0:2018年05月14日 16:54

地上戦の中では最も不慣れで苦戦する事が多いであろう砂漠戦での戦いについて語ろうか。
相手は砂漠戦に特化した熟練の部隊やパイロット達を敵に戦う分けだが、
主人公や彼らどのよう工夫しながら勝利出来たか名場面と合わせて語ってみよう。

20131019231130



1. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:08

SEEDのOS書き換えなきゃ足取られるのは中々凝ってると思った


2. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:10

キラがその場で接地圧やらなんやらのパラメータ弄って対応するのとても好きね
砂を巻き上げて攻撃防ぐとこなんかもちゃんと地形を利用してて良い



3. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:12

砂から出てくるグフ


5. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:16

キオは砂漠で機体が沈まないようにホバー能力を持つフォートレスに換装。さらに敵MSの攻撃の際に出来る隙を突いて狙撃。そして、フィールド全体を焼き払う事で対抗してたね。


7. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:20

主人公側が砂漠であることに苦労した描写はむしろ少ないというかほぼ無い印象があるけどな
初代のアムロにしてもラルのグフには苦戦してたけど砂漠で動く事には苦労してなかったし
種のキラもバルトフェルドには苦戦してたけど砂漠には苦労してなかったし



8. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:26

※7
砂漠で苦戦するのはメカメンテだろうからな
ZZでは間接に砂がーとかやってたような記憶



10. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:31

※7
ZZだと砂巻き上げとかで砂漠に埋もれてる旧MS相手に苦労してる場面を数話にわたってやってるぞ
移動は低空飛行メインで歩いたりしてなかったからそれほど苦労はしてないけど



12. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:33

※7
ランチャーストライクが足取られてたり、AGE3が埋まったりとしている。



9. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:26

種ではキラがランチャーストライクで鬼神の如くバクゥ相手に無双し
AGEではキオがフォートレスで圧倒的な火力で敵を制圧していた
砂漠で換装機の組み合わせだと砲撃装備が活躍する印象がある

2018-05-24_22_31_10


11. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:31

MSの中から砂ドサーと出てくるZZ。
専門のメカニックもいなかったのによく持ったな。



13. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:35

珍しく主人公側の方が機体特性的に有利だった00のタクラマカン砂漠。
やっぱりGN粒子って反則よね。



14. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:35

ΖΖだと、相手に合わせて地上戦する必要等無い。ジャンプだ、空中から攻撃だとシャングリラ育ちというか、自由な発想の子供だった印象。
Ζはダカール近郊が砂漠戦なんだろうけど、ドダイ等で空中戦しかしてないハズ。



15. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:45

やっぱりSEEDの砂漠戦良かったよね。
キラの対応力に比べて、クルーゼ隊のおぼつかなさ。そして、砂漠戦に特化した四つ足MSの機動性。
状況を切り替えながらの戦闘に向いているという点で、キラとストライクの相性って良かったんだなと思った。



16. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:51

作品全体に砂漠のイメージが強い00だけど
アザディスタンもタクラマカンも砂漠ならではって戦闘はあんまなかったよね

20101119161839418



17. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 08:57

※16
CB含んだ4陣営の内3つは最初から飛ぶしな
戦闘シーンの要素としては陸戦機が戦えるだたっ広い場所以上の意味はなかった



19. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 09:08

ファラオガンダム戦かなぁ ドラゴンガンダムがよくわからない技で戦ってたけど DG細胞のヤバさがよくわかる回だった


20. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 09:13

ZZはTVうろ覚えで小説の記憶が強いけど…
ルーがZZ、ジュドーがZでプルと同乗、あとMk-IIと百式も。砂漠のロンメル隊にこれまでにない苦戦を強いられる。
プル「なんで地上で戦ってるの?飛べば良いんじゃない?」の疑問セリフから…
Mk-IIと百式は大ジャンプしてすぐに着地、ZはWRに変形、羽交い締めされていたZZは分離してコアファイター離脱からの空中から反撃でロンメル達の度肝を抜く。
みたいな感じだったかな?



22. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 09:32

※20
それ固定概念とMS世代格差がモロに出ているな



23. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 09:33

キラは「バクゥ相手には火力より機動性です!」と露骨に機動性の低下を嫌ってたな
あと、上のセリフはマードックが大気圏でのビームの減衰率を憂慮してエール以外(減衰しづらい近接武器を装備したソードや減衰しても問題ないほどの威力のアグニを持つランチャー)の装備での出撃を勧めたのかな?とか想像すると楽しい



24. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 09:35

ファーストやZZ見てると砂に埋まる戦術はあの世界じゃ割とポピュラーな戦術だとわかってしまう
そらデザートゲルググのような機体も生まれるわ

desert-gelgoog


33. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 09:55

※24
埋まるというか、上から見てもすぐ見つからないようにするのは偽装の基本ですがな
1stの時代からホワイトベースの偽装網やガンダムを砂の中に隠すとかやっているし



26. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 09:38

しかし防塵対策とか完全に砂漠に対応してる機体じゃないのに、ストライクとかはよく土壇場で壊れなかったな


28. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 09:39

設置圧が逃げるのなら、合わせりゃいいんだろ!

