0: 2018年02月20日 22:22

同じ可変機ならゼータの方が既に完成度高いのに、可変に失敗したはずのデルタを可変機構を復活させてまで使う理由がわからない。ガンダムゼータカイとかじゃダメだったの?

dfbbc0fe552798a341bb34ef9bf5b783



1. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:05

ゼータ系にはない長所があったんじゃない?
それが何かはわからないけど



3. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:08

デルタガンダムはフレーム剛性さえ足りればゼータ系よりかは可変機構がシンプルで完成度が高いから。
リゼルは宇宙戦闘機だし、アンクシャは逆に大気圏内用で万能の可変機が欲しかった連邦が、ゼータプラスの後継機として欲しがった。
結局ゼータ系は操作性の悪さと高コストが足引っ張ってるのよ。



4. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:08

製作陣が諦めきれなかったとか?
ゼータからデータが収集出来てこれなら作れると判断したとか



5. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:09

ゼータとは異なる変形機構を試すためとか?


7. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:11

中身はゼータとデルタのニコイチらしいじゃん
ゼータはエウーゴの象徴みたいな感じになっちゃったから連邦向けにデルタの再設計って体で開発したんじゃないの?



8. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:13

Zとは違う方面でデータ収集するためにためじゃないのか、Zは完成度が高いけどコストなどの問題があるから別のアプローチから可変MSの研究をするのは間違ってはない


9. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:13

技術の進歩で、発想時にはできなかった事ができるようになったんで
とりあえず作ってみた

実際使えるかどうか武装化してみた

AEが勝手に作って、AEが軍でもないのに勝手に実戦テストするとマズいから
とりあえずアリバイ的に軍に納入して、実戦させた
ぐらいのもので、製造ライン作って量産したわけでもないから、復活ってほどでもない



10. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:16

可変機として失敗したといっても変形機構そのものがダメだったわけではないし、むしろZのほうが無理やり変形している部分もあるし


11. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:17

デルタは今の技術で作れるようになったから作ってみただけじゃなかったっけ
それ以上の理由があったっけ



12. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:17

百式系列は改型とか一応は量産実績もあるから装備や部材の互換性が見込めるから・・・といっても弱い気がするな
Z系より安価で完成度高いなんてのも眉唾だし
百式がZの踏み台みたいになっちゃったからナガノ博士の顔を立てるために初志貫徹の機会を作ってあげたとか?



13. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:18

ゼータ系は足にエンジンがあるせいでとにかくMS形態での操作性に癖がありすぎるからでは。
リゼルですらリミッターが必要。
百式系はそこらへんが通常のMSと同様っぽいから機種転換訓練とかがゼータ系よりましだとか。



14. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:18

ゼータのコストが高いから
少しでも安価な代替機を模索してたとか



16. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:19

まあぶっちゃけ全領域対応にした改良型ゼータプラスでよかったよね


19. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:20

合理的理由が全く思い付かないくらい無い
だから、政治的な理由をつけたらいいだろうな

メタ的に話せばバンダイが百式系の金型を作って流用したかったんだろうけど、それは野暮だよね



22. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:21

ゼータプラスで培った可変量産機のノウハウを活かした、一種のスピンオフと言える機体なのかも(型式にも末尾にA1って共に振られているし)
原型のデルタガンダムもフレームさえなんとかなれば高性能の可変機として産まれる筈だったから、技術革新をバックにその夢をもう一度って思ったのだろう
あわよくばゼータプラスの後継機枠になることを狙ったとか



25. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:23

デルタカイに関してはナイトロとバイオセンサーの相性の問題もあったんじゃね?
(デルタプラスにもバイオセンサーついてるって最近の資料だとなってるけど)



26. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:24

デルタの可変機構がうまく行かなかったのを改良したのがゼータ
そこからゼータプラスとかも開発されているのに
わざわざデルタの時点まで戻って開発をやりなおす合理的な理由は見当たらないんだよね



28. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:40

偉い人の肝いりで始まったプロジェクトだから
「Zガンダムの方が出来がいいんでこっちはもうやめましょう」
とは誰も言えないままズルズルと続いて今に至る

的な話が現実だと割と多い



29. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:46

多分功績者であるナガノ博士の勇退が決まったので表彰状がわりに
かつて断念したデルタの変形を実現したとかそんな感じでは



32. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:51

連邦上層部の嫌うガンダムではないという名目でロンドベルとアナハイムがうまいことやったのかも。


33. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:52

ゼータ系列はリ・ガズィ(カスタム)まで頑張ってもいい成果が得られなかったため系列全体がどん詰まりになっているのではと判断されて、だったらもっと元まで戻ってやり直してみようという発想だったんじゃないかなと。
そこから上手くいけばそれでよし、駄目でも元まで戻ることで何か得るものがあるかもしれないし。




37. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:57

Zガンダムベースの派生機多すぎ問題と同じだよ。
量産しようと試作機だけ作りまくったけど、採用されなかった。



38. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:57

フライングアーマーもそうだけど、Zがそれっぽい説得力を持たせるために作ったガジェットがデルタプラスに継承されてないのは嫌だな。


41. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 17:59

原作小説でデルタプラスは試しに作るだけ作ってどっかの格納庫だかに寝かされてたのがリディに回されたみたいなことが書かれていた気がする


45. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 18:06

軍はともかく技術者には、当時は技術的に無理だったけど今ならできます!ってのを形として示すのはメリットある
結局デルタプラスが軍には部隊編成しづらい厄介者ボッチだったあたり、御察し
Zプラスの上位機欲しいだけならZタイプの改良機の方が互換きいて良いんだよねぇ



46. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 18:06

逆に完成度が高すぎると、変にいじれないからな
現に、Ζの改修機はことごとく失敗している訳だし、新たな可変構造となるMSを模索してても、おかしくないと思うけどね

と言っても、勝ったエゥーゴの可変機はΖとメタスぐらいしかない訳だし、可変機の多かったティターンズのMSの評価は負けたせいで低い訳だしで、未完成のデルタガンダムにお鉢が巡ってきたんだろう
もしティターンズが勝ってたら、カブスレイ+やハンブラビ+とかに、なってたりしてな



53. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 18:15

案外、Ζプラスのお陰で技術的ノウハウが溜まってきたし、試しに百式の可変機プラン試してみない?という軽い出来心でやっちまった、ぐらいの感覚かもな
技術者ってのは試せるものは試したいものだし、軍人ってのは試作品でも目の前の兵器は試したいものだし、両者の出来心が結びついた結果ついうっかり戦場に投入させてしまった試作機というのは案外多いのでは



55. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 18:16

大気圏突入の為にデカい羽背負ったり、変形時に脚部を熱対策の為
上方にずらす必要が無くなる位に構造が洗練された結果じゃね?
多分大気圏突入を当時の技術で最適化したのがΔからzへの修正点。データ流用したzプラスは
大気圏突入バリエ(何型か忘れた)も考慮した結果、変形機構は概ねzに準じてる
で、飛行形態の単純な効率(重量バランスや空気抵抗etc.)ならΔの方が優れてるので
機首周りの最適化でΔの構造でも大気圏突入出来るようになった結果、採用したと推察



61. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 18:25

設定上じゃなく作劇上で言えば、デルタ顔はガンダムタイプじゃないけど特別感あって合理的ではある
登場するガンダムタイプをユニコーンガンダムだけにしつつ、主要キャラに「ガンダムではないが、ガンダムと同格」な機体を与えられる貴重な枠
他のシリーズで言うとAGEのGバウンサーとかの役回りだけど、宇宙世紀でこの枠が務めれるのは百式枠くらいだと思う



64. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 18:29

大気圏突入能力なんてニッチな機能を継承しているのも謎
ジャブロー侵攻が前提条件にあった原型機とは事情がまるで違うのに



67. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 18:34

※64
地上にもジオン残党はいるからね。
仮にデルタプラスが正式採用されてたら、ダカールやトリントンが襲撃された時に衛星軌道上からデルタプラス部隊が援軍に来る、なんて事もあったかもしれん。



65. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 18:31

シャアの反乱前後に新型可変機コンペが実施され、それに合わせて昔の可変機のプランを流用した機体が乱発された説。
デルタプラスは大気圏内外を問わずに運用できるメリットをアピールしたものの、コスト高で敢えなく落選とかそんなんじゃない?



72. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 18:42

アナハイムのチーム間の派閥の問題じゃね
ジェガンの成功でMSの新規開発が難しくなる時代だからデルタ系チームが可変機としてのデルタガンダムを一応完成させてデルタ系は成功だったと主張する為だったとか



81. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 19:03

設定的にはグリプス戦役当時に出来なかった事をやってみようって作っといた奴が倉庫の肥やしになってたから引っ張ってきたんでしょ?
作られたの逆シャア以前だし別にゼータより優れてるとかそういう訳じゃない。



84. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 19:12

作れるようになったんだから今更でも一通り作ってみたいじゃん


86. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 19:14

使えそうなのが余ってたからロンド・ベルに納入されただけで
デルタ系が復活したわけじゃなくない?



92. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 19:47

※86
作られたのがZ実用化した後なので復活と言っていい



88. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 19:18

技術検証用に実験機を作る事態はよくあることなんじゃ?
ローハイミックスでデルタの完成版を作った、でもやっぱりコストが高くつくからお蔵入りといういつもの流れ

試作→お蔵入り(パーツ取りや予備)→量産機だけじゃ足りない→放出ってことが最近多いし

いずれイオタプラスとかSガンダム2号機とか回収機が出てきても驚かんぞ



90. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 19:28

可変機を作るはずだったのが結局作れずに失敗だったじゃ済まなかったんだろう、政治的に
実機を作っておけば開発自体はちゃんとやりましたよと言い訳できる



94. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 20:21

Zプラスと同作で出てるからな
一長一短ってことにしとかないと



96. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 20:33

Zというほぼ同じ機能を持った成功例がすでにあるのに別のを作る必要あるのか?ってのが疑問なんだよね
例えるならブルーレイが普及した今になってHD-DVDを改良して売り出そうとするようなもの



105. GUNDAMがお送りします : 2018年04月15日 21:22

当時の技術では完成しきれなかったものを現在の技術でやってみたらどうなるか 技術者やそれに携わる人間からしてみたらとても魅力的ではないかね