0: 2018年11月30日 21:11

単独でスカーレッド隊を全滅させた高性能MSだけど少数しか量産されて無いし、系譜を受け継いだMSもなんで作られ無かったんだろう?

b0571df9



1 : 2018-12-09 00:04:40

パーツ単位でこっそり持ち込んで現地組立が容易な強襲運用メインの機体とか需要がニッチ過ぎて派生もへったくれもあるかい
むしろこいつこそバリエーション機体として作られてもおかしくないがな



2 : 2018-12-09 00:04:54

どちらかというとこれ自体が装甲の薄いドムみたいなもんだからじゃないか?
つまりドライセンが遠い子孫になるのかも


3 : 2018-12-09 00:05:04

単純にMSとしてはもろいんだろ

利点としては部品単位で運び込んで秘密裡に組み立てられるくらいの構造だけど
それだけに軽量化が進みすぎてて紙装甲すぎちゃってるのかも



10 : 2018-12-09 00:13:29

>>3
いい加減この紙装甲って誤解なくそうよ。
突撃形態時の防御力はザク以上ある強襲用『重』MSなんだぜ。



15 : 2018-12-09 00:16:40

>>10
装甲各所のブチ穴がなw



4 : 2018-12-09 00:09:21

プロトタイプとかF型とか、原型機や派生機が全くいない訳でもないな。



5 : 2018-12-09 00:09:21

一応派生機や後継機がいないわけじゃないってのだけは言っておく。
派生機としては文字設定だけだけどビーム兵器を主体としたF型、プロトタイプケンプファー(テコールデュシエル登場)、シルバーランス(ガンダムレガシー登場)の3種類が、後継機というかコンセプト継承機としてシュツルムディアスがそれぞれ存在している。



6 : 2018-12-09 00:09:58

でもゲルググとかより安く作れそうな気もするけどなぁ
装甲が薄いのも問題だけど、操作性もピーキーだったのかな?



42 : 2018-12-09 00:37:33

>>6
分解梱包して町工場で簡単に組み立てられる=構造が単純で量産性が高いと錯覚するけど
そんなに容易に組み立てられてかつあの性能を出せるのは
高性能パーツと分解・組立のための複雑な設計ありきだと思うよ
ゲルググは汎用主力機であり2ヵ月未満で700機以上も量産出来てるから
恐らくゲルググの方が遥かに量産に適した構造をしていると思われる



7 : 2018-12-09 00:10:23

組立のしやすい構造は便利なきもするけど、
MSは輸送中の迎撃や現場に付いたら即運用を考慮しているのか完成品をそのまま運ぶってこと多いからあまり利点にならないのかな?
まあ、普段使いはドム系列の方がいいしな



14 : 2018-12-09 00:16:39

強襲用MSの始祖と思えば派生機だらけ
ケンプファー系列が残らなかったのは0080が後発作品だからとしか・・・



17 : 2018-12-09 00:16:53

電ホビでオレンジ色に塗ってマラサイのご先祖様でっち上げたの格好良かった
長めの角以外共通点ないけど



19 : 2018-12-09 00:18:13

装甲面よりも重武装された装備面のコスト問題が大きかったりして


20 : 2018-12-09 00:18:23

強襲という機体コンセプトだけならシュツルムガルスが近いのでは?
近接重視という決定的な違いはあるけど高速接近という点やチェーンマインと言った共通項はある。



34 : 2018-12-09 00:30:50

>>20
強襲MSという機体コンセプトは
一年戦争後ジオン技術者からアナハイムへそしてGP04からガーベラテトラへと受け継がれたルートもあるのでは?
個人的感想だがケンプァーとガーベラテトラのデザインが似てる様な気がする



52 : 2018-12-09 00:48:50

>>34
MS全般の高機動化、ガンダリウムγの普及による軽量高防御装甲の普及、それをものともしないビーム兵器の一般化等で「強襲【専用】MS」を作る必然性が減ったんじゃないかな。

