0: 2018年03月23日 22:37

ゴップ「シロッコとはどういう男だったのかね?」
バースキー「面白い男でしたよ」
最近だと漫画ジョニ帰のこのシーン。Zを知る者としては痺れる会話だわ

_SX351_BO1,204,203,200_



1. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 08:06

ポゥ「ハリー、やれっ!」
ハリー「ギンガナム覚悟ー!!」


私ごと殺せという指示に躊躇せずに行く緊迫感



2. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 08:08

9 9 8 2 2 人 だ

DAgKYUgXoAAa_hr



4. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 08:17

ベタだけど、オットー艦長の演説かな

「軍人として、一人の大人として」は中々痺れた



5. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 08:19

シャアとガルマの最期のやりとり
目的の為に友を捨てるシャアの言い回しと、それに対するガルマの受け答えがしびれる
普段言わないような台詞ばかりで若干クサいけどそれがまた良い



7. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 08:26

イーサン「ジャブローのオフィスは快適だよ。」
コジマ「私はエアコンというものが苦手でしてな。」

イーサンがリアクション取らないのも良い。



11. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 08:45

クリスがアルに、「バーニィによろしくね」ってところで、アルが「バーニィもきっと悲しむと思うな」と答えたシーン
真実は知ってるんだけどあえて隠したんだよね
その時のアルの心情を考えるとなんとも言えない気分になる…



12. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 08:47

ベタベタだけど
「各ブロック、損害状況を知らせ!」から
「リーンホースが!」までのすべてのやりとり



13. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 08:48

やっぱりスレッガーの「悲しいけどこれ戦争なのよね」だな
ビグザムにGアーマーで下から突っ込んで駄目ならパージしてガンダムでっていう自分が犠牲になる前提の作戦を言っておいての台詞って流れだからな。
当時は子供だったからイマイチピンと来なかったけど、中学生位から意味が分かって痺れたよ。

hqdefault



15. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 08:57

ア・バオア・クー戦直前、エレベーターでのアムロ、カイ、セイラのやり取り
「逆立ちしたって人間は神様になれないからな」



16. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 09:06

F91のザビーネの台詞。セシリーを探すシーブックを見付けた時。撃墜するかと指示を仰がれた時。
「我々もバグやラフレシアになるつもりか!」
「なら難民船1隻くらい見逃せよ。彼奴の母艦かもしれんしな・・・」
「いや、いい。ドレル大隊と合流して凱旋するぞ」



17. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 09:13

運命でAAが宇宙に上がる前夜でのキラ&アスランの会話


18. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 09:13

意外と兄上も甘いようで、あたりのキシリアとギレンの会話。
あの当時のアニメでここまで全ての確執を語れることはそうそうあるまい



19. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 09:17

シャア 「私は人身御供か?」
アムロ 「人身御供の家系かもな………」

乾杯するとこまで含めて、最高に好き



20. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 09:19

「なぜ泣く」
「あなたが、泣かないからよ…」



22. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 09:41

クロスボーンガンダム、キンケドゥ対ザビーネ

「はっはっはっは、どうしてここにいる?キンケドゥ!」

「邪魔をするな、ザビーネ!」

「駄目じゃないか、死んだ奴が出て来ちゃ…死んでなきゃあぁ!」



同じく、トビア対ドゥガチ(バイオ脳)

「ベルナデッドは、返してもらう!いや…」

「貴様の…ものでは、あるまい」

「なら海賊らしく、いただいていく!」



23. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 09:41

マスク「俺とマニィが一緒に助かる為には、この方法しかないと思った!」
マニィ「はい!」
マスク「失敗したら一緒に死ぬ事になる!」
マニィ「いいわよ、ルイン!」

行くところまで行ってしまった二人の焦燥感がヤバい

Screenshot15-1-1



26. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 09:46

アストン「俺は、今まで何も考えてこなかった。自分じゃなんも。だって俺たちは・・・」
オルガ「ヒューマンデブリ。宇宙で産まれて、宇宙で死ぬことを恐れない、誇り高き選ばれた奴らだ。鉄華団はおまえたちを歓迎する」


名瀬「泣けよ。葬式ってのは、生きてるヤツに思いっきり泣くことを赦してくれる場でもあるんだ」
シノ「いやです。格好よかった仲間を見送る時、自分らがダセエのはいやです」

