0:2019年04月08日 13:17

ストーリーとしては、民間人が牛を捕らえるのを手助けするというもので、∀ガンダムの牧歌的性格の象徴のような回です。これはこれでほのぼのしてそれなりに楽しめますが、物語を進めるにあたっては特に不要な回です。
しかしこの話は極めて「起承転結」になっている点です。
 今までのシナリオは、1話ごとに話がまとまってなかったり、急に時間が飛んだり、場面が飛んだり、とにかくシナリオを枠に収めるので精一杯という感じでした。でもやっぱり、物語は1話でちゃんとまとまっていた方が感覚的にしっくり来ますよね。

7ab67268



1 : 2019-04-13 16:06:40

この回のおかげでMG∀ガンダムに牛のフィギュアがついた。ちゃんと胸のサイロに入るし、手のひらにも乗るぞ。



2 : 2019-04-13 16:10:39

世界名作劇場ガンダムと呼ばれるだけはある



4 : 2019-04-13 16:37:24

これとアニスパワーが好き



9 : 2019-04-13 17:00:23

妙にそっけないというかツンツンしていたキースがなんだかんだで友達思いの良い奴だった印象。



10 : 2019-04-13 17:11:31

ロランという人間を表現した良い回だった



11 : 2019-04-13 17:13:51

この回でターンエーに一気に引き込まれたの覚えてる
作品全体のテーマがまとまった重要な回だと思う



13 : 2019-04-13 17:33:26

大型犬サイズの牛に和む



16 : 2019-04-13 17:50:38

一般人の目線と、それに対する主人公の反応をしっかり描いてるよな
ここの優しいターンエーガンダムを知ってるから「ターンエーだって時代を拓けるはず」というコレンの最期のセリフがずっしり重くなる じつは凄く重要なエピソードだと思う



17 : 2019-04-13 17:52:57

ウァッドの対人兵器としてのヤバさが伝わる回
追いかけられて軽トラごと振り回される所ほんと怖い



18 : 2019-04-13 17:54:50

あの回で一気にターンAにハマった感じ。
ロランの信念もはっきりして良かった。



20 : 2019-04-13 17:58:47

地球に帰化しようとするムーンレイスが逃げて半分野生化してる家畜を捕まえて育てようとするけども
その逃げた原因がムーンレイスが地球に来て地球人が混乱したからっていう
なんとも両者の溝にモヤモヤをキッズの頃感じた回
ソシエもロラン殴らんでええやんと思ってたけどずっと嘘ついてたようなもんだしなぁ…



22 : 2019-04-13 18:01:36

ロランの叫びが名言として有名だけど、その後のキースの「いい奴なんですよ」もすごいグッとくるいいセリフなんだよなぁ



39 : 2019-04-13 20:36:47

>>22
フランの「正直者過ぎるよ...」も良い



23 : 2019-04-13 18:01:49

ロランのカムアウト以外にも復讐一辺倒だったソシエが少し立ち止まったり
キースが生業ではなくビジネスとしてのパン焼きに気付いたり
フランが対立を煽る記事より双方に考えさせる記事のための写真を撮って採用されたり
何かが動き出す気配を感じさせる回なお作画は



24 : 2019-04-13 18:01:58

シナリオ構成は良かった回
作画は悪かった回



26 : 2019-04-13 18:05:40

ロランの立ち位置やムーンレイスの民間人とディアナカウンターの意識齟齬
立場を超えて人としてムーンレイスと地球人に触れたソシエやキースフラン
それぞれの今後の起点になってて全然不要な話じゃないというか前半戦のキーだと思うが



29 : 2019-04-13 18:22:40

冒頭のリラックスした御曹司のキエルお嬢様との会話が良い
ロランの本質に誰よりも早く気付いてズバリ言い当てる内容ももちろんだけど
語りながらバルコニーの向こうに首を巡らせ歩いてるヒゲに手を振る一連のカットが良い