既存の機体を強襲用チューンをするだけでも安上がりかつ必要十分な性能を持たせられる的な。



21 : 2018-12-09 00:19:14

ケンプが紙装甲ならザクもドムも紙装甲になるんだがなあ…



22 : 2018-12-09 00:20:26

単純に開発されたのが一年戦争末期だから派生機作ったり改良したりする時間的余裕がなかっただけじゃないかな



56 : 2018-12-09 00:52:31

>>22
ゲルググはザクの高性能化を経て、出来レースとはいえ次期主力機のコンペやるくらいには開発期間はあったからね。



23 : 2018-12-09 00:21:44

シュツルム・ガルスは明らかにケンプファー意識してたな



24 : 2018-12-09 00:22:33

直接の後継機ってわけじゃないけどズザブースターなんかは強襲用重MSというケンプのコンセプト引き継いでると言えなくもない。



28 : 2018-12-09 00:28:30

分離・組立が容易で敵地強襲用の特務機って部分のモデルは晴嵐なのかな?
晴嵐がモデルだとするとバリエーションや後継機が少ないのも納得



35 : 2018-12-09 00:31:21

こんなカッコいいのに、派生がないって不思議だな。
チェーンマインの武装だけが唯一受け継がれた感。



48 : 2018-12-09 00:43:06

>>35
メタ的には人気機体はじゃんじゃん派生作りそうなもんだよな



64 : 2018-12-09 01:07:16

>>35
基本的にスパイが部品ばらして現地組み立てで任務終われば捨てる機体だしコスパ悪すぎたんじゃない?
試験的に作ってみたけど戦争負けるの確実だしせめてアレックスだけでも破壊する嫌がらせできればってのが実情だろ。
ただでさえ人の足りないジオンにはスパイとはいえポイ捨てする余裕ないだろ。



45 : 2018-12-09 00:40:23

ぶっちゃけケンプファーのコンセプトが後の時代では必要とされなかったからだろ。可変MSが「可変MSなんて造らなくてもSFSに既存のMSを乗せて運用すればいいや」で淘汰されたのと同じ



53 : 2018-12-09 00:49:13

ジオンとしては、他の量産機のラインを潰してまで生産する意味は無かったのでは?
アクシズでも、技術向上で推力とジェネレーター出力が上がれば、一般機でも同様の事は出来るだろうし。


60 : 2018-12-09 01:03:11

結構人気あるのにジージェネ等ゲームオリジナル発展機設定の標的にならないで来たのは奇跡的ではある



68 : 2018-12-09 01:11:16

火力は劣るけど似た用途としてゲルググMがあるし、
キャノン系MSがいなくなったように、強襲作戦も汎用的な量産MSでなんとかなったんでは。
さらに組み立て可能というメリットも、ムーバブルフレームと競合して、淘汰されてそう。



70 : 2018-12-09 01:16:47

どちらかというと派生機の少なさよりはあの奇襲戦術の実践例の少なさの方が疑問
地球や宇宙のあちこちの都市や連邦拠点近くに部品を偽装して運び込んで密かに組み立てて
敵がいないはずの後方地域に突然の出現!対応出来ず大きな被害が!ってゲリラ戦術を繰り返せば
連邦は後方地域に大兵力を張り付けざるを得ず前線兵力を割かれる
こういう後方攪乱作戦はジオン軍にとってかなりいい手だしもっとあちこちでやると思うけどなあ



77 : 2018-12-09 01:34:16

>>70
こっそり運ぶにしてもせいぜい数機で武器の補充や修理は当然不可能になるから
一戦やらかしたら終わりで、その部隊は使い捨てということになる。
結局サクロプス隊のように全滅するのがオチで、そんなカミカゼ戦術で兵の士気が
維持できるとも思えん。


79 : 2018-12-09 01:39:40

>>70
その工作員が潜入して部品運んで組み立ててって過程が現実的ではなかったんじゃない?
小さな工場規模の土地がいるし地球でやるにはどうやってもいきなり謎の工場ができたとなると怪しまれるし連邦の目があるなかやるのは現実的ではないし


72 : 2018-12-09 01:20:34

おそらくそこで戦争が終わったからなのではないかと
ケンプファー自体が一年戦争末期のMSだし、
戦争も終わりメーカーも吸収されただろうからそれ以上検証も開発も継続されなかったのではないかな
以後似たようなコンセプトが提案されたとき、
そのときに参考にされることくらいはあるだろうけどわざわざ新規に建造はしないだろうなぁ


80 : 2018-12-09 01:39:43

もうあの時期にはゲルググだけで十分だったんだろう、
ギャンだって実際はバリエーション機は無かったんだよね?

