0:2018年01月07日 22:22

MSの始祖であるトールギスは15G以上の最大加速で飛行し、次に開発され最初のガンダムであるウイングゼロもおそらくトールギス以上の性能で飛行可能。

にもかかわらず、その後継機であるオペレーション・メテオ用ガンダム五機の内、飛べるのがウイング一機のみというのはどういうことなんだろうか? オペレーション・メテオが宇宙での作戦ならまだ解かるけれど、本来はコロニー落として荒廃した地球上での活動を念頭に置いていたならなおのこと各ガンダム単体で飛行出来た方が良かったはずなのに……。

メタな見方をすれば、デザインや設定が生まれた順番は「主役の五機ガンダム」⇒「敵役トールギス」⇒「後期主役機ウイングゼロ」で、そこから設定を組んだから順番「トールギス」⇒「ウイングゼロ」⇒「五機ガンダム」と入れ替わったからこんなことになったのは何となく解かるので、そういったメタな見方ではないご意見をいただければと思います。

2046088_201412180895305001418860768c



1. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:20

サンドロックは最初からマグアナック隊と連携する想定があったからまぁ良いんじゃね

fcdf26b6



2. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:20

制作した博士等の得意/不得意分野上の理由で、5機Gが特化型になったとか?
W0やトールギスは共同開発だった筈



3. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:22

一応5機のガンダムも飛行はできなくとも、バーニアをふかしての大ジャンプを用いた飛行はできたはず。
飛行能力も不必要として切られたんじゃね?
サンドロックは指揮官的なポジションで浮かんでいたら的になる。
ヘビーアームズも下手に空中で打つと反動で姿勢制御が面倒になる。
シェンロンは格闘重視で、格闘戦には踏み込みが大切なのに浮いていたら意味がない。
デスサイズは隠密なのに飛んで自己主張してどうすんのってなる。
各機体の長所と短所を考えると、飛んで戦闘する意味がないという判断だったんじゃねえの?
他の4博士はDr.Jが飛行型作るだろうから空担当はあいつに任せるかという無言の連携があったのかもしれない。



6. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:29

たしかにドクターJ以外は飛行機能付けるの下手くそだったのかもな


8. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:33

一応それぞれにそれぞれの役割がある予定だったから。
まあ総合的な汎用性なら全員W01でいい気がしないでもない。



12. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:42

ゲリラ的な使い方するなら迅速な侵攻、制圧、離脱のために飛行能力は必須だと思うんだけどね。
特にヘビアなんかは短期決戦だから、飛んだ方が目標を狙いやすいと思う。

ヴァエイト、メリクリウスを見るに飛行能力ないのは、1つの機能に特化させ過ぎた結果、オミットすることになったからじゃない?



13. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:43

ヘビーアームズなんかは弾丸補充が制圧した後にOZからかっぱらうだし、飛行による一撃離脱をする思想じゃないってのはある。


16. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:45

たまたまそういうコンセプトだってだけだろう
他のガンダムだってゲリラ戦するなら遮蔽物多い方がいいけど
ある意味01は5機の中では真っ当な戦法を選んでるといえる



17. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:46

博士の趣味だろう
飛べないどころかまともな遠隔兵器持ってる奴が一体だけっていう明らかに趣味の産物だぞ



18. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:56

デスサイズはステルスとECM以外に高出力ビーム武器持ってるからビーム技術も十分ある
(収束技術に電磁場が使われてるからか)

ヘビーアームズもビームガトリングのビームはビルゴ倒せる出力で高速連射するので技術的は十分ある

サンドロックは実体剣とミサイル主体でビーム技術なし。パワーと強度重視設計

シェンロンはのグレイブの穂先(ショート)はビームサーベルで出力の詳細不明
ドラゴンハングのアームと爪と全身の駆動系技術が高くて柔軟に動く

ウイングはビームサーベルはリーオー斬るときちょっと手応えあるから出力は他より劣る
バスターライフルはビームの超圧縮加速発射技術と内蔵の高出力バッテリー技術の塊で超出力



19. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:56

空なんて飛んだら下から狙われるだけだろ。
地上にいれば下は地面だからそもそも攻撃されず、地形に隠れることもできる。
何故全周囲無防備な空中に行きたがる。
ビーム兵器とかあるから地対空兵器のレベルは現実より圧倒的に上のはずだぞ。



20. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:56

戦わずに移動しなければならない場面もあるから長距離はこっそり運べばOKの考えなんじゃね


21. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 18:56

トールギス→殺人的な加速
エアリーズ→パワーとアーマーアビリティ低め

重装にするとパイロットの健康に良くないパワーの機体になるし、軽くするとひ弱なボーイになるからでは?
でも、エアリーズはトラゴスよりも重いんだよなぁ。飛ばすための機構のせい?



22. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:03

※21
肩のエンジンがデカイ
本体重量にプラス燃料積むとさらに重くなる

ミサイル装備するとかなり重くなるので満載して上昇に手間取るエアリーズに「装備が重すぎるんだ!」ってヒイロが突っ込んでる

WのMSはセリフ聞く限り武器や盾がかなり重いっぽい



24. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:04

あの博士連中の趣味の現れだから兵器としての性能以外の事は考慮に入れてないだろ。
大元のゼロもトールギスもパイロットの生命すら考慮に入れてないしw

47cce8e8



25. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:09

※24
トールギスは単機で強襲してビームで敵一掃して格闘戦の必要があればサーベル使うってコンセプト

ゼロはこれにゼロシステムで戦略レベルの視野とコロニー破壊できる火力持たせたもの
バード形態でさらに高速長距離移動
全身ガンダニュウムで超装甲
おまけでステルスもある

最初から一貫して考えてることは同じとも言える



26. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:14

※25
そのコンセプトを実現させる過程で人間という要素を無視してまで性能を追求したというところも同じだな。

兵器という存在に対する博士たちの屈折した愛情と憎悪が現れてて実に彼ららしいw−



27. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:15

デスサイズはステルスで忍び寄るから単独行動
ウイングも飛行して襲撃するから単独行動

ヘビーアームズは御曹司がパイロット予定で本当は支援と補給部隊もいたけどトロワが殲滅してから降下した

サンドロックはマグアナックと合流して部隊率いる

シェンロンだけは詳細不明。



31. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:22

FTでのマックスウェル神父曰く、空対空ミサイルの命中精度が異常に高かったから空中戦はやらなかったとか

ガンダニュウム製機体は元から探知されにくいのが利点の一つだし、遮蔽物のある地上で行動して被発見リスクを抑える方が、半端な飛行能力よりも有効だったのでは?
その半端な飛行能力以上のものを実現できたのがウイングだけだったんだろう



32. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:23

そんな空飛んで移動したら索敵網に引っかかるからな
Wのガンダムの単騎テロのコンセプトから言えば01がおかしい



34. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:25

実際に10話の自爆回でバードモードのウイングが索敵に引っかかってるな

しかも高速移動してるから01しかいないってことでトールギスが当てられた



36. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:26

バードモードで見つかるのはスラスター噴射してるからか


37. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:26

あの制作陣なら飛べないなら飛ぶ乗り物使えばいいじゃない、で済ませそう


38. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:28

ウイングも含めてだけど中盤までみんな長距離の移動にはわりと輸送機使ってる
トロワとカトルはトレーラーも



40. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:37

5機セットの運用というのを考えた場合
ウイングで制空権の確保、残り4機で地上基地の制圧が無難だろう
制圧後にバートン軍に引き渡して、ガンダムは次の作戦目標へ

移動を輸送機にすれば、ウイング以外の飛行能力は不要



44. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:47

運用性とか考慮せずに5博士が自分の趣味前回で作ったからだろ
共同開発のトールギスとゼロとかと違って
自分だけで全体のデザインから好き勝手弄り回せるんだから
Wがゼロに似通ってるのだってあれがドクターJの理想のカタチ何だろうよ。



47. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 19:56

行きはこっそり近づいて帰りは輸送機奪ってトンズラだから飛ぶ必要がない


48. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 20:00

トールギスはチタニウム合金、ガンダムはガンダニウム合金で比重が違うのでは?
トールギスがバカでかいバーニアで長時間飛んでるから飛行可能であるイメージが強くあるけど、ガンダムの異常な軽さを思えば瞬発的な加速性能は大差ないのかも



51. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 20:02

OZってレーダーで索敵してたし索敵の範囲も結構広かった気がする


52. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 20:05

・元々、ウイングゼロは宇宙空間での戦闘に特化した機体として開発された
・後のガンダム五機はオペレーションメテオもあって地上向けに特化
・ただし、ウイングガンダムだけはゼロの意匠を強く継いでて、変形機構だの装備関連だの元がゼロに近い

開発者のJが高出力ビーム兵器の専門だし、バスターライフルの火力と弾数を考えたら、MA形態で一気に突入して、バスターライフルで目標を薙ぎ払って、ヒットアンドアウェイ的に帰還するって用途だったんだろな

機体性能として、他の機体には可変機構だの航続能力だのを追加する意味も余裕もなかったというか、それやっちゃうとトールギスやゼロの失敗の二の舞になるからって自重しただけの気がする



54. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 20:11

軍隊みたいに組織だって動く訳じゃないからメンテナンスに手間がかかる飛行機能はオミットした可能性が高いな、ウイングも地上ルートや海上ルートで目標施設の近くまで接近してバードモードで強襲、施設を破壊して再びバードモードで離脱ってのが本来の運用思想だったんだと思う


60. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 20:29

まぁそういった話を埋めるための敗者たちの栄光でもあるんじゃない?
ひとしきり追加飛行パーツは出てたよな?



61. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 20:32

Wの世界ってミノ粉やそれに準じるレーダー阻害物質がないのに長距離ミサイルが全く活躍しなかった気がする
トールギスの16Gの殺人的加速がよく話題になるけど現実の対空ミサイルは50Gだから空中運動性はトールギスよりミサイルの方が遥かに上のはずなんだよな
あの世界はミサイル技術が現実より劣ってたんだろうか



63. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 20:43

※61
運動性と言っても、全身の色んな方向にバーニアを持ってるMSと
ほぼ直線に噴射するミサイルとじゃ単純な加速Gで比較は出来なくないか?

もちろん直線噴射が物凄く速いなら、人間が銃弾を避けられないように気付いたら食らってる可能性はあるが
地上ならまだしも、三次元的に動ける宇宙ではあまり意味の無い可能性もある

地上はOZが支配してるだけあって、ミサイルは地上にも大きな被害を及ぼすから敬遠されてたとか



65. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 20:49

※61
トールギスはキャンサーに対空ミサイル一斉射されてエアリーズ二機に抑えられながらさらに加速したにも関わらず全弾命中&すごい勢いで海中に落とされてるから対空ミサイルは有効っぽい

ちなみにジャンプの話だけどデスサイズ以外
・ウイングは9話でトラゴス踏み台使って脹脛バーニア噴射だけでMSの何倍も高いとこにある司令塔までジャンプしてる
・シェンロンは12話で逃げるブントの輸送機までジャンプ一回とエアリーズをハングで捕まえて支えにして輸送機にグレイブ突き立て
・ヘビーアームズは10話で輸送機から飛び出すも全力噴射してるっぽいのにどんどん落下して滑り込み着地
・サンドロックは3話で上昇して引き撃ちするワーカーのエアリーズのとこまで脹脛バーニアだけで辿り着いてクロスクラッシャー



68. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 20:57

デスサイズ以外のジャンプ力比較するとこうなる
デスサイズは正面突撃と列車返しで噴射しかないかな?ジャンプしてるシーンあっただろうか

ウイング・サンドロック(バックパック使わず)>シェンロン>>>ヘビーアームズ

ウイングは羽だけでホバー移動(バックダッシュ)もできる
31話のガラスの王国だと羽の噴射だけで滞空(ちょっとずつ高度下がる)してはず
ちなみにウイングは足裏・脹脛・リアスカート・両肩・羽・バックパックに推進器ある

2018-02-19_12_48_20



72. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 21:22

デスサイズがステルス爆撃機みたいなコンセプトだったらそれはそれでカッコ良さそう
シェンロンも飛んでも良いかなって思う。龍っていったら空飛んで火を吐かなきゃ

サンドロックは砂岩とかって名前のくせして飛行できるのかよって感じするし、
ヘビーアームズのような重火器重装MSは飛ばないからカッコいい



73. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 21:35

超長い・重いMS運搬列車をひっくり返してるからデスサイズは飛べても不思議じゃない
というかステルス機なのにすごい力技(脱線させただけとはいえ)
バーニアの発光と熱源探知されるから飛んで攻撃するのは宜しくないんだろうけど
一回だけ輸送機の中から地上に向かってバズーカっぽいの撃ってるけど、ああいう武器で降下作戦とかやったらデスサイズにも似合うんじゃないかな



77. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 22:28

そこはSFSで…アフターコロニー世界には無いか
まあ各々たった1機だし、適当な輸送車や輸送機パクって敵陣に突撃したら用足りるけど



79. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 22:42

あのデカさで どうやって目的地まで見つからずにたどり着いて撤退しているのか謎すぎる


81. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 22:56

※79
ガンダムだけならガンダニュウムのステルス性と本体装備のジャマーとかで索敵躱して目標に接触攻撃離脱してる



83. GUNDAMがお送りします : 2018年02月09日 23:05

確かにあんまり気にしたことなかったな

同型のトールギスは脇に置くとしても、エアリーズがあんだけたくさん飛んでる時勢で飛行用パーツのメンテが大変ってこともあるまいし

やっぱりコンセプト的に切って捨てた説が有力なのかな?



91. GUNDAMがお送りします : 2018年02月10日 00:41

敗者たちの栄光ではサンドロック以外の3機には飛行オプションがあったな
ヘビーアームズは浮いてるだけみたいなもんだが



93. GUNDAMがお送りします : 2018年02月10日 01:37

シェンロンは飛べないけどジャンプはできるなら、もしかしたらアルトロンの方は飛べるんじゃないかな
バインダーと脚にバーニア追加してるし



95. GUNDAMがお送りします : 2018年02月10日 02:08

※93
EWだとゼロが海に沈んだ時に普通に空中でホバリングしてたな