0: 2018年06月20日 17:37

大抵のMS戦は射撃だけで十分で格闘戦に移行する(できる)のは一部のエースだけ、って言われる場合もあるけど、そんな中でも一般兵が意を決して格闘を仕掛ける場面も往々にしてあるわけで、それを語りたい。

自分が最初に思い浮かんだのはジムのリックドム切り。

2018-06-27_02_46_33



1. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:04

現実問題、主人公機に相対する敵機ならともかく雑魚同士の戦闘にそんな手の込んだ絵を描きたくないので、ほぼ止め絵で射撃だけしてるっぽいシーンを描くのが基本になるよね
というわけであんまり記憶に無い



3. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:08

ageでユパ様みたいなアクションしてたドラドって一般兵だっけ?

67eac2841


4. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:10

あっさり撃墜されたけど、GNフィールド発生器を搭載した砲撃機であるセラヴィーにGNランスで特攻を仕掛けたジンクスⅲの気概は賞賛したい。


5. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:12

クシャトリヤ相手に鍔迫り合いまで持ち込んだスタークジェガンのパイロットだな
同性能の機体さえあれば勝てたかもしれない



7. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:18

カツのネモにサーベルで斬りかかってライフルを斬り落としたものの背中からΖ(ウェイブライダー)に撃たれて爆散したバーザムがいたな…確か「さよならロザミィ」だったと思う


8. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:20

ストライクダガーのお披露目で3機が同時に一機のジンをグサーッ


9. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:20

Zガンダムにサーベル防御させたバーザムから感じる強キャラ感。

ティターンズは精鋭組織だからモブでも強い。



11. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:22

ユニコーンのダカール戦でのネモやGMⅢ

CkI4-v_VEAEDUh3


12. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:26

やっぱベルリン戦でカオス落としたムラサメでしょ
僚機が連携して追い込んだところを真っ二つ



16. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:41

グシオンリベイクフルシティに「今なら奴は丸腰!!」と言いながら突っ込んでいくモブ
その後含めて芸術的な返り討ち劇だとおもう



17. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:43

鉄血のカルタ隊のグレイズリッターも良い動きしてたよな、三日月を手間取らす連携具合


20. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:50

※17
カルタ親衛隊の右から二番目の人が大気圏突入しながらも三日月と斬り結ぶシーンは熱かったな



18. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:44

ギラ・ズールの腕をビームサーベルで切断、壁に押し付けて行動不能まで追い込むバイアラン・カスタム。漫画で元ティターンズのエリートパイロットであることが付け足されたけど


21. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 08:58

インパクトが強いのはスタークジェガン

他にも射撃装備が潤沢でなかった事情によるものか
ユニコーンのepisode4は接近戦が多かった



24. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 09:12

AGEフリット編のバクトは良い意味でガンダムの敵キャラらしからぬ動きしてるのが面白い
無力なジェノアスにゆっくり歩いて近付いてくるあたりはまさにエイリアン



27. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 09:20

IGLOOのア・バオア・クー戦で、ビームサーベルで仕掛けたけどザクにかわされて、その後深追いせずに死角を小隊員らしきジム二機がカバーしつつ離脱したシーン
その後単機で同じザクに格闘戦仕掛けたジムは返り討ちにあったのも含めてかなり細かく描写されてて感心した



28. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 09:23

鉄血のカルタの右から2番目の人はかなりカッコよかった
大気圏突入に差し掛かって危険な状況の中でメインテーマが流れながら三日月に肉薄するのは燃える(燃えた)

ああいうモブのバックグラウンドが見えるような描写はいい

img_63_m


31. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 09:32

九つ目のリック・ドム

ビームサーベルを抜く→ヒート剣を振りかぶって襲い掛かる→ヒート剣とビームサーベルが擦れ違う→ガンダムが下から袈裟懸けにする→爆発→「フゥー…九つ」

この一連の流れは描写、構図、演出が凄い



32. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 09:48

デナンゲーの首はねキックは中々の衝撃だった


34. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 09:52

ジオリジンのジャブロー戦にてジムの大群が抜刀してザクの群れに襲い掛かる場面とかかな。
そのジムの大群見たジオン兵達が「例の白い奴」と誤認して狼狽してた感じだったな。



35. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 09:55

ブルデュエルを蹂躙するワンワン達
あれは恐怖だわ



37. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 10:07

白トーラスゲットしたトレーズ派が飛行形態で急接近
PD展開前の機体はライフルで、PD展開した奴は部下がライフルで動きを封じながら隊長機が変形して接近戦しかけてPDバリアを手でぶち抜いてカメラ破壊してるな



38. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 10:10

ソロモン戦だったか、サラミスの艦橋に肉薄→対空砲をキックで撃破→もう一門にヒートホークを投げつけて撃破→最後に離脱しつつマシンガンで艦橋を破壊したザクはスゲェと思った


39. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 10:12

デラーズフリートが最後包囲された時、ザクがヒートホークでジムに切りかかったシーンが印象深い


40. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 10:12

ザクマシンガン乱射するザクをゲルググMがバックラーシールドで銃身跳ね上げて殴り倒すシーン

このときのデラーズ兵は古株の生き残りなんかが中心なのに圧倒。シーマ艦隊の海兵隊は伊達じゃない



42. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 10:18

アロウズモブは割と接近戦で見せ場があるのが多かった印象

c109b0f6


46. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 10:48

※42
アロウズはティターンズと同じようにモブでもエースクラスが多かったからね。



50. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 10:59

※46
アロウズは連邦のエースを引き抜きしてる精鋭部隊で全員エースクラス

で、その貴重なエースを集めた部隊の大半をガンダムが一掃してしまったので映画以降で深刻な人材不足に



47. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 10:50

ファーストだって、シャアの部下がザクマシンガンのストック部分で殴りかかったり、ガルマが死ぬ時もヒートホークでガンダムに白兵戦を挑んだやつもいた。


53. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 11:06

ユニコーンのリゲルグとか……
悲しい出落ちだったが、迂闊にビームの格闘武器展開して振り回してて狙撃されるのって、ビームシールドが目立つのと同じようなやつよな
宇宙での格闘武器の扱いの難しさを感じる



59. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 11:35

鉄血は格闘戦いっぱいあって満足


64. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 12:15

クロスボーン・バンガード兵はコロニーを無傷で制圧するって目的の為に格闘戦を仕掛けざるを得ない状況が沢山あったな

防衛側の連邦軍はコロニー内でビーム撃ち放題、攻撃側のCVが実弾やビームサーベル、ビームシールド、ショットランサーで敵を無力化狙い

普通逆だろww



65. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 12:21

あれは、そもそも連邦軍部隊が火砲使ってでも迎撃しないといけないような装備で奇襲を仕掛けてるクロスボーンもアレだからなあ……


70. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 12:47

※65
連邦が練度低くてああなって市民からの支持下げるのも狙いの内なんじゃないの?
しかもそういう練度低い辺境を狙った

連邦の本隊が来たらアウト



71. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 12:59

「接近戦ではこちらが有利」はダブルオーが両手に持っているのが単なるビームライフルだと誤認した故の発言だが、直前にボロシアとやり合ってるのに「あのガンダムが持ってるの、剣になるんじゃないのか?」と思い至らなかったのかな…
もっとも気付いてたとしても時既に遅しで、生かして帰さんモードのティエリアもいるから助からんのだが



72. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 13:07

※71
ソードⅡは既存のソードやブレイドと形状違うから……エクシアのソードだってライフル部分とソード部分は別々で使うときに連結したり切り離したりするもの

ソードⅡは銃口とバレルがソードと一体型で回転だけで切り替わる



74. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 13:44

ユニコーンに一太刀浴びせて、ビームライフルを破壊した袖付きガ・ゾウム。
しかし、長年ジオンを苦しめてきた『白い悪魔』の伝説や『角割れ』の強さを実際、目の前にして尚も戦うジオン兵たちには脱帽だわ。



76. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 14:27

MOEでクランシェが腕からビームサーベルで出してドラドを相手にしているのは結構印象に残る
設定自体あったけどサーベルを手に持って展開しているのが殆どでプラモだけになるかと思ったらこっちでやっててびっくりしつつもサーベル展開してドラドを相手にして引きつけている隙に別のクランシェがライフルで仕留めていて連携上手いな…と感心しちゃった



79. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 15:44

ユーグの宇宙用GMコマンドに対して、ゲルググキャノンでナギナタ振り回して挑んでいくやつ

シールド壊されてビームガン弾切れのコマンドに対し、射撃用MSで格闘戦挑んで撃破されてるのは何やってんのってなる



80. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 16:03

※79
そのゲルキャも弾切れしてたとかじゃないかな?
相手の残弾数なんてわからないし、ゲルググベースの砲撃機なんだから格闘戦もある程度出来ると思って補給に戻るんじゃなくて格闘戦仕掛けた、みたいな



82. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 16:47

初代の大気圏突入回に出てきた、「左腕1本でもヒートホークは使えます」の人
その根性もむなしく、ガンダムハンマーであっけなくやられてしまうのだが…



85. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 18:23

SEEDのパナマ戦で初登場した第13独立部隊のストライクダガー
ジンに対して三方からビームサーベルを突き刺したシーンが好き
技量で上のコーディネイターに対して数の優位を生かし斬るのではなく突くというのが
実戦的であり新撰組っぽくていい



86. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 18:54

イグルーのオッゴVSボールじゃね?


87. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 18:56

ムラサメのカオス撃墜とかかっこよすぎだろ
変形をかっこよく演出してる 

42a8d11c


89. GUNDAMがお送りします : 2018年07月13日 19:21

ハイザックがビームサーベルでZガンダムに斬り掛かるシーンが好き
Zが撃ったビームを避けながら接近して行くハイザックのパイロットは正にティターンズがエリート集団だということを証明していると思った