個人的にはケンプファー好きなんでイフリートみたいに「7機だけで量産されていない機体」みたいな設定がいいな、
密かに1機ネオジオンに渡ってサイコミュ搭載ケンプファーとか。



82 : 2018-12-09 01:47:12

ルナツーやらから増援部隊の派兵すらままならんジオンに一発芸だけの機体を造って送る発想って、戦争末期にやったるぜってなるやろか…。おまけに色物すぎて一般兵に回して扱える代物でもないという…。

機体のコンセプトは大好きなんだけどなぁ、素早い針鼠っていう、捉えられたらコロコロされるしかない歌舞伎者さは



85 : 2018-12-09 01:48:52

高機動の反面、あれだけ全身にバーニアやらスラスターあったら稼働時間の少なさはありそう

完成が一年戦争末期だから派生機が生まれる前に敗戦、機体コンセプトが受け継がれることも無く
ザクのようにジオンの象徴というわけでもないからデザインが受け継がれることも無く
ゲルググのように配備数が多かったわけでもないからリゲルグのように改修機になることもなく
ガルバルディのようにビーム兵器や特筆すべき技術も無かったから連邦に接収されて利用されることもなかった
(関係ないけどアクシズ系の機体でドムやギャンの思想を受け継いだ機体が新規開発されたのはアクシズに流れたツィマッド系の技術者が多かったのかな?)


92 : 2018-12-09 01:57:38

>>85
敵地運用も含めて、特攻機だからね
戦果上げるには練度の高い部隊が必要なのにそれを使い潰す前提とか兵不足のジオンじゃ無理だし、連邦はそういう機体や作戦を必要としないしな



91 : 2018-12-09 01:57:30

現地で組み立てができるって要するにモジュール化が進んでるってことだろうしわざわざコンセプト継承せずとも時代と共に当たり前の機能になってるんでしょう
ユニバーサル仕様が普及してるわけだし後年は相性はあろうともPCパーツレベルでキメラにしても問題なく稼働しそう



99 : 2018-12-09 02:09:21

>>91
リック・ディアスとかプロトZガンダムに使用されたアナハイムのブロックビルドアップ機構が
これの発展形だったんだろうけど、時代が進んでムーバブル・フレームが主流になってしまってから
見事に廃れていってるし。



94 : 2018-12-09 02:00:40

ケンプファーの特徴は以下の通りだよね
1.分割して輸送し現地で組み立て可能
2.地上を極端に低い姿勢で高速スラスター走行が可能
3.重武装で専用武器を随伴の運搬用トラックから取り出し装備する
4.アレックスの90ミリバルカンを撃ち尽くすほど喰らっても爆発しない(装甲は貫通)

ほぼ、ゲリラ目的の強襲用機体だから ジオン軍が宇宙に押し込まれた時期には使用する状況では無いし 武装も専用の物だからジオン軍の残存部隊が使用するにも適さない 
開発時期が遅すぎたのだろうね 
開発時期が早ければ、武装が安定供給可能な体制を整備しVガンダムの様な感覚で いろいろな部隊で使用出来たのかな 作戦によって様々なバリエーションやオプション装備の可能性は有ったと思う
何時頃 開発出来ていれば良かったのかね



96 : 2018-12-09 02:04:53

ケンプファー自体が派生の最先端で直後にジオンは敗北したからやろ。


98 : 2018-12-09 02:06:39

ビームライフルが標準装備の時代に強襲用MSなんて流行りませんよ



100 : 2018-12-09 02:10:55

>>98
そうか?
ビームライフルなんて対ビームコーティングで余裕で防げるし、そもそも純粋に装甲やフレームの強度でビームにそこそこ耐えるMSだっているし(GP01とかアッシマーとか)その気になればMSだってIフィールドは搭載できるしコンセプトとしてはありな気がするが



101 : 2018-12-09 02:11:15

シュツルムディアスも強襲用として似た様な思想の運用が出来そう