0:2018年01月28日 17:28

「増え過ぎた人類こそ真理を踏み越えたのだ…そういう人類は消えた方がよい!」
とは言っていたけど、彼はどうしてあそこまでの凶行に至ってしまったのだろうか。
「お前(マリア女王)を占い師からここまで育てた」過去も含めて、謎が多い気がする。

jpg large



1. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:12

こいつ木星に居てドゥガチの影響受けたんだろ?
シャリア・ブルといいシロッコといい何かしら目覚めさせてしまう環境なんだろうな



2. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:13

このおじいちゃんほど、味方から「いつか消してやる」って気持ちを向けられてるガンダムキャラはあまりいないだろうなww


4. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:17

味方がズガンしかいない。

g8950325



5. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:17

エンジェルハイロウでのウッソとの問答はVガンダムの全てが詰まってる気がする
カガチ「増えすぎた人類こそ真理を踏み越えたのだ。そういう人類は消えたほうがよい」
ウッソ「一人の頭でっかちの老人のおかげで人類が全滅するなんて!僕たちが新しい方法を編み出して見せます」
カガチ「その自惚れが人類を間違えさせたんだぞ!」
ウッソ「僕たちが出来なければ次の世代がやってくれます!」
人は子を生み育てその子に超えられてやがて死んでいく、御大が伝えたかったのはここだったのだと俺は解釈してる。



6. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:20

宗教国家という成り立ちを利用して、妄想を暴走させ、人減らしが正義という自分勝手を遂行しようとした中二の爺様


7. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:20

自らの正義に正直な奴ほど、周りが見えていないんだな。
それで国を一個滅ぼしちゃうんだもんなぁ。
思想が現実に追いつかない、富野の描く典型的なボスだよな。



8. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:21

ドゥガチとカガチ。

特に似ているところは無い。



9. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:24

鉄仮面といいコイツといいやっぱラプラスの箱は開けるべきじゃなかった


10. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:24

人類というか、次の世代へとつないでいく、上からもらったバトンを下に渡すという繋がりを信じられなくなった爺さん。
占い師から育てたというのも、自分だけだとカリスマが足りないという客観的な思考ができているようでいて、前面に出しておくことで自分が失敗した時の盾にしていたんじゃなかろうか。
結局は上手くいったはよいが、その結果として自分だけでは何もできないというエゴを巨大化させるきっかけになっていたんだと思う。
そしてマリアを見下すことでそんな自分を慰撫していたんだろう。
だからこそ「拾って育ててやった」というようなセリフが出てくるんじゃないかな。



11. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:27

終末思想にハマったインテリ
シャアと大して変わらんのじゃ



13. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:29

ギレンといいジャミトフといいコイツといい全ての元凶みたいなヤツは主人公勢とかが知らないうちに死んでしまうなあ


17. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:40

※13
ガンダムって主人公に注目されがちだけど、ある種の群像劇だから。
主人公がすべての事象に関わっていると考えない方が良いと思う。
それにラスボス敵キャラが前線指揮官的な立場なら主人公達と戦っても違和感がないけど、指導者的な立場なら「なんでお前は後方で指揮に徹しなかったんだよ」ってなるだけだから。
それはもう逆シャアでやっちゃってるからやらないでしょ。



14. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:29

年寄りが権力持つとロクなことにならないという例
Vは年寄り同士の喧嘩に子どもが巻き込まれていく話



18. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:44

実は東方不敗と同じ思想を持つおじさん


19. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:45

主人公以外のオカルトパワーによって消された人


20. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:49

ガンダム、というか、アニメでありがちだよね
おっさん達が若い頃色々頑張ってきたけど結局状況は悪くなる一方
で、普通の方法では無理だから過激なことをしようとする
それを若い主人公達が阻止する

大人になってから見ると主人公より敵の方に共感して応援したくなることもあるよね
例えばティターンズなんかその後の歴史を見ると必要だったと思う
でもエンジェルハイロゥお前はやり過ぎだと思うは



21. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 17:52

宇宙世紀で人類を減らした、減らそうとしたボスは何人もいたけど、カガチは自分自身を減らされるべきダメな人類の方に分類していたのが特徴か

2018-03-02_20_16_32



26. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 18:02

新スーパーロボット大戦では、エンジェル・ハイロゥ内で放置されてロンド・ベルに保護されたお爺ちゃんだった


30. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 18:15

同じ木星に居た者同士なんだからジュドーとも面識あったのかな?


33. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 18:20

※30
面識とかはあった可能性があるだろうけど、ジュドーは船団でジュピトリスに乗っている時間が多いからなあ



39. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 18:27

※33
「可能性がゼロではない」と「可能性がある」は明確に使い分けるべきだと思うの



31. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 18:19

理屈で宗教でっち上げて人を動かした扇動家。自分のカリスマの無さを自覚しているのにねえ・・・


32. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 18:19

シャアの地球寒冷化作戦をより大規模かつ残虐な形でやろうとしたのだろう
地球圏を統治する野心があるのではなく人類そのものを作り直そうとしていたらしい



35. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 18:23

ビルドファイターズにそっくりさんいたよな
ザンスパインみたいな色のV2使ってた気がする

1d3557cb



44. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 18:51

マリアの幻影に銃を撃っておいて、その後「マリア助けてくれー」は笑った


46. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 18:52

カガチとカロッゾ(鉄仮面)とドゥガチ
こいつら一同に会ってる可能性はあるんだよな
いや、むしろこんな奴らが一同に会ってるからこそ一斉に歪んだ思想を持ったのかもしれない
歪んだ形の政治塾の同志みたいな感じで



47. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 18:55

本編でタシロに裏切られたが、クロボンゴーストでもドゥガチの息子であるキゾ中将にも裏切られた模様。
しかもその際「今まで与えられたもの全てが気に入らない!」「大人になったらマザコンは卒業しないとな!」みたいな事言われるからなぁ・・・
本当にズガンくらいしか味方いないな、この爺さん・・・



49. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 19:03

※47
そういう自身の人徳のなさを理解していたからマリアという神輿を作ったんだろな
でもそういうことしてるから人徳がないんだと思う



51. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 19:06

地球クリーン作戦やエンジェルハイロウの一件から、最初はガンダムの敵キャラにありがちな地球を支配したい人間なのかと思ってた

しかしウッソとの問答や「老人は権力を欲しない」のセリフなどから、人類に絶望してたのは本当だったんじゃないかなぁとも思えてきた

実際のとこはよく分からんけど、この爺さんは地球を手に入れたあとのプランも立てていたのだろうか…?



55. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 19:12

※51
人類の支配ではなく生物種としての浄化を画策していたフシはあると思う



57. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 19:14

ドゥガチはむしろカガチから逆算して生まれたキャラだから
オリジナルはこっちなんだろうな
まぁ初代クロボンはVと年代近いから
同じベース思想から2つのキャラを作ったのかもしれない



71. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 19:40

ギレンやダイクン、鉄仮面クラスの危険思想の持主


78. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 20:16

ガンダムって象徴的な女帝の下に汚れ役なNo.2ってのが多いな。


83. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 20:35

※78
そんなにいたっけ?
ハマーンやラクスは自分で実権握ってたしカガリがユウナの言いなりになってたのはオーブ帰還から結婚式までの短期間だし



80. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 20:25

一時期、カガチの正体が実はジュドーじゃないのかという噂が出たが、どこをどうしたらジュドーがああもなるのかがわからない。


84. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 20:36

木星ってシベリア辺りのイメージ?クッソ寒くて、半ば流刑地で資源はあるみたいな。


88. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 21:00

水金地火-アステロイドベルト-木の順番を考えるとあそこまで資源を求めて船団を出していたってのが凄いよな。
遠いから船団の中ですごす期間も増えるし、閉鎖環境ですごすから色々と変な事になりそう。
そこで変な政治結社でも作っちゃっていい感じになったから実戦してみるかとなっていたんだろうか。



89. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 21:02

神輿を立てておいて裏でコソコソやるって所は戦略にも表れてるな
バイク戦艦をバズらせておいて裏でエンジェルハイロウ
エンジェルハイロウもどんな被害が出るか一見しただけじゃ理解しがたいので対応が遅れてしまう
リガミリティアでも慎重に被害を確認してるし



90. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 21:04

木星帝国っていつから在ったのか
少なくともシロッコやジュドーの頃にはないだろ



91. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 22:00

まぁぶっちゃけ、カガチは単なる宗教狂いの偏屈な爺さんなんだろうな。
それこそ女王マリアに出会わなければ、何も出来ないまま終わる小者であっただろう。
ある意味、女王マリアを善意ある悪玉にする為に、カガチがいたとも言える。

そういう意味だと、シャクティに振り回されるウッソとも似ており、実は無.能で年老いたウッソがカガチだった、という見方もできる。
しかし、最初から運命に振り回されている事を自覚していたウッソと違い、逆に運命を作ったつもりでいたカガチは、最後まで翻弄される無.能のままで終わった。
その辺は後のクロスボーンゴーストでも描かれており、ここでもギゾ中将に翻弄される無.能にされている。

結局、本当の諸悪はその自覚が無かった女王マリアであり、カガチも自覚の無い単なる歯車に過ぎないのだ。
この善意から来る暴挙こそ、Vガンダムのテーマだと思うけどね。

Queen_Maria
 



93. GUNDAMがお送りします : 2018年02月19日 23:06

自国の首相ならありがたいけど、よその国の首相だったらこれほど迷惑な人もいないだろうな
タシロさえいなければ勝利者になれたであろう超有能な為政者だと思う



112. グラドルあみっけ: 2018年02月20日 14:01

某研究本だと、クロノクルではなくカガチこそシャアのポジションだった、という解釈は興味深い。
ウッソとの会話がそれを如実に示している。
そういった意味では実はとても中身の濃い、好きなキャラクターなのだが、どこで差がついてしまったのだろう?

後後番のWのミリアルドなんかを見ていると、同じ事をするにもイケメンで戦えないとダメなのかな?と思ったり…。

Vはカテジナばかりが全てを持って行ってしまった感があるけど、カガチこそ実は物語の中核を成していたと思う。



114. GUNDAMがお送りします : 2018年02月20日 17:23

カガチとマリアを入れ換えると、デラーズフリートっぽくなるかな?シーマみたいな汚れを厭わない行動力ある女王様も、そろそろ見たい。


117. GUNDAMがお送りします : 2018年02月21日 00:59

シャアやギレンなんかと違ってカガチが人類の粛正をするのは 何の権利が有ってと言うか必然性は何が有るのだろうね 革命や革新を起こそうとした訳でも無いし エンゼルハイロゥで人類から攻撃性を無くす事が人類のためなんてマリアを利用する口実だろうし


127. GUNDAMがお送りします : 2018年02月21日 15:39

この人、片目どうしちゃったんだろうな?
おかげで分かりやすく悪人顔だけど。