葬送はいい会話が多くて良回だった



28. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 09:51

カトック「戦争も、ガンダムも…お前たちからすりゃあ、生まれる前のシロモンだ…振り回されるこたぁない…ただし、これだけは忘れるな

過ちは、繰り返すな

じゃあな…」

ガロード「ジャミル…援護を頼む!」
ジャミル「わかった…!」

ガンダムX一気観、ここ何度観ても泣けて痺れる



29. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 09:55

シュレーダー「総員退艦命令のはずだが、なぜ脱出しない」
ハモンド「私もご一緒します」
シュレーダー「俺の伝説を途切れさせる気か」

何かと議論の対象のAOZだけどこのやり取りは大好き。船と船乗りと船長の間はかくありたい。



37. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 10:15

エ マ「あなたは女であり過ぎたわ!」
レコア「そうよ、私は女よ。だから今ここにいる。貴方の敵になった」
エ マ「レコア!」
レコア「だから戦うのよ!」

レコア「人の生き方は人それぞれ!他人の干渉など!」



39. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 10:41

クロボンゴーストのカーティスが言った
「それをーお前が言うのかっ!フォントおっ!」
「"やめる理由がない"と言ったのと、同じ舌でっ!」
もう痺れたよホント



40. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 11:00

アイラ「ケンカ売ってるの?」
レイジ「売るどころかタダで配ってんだよ」

完全に敵視して臨戦態勢だった頃の2人の会話が好きだぜ



45. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 11:18

絹絵とサーシェスの会話はいろんな意味で痺れる。特に絹絵を消すと決めたであろう瞬間の、少しニヤついて「GNドライヴ。」から先。


46. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 11:20

リリーナ「ヒイロ、応答して! ヒイロ!」
カチッとゼロの応答スイッチオフからの
ヒイロ「気にするなリリーナ。命なんて安いものだ。特にオレのはな……」

し、痺れるぅ〜〜〜〜〜

o0432032512850687130



48. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 11:32

V最終話のシャクティとカテジナの会話
「このオートコンパスがあれば間違いなくウーイッグに行けますから…どうなさいました?」
「いえね、雪が振ると訳もなく悲しくなりません?」
「そうですね」
あのやりとりには文学とか映画の様な雰囲気が出ていると思う



50. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 11:59

アセム「人であることを捨ててまでやる大義に何の価値がある!」
ゼハート「貴様に何が分かるッ!」
アセム「人が人であるためのエデンじゃなかったのか!!」

人が人であるための理想郷を作るのに、多くの人を殺し、それを実行する者にも感情を捨て去ることを強いるような計画はおかしいということ
そして「貴様に何が分かる」に対しゼハートの理想を本人以上に理解してることを見せつけたクリティカルな一言
55秒クッキングと揶揄されがちなこのシーンだけど、要点だけをしっかり叩きつけ30秒足らずで決着をつけるハイスピード論戦が非常に熱い



55. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 12:30

「カテジナーっ!パイロットのやる事じゃない!!」
「少しは迷ったか?信念を貫く子供など薄気味が悪い」
「こんな…こんなにも汚い手を使う人に僕は恋などしませんよ」
「じゃあ、あたしを殺してごらん…坊や」
ウッソとカテジナの会話は数々の名言を生み出しているが、
水着のお姉さん作戦直後のこの会話が一番痺れた。



57. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 12:31

Xの巷に雨の降るごとく、のくだりだな
あんな小洒落たやりとりは俺には一生できねえ

b2884825



58. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 12:38

ジュドーがグレミーに「お前、何となく流されるまま戦ってるだけだろ?考えと決意をもって戦う俺の邪魔するな」って言われて言い返せず気圧されてる時にカミーユが「ジュドー、お前は怒ってるんだろ?その怒りは戦う理由になる」と助言するシーン
アムロばっかり言われるけど、カミーユだって前作主人公としてでしゃばりすぎず、しかし新主人公を助け、導き、成長の手助けをする理想の前作主人公だと思う



64. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 13:50

「純粋に戦いを楽しむ者こそ!!」
「自分を捨てて戦える者には!!」

これぞ言葉のドッヂボール、最終決戦だからなおさら熱い



68. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 14:45

刹那「自分が幸せならそれでいいのか?」
沙慈「そうじゃない、でも、誰だって不幸になりたくないさ……」

こういう日常と非日常のギャップに苦しんでる感じがいいのよね
カタロン基地壊滅後に沙慈を叱るティエリアの会話も良い



69. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 15:50

初代でカイがホワイトベースを離れるときのアムロとの会話が痺れたな
アムロ「カイさん これを持ってってください、売ればいくらかになります」
カイ「それはお前の工作用具だろ?」
アムロ「どこにいるにもお金はいるでしょ?」
カイ「ありがとうよ。俺だってお前の全部が好きって訳じゃねえけどよ、恩に着るぜ」アムロ「そう思ってくれればうれしいです」

一人になってからからの独り言で
カイ「電気屋でも開くか。え?アムロ」

から、何だかんだで帰ってきてから
カイ「よう アムロのこの工具、一銭にもならねえってよ」
アムロ「そうですか」
とアムロに返す流れ

これから戦争から離れようとしてる仲間に自分の大切なものを餞別がわりに渡すアムロと、それを売るなんて全く考えてないカイ、そして軽口を叩きながらもちゃんとアムロに返す不器用さが堪らない



74. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 18:47

カーティスの

「そのようなお顔をしておられましたか」
「おまえはおれの命だから」
「本当を言えばおまえをこんなものに乗せたくはなかったよ」

みたいなトビアモードのセリフはもうね…
特に
「わかってます!キンケドゥさん!負けませんよ、おれは絶対に」



75. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 18:52

「誰かが誰かを生かそうとすれば、必ず誰かは生き残る事ができる」

「人は誰かが優しければ・・・生きていけるって事?」

「たとえそれが自分に向けられたものじゃなくても・・・必ずどこかに希望はあるだろ」
「たとえそれが―――化け物の腹の中だとしても」

レッドもガンダムの主人公なんだなあ・・・と思わせてくれた台詞



79. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 20:05

会話と言って良いか分からないけどアレハレ初覚醒時の会話全般が好き、特に
ハレ「今までのようにゃいかねぇぜ!!」
アレ「そうだろ!ハレルヤ!!」
のところ
ボロボロのキュリオスでジンクス2体を圧倒する様も含めてめっちゃ痺れた


Allelujah-Hallelujah



80. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 20:09

キエル「ハリー!…好きだとおっしゃってくだされば、
    アグリッパを暗殺する事だってやってのけましょうに」
ハリー「キエル・ハイム、いかように私をなぶっていただいても良い
    あなたには、ディアナ様の盾になっていただきたい」
キエル「……」
ハリー「…そのかわり愛するという愛では、それは貧しいでしょう」

影武者はやれていても抑えきれないキエル嬢の燃えるような想いも良いし
ディアナ様第一だけどキエルの心がそれに苦しめられるのを無視できないハリーの
優しさというよりは甘っちょろい人間味が大好き



83. GUNDAMがお送りします : 2018年03月27日 23:44

カミーユ「貴方はまだやる事があるでしょう!(中略)僕も貴方を信じますから!」
シャア「君の様な若者が命を落として、それで世界が救えると思っているのか!新しい時代を作るのは老人ではない!」
ハマーンとシロッコを命を捨ててでも倒そうとするカミーユを諭すシャアはこの時はまだ人の革新を信じていたんだろうな。



86. GUNDAMがお送りします : 2018年03月28日 06:37

「君に人殺しは出来ない!」
「そんな分からず屋は斬ります!」



87. GUNDAMがお送りします : 2018年03月28日 11:57

ティエリアに銃を向けられた時に説いた、刹那のガンダム観とマイスターとしての覚悟は痺れた。
それまではガンダムに乗ることに安いプライドや優越感を覚えてそうにも見えた刹那が、いかにガンダムとソレスタルビーイングに希望と信念を見出だしているかが伝わってきた。



89. GUNDAMがお送りします : 2018年03月28日 13:07

ミライ「ベルトーチカ、急いではダメよ。人と人の関係なんて、おんなじよ。時間を掛けてゆっくりとわかっていくものよ」
ベルトーチカ「よくわかりません」
ミライ「歳を取ればわかるわ。じゃあね」

アムロ「ミライさん、何を言ったんだ?」
ベルトーチカ「女同士の話」


この下り好き



92. GUNDAMがお送りします : 2018年03月28日 16:30

レイ「(ステラを連合軍に)返すのか?」
シン「あぁ。このままじゃ死んでしまう。そのあとも、実験動物みたいに…俺はそんなの!」
レイ「お前は戻ってくるんだな?」
シン「当たり前だ!」
レイ「なら急げ、ゲートは俺が開けてやる。…どんな命でも、生きられるのなら生きたいだろう。」

ここ、後々考えるとレイ自身の境遇も重ね合わせて言ってたんだろうなって切ない。



93. GUNDAMがお送りします : 2018年03月28日 16:34

アスランが変わるきっかけになった、「殺されたから殺して、殺したから殺されて…それで最後は本当に平和になるのかよ!?」
「敵ではないというならば、私を撃ちますか?"ザフトの"アスラン・ザラ!」
の二つのやりとり。



96. GUNDAMがお送りします : 2018年03月28日 21:42

小説版「コロニーの落ちた地で」のウォルター・カーティス大佐とユライア・ヒープ中佐の会話

「何しろオーストラリア大陸でラジオやTVに入る電波と言えば連邦軍の宣伝放送だけに
 なってしまいましたからね。若い連中なんかジャクリーンとかいう軽薄な小娘にうつつを
 抜かす有様ですよ」

「儂は彼女がそんなに悪い娘だとは思わんがなぁ…」
「えっ、何ですって司令官……」
「敵の宣伝放送を把握するのも司令官たるもののつとめなのだよ……いいじゃないか、
 そんなこと。それより連邦軍の攻勢だ」

連邦側はシリアスなのにジオンのオーストラリア方面軍は万事この調子w



97. GUNDAMがお送りします : 2018年03月28日 22:56

スレッガーがミライの前でカムランを叩いて

カムラン「ご婦人の口説きようが、悪いというわけさ。な、中尉」

スレッガー「そういうことさ。」

これが男のやり取りって感じでいい。ミライはいまいちわかってなかったが。



101. GUNDAMがお送りします : 2018年03月30日 20:13

コウ「満足だろうなガトー!だがそれは2号機を盗まれた俺達にとって屈辱なんだ!」
ガトー「歯車となって戦う男にはわかるまい、私は義によって立っているからな!」
このシーンの好きな台詞