30 : 2019-04-13 18:25:42

この回があってこそ∀のサイロに核のコアを隠すネタが自然になるんだよね。



31 : 2019-04-13 18:28:57

>>30
なお土で固定するという割と雑な処理
しかもその状態で海中、海上戦をする



34 : 2019-04-13 18:46:34

>>31
そしていざ使うときには土がなくなってる上に核弾頭の形状まで変わってるというね



32 : 2019-04-13 18:41:28

ロラン自身がムーンレイスというのが話の中心にある回だったな
父を殺されてロランを幸せ者だと当たるソシエや配給の行き渡らない末端のムーンレイス
土地を奪われた地元民の怒り、それでも月と地球の人間を区別しないのロランの苦しみ
最大の見せ場は地球に味方するムーンレイスと告白して
月側と地球側の間に入って傷付けようとする人と戦う宣言をするところ
それがその後ディアナ様に仕えるきっかけになったし
全体的な対立構造やそれぞれの立ち位置がハッキリする重要な回だと思う



33 : 2019-04-13 18:41:42

ロランは地球で暮らしてきて両方の事情が理解出来るからまた辛いんだよな
ロランは甘ちゃんだけど覚悟が完了した甘ちゃんだった



35 : 2019-04-13 18:53:13

作画は独特だけど子豚は文句なしに可愛い
フランに抱っこされてるところ最高



37 : 2019-04-13 19:00:37

民族問題について色々考えさせられる回だった。似たようなことが今日本でも起こっているから。



38 : 2019-04-13 20:33:11

ロランがカミングアウトしようとする時にキースが真っ先に止めに入るのが良いよね
親友なんだなってわかるし、ロランも常日頃から他者を思いやる優しい子なんだなって事もわかる



40 : 2019-04-13 20:47:50

地球人側と月の入植者側の双方の言い分がよく聞ける良い回だった。ロランが地球の人にも月の人にも優しいのも良かった。



41 : 2019-04-13 21:21:41

「嘘つきロラン!」(ビンタ)で終わりという衝撃回でもあった

父親の仇でもあるムーンレィスであり、しかもそれを隠されてたという感情をよく乗り越えたよソシエ
それまで共に過ごしてたロランの人柄がそうさせたのだけど、ソシエもあのときまでにムーンレィスという「ひとかたまり」じゃなくて、ひとりひとりを分けて考えられるようになってるんだよな



43 : 2019-04-13 22:33:51

軍事・技術的には優位なディアナカウンターだけど
食料が足りないという致命的欠点のせいで、帰還民脱走の契機になってしまったお話。牛つかまえようとしてるおっちゃんもその1人だし
キースが帰還民にパン売り始めたのもここから。後にパン工場の職員として雇いまくり、ミドガルドも紛れ込みw
後々ホレスみたいな技師まで脱走し始めるし、地味だけど描いておかなきゃいけないエピソードよな



48 : 2019-04-14 07:13:55

>>43
戦争において兵站は最も重要視される事だからね
それが良く理解出来る回だとも思う



44 : 2019-04-13 23:40:38

この回まで幾度も戦闘を繰り返しているMSという戦争用兵器だけども、こうやって牛も傷つけることなく運ぶことができる。という平和的使い方の描写が重要なんだよ。

度々こういった話を盛り込むのは、恐ろしい兵器となるか、平和的道具になるかは、使い手次第だと言う事なんだと思ったわ。

この後にある「人が作ったものなら、人を救って見せろ」って繋がる重要な話なんだ。絶対。
だから不要な回なんて言わないで欲しい。



47 : 2019-04-14 02:02:23

個人的にターンエーガンダムで一番の話だと思う
ロランの優しさと決意に思わず涙したし



53 : 2019-04-14 21:27:29

MSを戦闘以外で使う演出があるから=牧歌的ってわけではないんだよね
この回とか洗濯出動とかあるけど
その直前の負傷兵の演出とか結構えぐいし、
戦闘以上にリアルな人間を描くことにMSを使ってる