0:2018年05月01日 22:39

第一話で量産機で主人公機を文字通り落とすし、
トールギスの殺人的な加速にも割とすぐ慣れるし、ゼロシステムも乗りこなすし、
相当異常な能力してるよねアイツ。

0677bbcc



1. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:02

この人もいろいろおかしいスペックしてるからねぇ…相棒も大概なんだけど

というかトールギスの殺人的加速力に耐えれただけどころかトールギスでさえ操作技術についていけなくなるってどんだけなんですかね



2. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:08

涼しい顔でトールギス2をはなから乗りこなす閣下も相当の不思議生物だよな。五飛よりも武芸を上回るし。
ガンダムパイロットたちは「そういう訓練を受けているから」で納得できるけど、OZのエースたちは謎の超人集団だ。



3. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:09

Wの作中じゃぶっち切りでトップクラスの操縦技術持っていると思う
近接武器しか積んでないピーキーすぎる機体のエピオンを完全に乗りこなしているし…



7. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:28

※3
しかもそれまでの戦歴見るに近接武器の方が得意ってわけでもないんだよな



6. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:26

だが近接特化のエピオンでゼロに取り付けたのはいいが自分のレンジで仕留めきれてないんだよなぁ
ノリで機体交換しないほうが良かったんじゃないか 

bb89ff52


8. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:29

やっぱりゼクスもトレーズ閣下も顔立ちや立ち居振る舞いだけじゃなくて本人の生身での武芸、パイロットや指揮官としても優れてるからあそこまで部下から好かれてるし、トレーズにいたっては異様なまでのカリスマが生まれてるんじゃないかと
当然二人とも若いころはがむしゃらに鍛錬積んだし、今でも描写されてないだけで可能な限り訓練は欠かさないんじゃないかと



10. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:34

トールギスに関してはその後トレーズ閣下が涼しい顔で乗りこなしてしまったので
あれ?ひょっとしてゼクス大したことなくね?感が…



12. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:40

トレーズ(24) 正規軍レベルの訓練すら受けてない可能性あり。当たり前のようにトールギスに乗れる。
ゼクス(19) 正規軍レベルの訓練は受けていると思われる。トールギスの加速に耐えられない肉体強度だったが、克服(どうやったかは不明)
ヒイロ(15) 特殊な訓練を受けている。ビルから落ちても死なず、鉄格子を素手で折り曲げられる。
デュオ(15) 特殊な訓練を受けている。コミュ力が高い
トロワ(15) 特殊な訓練は受けていない。実戦経験豊富。ジャンプ力がおかしい
カトル(15) 特殊な訓練を受けている。指揮官としても優秀
五飛(15) 特殊な訓練を受けている。多分ガンダムパイロットの中で一番頭がいい



13. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:41

最初は強者感でてたが、どんどんボロが出てきた感じ。接近戦はエピオン使ってゼロに負け、射撃は近づかないとMDに当たらない。とてもヒイロみたいなコンマ二桁以下の変態射撃は無理そう。全体的に強いんだけど、ヒイロや五飛には一歩及ばない感じ。ただ、指揮能力はカトル以上だと思う。MD使ってガンダム四機翻弄したのは素直にスゴい。


14. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:43

士官学校時代はノインに主席を譲ってもらったり、ゼクスがトールギスⅢで相手にしたサーペントと同じ量をトーラスで担当したりと実はノインのほうが強いという可能性。


15. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:44

戦術面(パイロット能力)ではガンダムパイロットとノインに及ばないけど戦略面では上って感じが・・・


20. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:53

パイロット以上に上官として優秀だった気がする。特にOZの時の部下は皆心酔してた。
まぁそのために部下が頑張りすぎて部下殺しのゼクスになってしまっていたけどね・・・



21. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:54

ウイングゼロに乗ってゼロシステム補正なしだと、アルトロンと一瞬サーベルとトライデント交えたら(互いに避けたら?)バスターライフル拾って「これに頼らねば勝利はない!」って即効見極める(諦める・切り替える)柔軟さ 

2018-05-19_07_56_56


22. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:56

トレーズはエピゼロ(後付けではなく)で教導隊の隊長やってた設定だから正規訓練はしてるはず。もちろんエレガントに


24. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 00:59

何が凄いって、南極での決闘直後に、恐らく無補給でOZの大部隊と渡り合って生還してるんだよな。ドーバーライフルだって数機落として弾切れだろうから、残り数十機をサーベル一本で相手取ったことになる。
漫画版だときっちり100機落としたことになってるから、なおのことバケモンだよ



25. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 01:01

※24
小説だとノインたちが基地から撤退したら途中で降伏した
サーベル一本で関節焼き付くまで戦ったけど全滅には至らず
本編でも捕まってるから全滅は無理だったぽい



31. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 01:12

エピオン微妙みたいな風潮あるが

ゼロの肩先を斬り落としたり
ゼロは盾ガードしなかったらバッサリ斬られるとこだったり
ヒートロッドでライフル没収
ヒートロッドとソードの連撃でゼロはひたすらバックして逃げたり
ヒートロッド叩きつけて吹っ飛ばしたり
結構いい戦いしてるはずなんだが

まあ、結局仕留められなかったのと名有り撃墜なし、ビルゴとリーオーとバルジぐらいしか倒してないのが痛いのか



33. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 01:20

エピオン好きなんだけどバカにされていること多くて悲しい 
近距離特化カッコいいやんけ。銃撃をヒートロッドで防御とかってできんのかね機体をヒートロッドで包んでビーム無効とか



34. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 01:23

甘さを捨てさりたいのだ!


35. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 01:25

確かに強いんだけど周囲に天才(変態)が多いので割食ってる感がある


36. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 01:27

純粋なパイロット能力でいうと主人公の少年たちより相当上だと思う。


37. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 01:39

まあゼクスにしろトレース様にしろ最近の設定だと本編開始前の設定がちゃんと存在するしな
ゼクスはシャアのオマージュでゲリラ・連合・OZを渡り歩いて今の階級になりトレーズ様はMSでの戦術的有能性を証明したり数々の活躍で若くしてあの地位に赴いてるんだし()



42. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 02:36

トールギスは加速時に15G、最大加速時にはもっとGがかかる。
どう考えても乗りゃ死ぬMSを最終的にはゼクスの方が物足りなくなったってのはとんでもない事なんだけど、ガンダムWの世界はそのゼクス以上の変態が男も女もいすぎんだよなぁ



43. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 03:00

フェンシングの試合か訓練なんかで
剣が折れた相手に対して新たな剣を差し出す気概。

本当に5歳?



44. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 03:02

ごひを味方にしようと誘いに来て、力を見せてみろと言われたらすぐに「それでこそガンダムのパイロットだ!」とノリノリで戦い始めるぐらいに脳筋でもある


47. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 03:17

モブ兵士に名前がある程度のトラントですら、一応はゼロで戦えてたぐらいだからな。
単にゼロシステムが危険すぎたシロモノだっただけで。
Wの世界はモブ兵士でも強い。



53. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 04:42

15Gって航空機事故に近い衝撃なのでは…。


54. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 05:19

トールギスは直線の瞬間加速が15Gでそのまま加速続けたり急停止や旋回やったらそれ以上
その推力出せるバーニアで直角ターンとか小刻み動いてビーム避けたりもする
両肩にバーニア付いてるから腕(肩)の動かし方と片側噴射でけっこう器用に動ける
関節も頑丈だからムリが利く。というかあの推力と動きをやっても問題ない強度
ガンダニュウムに匹敵するのは伊達じゃない。エピオンとゼロはこれ以上
で、ゼクスはその三機種乗りこなした

敗者仕様のトールギスは細いアームでボディと繋がってるので同じようなことができるか不明
というかそういう動きはやってなかったはず

2018-05-19_07_58_26


56. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 06:46

ゼクスやトレーズは乗りこなしたが彼らが超人なだけで本来トールギスは有人機の性能限界にある機体だからな
ゼロやエピオンはゼロシステムの脳内物質操作機能で身体への負担を欺瞞するとこでそれ以上の性能を獲得してるわけだが



62. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 07:25

トーラスであそこまで戦えるノインさん最強!と言いたい所だが、彼女がトールギスやエピオンでまともに戦えるとも思えないからコスパ最高が正解?


64. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 07:35

※62
というか耐G限界面でゼロやトールギスは無理だと思う
ただ単純な技量に関してなら白トーラストロワのが上そうなイメージも
その替わりノインさんは荒さがなく丁寧・生存性の高いタイプなんじゃないかなー、って
トロワの場合は技量高い癖して残弾把握してなく直前で弾切れに気付いたりとか多いし



68. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 08:31

作中ナンバー3くらい
トップがトレーズ、次がノイン、その次がゼクス
で、誤差の範囲レベルでその下にガンダムパイロット5人くらい



69. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 08:32

相棒が化物過ぎてちょっとね

201307060233384fa


73. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 11:15

そいや、レディ・アンはごひともMSで結構いい戦いしてたね
おまけに眼鏡外すとモードチェンジするしw
あの物語の主要メンバーはなにかとスペシャルだな。



76. GUNDAMがお送りします : 2018年05月08日 15:50

自分の甘さを嫌いつつその甘さを捨てられない
理想が高過ぎるのよねこの人
トレーズはその高潔さを好んでいたけど、ゼクスからすればそうやって自分を高く評価するトレーズが鬱陶しい(友達にはなれない発言等)
そうやってる内に理想が高過ぎて完全平和の為に地球にリーブラを落とそうとする
ヒイロに諭されて思い止まるも、「誰よりも厳しく戦士として」生きていくと宣言
結局それかい!

パイロットとしての技量は疑う余地は無いけど、作中トップクラスに面倒くさい人の印象が強いなぁ個人的に
拗らせると大変、みたいな
大好きですけどね