0:2018年10月03日 01:25

技術的には多分モビルワーカー→ビーム兵器→ナノラミネート技術&強襲装甲艦(&阿頼耶識?)→モビルアーマー→モビルスーツだと思うんだけど、モビルアーマー誕生以前ってどういう戦闘だったのかな?
本編描写からすると装甲艦同士でナパーム撃ったりラムアタックしたり、人口密集地域にビーム撃ちまくったりなイメージになるんだけど

a1195db4-s



1. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:11

モビルワーカーは多分モビルスーツ登場と共に
サブ的な兵器におさまって小型化したのであって
モビルスーツ登場前はもっと大型兵器だったんだろうな
と思ってる
陸上戦の主力兵器となれるような

ファーストのビッグトレー&戦車みたいなのが
陸戦では主流だったのでは



2. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:13

モビルアーマーに繋がる、ドローンみたいな自律兵器はそれ以前もあったんだろうね
有用性が認められて大型化と強力化してった挙げ句に反乱されたと



3. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:14

その他の兵器は普通に戦車と戦闘機じゃない?
モビルワーカーの時点で多脚戦車だが、その他は普通にタイヤや無限軌道にホバー移動



5. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:15

当時は機械の自動化万歳だったらしいから
ハシュマルみたいな最終版MA以前もやっぱ何かしらの自動機械同士で戦ってたんじゃないかしらね



7. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:19

自律兵器→反乱への反省から人を生体ユニットとして組み込むアラヤシキが・・・
と考えるとなかなか誕生時点から闇が深かったのかな
登場時点のアラヤシキはグレイズアインそのものだったのかもね
(つまりアグニカとセブンスターズは全員デバイス化されてたってことだけど)

三日月たちのアラヤシキはあれでもずいぶんマイルドになったものなのかも



9. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:20

戦争の切っ掛けとか、主戦場となったエリアも不明なんだよな
作中だと戦争の傷跡は月や火星だけで地球は時間経過のせいなのか見当たらないし



14. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:22

※9
まあ300年もあれば地球は復興するだろうさ
月や火星はそこまで手をかけてないってだけなんだろうけど
でも主戦場が宇宙空間や火星だった可能性も捨てきれないな



11. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:21

ビームの威力が威力だからなー
NLAが無かったら肉盾で俺ってやっぱ不可能を可能に…すらできない
NLAが採用されるまでにすげえ人口減ってそう



12. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:21

厄祭戦の前は無人で自律行動する機械が当たり前だったらしいからな
その行き着く先がモビルアーマーで、何らかの理由で暴走したのが厄祭戦勃発だったのだろうか



15. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:24

ナノラミが開発されてるのに主武装がビームというあたり
「兵器に勝つぞ」じゃなくて「人間は殲滅だ」的な闇を感じる

プルーマも自己生産しちゃうしもしかしてもう兵器の設計もAIがやってたりしたんじゃなかろうな



16. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:24

MWは非人型なのに阿頼耶識に対応出来てるあたりMSから派生した奴なんじゃないかな?
もともとは非対応であとあとに対応した奴が出来た可能性もあるけど



19. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:25

ギャラホの戦略や戦術は現代のそれとそんなに変わらないのが不思議っちゃ不思議
モビルアーマー搭乗前にあった兵器なんかは現代とそう変わらないのかも



21. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:26

劣化版のMAが主力だったんじゃないの
当時は無人機が主流だったからよりAIの高性能化を突き詰めて
その結果ハシュマルのようなMAが生まれた
イメージとしてはMWを一回り大きくして無人にした感じか?



26. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:31

・かつて厄祭戦という大きな戦いがあった
・無人自律兵器モビルアーマーが大きな脅威となった
・モビルアーマーに対抗するためにモビルスーツが作られた
・戦争を終結させたセブンスターズとギャラルホルン(の前身?)が
世界の治安を維持する組織となった

設定されてるのはこんくらい?他にもあったっけ?



28. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:32

MAのナノラミはMSからパクったものなので

MA(エイハブリアクターを積んだ全自動自走ビーム砲台)→MS(ナノラミ、砲戦使用)
→MA(ナノラミ装備)→MS(阿頼耶識&白兵武装主体)→MA(白兵対応型)→MS(Vフレーム、Gフレーム)

って感じかな



29. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:32

ハシュマルのようなMAを開発したのもアグニカ父本人かその陣営だと妄想してる。
ソースは電源マークの意匠。

実は自分達が作った兵器の暴走で戦争どころか人類の危機を招いてしまった責任を取らされたのがギャラルホルンの前身でありアグニカであったというある意味壮大なマッチポンプだったんだよ!



33. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:36

そういや結局あのマークは何の意味があったんだろうな
ガンダムと同じみたいだから袂を分かっただけで元は同じ組織のものとか



34. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:36

MAたちは階級があってきちんと体系化されてるとか、MA以外の人類殲滅兵器がいないことからするとMAは何らかの組織が明確な目的のもとに開発した気がするんだよな
にも関わらず全人類を抹殺するようになったのは、自分たち以外の人類だけを抹殺させようとしたがプログラムミスで自分たちも攻撃目標にしてしまったか
自分たちが敗北した時のための無差別報復システムだったのか
MA起動直後くらいにあっさり壊滅してしまったか



36. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:42

MA同士が遭遇→互いにスルーして後背の市街地にビームぶっぱ
って光景が当時よく見られたと思う



39. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:46

阿頼耶識とMSの存在を考えると、MAはハッキングやコンピュータウィルスでの攻撃も得意としていたんじゃないかな
ハッキングに耐性のある人間の脳を中枢ユニットにする兵器として人型のMSが開発されたのだと思う
ダインスレイブもハッキングされないMSが狙い撃つ、MS用の搭載兵器なのだろう
とにかくコンピュータ制御の誘導兵器はMAに乗っ取られるだろうから使わないのが前提
まあ全部想像だけど



40. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:48

何もわかってないんよね
一期のガエリオのセリフを引用すればどうやら火星圏⇄地球圏間の通信を含む交通の便が悪いことが戦争につながったらしいけど正味な話設定変わってそう



42. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:50

※40
地球と火星の戦争だったんだけど
地球側が火星に送り込んだ自律兵器が
通信のラグから暴走して・・・と妄想した



47. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 17:57

※42
厄祭戦後に火星圏が分割統治されたのとアリアドネを「非モビルアーマー封印宙域を指し示すための道具」って考えたらその考えは結構あり得そう



52. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 18:05

エイハブ波のせいで遠隔操作できないから自律型の機械が発達したんだろう。
それが一期一話の会話だということで。



53. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 18:08

全人類抹殺って命令も地球、もしくは火星が相手を殲滅するために相手の惑星に送り込んだ上で起動するって想定なら自分とこに被害はないからおかしくないんだよな
相手が壊滅してから悠々と停止コードを送ればいいし
しかしその際に何らかのトラブルで自分とこでも誤爆起動してしまい停止コードも失われてしまって人類対MAの図式になってしまったとか



58. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 18:17

ヘキサフレームが壊滅的言う割には残ってると言う事はボール並みに低コストだった可能性
そうでもなきゃ量産はしない



59. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 18:19

作った側にまで襲いかかってきたから止める為にMS作って人類の為に戦ったよって印象操作して自分達の過ちを隠したかったとか


64. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 18:34

ハシュマル作った組織は「元は別の用途で使う為に製作しましたけど正直文明滅ぼすとか考えてませんでした」とかいうデマを流して、「敵全員潰したから俺たちヒーローだな」と思い込む状態になりたかったのかもな
厄祭戦関連の事柄は鉄血の続編で少しでも出してほしいね



69. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 18:50

厄祭戦の発端は地球と火星の星間戦争で使用された無人兵器の暴走で間違い無いだろう
厄祭戦当時は火星は地球の植民地ではなかったようなので火星の独立目的の戦争ではない
厄祭戦のペナルティとして地球は4つの経済圏に分割された上に軍事力を奪われ、火星はその四大経済圏の植民地とされたとのことだからペナルティとしては火星のほうが重い
無人兵器の使用自体とその暴走については地球も火星も責任があるのに火星のほうが
重い処罰をされた点から考えて、おそらく戦争の原因は火星にあったのではないかと思う



71. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 18:52

本編中だと鉄華団所属機しかなかったと思うけど、阿頼耶識付きの装甲艦って厄祭戦時にあったんだろうか?


73. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 19:02

※71
あってもおかしくはないよな
ラムアタックが主な攻撃方法なら阿頼耶識で繊細な操縦出来るほうが良いのだし
イサリビの阿頼耶識って元から付いてた物なのかな?それとも改造した?



74. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 19:09

※73
阿頼耶識あったとしてもMAに当てられるか?



76. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 19:13

※74
いずれにせよAI の超反応に対抗しつつ人間が勝利するためにはアラヤシキレベルのダイレクトなコントロールが必要だったろう。
機械に頼ると乗っ取られちゃうまでやりそうだしMA



83. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 19:55

バルバトスやバエルみたいな初期のガンダムフレームと、ハシュマルに同じマークがあるのは作られたのが同時期だったからか?もしくはメーカー?が同じなんだろうか?
あと月が変形するほど被害受けてたり、アリアンロッドが月の艦隊っていうのは厄災戦時に月が重要なポイントだったとか?そういう話って出てきてるのかな?



84. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 19:57

この世界の歴史としてエイハブリアクターとそれによる火星のテラフォーミングの成功が要点としてあるわけだがその火星開発開始時点ですでに事実上の開戦はしていた(冷戦構造における宇宙開発のような感じ)と仮定すると初期段階は火星開発機械の発展競争とかの割と健全なものだったんじゃなかろうか
んでその火星開発を遠隔自律行動で行っていた作業機械がMAの祖先だったとかどうだろう



85. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 20:02

※84
あ、同じこと考えた
モビルアーマーとプルーマ送り込んで開拓してた可能性も考えられるよね。プルーマのケツドリルとか使えそうだし



87. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 20:34

個人的に厄祭戦に発展する火星と地球の紛争の原因はハーフメタルだと思う
火星が資源保護のため地球へのハーフメタル輸出を一方的に禁止したのではないだろうか
だから厄祭戦後は原因であるハーフメタルの自由採掘がタブーに近い扱いになっていたのだと思う



89. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 20:41

最初から72体の計画だったかもわからんな
単に天使の名前のMAに対抗して悪魔の名前を付けははじめて、結果的に72体出来た所で終わったのかも
ガンダムフレームの活躍でMA狩りが進めば状況も改善してくだろうし、最終的にはセブンスターズ内で撃破数競争みたいなことしてるし
ガンダムフレームの中盤位からはエースのリクエストを聞いてオーダーメイド武器位の感覚になってたのでは



91. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 20:47

※89
公式のガンダムフレームの説明文の感じだと作れれば72体以上作ってたのは間違いないだろうな



90. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 20:43

本編だとダインスレイブは基本物量で勝る側が物量で相手を抑えこんだところに集中砲火だった
MAだと子機で物量差が詰まっちゃうから近接型のガンダムフレームが単騎前衛で後ろから一斉射撃かダインスレイブ撃てるガンダムフレームが近距離から叩き込んだんだろう



93. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 21:01

現代のような対人白兵戦→攻略する為にモビルワーカー発達→モビルワーカー肥大化により制御しづらくなる。実弾も効きづらくなり、ビーム兵器開発→モビルワーカー無人機化→モビルワーカー改めモビルアーマー暴走→各勢力収拾がつけられなくなり有志がバエルを旗頭にGHを作り収束にあたる
あとは知っての通り。

まぁ、マッチポンプしてるかもしれんが…



94. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 21:04

MAが虐殺開始、対抗可能な人が乗る同技術の兵器MSを作る、数で対抗出来ない為ガンダムフレームと操作する機械以上の動きを可能とするアラヤシキを作る。

基本的にはこんな流れで、個人的な見解になるがMWはアラヤシキのテスト用、もしくは車椅子の役割で最初は政策され、戦後に兵器転用されたんじゃないかなと考える。



106. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 21:44

ギャラルホルンの前組織がMA作り無差別攻撃を実行
対抗勢力が弱まったところでガンダム搭乗者(後のセブンスターズ)が
停止コード用いてMA沈静化させ英雄となり
ギャラルホルン結成後は無人兵器の廃絶と機械化技術を封印し
セブンスターズは世襲製とする事で
この事実を隠匿した


と言う 妄想



107. GUNDAMがお送りします : 2018年10月09日 21:45

普通の戦車や戦闘機や軍艦を使う戦争が膠着化

膠着打開のためにMA開発し実戦投入、強すぎバンザイ

なんかMAどもが言うこと聞かなくなっちゃってね? ウボアァァァ

暴走MAによって人間同士の戦争どころじゃなくなり、戦争の名が厄災戦に

MA開発した工廠が対MA用新兵器MSを開発、そのうち対MA決戦用リアクタ2丁掛けガンダムフレームが完成

こんなんじゃなかろうか。人間同士の戦争じゃなくMAとの闘いになってからが厄災戦なんだと思う