0: 2018年06月05日 14:56

強気な悪女って感じのイメージだけど実は割といい所のお嬢さんで義理に堅いのは親の躾がしっかりしてたから
士官学校でも成績優秀だったが出身地がマハルだったから海兵隊に配属されたけれど
世が世なら親衛隊あたりで辣腕振るってたかもしれない
なんて想像を勝手にしている

b69f0e47



1. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 08:05

シーマ・ガラハウの甥たち、外伝で登場するかな


4. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 08:34

アサクラ大佐の代理が出来るくらい高い地位にいたわけだし
それでいて責任を押し付けられるってことは家柄ではなく実力でのし上がった人だったんだろ



5. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 08:35

年齢を考えると一年戦争のかなり前から軍に入って士官だったと思われる
親が軍人だったか軍関係の仕事をしていたのでは



7. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 08:46

後付なのか最初からなのかわからんが、
ジオンの闇をほぼ全て詰め込まれた人



9. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 09:04

親がジンバラル派の高官だったとか。ザビ家派有力者の一族を蜥蜴の尻尾切りに使うのは考えにくいけど、後ろ盾が消滅したに等しい政敵の家族ってことなら、汚れ仕事で使い捨てるには丁度いい駒だし。
戦後に他のジオン残党とすんなり合流できなかったのも、根っこのところで派閥争いが後を引いてたというのも有り得そうな話



10. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 09:21

軍人家庭でダイクン派の良いとこのお嬢さんだったけど、ザビ家が実権を握ってからは家が没落して無くなり、あとはプルトゥエルブみたいな少女時代を過ごし~、までは妄想したが、そこから本人が軍人になるまでが思い付かん。

ジンネマンみたいな良いおっさん軍人に拾われて、コロニーに毒ガスの件でやさぐれた、としとこうか。



11. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 09:34

※10
その頃にはもう軍人だったと思うけどザビ派がダイクン派に近い軍人の家系であるシーマ様に汚れ仕事をさせる事でダイクン派の弱体化を図ったとか



12. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 09:34

いくら人手不足のジオン軍でも女性兵士や女性士官を最前線の現場、しかも毒ガス作戦という非合法任務に就けるのは漫画すぎるので、シーマ様本人は参加どころか後で知ったと思う
むしろ当時の海兵隊隊長がシーマ様の父親で、父親の戦死後に後を継いだのだろう
非合法任務をやった日陰ヤクザ部隊の後任なんて誰もやりたがらないし人事にも関わりたくないから
士官学校出のシーマ様本人が手を上げれば、後任人事はすんなりいったと思われる



13. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 09:42

ダイクン派筆頭家臣のラル家の長子のランバ・ラルも毒ガス部隊の露払いと作業中の護衛をやていたからな
ダイクン派軍人やその子弟はまとめて毒ガス実行犯部隊に集めて、以後の人生の口と行動(政治活動)を黙らせたと考えるとギレンは凄いな



15. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 10:19

0083当時で35歳だから1年戦争時は31歳か。
31で少佐ってことは普通に士官学校を出ているって事だな。
マハルは工業コロニー兼スラムみたいな扱いだったそうだが
まあ、そこそこの家庭に生まれてたんじゃないの?んでもって、
イグルー等では0068~69にジオン公国誕生だから
(当時20~21歳)よくある故郷の田舎を出て東京へ、みたいに
首都のズムシティへ出たのか、あるいはズムシティの大学へ進学し、
そこでこの歴史の動く瞬間に立会い、熱狂的に士官学校に志願、入学ってところか。



18. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 10:55

シーマが切捨てられたってのはもともとじゃなくてジオンの状況がまずくなったからで
シーマ艦隊の海賊ぽさの板につきっぷりから想像すると真面目な軍人がぐれたというより
若干素行悪い連中だから何の気兼ねもなく切り捨てたとかじゃないかな



19. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 11:31

※18
素性が多少怪しくてもかまわない実力優先な部隊なので
思いっきり切り捨ても考慮に入れて部隊を作ってます



21. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 11:54

毒ガス使用とかそもそもジオンが勝ったままなら
だからどうした程度の気軽さの使用じゃなかったっけ



26. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 12:10

不法滞在者やならず者、無戸籍者なんかが住んでるやさぐれコロニーのマハルから腕一本でのし上がってきたんだろう。後ろ暗い所があるから言いなりになって汚れ役をやらされ、故郷のマハルは潰され、おまけに全責任被せられて戦犯にされ、生きる為に海賊に成り果てて…ジオン側のヒロインだよね。一年戦争からこっちこんな具合なら、あぁもなるだろうと思うなぁ。
ovaじゃ散ってしまったけど、他の媒体じゃちょくちょく生き残ったり救われたりしてるのが何よりです。



27. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 12:38

0083の真のヒロインか。

マハル出身の海兵隊員からすれば、希望の星だよね。
当たり前のように様付けとか完全に崇拝の域だし。
マハルの名家出身で、同郷の兵士達からはお姫様のようなイメージで見られていたのかな。



28. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 13:10

グリーン・ワイアットとの裏取引が成功してたら、連邦の女性将官くらいにはなってたんだろうか……?


31. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 13:27

有能ではあるんだろうけど、階級が高いのは功績というよりも
(扱いにくいと思われる)マハルの兵士をひとまとめに運用する必要上の任官だろう
つまり汚れ仕事は最初から避けられない運命だったのでは



34. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 13:41

軍稼業なんざまっぴらごめんと、愚連隊引き連れてマルレーン運送でも起業してたんじゃないかな

良家かどうかはともかく真っ当な環境で育った感はあるよね
「故あれば裏切るのさ!」なんて自分に言い聞かせてる節もあるし
地域の顔役みたいな家に生まれて、顔なじみの近隣のガキどもが徴兵されていくのを見かねて自分が軍に居場所を作ろうと仕官したものの…
みたいな妄想をした



36. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 14:39

私も希望としては、どこかで潜伏でかつての戦場でモビルスーツや戦車の金属や使えるパーツを部下達とジャンク屋経営だろうなあ。その方が少しは何らかのガス抜きみたいになるのかな。

たまにジュドーみたいな人達と賑やかに騒いで情報交換で。



38. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 14:47

OVAしか見てないけど、シーマの毒ガス注入とかは全部後付ってことでいいんだよな?
最初OVAを見た時は
「こいつジオン裏切ったりして最悪だな。いくら顎で使われていたからって」
と思いながら見てたわ
その後ネットとか見てたら、実は可哀想な人だと知って驚いた



41. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 14:56

※38
後付けと言えば後付けだがCDシネマ『宇宙の蜉蝣』にシーマの毒ガス注入シーンがあるので(一部映像化されたためある意味正史でもある)



44. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 17:15

海兵隊の指揮官就任の際はやや砕けた感じがあったとはいえ
「シーマ様」とコッセルが呼んだのに対して「シーマ中佐と呼べ」と驚いて訂正させたり
(当たり前だが)制服をキチっと着ていたりする辺り
良家出身と言うより、平民から努力して士官学校に潜り込んで左官になったと言うイメージ

ただ「ジオンでも珍しい」と称される辺り女性士官の扱いに困ったのか
アサクラ大佐におそらくお飾りとして海兵隊指揮官に配属されたのが不幸の始まり



50. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 18:17

前線でエースとして活躍できる腕前があるってことは年喰ってから軍に中途採用されたってことはないと思うんだよな
普通に10代から軍に入って訓練受けてたベテランじゃないだろうか



51. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 18:18

※50
まあシーマが若いころはMSはなかったから戦車か戦闘機あたりで



53. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 18:32

可哀相な人設定は嫌い
シーマはあくまで野心家で荒波を乗り越えてのし上がろうとした女傑であって欲しい



58. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 19:53

1年戦争時の女性軍人・女性パイロットって、ニタ研絡み以外あまりいないイメージ。
余程特殊な理由があってこの道に入らざるを得なかったとか。



59. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 19:58

軍に入り上を目指すって恵まれない立場の人間にはありきたりな理由なんじゃねーの
この人はガチで士官にまで登り詰めた才女だった訳だが



71. GUNDAMがお送りします : 2018年08月09日 23:53

ある程度ドラマCDとかゲームで補完されてるよね。(史実とは言ってない。)

何となく
出稼ぎ軍人として大尉あたりでうろついてたところ
汚れ仕事役として徴用済みのマハルのゴロツキを押しつけられて
中佐まで一気に押し上げて、一切の責任を負わせた。

士官についても、野戦任官みたいな下士官からの臨時士官(准尉)からの
優良成績で士官学校にて再教育した非正規ルート。



74. GUNDAMがお送りします : 2018年08月10日 10:40

ガーベラテトラ撃墜時、実は間一髪で奇跡的に試作脱出ポッドが間に合っていて生きているルート発生。

ポッドを拾ったジャンク屋で目を覚ました時には酸素欠乏で記憶を失った上に精神退行を起こし少女の頃のメンタルに戻ってしまうが、ジャンク屋のおかみさんがパイロットスーツ等を早々に処分し住み込みに。
そのおかげで両軍からの追求などはかからず平穏に暮らす。やがてジャンク屋の息子と結婚。
そして宇宙世紀0135年ごろ、毒ガスを使った呵責も汚れた軍務や荒れた生活を思い出すこともなく、ジャンク屋のおかみとして平穏に暮らした幸せな思い出だけを持って子供や孫に看取られながら笑顔で没。

なんて妄想をしたくなるくらいには、辛い軍務だったんじゃないかなぁ。



77. GUNDAMがお送りします : 2018年08月10日 15:17

ダイクン派のお偉いさんの所の御令嬢だったが、ダイクン崩御と同時にデギン派のお偉いさんの息子に婚約破棄され、家は没落し本人は学費のかからない軍学校へ入学という「悪役令嬢パターン」もありかと・・・


80. GUNDAMがお送りします : 2018年08月11日 11:23

マハルが不法移民の吹き溜まりとしても、腐ってもスペースコロニーなら保守管理の技術者始めコロニー維持に必要なポジションにはそれなりの人たちがいるはず。で、シーマ様はそういう立場の出で、情勢がきな臭くなっていく中マハル住民への親近感と責任意識から、マハル住民のまとめ役やジオン軍上層部との仲介役として部隊に士官として関わるうちに・・・・・・とか