0:2018年08月04日 23:09

木星帝国総統クラックス・ドゥガチが正妻を迎える以前(70歳後半)に内縁の妻との間に授かった彼の第一子。
ドゥガチが地球の良家との縁談を持ちかけられ際、まだ赤子であった彼は当時木星に滞在していたカガチ(当時25歳前後)に預けられ、以後カガチを育ての親として育った。
自分の欲望にとことん忠実で極悪非道を絵に描いたようなド外道ではあるけど、ガンダム版志々雄真実ともいえる徹底した悪党ぶりが非常に魅力的なキャラだった。
フォントを皮肉交じりに称えて息絶える最期も良かった。
最後の言葉が「お前は勝ったんだから笑え」的内容だったあたりとか、ドゥガチは敗北が確定したら妄想に逃げたが、キゾは現実みて敗北を受け入れた上で相手に自分の価値観を強要したのも良い。
掲げた意地に殉じたのはカラス先生の教え子だからだろうか、先生の影響がかいま見えて良いよね。

44c8bbdf



1. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:10

テテニスの異母兄妹に当たるんだよな、つまりベルナデットからしてみれば叔父さんか、偶然とはいえ因果な関係かもしれない、容姿は全く似てないけどドゥガチの「自分が正しいと思ったら一直線に突き進む」という頑固な部分は血筋を感じるな


2. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:11

ドゥガチの血筋であるのに、その名に頼らず自分の力で国や権力を手に入れてやるって考えが良くも悪くもコイツの原動力になってる感じだな。
まぁサーカスの団長さんから言わせれば「それが子供だという事だ」って指摘されてたな。



4. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:22

※2
ある意味一番「宇宙戦国時代」を体現してる人物だよな、地球連邦政府の求心力が低下した乱世の英傑たる資質はある。「それが子供だという事だ」と指摘されるが自分だけの力で国を切り拓くのは男のロマンチシズムだからなぁ



3. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:17

地上用で金ピカだが、ビルケナウを活躍させたのは彼のおかげ。
てか暴れる際に味方のアビゴルもお構いなしに破壊してたなコイツ。



6. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:27

※3
立場的に敵か味方かではなく自分から見て使える人物か否かで他人を判断する人だったからな、巻き込まれるような奴は不要って考えなんだろう



5. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:25

用済みとか邪魔と判断したら躊躇いなく部下でも切り捨てていくスタイルが、自軍兵士を平気で切り捨てようとしたドゥガチとかいう親父に似てるな。


7. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:28

「ウィルスで機体を動けなくする」って卑怯戦法取ってた割に、それ無しでも普通に強いっていう。


10. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:31

※7
自分の実力を信じつつも過信はせず万全の体制を整えるってのもキゾの強キャラ感の要因だろうな



13. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:36

ミダスとかいうチートMS。
性能も凄まじい上に光信号でコンピューターウイルス送り込むとか初見殺しにも程がある。



16. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:49

※13
サーカスの機体より一騎当千しやすそう。ていうか「動き止めてから撃墜する」コンセプトの機体サーカスにもいたよね。



17. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 00:50

※13
初見殺しっていうか普通対処不可能だよねアレ
たまたまフォントらの陣営に特殊なセンサーシステムの機体が2機もいたからカラクリがわかったけど、光ったら機体動かなくなるとかやられた方からしたら意味不明だもの



18. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 01:03

※17
あれでもVガン本編連中に気を使ったレベルにしてて戦闘力ではあっちには及ばないようにしているらしいがウッソならどうやって攻略するのかがわかんね
ハロがなんか活躍するぐらいしか思いつかない
ザンネックなら照準はサイコミュでやっててカメラ使ってないから狙撃で終わるはず



20. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 01:22

トモエにもうちょっと優しくしてやってくれってベルに言ったり情はあるのがまたいい


22. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 01:34

奪われ続けた人生、自分探しの男
もっと真っ当な手段で自己肯定や自身の価値を見出だしていれば…



25. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 02:07

同情の余地がないという訳ではないけどやってきたことは到底許されるものではないし、自分たちの国を作ることに執着してるけど作ってからはノープランだし結局団長の言うように子供でしかなかったんだな


26. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 02:24

実はダストの主人公格のカーティス、フォント、アッシュの全員と因縁があるんだよね
アッシュに関してだけは一方的だけど5巻ラストでサイド7にいた首切り王だとしたら双方向になるかも
フォントがゴーストのラストで仕留めたはずだけどジャックがあの通り生き残ってるからキゾ中将も生き残っててもおかしくはない



28. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 02:28

結局こいつもカラス先生の後追いなんだよね
というかドゥガチ以外のボス級はサーカス、カリスト兄弟、死の旋風隊とほとんどが何かしらの影響を受けている



29. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 02:41

部下に冷酷な反面、嫁さんには優しい
自信家で天才肌だが、用意は慎重にやる

有能羅惜しむらくは建国後の明確なビジョンが無かったのがなあ…



32. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 03:10

ビルケナウでファントム、X-0、デスフィズ相手にして互角とかいかれた腕してる


34. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 06:46

考えようによっては「お前は勝ったんだぞ、笑えよ」は、与えられ続けまた奪うのを当然としてきたキゾにとって、
人生最初で最後のお願いだったのかも



48. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 10:05

※34
「弱肉強食」はキゾの人生の指針でありキゾを支えてきた柱だからな。ベルとの問答でその信念に翳りが見えた、だからベルが信じるフォントを倒すことで自分が信じてきた「弱肉強食」を証明したかった。しかし勝ったフォントはキゾを嗤わない、だからキゾは最期の最期の「お願い」をしたんだろうな。



37. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 06:57

出てくるコマ出てくるコマ、常に「はははははは」って笑ってて気になった。


38. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 07:04

カガチへの態度は反抗期だなありゃ
ただそれなりの地位を与えられているとはいえ、捨扶持で飼い殺しに近いのも確かなので才気あふれる人間にとって我慢ならない状況だってのもわかる



45. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 09:06

クロスボーンは強キャラ感プンプンさせてて実際に強キャラって奴が多いが、その最たる例だと思う
イカれっぷりも戦闘力もクロスボーンでダントツ
MSの性能もあるとはいえ、フルクロスをたたっ切ったときは「コイツどう倒せばいいの…」と頭抱えた



51. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 10:58

正直スゲー好きです、正に悪を体現してた人、徹頭徹尾自分の意思で悪であった人、まぁ上司にはしたく無いが


52. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 11:32

やたらと笑っている人
だからこそフォントの「命を笑うな」という名言も生まれた



56. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 12:38

命は過小なものと言いながらもカガチの死の報に自ら命を奪えなかった悔しさという形ではあるが一人の人間の死を受け入れられない姿、
フォントに敗北して尚も笑い続けたキゾも静かに自分の血でまみれた手を見つめる姿(「おれの心臓が動いている限り終わりじゃねえっ」という台詞があったが、自分の全てが終わったことを実感したのだろうか)、
それらの姿に人間味を感じました。
かつて、トビアが彼の父(ドゥガチ総統)に言った台詞と同じように最後の戦いの中で彼もまた心の歪んだだけのただの人間だったと感じられたような気がしました。



58. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 13:40

顔が若いから30代くらいと思ってたら40代ってのにビックリした


60. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 14:31

シリーズ初のクロスボーンガンダムを一方的かつ修理不能なレベルで破壊したパイロットって考えるとヤバいよね…
この時代のクロスボーンはそこまで強い機体じゃないとは言え、トビアとクロスボーンが完全に負けたってインパクトは凄かった



61. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 14:49

大出力機体にチート機能のせてパイロットも(カリストとかほどじゃないにせよ)相当強いんだから、よくミダスに勝てたよなフォント…。


63. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 17:12

トビアさんも言ってたけど、コイツのいきつく先が死者の帝国なんだよなぁ。
奥さん以外の他人は大体死ぬか絶対服従かの二つで、使えないと判断したら躊躇なく切り捨てるし、有能でも絶対服従でなければ、自分にとって邪魔になり次第容赦なく消し去るし、最終的にはほとんど残らないってオチだよな。



69. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 20:28

木星ラスボス特有の狂気による強さを持っているわりに、おのれの弱さもうっすら自覚している節があるからな
ほとんど一人だったドゥガチやカリスト兄弟と違って最後まで巴を伴っていたし



71. GUNDAMがお送りします : 2018年08月21日 21:02

ガンダムシリーズのラスボスらしく行動原理にクォ・グレーの指摘したような精神的な未成熟さがある一方で最後の最後まできちんと強大な敵であり続けてたのは良かった


75. GUNDAMがお送りします : 2018年08月22日 03:08

キゾ自身はサイキッカーでもないし特殊な能力を持たないヤザンのような実力者だったな


76. GUNDAMがお送りします : 2018年08月22日 05:03

カラス先生の影響がデカい人


77. GUNDAMがお送りします : 2018年08月22日 09:41

※76
カラス先生は影響力でかすぎるから仕方ないね、ドゥガチよりも影響力あるんじゃねぇかな、マジで



78. GUNDAMがお送りします : 2018年08月22日 12:49

ザンスカと木星の悪夢のコラボレーション感いいよね
まともな奴になる訳ない説得力あるというか