0:2018年10月18日 13:51

鉄血世界でお馴染みのフレーム素材だけど、固さだけみればあれ何気にガンダム世界でも上位の性能なのでは?

70febaaf

モビルスーツのフレームを構成する合金の名称。

レアアロイ、アロイとは英語で合金を意味する言葉であり、作中で詳細は語られないが特殊な製法、もしくはレアメタルを加工しているものと推察できる。

この合金で作られたMSのフレームは極めて頑強であり、地中に数百年埋まっていたり長い間稼働しておらずとも戦闘行為を行ったりと常識を超えた時間現役で活動を可能にする。
その頑強性は武器としても有効でASW-G-08 ガンダム・バルバトスの主武装であったメイスはこの合金で作られている。

ただ構造上この合金で作られていても破損はするので経年劣化に極めて強く、モビルスーツの骨格に採用するにも高い適性があると言ったほうが正しいかもしれない。



3. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:07

どうやって加工しとんねん


7. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:09

※3
フツーに鋳造とか?



5. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:08

本当に凄いのはリアクターを覆ってるパーツだろ
なんつっても「壊れたら大惨事」だから壊れないように作ってあるらしいからな



9. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:11

※5
相転移リアクターとかいう超テクの塊なんだし、破損しそうになったらリアクターだけワープして安全に停止するとかそういう機能が付いてそうなもんだけどな。
それこそマイクロブラックホール化して消滅するとか。



12. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:12

硬さ的には
バエルソード等の希少金属>レアアロイ>ナノラミ無しの装甲部材
なんだっけ?



18. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:16

ちなみにビームで溶ける
あくまで耐性あるのはナノラミネート部のみらしくフレームに直撃したら効く?らしい
実際ハシュマルの口に放り込まれた獅電の腕は消滅した



21. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:20

腹部がフレーム剥き出しで問題ないなら他の部分もフレームとリアクター剥き出しで大丈夫だろ
重量になるだけの装甲なんか取っ払えばいいじゃん



26. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:28

地形変わるようなモン撃ち込まれて三日月やアキヒロが生きてるってことは、同じレアアロイでも四肢とコックピット周りで硬度に差でもあるのか?


27. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:31

フレーム素材とダインスレイブの弾のイメージが強い。今思うとフラウロス発掘時点で周囲にダインスレイブの杭と思しきものがいっぱいあったのになんで回収しなかったんだろうな。テイワズにわざわざ作らせるくらいなら隠し持っててもいい気もする。
あとフラウロスって貴重な300年前当時の技術水準のままの機体なんだから操縦席もバエルと同じ阿頼耶識インターフェースついてそうだし、この辺どうしてわざわざ換装したんかなあ



29. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:37

※27
鉄華団のアラヤシキが厄祭戦時のものと違うから



31. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:41

フレームの一番の問題点って関節部の摩耗だと思うけど、このフレームの関節部は普通に摩耗するのかしにくいのか?
超絶硬いとはいえ同じ強度の物同士が擦れ合うとやはり通常の金属フレーム同様に摩耗するのかな?
摩耗しにくいならバルバトスみたいなガシガシ動く接近戦タイプにはもってこいな素材だと思う



34. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:46

鉄血謎技術部の一つだよなレアアロイの加工って


45. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:53

設定より先に演出ありきってだけでしょ
MSでビームなしの殴り合いをするための舞台装置としてのレアアロイやナノラミネートであって簡単に壊れない以上の深い意図はない、それだけ



46. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 17:57

内部フレームと同じ素材を武器にも使ってるのって割と珍しい気がする。最近だとムーンガンダムのサイコプレートぐらいか?


57. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 18:06

フレームが一番硬い

ここから先を想定してない設定だと思うわ



59. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 18:08

わざわざ宇宙がヤバイ相転移炉なんて飛び抜けたものもってこなくても反物質炉くらいで良かった気がするな
まあ他の人も指摘してるようにそこまで考えてなかっただけだろうけど



63. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 18:10

新作も出るんだし、技術やメカニックの話を小説とかで出してくれんかなー
お蔵入りにするには勿体なさすぎるし、かといってこういう細々としたものをアニメで全部やるなんて土台無理な話なんだから、文字媒体とイラストでじっくり楽しみたい



64. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 18:11

大気圏突入しても原型留めてるあたり耐熱性も相当だ(グレイズサーフィン


68. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 18:18

お前ら何か勘違いしてない?
相転移って個体⇔液体⇔気体で変化することだぞ
ガソリンエンジンだって液体のガソリン気化させてエネルギー取り出してるから立派な相転移エンジンだぞ



77. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 18:30

※68
ああ。ただしここでいう相転移を起こしてる媒質は時空そのものだが。



79. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 18:41

※77
時空とか相転移って何になるんや
アストラルシフトでもするんか



80. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 18:45

※79
宇宙が生まれてから今の姿に落ち着くまでに何回か相転移してるんだぜ
で、今のこの宇宙もまだ完全に冷えっ冷えの真の真空ではなくて底が抜ける偽の真空の可能性がある
そこに目をつけたSFガジェットが「相転移リアクター」ね
この宇宙が隠し持ってるエネルギーを汲み上げようって発想だけど、下手こくと宇宙が吹っ飛ぶ



74. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 18:25

まあハシュマルのワイヤーブレードしかり外伝だとアスタロトのソードやグレモリーの外装みたいなのあるし、ダインスレイヴ並みに強力な近接兵器はあったと思う。まあ今の鉄血の時代、グレイズのアックスとライフルで通用するから無理に強力なものを作る必要なかったんだろうけど。バルバトスの武装ですら過剰らしいし


85. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 18:56

めちゃくちゃ硬いって言われてたけど
確かこのフレームで作られてたバエルの剣が折れないって設定なのに本編であっさり折れたからイマイチ信ぴょう性に欠けるというか



89. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 19:02

※85
本編のマッキーが使ったバエルソードは単なる特殊合金で作った復元品
あと、オリジナルのバエルソードも無敵じゃない
普通に折れる
それがなぜ折れない剣と呼ばれたかというと厄祭戦当時のバエルのパイロットが天才的な技量の持ち主だったから折れないように上手く使ってMAを撃破しまくったため



90. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 19:03

※89
やっぱバエルやその武装がすごいんじゃなくて
アグニカがすごかっただけなんだな



91. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 19:04

超高張力鋼みたいなもんだよね
ビームで砕けてたし、プラズマで加工出来るんじゃないのかなぁ
じゃあなんで武装にプラズマ使わないの?っていう質問にはナノラミしてるからとお答えする形なのでは
しかし、張高張力鋼って書いてて思ったけど、ぶっちゃけ古の超合金あたりと氏素性の知れなさは全く変わらないよね



95. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 19:10

バルバトスの刀はレアアロイ製だったんだっけ?
グレイズアインの腕を両断してたが
(レンチメイスのノコ歯もか)



96. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 19:10

バエルソードの材料はまた違うんだっけ?


102. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 19:24

※96
グリムゲルデの剣とほぼ同じ



98. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 19:14

初代のルナチタニウムからしてチタン合金らしいってこと以外は荒唐無稽なとこあるし、謎の超合金を登場させるのもシリーズのお約束になってるよね


113. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 20:25

火星に地球並みの重力があって植民可能惑星にテラフォーミング済みだったり、非反動推進なエイハヴスラスターのお陰で地球圏も火星圏を正規航路なら3週間で渡れたり、光分単位の隔たりがある地球圏と圏外圏でタイムラグなしの双方向通信(つまり超光速通信)が可能だったりと、戦闘に直接寄与しない部分ではしっかり超テクノロジーが使われてるんだよなあ…

重力制御に関しては2期1話の火星大気圏外からバルバトスルプスがダイナミックエントリーかましたようにたまに戦闘にも使われてるけど



115. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 20:38

義手とかの義体とかも高性能っぽいのと神経接続によるコックピット操作とかもあるしの


116. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 20:49

大質量のメイスでボコったり超速度のダインスレイブをぶつけたりする「レベルを上げて物理で殴る」ってのは常識外れの防御性能を持つナノラミネートアーマーに対するソリューションとして割と理にかなってるのでは?
そんなアーマーをフレームごと斬ってしまう太刀バトスは若干謎だけど



117. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 20:58

※116
フレームにはナノラミはしてない。だから叩っ切れた
なぜ装甲だけにナノラミを施すのかは分からない
放映中は「高硬度レアアロイは強度に反してナノラミが定着しないので、装甲と分離した機体を支える構造としてフレームが合理的だった」みたいな考察されてた気がする



119. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 21:02

※117
グシオン やキマリスはフレームの色変わってるけど別にナノラミを施したわけではないのか



120. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 21:06

胴丸出しの時点で合理性もくそもないと思う


121. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 21:13

※120
そうは言うけど実際そこまでウィークポイントになってないような…



124. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 21:18

※121
そりゃあそこ狙って倒してたら隠せよって突っ込まれちゃうからなw



125. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 21:26

※124
シリンダーの部分は割と壊れやすそうだけど中心部分はあれそうそう壊れんのかなって、付け根に集中的に負荷かかってそうなのってダインスレイヴとキマリスのランスぐらいな気がして



126. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 21:28

人間の上半身の重量も背骨一本で支えられてるからな
正直違和感は感じない
というか投影面積抑えて被弾率下げられるのはメリットだよなあ



128. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 21:39

あれの方がメリットあるって言うなら今度は逆に装甲なくていいんじゃねって話しになるからな
胴だけ完全露出はどっちから見ても意味ふだからデザイン上の都合で納得しとくしかない



137. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 22:42

グシオンが長ドスを腕で受けるシーンとか
装甲がやられてもフレームは変形を免れてる
フレームは動かすために必要十分な機能を持っていて、壁殴りしか考えないならフレーム剥き出しでいいけど
実戦では当然相手も攻撃してくる
フレームにナノラミ塗装だけじゃレアアロイ製武器が止まらない
かといって機体をレアで覆いすぎると鈍重になる
レアアロイ製武器の致命傷を軽減しつつ機動性を殺さない
グレイズの手斧程度が一般的な武装の環境なら
ナノラミ装甲は実際コスパのいい選択に見えるけど



141. GUNDAMがお送りします : 2018年10月24日 23:06

バエルソード折れたのはもちろんだけど、その戦いでキマリスの腹のシリンダーがバエルの貫手でぶち抜かれてたりもしてるからほんとに堅いのかわからんくなった
お前それ大丈夫だから剥き出しなんじゃないのかと。当たり前のように抜かれててビビったわ