戦闘中に出来るの君だけだぞキラ君



34. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 09:57

防塵カバーの甲斐もなく砂を噛んで擱坐する陸ガン


38. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 10:07

豪州戦線で遮蔽物のほとんど無い礫砂漠で
アウトレンジ戦法で大活躍のジムスナイパーⅡ
(もちろん、ホワイト・ディンゴ隊仕様機)



40. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 10:12

SFC版フォーミュラー戦記122で
連邦軍が砂漠に集結中に襲撃を仕掛けるOM地上部隊。
かなり迫力のある顔の指揮官が指揮していたが名無しのモブ扱い・・・
だが、攻撃のメインはデザート・ドムである等腕は確か。
F90のAタイプはともかく、Dタイプは整備が大変そうだ・・・



43. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 11:02

マサイの赤ゲルググが持ってた砂をぶっかけるホースはなんなんだろうと思いました(小並感)

hqdefault


45. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 11:27

やはりIGLOOのアリゾナの砂漠でのヒルドルブvs鹵獲ザク隊だろう
砂地に塹壕を掘って姿勢を低くしての遠距離射撃、接近されたらクローラーの走破性を活かした高速戦闘に移行するヒルドルブ
対して脚部ミサイルを曲射に使ってから突進、61式戦車を稜線の陰からの支援に使いつつ空中から一気に接近するザク



46. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 11:45

現地を拠点していることで砂漠戦に慣れている、
砂漠での戦闘に適した機体や戦術を持ち、
バルドフェルドのように実績を持つ異名持ちの指揮官や接触した敵は全て破壊していたファントム3のように明らかな強敵、
大体は先手は敵側が有利に進め、主人公も苦戦。

さながら、スポーツのアウェー戦のようだ。だからこそ、そこから逆転する流れ好きなのかも。
あと、砂漠戦に限った話ではないけど、宇宙側の勢力でありながら地球環境に適した兵器を開発、運用する背景や設定は面白いものが多いと思う。



51. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 13:42

Wではマグアナックの兄貴達が砂漠戦に慣れてるお陰で砂漠は味方だったな
身を潜めたり砂嵐を予測して砂嵐に紛れて撤退したり
攻めてきたOZから逆に輸送機を奪ってカトル達を逃がしたり

カッチョイイぜ

2018-05-24_22_35_06


54. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 15:28

MSが基本的にMSが苦手な砂漠環境だけに
人間が活躍する印象
カガリとゆかいな仲間たちとか、ラル隊のゼイガンとか
あと、兵站系とか日常系とかも目立つね
メガライダー風呂とかラル隊の酒場で休息とか



55. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 15:29

タクラマカン砂漠の合同軍事演習が真っ先に思い浮かぶな。だだっ広い砂漠だからこそあれだけの大部隊を動かせたしそれによってトレミーチームの初の完敗、トリニティチームの出現、擬似太陽炉の登場等一期の大きなターニングポイントになったと思う。


56. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 15:36

砂漠と言えばストライクの鬼神のごとき暴れっぷりが真っ先に出てくるな


58. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 16:12

砂漠の砂って粒子が細かく結構な奥まで入り込んじゃうけど
その細かさ故に可動部とかに対する負担は実はそんなになかったり
むしろセンサーや電子部品の故障の原因

てか、石油の依存度低下してるだろうに砂漠地帯に展開する必要があるのか?



61. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 17:57

※58
知ってるか?
プラスチックもゴムも石油から作るんだぜ



63. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 18:14

アムロもガンダムを砂に埋めてたし案外ちょっとの間なら大丈夫なのか?
ガンダムはかなりオーバースペックなMsだしグフははじめから砂漠での運用もそうていしてるだろうし
砂に潜って大事なのはグフガンダムくらいかもしれん



65. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 19:54

真っ先にキラのバクゥ戦の話が出てて安心。最後バッテリー切れてデッドウェイトになったパック捨ててのラゴゥとの一騎討ちがカッコいいんだ。
後はやっぱりAGEのフォートレスですかね。結局火力で押す脳筋デバイスほんとすき



66. GUNDAMがお送りします : 2018年05月18日 20:40

ミッシングリンクだとマルコシアス隊が初の砂漠戦でジムがビームサーベルを搭載していて驚いてたな


70. GUNDAMがお送りします : 2018年05月19日 08:29

真っ先にSEEDのバクゥ戦と次にZZの砂漠横断かな
特にZZはロンメル隊にマサイ、青の部隊となかなか 見どころ多い



72. GUNDAMがお送りします : 2018年05月19日 11:44

装甲を貫けないのなら叩き潰してしまえばいい→砂に潜って隠れるのなら砂丘ごと吹き飛ばしてしまえばいい
AGEシステム兄貴は漢だぜェ