAMがお送りします : 2018年03月21日 14:30

ダリル機整備班も10人ぐらい居たからそんなもんなんだろうな。