0: 2018年05月25日 03:52

姉マリアが生存してるから姉の変わりを求めた訳ではないだろうし、ただ有能だから置いてたってわけでもないだろうし

9f380b0c



2. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:07

”女王の弟”って事で周りからやんや言われる事に疲れたから、そんな事情を何も知らない女性であるカテジナさんに癒やしを求めた…とか?(適当


12. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:21

※2
カテジナに癒しとか一番無いものだぞ



13. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:24

※12
そこを勘違いしちゃったからパパパー♪と転落死してしまったんだよ…



14. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:26

※12
クロノクルの前でみせていたカテジナの一面には癒やしがありそうに見えたんだろ
視聴者と同じように映像でカテジナをみたり、リガ・ミリティアに同行していたころの彼女の言葉とか全部をクロノクルが確認していたわけでもあるまいに



6. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:14

こいつも大概、鬱屈してる
いい大人だけど結構発言が子供っぽいんだよ
だから子供の癖に大人の役割(MSによる戦闘)をしているウッソと
対比させられる

b5706d5a


8. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:17

美人だからだろ


9. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:18

単にありのままの自分を受け入れてくれる女性がほしかったのかな
で、別にそれはカテジナでなくても良かったけど、カテジナではいけないという理由もなかったから自分に言い寄ってくるカテジナが選ばれた
でもカテジナの方は立場上仕方なく頑張るクロノクルをみて、それこそがクロノクル自身だと思いこんで、そんなクロノクルに自分を受け入れてほしくて言い寄っていたと



10. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:18

うろ覚えだけど小説版だと「女性を助けて面倒みる俺って大人」という自己満足がきっかけだったかと。


31. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:07

※10
小説版だと、最初にカテジナを助けたのは、ウーイッグで女子供まで殺す様な戦いをした罪悪感からで、
生き残りのカテジナを救う事で償いをしようとしてた。

その後に住む部屋まで買い与えて囲ってたのは、手術で火傷が治ったカテジナの美貌に一目ぼれしての事。



15. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:31

マリアの弟としての立場からの抑圧を払拭する為にも、自分が責任を果たせる男であるのを実感する為にも、女性を保護する立場に立ちたかったんじゃね
だけど女性上位の業には逆らえなかったとか・・・



17. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:37

自分の有能さとか男として独り立ちできてるところを証明するのに、はべらしておいたら自慢できる美人で自分以外頼れる人間がいなさそうなカテジナがたまたまそこにいたってだけで
別にクロノクルにとって都合のいい女だったら誰でもよかったんじゃないかなーって
結果としてとんでもないの当てちゃったけど…



18. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:37

いわゆる救世主コンプレックスってのを表そうとしているキャラクターだと思ってる。


22. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:47

カテジナはクロノクルにこだわったけど、クロノクルはカテジナにこだわりは無かったんじゃないかと思ってる。最後に救いを求めたのは姉マリアだし、ウッソに「あなたがカテジナさんを変えてしまった!」と責められたときも「彼女が決めたことだ」とあっさり突っぱねてるし
ウッソはカテジナにこだわり続けたからライバルキャラとしてはその辺噛み合わなかったんだよな
好きなキャラだけど



25. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:52

自分の理解者、とか?


26. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 18:55

色々な意味で単なる自己満足だよね


32. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:08

求める以前になんで連れてったのかすら謎


35. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:18

微妙な立場のクロノクルとしては信頼できる優秀な部下を求めてたと思う
両親と家を失ったカテジナは頼れる強い男をクロノクルに求めるも的外れ



37. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:29

クロノクル善人やろ
なんとなく成り行きで連れてっただけじゃね?



38. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:31

クロノクルとカテジナは持ちつ持たれつの関係だし、なんだかんだでいいペアでしょ。
カテジナからクロノクルへの期待値が若干大き過ぎるきらいはあったけど。

CSe7wIbVEAA7PJu


39. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:32

ウッソにあなたの弱さがカテジナさんを迷わせたと言われた時のクロノクルの返しが、
「おまえのような少年に何がわかる。女王の弟にされてしまってカガチなどとも戦わなければならなくなった私の苦しみが」
なんだけど、カテジナを傍に置くことがクロノクルにも必要だったんだなと思った
自分の弱さがわかってるから、寄りかかる相手がほしかったんだと思う



40. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:33

いつも姉であるマリアに守られていたから自分が守れそうな存在を探してたんだろう
最初は姪のシャクティでもよかったけど、姉の娘ってことで自分以外も守る奴らが出たから対象外となった
そこで気まぐれで助けてザンスカール入りしたのはいいけど浮いていたカテジナを守ろうとしたんだろう
なお、カテジナは姉マリアとは違う方向の女傑としての才覚があった模様



41. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:37

わりとマジで癒しを求めてたと思う、クロノクルは女王の弟と言うことで否が応にもそう言う立場として見られる彼としては自分の来歴を知らない市井の女であるカテジナに惹かれた。カテジナはカテジナで紳士的で地位も実力もあるクロノクルに自分の「巣」を見いだした。


44. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:48

面倒見る自己満足半分、もう半分は色眼鏡で自分を見ないからとしか


46. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:57

カテジナが癒し系じゃないのは確かだけど、戦場にほんわか癒し系の女がいても足手まといだし
戦力になる女がそばに居てくれる方がよっぽど癒しになるんじゃないかと思う



47. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 19:59

クロノクルもカテジナさんもまともな人間で、周りは色々と人間的に異常な人間ばかりだったから唯一自分と同じ人間として安らぎの場にしたかったんじゃとか思ったりもする
カテジナさんはどんどん狂って異常な人間の方に行っちゃって、その辺りでクロノクルはもうダメだと見切りを付けたから最期は「女王になって異常人間になる前の『マリア姉さん』」を欲したとか何とか



48. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 20:01

コンプレックスやろ
フェミニスト=紳士
パートナーがいる=一人前の男
ぐらいの思考してたんじゃね?

99c24b59


53. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 20:28

クロノクル自身はいまいちザンスカール帝国軍のやり方に馴染めてないというか、最終盤でもとことんまで乗り気って風じゃないからあんまり「敵」という感じがしないのに、カテジナさんはどんどん過激になって行くから参るね


54. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 21:01

そもそもクロノクルは、カテジナに何かを求めて一緒にいたんじゃないと思う
クロノクルは相手に求めるタイプではなく、相手に与えるタイプ
カテジナが求めるタイプだから、クロノクルはカテジナが求めるものを与えたかったんじゃないかな



56. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 21:14

母系社会やマリア主義の中心にいるマリアの弟がカテジナとの愛をお互いに求めた訳じゃないってのが皮肉よねぇ


61. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 22:06

途中から主従が逆転してるのがクロノクルらしい


63. GUNDAMがお送りします : 2018年06月08日 22:18

元々面倒見のいい奴だし、助けたつもり

自分に同調してくれる良い奴

「クロノクル、来い!」
(え?あ、はい)



67. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 00:38

カテジナに対するクロノクルの感情は愛情ではなく依存だよね
居場所を求めたカテジナと男らしさを見せる相手が欲しかったクロノクル
似てるようで微妙に違うのが悲しい



69. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 00:42

正義の証明じゃないか?
カテジナと言う少女を救った自分と組織
焼いた街の少女が自分を慕う…街を焼いたことは正しい
また、自分は少女を匿えるだけの人間だし、組織もそれを許せる懐の広さがある

自分や組織の正義というか正しさが確信出来ていないから、死ぬ時は姉を求めたんじゃないかな。ガルマやドズルの逆で。



71. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 00:51

カテジナは居場所をクロノクルの下に見いだしたかったけれど クロノクルはウッソに負け続けるからカテジナは歪みながら強くならざるを得なかった、最終的にはクロノクルとの関係が逆転してしまったと言う事かな
クロノクルは厳しい現状と抗い闘うために癒やしやアイデンティティを確立させてくれる女性がそばに欲しかったのだろうけど カテジナはそんな立場に甘んじる女性じゃ無かった 結果ウッソと言う共通項の下に運命が狂っていった
平和な時代に出会っていれば異なる未来が有ったのだろうけど



76. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 05:04

保護者として振る舞いたかったのさ


84. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 09:59

価値観が合うんだろ。


86. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 10:25

最初は成り行きで連れてきたけど、イエロージャケットの兵士にセクハラされたり、ウーイッグの被災者という事もあって守ってあげなきゃと思ったのでは。
パイロットになってからもクロノクルから見れば献身的な良い女だし、最後は主従逆転してると言われるが「クロノクル、来い!」に対して恋人がピンチだから助けなきゃと思って駆けつけたんだろ。


2018-06-15_03_40_09


98. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 16:54

そもそもクロノクルは女性に何かを求めるようなタイプじゃなかったでしょ
マリアに対してだって「姉の役に立ちたい」程度の意識であって、別に依存してたわけじゃないし
敢えて言うなら、「女性を守るデキる男」という自尊心を得るくらいのもの



99. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 18:13

カテジナさんは理想が高すぎたんだよ


103. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 18:42

理想主義者だから現実を最後まで否定し続けた。結局彼女は何も見えてなかったから最後は盲目になったんじゃないか。


104. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 18:56

カテジナはチャバリからも頭デッカチと言われてるし、大人が子どもを利用するのは、そりゃ理想的ではないけど現実的に考えるとそうもいかないっていう。
クロノクルも人質作戦を卑怯な作戦と嫌う理想主義的な描写があるが、
騎士道を重んじていたワタリー・ギラが現実に失望して自爆したように、Vガンダムは理想が現実に敗れる物語だと思う。



106. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 20:52

同情からはじまる馴れ合い。
なんとなく面倒見ていたらずるずると……



107. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 21:13

クロノクルはカテジナの期待に応えようと必死


109. GUNDAMがお送りします : 2018年06月09日 21:32

※107
カテジナの求める男になろうとして無理して野心家ぶったりしてたよな



110. GUNDAMがお送りします : 2018年06月11日 00:07

何かを求めたとするなら、求められることを求めたのかも
ザンスカールでは孤独を感じていて、自分を必要としてくれるカテジナの存在が
クロノクルにとっても必要だったんじゃないかと思う