0: 2018年09月19日 00:46

女性に対してどこまでもまじめ名で不器用なブライト・ノアに、果敢にも恋をした女性。
その派手な容貌で、妻のミライ・ノア がいることを知りながら果敢に迫っていく姿に、純朴な少年たちは不愉快な思いをしたものだ。
第一次ネオ・ジオン抗争終盤、アーガマの改良艦ネェル・アーガマがクィン・マンサによる襲撃を受けた際、ラビアンローズはこれを守り、自ら盾となってファンネルによる一斉砲火を浴び轟沈。
炎に包まれる中、エマリーはブライトの名を叫びながら絶命する。
彼女の死に方は、ガンダムシリーズでも屈指のかわいそうなものであったが、全く話題にならないのはZZガンダムが「異質」な物語、と受け取られているからだけではないであろう。

4d17064b



2. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 17:09

お目付け役のミリィといいコンビだったよなぁ

2855-460943579


3. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 17:09

美人だと思うし悪い人じゃないのは分かるんだけどさ、妻子持ちの人にアタックかけてるとこでどうしても嫌悪感が出てきちゃう。そういう描写がリアリティってやつなのか、戦時中でどっかおかしくなってるのかは分からないけどさ…


5. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 17:19

スパロボαに出てきたけど、当のブライトがバイストン・ウェルに行ってて出会えなかった可哀想な人。

割と良い方向に補正の多いスパロボですらあの扱いよ・・・



6. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 17:20

個人的には小説版のミリィが「素敵な恋をしよう」って思うことに繋がる辺りは読んでいて切なかった


9. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 17:26

愛さえあればドック艦で強化人間の乗ったMAと戦うことも出来る!(勝てるとは言ってない)


10. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 17:28

正直まさか死ぬとは思わなかった

659d44d0d2420dbcc63301ddc114e150


15. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 17:47

虹に乗れなかった男でちょっとくらい気持ちに応えてやればよかったって後悔してたな


17. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 17:52

ブライトもまんざらじゃなかったよな
エマリー...とかつぶやいちゃって



19. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 17:55

でも、エマリーさんはブライトのどこが良かったんだろうな
ある意味ブライトが聖人君子し過ぎてて、逆に惚れる要素が無い様にも見えるけどな

ひょっとしたら、男としてじゃなくて、理想の父親像をブライトに見てたんだろうか?
でも本人はその事に気付かず、恋愛気分で接していたとか、かな
仮にも責任者だし、ジュドー達の手前もあるから大人ぶるけど、実は結構子供っぽいんだよねぇ



25. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 18:06

エマリーさんのせいで寒色系の口紅がたまらんくなるようになってしまったよ


27. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 18:23

0083のルセットといいラビアンローズにいる人危険を顧みないの多すぎじゃない?


32. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 18:38

可愛いけど、手を出したら絶対めんどくさい女だよね。相棒のミリィが当時から好きだったな


35. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 18:49

美人だよな
ブライトはなんだかんだモテるのか 

de741ddb-1839-423a-8e6e-16afb7d469b2


40. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 19:27

宇宙に上がってネェル・アーガマに乗ったばかりの時に、ビーチャが艦長席に座ってブライトの真似をしてた。「弾幕薄いぞ何やってんの」みたいな感じで。
TVだとそのままエルに冷たく流されて終わりだったけど、小説だと「あっ!!エマリー!!」ってセリフが付け足されて、皆、特にミリィが笑ってツボにはまってた。
その後まさかビーチャが艦長代理になるとはね。



45. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 19:59

敵勢力圏下で潜伏中にミノフスキー粒子の影響で
前方のネェル・アーガマに連絡を取ろうと
信号弾を上げちゃううっかりさん。



47. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 20:24

1人でネェル・アーガマの盾になったが
ジュドー達が帰ってくるまでの時間稼ぎの囮でもあった

ラビアンローズがクィン・マンサから集中放火を浴びる直前に
トーレスがネェル・アーガマだけを後退させるんだよな
皆を守るためには正しい判断なのだが
イーノが「ずるいよ!」と叫ぶ気持ちも良くわかる



48. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 20:25

ブライトもエマリーに言い寄られて満更でもなさそうな顔と態度だったの忘れんなよ
エマリーと一線超えそうになった時、妻と子供の写真がブライトの目に入ったからそういう関係にならんかっただけやし



52. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 22:26

悪い人ではなかったしなぁ、死んでいいとは思ったことはない


53. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 23:04

本編での印象が普段は頼りないけど、いざという時に頼もしいという感じか

9b69f742619a45979bc6f68b6dcc8806


55. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 23:22

スパロボに出るたびに不輪ネタでいじられる
というか不輪ネタでイジるためにラビアンローズで補給するシナリオが組まれるw



56. GUNDAMがお送りします : 2018年10月11日 23:33

Gジェネのガントリークレーン投げてクインマンサを迎え撃つムービー割と好き


64. GUNDAMがお送りします : 2018年10月12日 13:39

ジュドーとルーはミネバを拉致る為にコア3へ行って不在。そこへクィンマンサ来襲。ネェルアーガマの盾になる為に前に出る。クルーは退艦させネェルアーガマに向かわせる。するべき事はしてるんだよね。ジュドーもエマリーの亡骸に「間に合わなくてごめん」と涙を流して謝ってるし…


57. GUNDAMがお送りします : 2018年10月12日 00:08

なんというか戦場でのリアルなロマンス担当って印象がある


59. GUNDAMがお送りします : 2018年10月12日 02:25

けばいくせに可愛いという奇跡のような出来のキャラクター


60. GUNDAMがお送りします : 2018年10月12日 02:41

可愛いが、妻子持ちに惚れるとは罪な女。

だが本気で惚れてたから、身をもってブライトを救うという。